titleicon 読書家な俺が10冊の本をお勧めするスレ

    2013/6/4
    categories カテゴリ 挙げていくスレ

    hatena はてブ | twitter comment (226)
    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:32:34.65 ID:g1UFJ7ge0

    全部メジャーどころですけどね
    お勧めする順から書いてく
    どこがお勧めとかめんどくせーことは書かないお

    4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:33:31.17 ID:g1UFJ7ge0

    ライ麦畑でつかまえて/J・D・サリンジャー

    実をいうと、女の子と━━といっても、淫売やなんかじゃない女の子だぜ━━
    もう少しでそうなりそうなとこまで行くと、たいていの場合、
    女の子のほうで、やめてくれって言いつづけるんだな。
    僕の困ったとこは、そこでやめちゃうんだよ。
    たいていの奴はやめないけど、僕はやめないではいられないんだ。
    果たして女の子が、本当にやめてもらいたいのか、ただ、ひどくおびえてるだけなのか、
    それとも、そう言っておけば、こっちが最後までやっちゃったときに、
    責任をこっちにもってこれるからというんでやめろと言ってるだけなのか、
    わかったもんじゃない。
    けど、とにかく僕は、やめてばかしいるんだよ。
    相手が気の毒になるんで、困るんだ。
    つまり、女の子って、たいていは、頭が鈍いかなんかするだろう。
    しばらく抱き合ってるうちに、見てると、相手の理性を
    失ってゆくのがはっきりわかるんだよ。
    本当に燃えたときの女の子を見てみたまえ、理性なんかなくしちまってるから。
    僕にはわかんないな。
    相手がやめろと言うから僕はやめるんだ。
    相手をうちまで送り届けてから、やめなきゃよかったといつも思うんだけど、
    やっぱし僕はやめてばかりいるんだ。

    ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
    8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:34:30.12 ID:0ypYIZPt0

    俺からは重松清の疾走をすすめる

    疾走 上 (角川文庫) 疾走 下 (角川文庫)
    47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:49:22.43 ID:g1UFJ7ge0

    >>8
    重松清ははずれくじが好き
    疾走も大変おもしろいけど

    9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:34:32.36 ID:g1UFJ7ge0

    そして誰もいなくなった/アガサ・クリスティ

    ヴォーグレイヴ判事マジかっけえす

    そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
    10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:35:45.08 ID:g1UFJ7ge0

    C10H14N2(ニコチン)と少年ー乞食と老婆ー/平山夢明

    本当にくだらない人だったなとたろうは思いました。

    独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
    12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:35:54.15 ID:j8UnEHxq0

    俺は小川洋子の博士の愛した数式を勧める

    博士の愛した数式 (新潮文庫)
    23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:40:28.31 ID:RXPEfa+EO

    小川洋子は薬指の標本だろ

    薬指の標本 (新潮文庫)
    13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:36:39.13 ID:g1UFJ7ge0

    愛と幻想のファシズム/村上龍

    おまえらの90割は間違いなく奴隷

    愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)
    14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:37:27.72 ID:MtNPqMzZ0

    じゃあ俺も

    熊谷達也・著『邂逅の森』(文春文庫)

    直木賞受賞作。獣と人間の偽らざる類似性と、
    獣と人間の絶対的な隔たりの、その両方に触れた名著
    山という、本来人間が生きていくことを許されない場所において、
    人間が示しうる力のすべてを余すところ無く描写した必涙の一冊

    邂逅の森 (文春文庫)
    26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:40:46.96 ID:gb7tZZAP0

    >>14
    近年で一番売れなかった直木賞受賞作だっけ?
    嫁さん連れ戻すところまでは普通のいい話だったんだけどその後が凄まじかったなぁ

    39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:46:20.79 ID:MtNPqMzZ0

    >>26
    アレが売れないなら終わってるわマジ。
    熊谷達也は東北に対して極めてドメスティックなのは認めるが、
    それにしてもああいうちょっとダサい感じが熊谷達也のいいところなのに
    受賞と前後して「女性描写がなんかチープ」って言ってる人がいて悲しくなったわ
    お前ら東北の北の山奥の、マタギっていうお前らがおおよそ知り得ない文化を
    扱った作品においてもお前らの基準を適用すんのかよと少し逆上した覚えもある

    15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:37:47.94 ID:g1UFJ7ge0

    隣の家の少女/ジャック・ケッチャム

    マジレスすると死ぬまでにこういうこと経験したい

    隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
    43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:48:14.66 ID:yUen+7A10

    >>15
    リョナ厨か?

    48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:50:28.31 ID:g1UFJ7ge0

    >>43
    そういうわけじゃないけどケッチャムは全部読んだ

    17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:38:49.04 ID:IJOsQlPK0

    人間の獣っぽさなら『蠅の王』も中々

    蠅の王 (集英社文庫)
    19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:39:08.15 ID:b80LlhfZ0

    世界史 マクニール
    めっちゃ面白かった

    世界史 上 (中公文庫 マ 10-3)世界史 下 (中公文庫 マ 10-4)
    20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:39:13.77 ID:g1UFJ7ge0

    アルジャーノンに花束を/ダニエル・キイス

    放心するよ

    アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
    24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:40:29.15 ID:g1UFJ7ge0

    酔歩する男/小林 泰三

    「俺はなんだろう?」
    あなたは犠牲獣。
    「何故、人は安心していられるのだろう?」
    波動関数が収束するから。
    「俺を苦しませるものは何?」
    それは運命。でも、本当は違う。
    「何故、人は希望を捨てられないのか?」
    波動関数が発散するから。
    「君は誰だろう。」
    わたしは手児奈。

    玩具修理者 (角川ホラー文庫)
    91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:48:51.98 ID:1QnoekD9O

    >>24これ読み終えたとき手が震えたよ

    27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:41:59.89 ID:g1UFJ7ge0

    限りなく透明に近いブルー/村上龍

    村上龍のエッセイは気に食わないって人たまにいるんだけど、
    これと、愛と幻想のファシズムと、コインロッカーベイビーズ読めば、
    自然とエッセイも受け入れられるようになる。

    新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)
    28 </b>忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:15)<b> 2013/05/31(金) 22:42:06.88 ID:OsVmV7CO0

    『本にだって雄と雌があります』

    おぬぬめ

    本にだって雄と雌があります
    30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:42:44.62 ID:MtNPqMzZ0

    金城一紀・著『REVOLUTION・No.3』(講談社)

    昭和63年~平成元年生まれの読書家に愛好者が多い一冊。
    青春というなんかわけわからん時代の素晴らしさを鋭く切り取った一冊
    著者の金城一紀は『GO』で直木賞を受賞しており、在日文学の第一人者としても有名

    レヴォリューションNo.3
    31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:43:10.40 ID:FOIp80rk0

    俺は孟嘗君を推すよ
    風洪の話が半分近いけど

    孟嘗君(1) (講談社文庫)
    32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:43:35.38 ID:g1UFJ7ge0

    クラインの壺/岡嶋二人

    もっと評価されるべき

    クラインの壷 (講談社文庫)
    33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:43:41.92 ID:bKq+xkT50

    カラマーゾフの兄弟おすすめ

    カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
    34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:44:18.50 ID:r9caFul40

    ライ麦畑の面白さが全くわからないんだけど誰か教えて

    40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:46:34.51 ID:g1UFJ7ge0

    >>34
    >>4に書いたのだけで伝わらないだろうか
    俺はホールデンが愛しくてたまらないよ

    41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:46:51.67 ID:oYbzrCFE0

    >>34
    せいぜい高校生向け。若者の感性って感じだから大人が読むにしては浅すぎる

    51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:54:04.55 ID:r9caFul40

    >>40
    軽度の池沼がごちゃごちゃ言いながら
    歩き回るだけの話としか感じなかった

    35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:44:23.22 ID:ommSYudW0

    初夏と晩夏はこころを読みたくなる

    こころ (新潮文庫)
    36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:44:53.38 ID:g1UFJ7ge0

    告白/湊かなえ

    日本で一番面白い映画の原作
    映画が原作を超えた数少ない作品

    告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
    38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:45:46.86 ID:imA2h3O10

    岡嶋二人はチョコレートゲームしか読んだことないけど面白かったな

    チョコレートゲーム 新装版 (講談社文庫)
    42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:47:47.82 ID:f8/ztx+V0

    デュラララ!!/成田良悟

    デュラララ!! (電撃文庫)
    45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:48:55.18 ID:LNVo2Hj1P

    三島由紀夫の獣の戯れか不道徳教育講座かな

    獣の戯れ (新潮文庫)不道徳教育講座 (角川文庫)
    46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:49:12.93 ID:MtNPqMzZ0

    京極夏彦・著 『魍魎の匣』(角川文庫他)

    京極夏彦とはどんな作家であるのか知りたかったら読むべき本。
    人間の倫理の限界に挑戦する謎解きが連続する
    推理モノとしてはギリギリだけど、たとえ推理作家だってこんなイカレたトリックは
    思いつかないだろうと思うところに京極の素晴らしさがあると思う

    文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)
    49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:51:51.23 ID:HlucKtcB0

    ジョンアーヴィングとか好きそうだな

    58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:56:53.08 ID:g1UFJ7ge0

    >>49
    4作くらいは読んだ気がする
    サーカスの息子が一番好きかな

    サーカスの息子〈上〉 (新潮文庫)サーカスの息子〈下〉 (新潮文庫)
    52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:54:51.26 ID:MtNPqMzZ0

    鈴木琢磨・著 『テポドンを抱いた金正日』(文春新書)

    ここらでいっちょ新書でも。
    「世界で唯一、金正日と対話する男」こと、
    世界一の北朝鮮ウォッチャー・鈴木琢磨渾身の一冊
    ぶっちゃけ、本当に他の北朝鮮関係の本を全部捨てたとしても、
    この一冊だけあれば北朝鮮のことは全部わかる。
    この本以外に北朝鮮関連の本はマジでいらない
    とにかく北朝鮮・韓国などに興味がある人間はこの本を読め。
    目から鱗が落ちる読書体験は保証できる一冊

    テポドンを抱いた金正日 (文春新書)
    53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:55:02.55 ID:J1GftXDi0

    Go Ask Alice

    日本語訳は無いと思われる

    Go Ask Alice: a Real Diary
    54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:55:09.83 ID:vlJkc0rm0

    基本ラノベばっか読んでる俺にオススメ教えてくれよ

    56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:56:13.07 ID:g1UFJ7ge0

    >>54
    キノの旅

    キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
    63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:58:14.16 ID:vlJkc0rm0

    >>56
    すまん、書き方が悪かった
    基本的にラノベばっか読んでるけど、たまにはラノベじゃないのも読んでみたいから
    オススメ教えてくれ、と言いたかった

    67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:00:12.05 ID:r9caFul40

    >>63
    百田尚樹は割とラノベに近くて読みやすくて面白いと思うよ

    70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:03:59.20 ID:g1UFJ7ge0

    >>63
    ラノベ好きな人ってファンタジーは大体好きかな?
    はてしない物語と指輪物語はさすが面白いよ
    ハリーポッターも面白い

    はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
    55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:55:10.87 ID:g1UFJ7ge0

    あ、ぼくはお城の王様だを入れ忘れた
    告白なんて勧めてる場合じゃなかった

    ぼくはお城の王様だ
    59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:58:04.29 ID:vIm9ZntB0

    ドアD
    夏と花火と私の死体
    王様ゲーム

    読んでてまったく苦にならない

    ドアD (幻冬舎文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)王様ゲーム
    65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 22:59:30.03 ID:MtNPqMzZ0

    小室直樹・著 『日本人のための宗教原論』(徳間書店)

    日本の社会学史にその名を残す天才・小室直樹が、
    日本人のために宗教についてわかりやすく噛み砕いた本
    この本一冊あれば「仏教徒は何か?」とか「イスラム教徒は何か?」
    みたいな本はいらない。
    宗教にいざ興味が湧いたら、取り敢えずこの本だけあればいい
    日本人がどうして宗教音痴なのか知るのに宗教この一冊を上回る理解が得られる本はあるまい

    日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか
    72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:05:28.46 ID:ArqiLHT90

    中高生には恩田陸「夜のピクニック」伊坂幸太郎「砂漠」を勧める

    夜のピクニック (新潮文庫)砂漠 (新潮文庫)
    74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:07:56.80 ID:g1UFJ7ge0

    >>72
    恩田陸大好きです
    三月は深き紅の淵をにはガッカリさせられたけど

    三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
    80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:18:23.55 ID:AciKN/VY0

    ヘッセ
    車輪の下

    車輪の下 (新潮文庫)
    85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:27:57.39 ID:RD59ftwq0

    ラノベなら

    緋弾のアリアとハイスクールD×Dだな

    緋弾のアリア (MF文庫J)ハイスクールD×D1  旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫)
    95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:57:39.58 ID:IX9/+jR00

    >>85
    両方文章がお粗末なクソラノベじゃないですか

    96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 23:59:16.53 ID:vYQTLo+R0

    >>95
    はがないとか禁書に比べるとマシなほう

    98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:05:58.29 ID:3qjXGtAP0

    お前らドグラ・マグラってどう思う?

    ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)ドグラ・マグラ (下) (角川文庫)
    106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:21:20.57 ID:xSnv0vLtP

    >>98
    妙にハードル上げられてるけど、
    結構普通のミステリーとして読めると思う
    本筋に関係なさそうな文章が続くのは、
    京極堂シリーズの薀蓄みたいなもので
    トンデモトリックに説得力を持たせるためのものだし

    99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:06:28.38 ID:8JAWU1Yy0

    ちゃかほこちゃかほこ

    105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:19:05.08 ID:D2ugaZyi0

    A very short introduction
    オススメ

    心理学 ― PSYCHOLOGY (〈1冊でわかる〉シリーズ ― Very Short Introductions日本版)歴史 ― HISTORY (〈1冊でわかる〉シリーズ ― Very Short Introductions日本版)薬 ― DRUGS (〈1冊でわかる〉シリーズ ― Very Short Introductions日本版)
    126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:09:01.69 ID:vTM4ija10

    >>105 読書猿で知って買ったわ。 あれいい

    110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:38:00.56 ID:3lbxvn1G0

    ロマンロランのベートーベンの生涯って買ったぜ

    ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
    112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:40:33.08 ID:hkJ5hhmE0

    >>110
    それに心動かされたら、同じくロマンロランの「ジャン・クリストフ」に行くといい
    何回も読みたくはないが、傑作だ

    ジャン・クリストフ 1 (岩波文庫 赤 555-1)
    113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:42:45.70 ID:3lbxvn1G0

    >>112
    それ長いw
    色んな音楽家の伝記が読みたい。
    それも読んでみたいけど

    116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:50:10.03 ID:cMsPqr/60

    高杉良 / 小説 会社再建 「太陽をつかむ男」

    7、80年代 不渡り寸前の造船企業を再建していく話
    実際の事柄を元に関係者に取材を重ね組み立てた作品なので
    ノンフィクションに近い感覚

    小説会社再建 太陽を、つかむ男 (集英社文庫)
    117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:51:14.19 ID:5m4MEkcnP

    企業小説って結構面白いよね。

    118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:56:37.15 ID:8JAWU1Yy0

    俺みたいにハヤカワSFばっかり読んでる奴にはいろいろ知れてタメになるわ

    122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:00:53.23 ID:Y4eUx6xmO

    >>118
    創元SF文庫もよんであげて

    119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:56:41.96 ID:LoX3JIS00

    向日葵の咲かない夏ってどうなの?

    向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
    121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 00:58:11.93 ID:8JAWU1Yy0

    >>119
    読んで無いけど良い評判はよく聞くな

    123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:01:18.78 ID:5m4MEkcnP

    >>119
    評判がいいらしいから俺も読んでみようかな。

    125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:06:51.18 ID:tMA6VSr+0

    >>119
    俺の評価は最低なんだが・・・これもう一度読むくらいなら宅配コンバット学園読むわ
    なんか夏と花火と私の死体と何を思ったか勘違いして買って胸糞悪さが半端なかった

    ミステリなら辛い飴とか好き

    辛い飴 (永見緋太郎の事件簿) (創元推理文庫)
    127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:13:39.82 ID:mBWOBLJlP

    宮城谷昌光の「介子推」おすすめ

    介子推 (講談社文庫)
    128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:15:38.73 ID:8JAWU1Yy0

    >>127
    宮城谷さんは「夏姫春秋」を読んだことあるわ
    めっちゃ良かったからそれも読んでみるわ

    夏姫春秋(上) (講談社文庫)夏姫春秋(下) (講談社文庫)
    130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:26:03.73 ID:mBWOBLJlP

    >>128
    夏姫春秋読んでるなら
    介子推以外にも時代が横で繋がってる作品多いからいろいろ読んでみるといいよ
    いろんな人物視点で同じ時代が楽しめる

    131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:27:41.48 ID:8JAWU1Yy0

    >>130
    あの薄さで濃いキャラいっぱい出てるからな
    いろいろ漁ってみるのが楽しみだわ

    132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:31:21.62 ID:aRAu/XjiO

    プルタルコス英雄伝

    プルタルコス英雄伝〈上〉 (ちくま学芸文庫)プルタルコス英雄伝〈中〉 (ちくま学芸文庫)プルタルコス英雄伝〈下〉 (ちくま学芸文庫)
    137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:37:21.57 ID:7J1Q3DLN0

    >>132
    テセウスからアントニウスのまで数十の列伝があるけど、
    誰についての伝記がオススメ?

    140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:46:04.10 ID:aRAu/XjiO

    >>137
    ベスト3挙げる

    No.1 小カトー
    No.2 マルクス・ブルータス
    No.3 カエサル

    プルタルコス英雄伝中でも小カトーとマルクス・ブルータスは
    特に徳性の面で卓越した人物
    さらにブルータスの苦悩はシェークスピアも題材にしてるように非常に心打つ
    カエサルの伝記は、この人物のバランス感覚と寛容さ、政治的妙技を楽しめる

    個人的には他にスッラやアントニウスの伝記も良い、彼らの大度はなかなか痛快

    133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:33:52.06 ID:gkSJSRCE0

    氷菓っぽいニヨニヨ出来るラノベじゃない小説教えろ

    138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/01(土) 01:39:24.25 ID:tMA6VSr+0

    >>133
    ゲド戦記

    ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)
    アーシュラ・K. ル=グウィン Ursula K. Le Guin
    岩波書店
    売り上げランキング: 107,645

    元スレ 読書家な俺が10冊の本をお勧めするスレ
    http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370007154/

    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2013年06月04日 19:04 ▼このコメントに返信
      ライ麦はハルヒとか好きだとがっつりハマると思う
      ※2 2013年06月04日 19:09 ▼このコメントに返信
      最近読んで面白かった本
      連合赤軍「あさま山荘」事件、佐々淳行
      歪曲報道、高山正之
      企業の正義、中條高徳
      皇国の守護者、佐藤大輔
      遠き曙光、横山信義
      魍魎の匣、京極夏彦
      ※3 2013年06月04日 19:10 ▼このコメントに返信
      悪書が1冊も出てない点で読書家スレッドとはとても言い難い
      ドグマグが強いて言えば悪書っちゃぁ悪書だけど有名どころだからなぁ…
      ※4 2013年06月04日 19:12 ▼このコメントに返信
      ラノベとか気持ち悪い
      ※5 2013年06月04日 19:17 ▼このコメントに返信
      氷菓は詳しく知らんが、ゲド戦記ではニヨニヨ出来んぞ。
      ニヨニヨしたいならベルガルアード物語にしろ、殆ど絵の無いラノベだけど。
      ※6 2013年06月04日 19:18 ▼このコメントに返信
      吉川英治『宮本武蔵』
      人生を変えた一冊です
      ※7 2013年06月04日 19:24 ▼このコメントに返信
      >>1と趣味がドンピシャだわ。
      ※8 2013年06月04日 19:24 ▼このコメントに返信
      売れてる本=良い本って思ってる底抜けのバカっていたんだ
      ※9 2013年06月04日 19:25 ▼このコメントに返信
      外山 滋比古 思考の整理学
      30歳、色々と考えさせてくれた
      ※10 2013年06月04日 19:29 ▼このコメントに返信
      有名な小説はだいたいどれも面白いね
      ※11 2013年06月04日 19:32 ▼このコメントに返信
      絶対こういうスレでラノベ挙げる馬鹿が必ずいるよな
      ※12 2013年06月04日 19:35 ▼このコメントに返信
      隣の家の少女は読んだ後特に何もなかった
      つまらなくはないけど印象に残らない感じ
      ※13 2013年06月04日 19:36 ▼このコメントに返信
      ファウンデーションシリーズは読むべき
      ※14 2013年06月04日 19:39 ▼このコメントに返信
      アガサクリスティー作品って
      ポワロが出てくるとセリフが臭すぎるし
      展開が滅茶苦茶ご都合主義で早くなったりするから好かない
      「そして誰もいなくなった」はポワロ出てこないけど
      ラストは「ああそうなんですか」って感じのオチだった
      ※15 2013年06月04日 19:41 ▼このコメントに返信
      三月は深き紅の淵をには俺もがっかりさせられたわ

      とりあえず貴志祐介を勧める
      新世界より、面白いぞ

      アニメやってたから知ってる奴いるだろ?
      ※16 2013年06月04日 19:51 ▼このコメントに返信
      ドラキュラ物であまり出てこないやつということで、ドラキュラ紀元。
      美少女吸血鬼ジュヌヴィエーヴ、マジ原種吸血鬼。ドラキュラなどという下賤な吸血鬼とはひと味違う。内容はビクトリア時代の英国。殺人鬼を追う捜査官とジュヌヴィエーヴがロンドンの闇に潜む者達に立ち向かっていく展開。
      ※17 2013年06月04日 19:52 ▼このコメントに返信
      貴志なら天使の囀りが好き
      ※18 2013年06月04日 19:56 ▼このコメントに返信
      向日葵の咲かない夏は呼んだ後ぶん投げたくなった
      ※19 2013年06月04日 20:00 ▼このコメントに返信
      俺プロットの面白さで勝負してる小説嫌いなんだけど。
      なんかいい小説ない?
      ※20 2013年06月04日 20:04 ▼このコメントに返信
      米19
      村上春樹はプロットではなく文章の流れ勝負
      あと安部公房も良い
      ※21 2013年06月04日 20:06 ▼このコメントに返信
      ゲド戦記は面白いんだよ…
      世界観が凄く良いんだ。なぜ映画はゲドの若いころをやらなかったんだ…

      個人的に好きな本は京極夏彦のシリーズ
      ※22 2013年06月04日 20:09 ▼このコメントに返信
      高野和明『13階段』
      ※23 2013年06月04日 20:11 ▼このコメントに返信
      ロクなもんがねえ
      ※24 2013年06月04日 20:12 ▼このコメントに返信
      戦場のメリークリスマスの原作本

      長田弘  詩は友人を数える方法

      マララッド アシスタント
      ※25 2013年06月04日 20:14 ▼このコメントに返信
      本たいして読んでなさそうな奴は無理に参加すんなよな…
      ※26 2013年06月04日 20:17 ▼このコメントに返信
      米11
      アンタの語力で
      本についてどうこう言うのは無理がある
      ※27 2013年06月04日 20:19 ▼このコメントに返信
      濱嘉之って人の作品、CSIが好きだったら好きになる。
      ※28 2013年06月04日 20:21 ▼このコメントに返信
      向日葵の咲かない夏はアレ的なお遊び小説だしな
      そういうのを求めてない人の評価が辛辣になるのは仕方ない
      伏線の張り方とか描写の上手さは凄いよ実際
      ※29 2013年06月04日 20:25 ▼このコメントに返信
      カラマーゾフを一般人に薦める奴は大抵クズ
      ※30 2013年06月04日 20:30 ▼このコメントに返信
      最近のマイブームはJ.R.R.マーティンのファンタジー、氷と炎の歌シリーズ
      英文的な皮肉が面白すぎる
      ※31 2013年06月04日 20:30 ▼このコメントに返信
      緋弾のアリアとハイスクールD×Dがはがないよりマシな文章ってのはないだろ。
      はがないは文字でかいところのページだけ取り上げられてよく叩かれてるけど、そういうページは数百ページ中10ページに満たないし、文章自体もラブコメ系の中では中々上手いほうなのに不憫だ。

      ※32 2013年06月04日 20:31 ▼このコメントに返信
      ライ麦他サリンジャーは実家の本棚に並んでる筈なんだが
      十数年経った今、何も思い出せんのよね
      ヘッセとかバックなら何となく思い出せるんだが
      ※33 2013年06月04日 20:34 ▼このコメントに返信
      読書家を名乗っといて勧める本は小説だけか
      ※34 2013年06月04日 20:37 ▼このコメントに返信
      三月は深き紅の淵を、は恩田陸の最高傑作の一つだと思っている俺が来ましたよ!
      連城三紀彦の本を読め。あの人はハズレがない
      ※35 2013年06月04日 20:38 ▼このコメントに返信
      小川洋子の海がよかった
      嫌でも気持ちをのせられてしまう短編ばかりだった
      特別に、これはすごいな。って思ったのがあったけど
      どれだか忘れちゃった
      ※36 2013年06月04日 20:42 ▼このコメントに返信
      指輪物語を面白いと言ってるなら、俺と趣味が合わないな
      訳者が違う人のを2つくらい見たが、さっぱり頭に入ってこなかった
      ※37 2013年06月04日 20:43 ▼このコメントに返信
      盲導犬サーブ
      (子供にも大人にもお勧め)
      ※38 2013年06月04日 20:43 ▼このコメントに返信
      向日葵の咲かない夏は登場人物気持ち悪いわ胸糞悪いわで読後感最悪だった
      同じ作者でもラットマンは面白かったけど
      ※39 2013年06月04日 20:50 ▼このコメントに返信
      デイビッド・エディングス著のファンタジー小説「ベルガリアード物語」「マロリオン物語」

      指輪物語もハリーポッターも興味ないんだけれど、このシリーズだけは掛け値なしに面白い
      ※40 2013年06月04日 20:52 ▼このコメントに返信
      おすすめ文って気持ち悪いよな
      なんか変な自意識を押し付けられてるみたいで…

      キライな本をディスりまくるスレとかあったらおもしろいかも
      ※41 2013年06月04日 20:54 ▼このコメントに返信
      >>1が挙げてくスレで勝手に推薦しだす人なんなの
      せめて十冊終わってからにしろよって思う
      ※42 2013年06月04日 20:55 ▼このコメントに返信
      馳星周は、なんでこういう場で入って来んのや。
      ※43 2013年06月04日 21:06 ▼このコメントに返信
      金城一紀キターー‼
      ※44 2013年06月04日 21:13 ▼このコメントに返信
      秒速5センチみたいな話が好きな奴は
      福永武彦の「草の花」を読むと良いよ
      ※45 2013年06月04日 21:14 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました
      ※46 2013年06月04日 21:20 ▼このコメントに返信
      ラノベ上げるのは勝手だけど
      他のラノベと比べてあっちがクソだのこっちが駄作だのキモオタ臭が嫌になる

      あと向日葵の咲かない夏はマジやめとけ
      ※47 2013年06月04日 21:22 ▼このコメントに返信
      ※15
      三月は深き~は三つめの話が結構すきなんだけどな
      貴志だったら青の炎
      ※48 2013年06月04日 21:44 ▼このコメントに返信
      ゲド戦記やナルニア国物語は小説は面白いよな
      アニメや映画版でがっかりさせられるけど
      ※49 2013年06月04日 21:45 ▼このコメントに返信
      ほんとみんな好みバラバラだな

      俺はフェルマーの最終定理がオススメというかサイモンシンの本
      ※50 2013年06月04日 21:46 ▼このコメントに返信
      小野不由美の屍鬼は面白かったな

      ただ前半はつまんなかった。前半は藤崎竜の漫画版の方が面白く読めたな。

      後半は小説の方が面白かった。漫画も悪くはなかったけど少し微妙な感じ。
      ※51 2013年06月04日 21:47 ▼このコメントに返信
      貴志の作品は一通り読んだけどやっぱりクリムゾンか黒い家じゃないかな
      悪の教典が映画化して話題になったけど正直貴志作品の中では出来は微妙な感じがする
      ※52 2013年06月04日 21:54 ▼このコメントに返信
      まったく本読まない俺にこの中でどれがオススメか教えろください
      ※53 2013年06月04日 21:55 ▼このコメントに返信
      蠅の王って今そんな表紙なんだ…
      俺が読んだ頃は柄物だった気がする
      ※54 2013年06月04日 21:56 ▼このコメントに返信
      ラノベ好きで小説ミステリ読みたいなら、辻村深月さんの学園モノを薦める。
      「ぼくのメジャースプーン」
      「名前探しの放課後」
      「サクラサク」
      辺り初心者にオススメ。
      直木賞作は上級者向け。
      ※55 2013年06月04日 21:57 ▼このコメントに返信
      小室直樹が社会学者?

      学者の本なら、やっぱ丸山真男の「日本の思想」と蝋山の「日本の歴史」
      ※56 2013年06月04日 22:02 ▼このコメントに返信
      >>1君は中学生かな?いい趣味してるね^^
      ※57 2013年06月04日 22:03 ▼このコメントに返信
      あ~、では俺がおすすめないのとしては、

      塩野七生「ローマ人の物語」

      だね。すっごく大量の参考文献に当たって書いてるらしいけど、で?っていう。というのは、著者自らこれは小説作品とか言っちゃってんだよ。
      だったら別に参考文献とかいらなくねえ?きちんと調べたんなら学術論文って言ってもいいじゃん。なんで変に逃げうつの?
      だいたい小説にしては文章が無味乾燥すぎるし、内容も繰り返しが多すぎる
      カエサルの言葉なんか三回も同じのが出てきたからな、わけわかんねえ
      とにかく長すぎ、ローマびいきすぎ、小説としても論文としても中途半端
      チェーザレボルジアはまだ多少ロマンがあったけどねぇ…とはいえ著者のロマンって有能な男ってマジタイプだわぁってだけのことだけどね
      ※58 2013年06月04日 22:05 ▼このコメントに返信
      こういうスレで10冊出る前に自分のおすすめ書く奴嫌いだな
      ※59 2013年06月04日 22:08 ▼このコメントに返信
      らい麦はアメリカ、ヨーロッパでの
      異常殺人者の必読本。FBIでも研究されたテーマ。
      日本は三国志が、少年で異常殺人したやつが読んでいる本の一位。
      三国志はみんな最後は結局死んでしまうというのが殺人者の共感を呼ぶらしいて、精神鑑定人がいっていた。


      ※60 2013年06月04日 22:11 ▼このコメントに返信
      「アヌビスの門」
      ファンタジーものとなっているが、タイムパラドックスSF。
      ヘタれな主人公が嫌だったけど、上巻の最後の数ページは鳥肌が立った。
      ※61 2013年06月04日 22:16 ▼このコメントに返信
       ラノベはアニメ、ドラマ見れる人なら普通に読めるぞ。むろん全てがそうだとは言わんが、文章というよりは脚本に近い物が多いから。
       あなたの人生の物語は面白かった
      ※62 2013年06月04日 22:17 ▼このコメントに返信
      90割とか言っちゃう時点でこの1ただの馬鹿じゃん
      ※63 2013年06月04日 22:18 ▼このコメントに返信
      佐藤賢一の「新微組」は読み終わるのが嫌で途中で止めてる
      ※64 2013年06月04日 22:19 ▼このコメントに返信
      これはすすめられないのは、「レンタルチャイルド」かな
      ノンフィクションのはずなんだけど、小説形式で進むからヘン
      貧困地帯で雇った地元民のガイドが急に正義漢になってジモティのギャングを問い詰めたりする展開って…なんなの?
      あと主人公(=著者?)が商売の為に手足を切断された子供を捜すことに異常にこだわっててフェティッシュすら感じる。コワイ 
      ※65 2013年06月04日 22:20 ▼このコメントに返信
      竜馬がゆく
      ※66 2013年06月04日 22:23 ▼このコメントに返信
      隣の家の少女を
      死ぬまでに一度経験したいってどういうこと・・・
      虐待されて死にたいってこと?少女を虐待して殺したいのか?
      なんなのこの>>1・・・
      ※67 2013年06月04日 22:23 ▼このコメントに返信
      めずらしくラノベに蹂躙されてないスレ
      ※68 2013年06月04日 22:39 ▼このコメントに返信
      児童書だけど、精霊の守り人はハマった
      ※69 2013年06月04日 22:40 ▼このコメントに返信
      ※67
      よし、蹂躙してやろう

      とある飛空士への追憶
      ※70 2013年06月04日 22:47 ▼このコメントに返信
      ここまで有川浩さんの名前がでてこないとは・・・。
      「キケン」がオススメ。
      ザ・青春って感じで、時間を忘れて読み耽った。
      ためになるとかそういうのじゃなくて、ただただおもしろいってだけだけどね。
      ※71 2013年06月04日 22:48 ▼このコメントに返信

      サリンジャーって歴史上の人物だと思ってだが、3年位前テレビで亡くなったの
      報道されてビックリしたわ

      個人的には「こころ」と「三四郎」が好き。
      読み終わった後の鬱っぽくなる感じが癖になる
      ※72 2013年06月04日 22:48 ▼このコメントに返信
      疾走もだけど秘密とか後味が悪すぎて数日間は憂鬱になる本は
      二度と読みたくないわ。(評価は別として)
      なんとか回避できないものかね。
      ※73 2013年06月04日 22:54 ▼このコメントに返信
      ガチスレすぎて入れん
      ※74 2013年06月04日 22:55 ▼このコメントに返信
      最近のファンタジーでは、『氷と炎の歌』じゃない。
      8月にでる続編が楽しみ。
      ※75 2013年06月04日 23:06 ▼このコメントに返信
      アンナ・カレーニナ
      ※76 2013年06月04日 23:12 ▼このコメントに返信
      元本屋店員で、ここに出てるの9割読んでたけど、
      「クラインの壺」はもっと評価されてしかるべきに同意。
      当時びっくりした。

      あの後、似たような内容で小説やハリウッド映画色々出てたけど、
      先駆者ってのはすごいと思う。

      ※77 2013年06月04日 23:13 ▼このコメントに返信
      ※45 西村っていうのが分からない。ごめん。大藪春彦は、最後まで飽きずに読みきれたことがない。暴力租界を読んでみたいけど、見つからん。
      村上春樹(笑)は論外で。
      ※78 2013年06月04日 23:16 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました
      ※79 2013年06月04日 23:24 ▼このコメントに返信
      ※77には生島次郎の「黄土の奔流」とかがお勧めかも。
      本屋の店員辞めたのが4半世紀前で情報が古くてゴメン。
      ※80 2013年06月04日 23:26 ▼このコメントに返信
      ここまでがコメ欄含め読書アピールスレ
      ※81 2013年06月04日 23:31 ▼このコメントに返信
      ※80
      お前のお勧め語れよ。
      ※82 2013年06月04日 23:35 ▼このコメントに返信
      asoiafシリーズ
      日本語訳では読まない方がいい
      ※83 2013年06月04日 23:39 ▼このコメントに返信
      ※78,79
      こんな為になる情報が聞けるとは思わんかった。感謝。
      馳星周作品のような、全ての人間が破滅するor元からの金持ち以外全員報われないようなリアリティを読みたかった。
      ハッピーエンドなんか、クソや。
      ※84 2013年06月04日 23:41 ▼このコメントに返信
      寧ろ読んでつまんなかった十冊を知りたい
      ※85 2013年06月04日 23:42 ▼このコメントに返信
      告白を挙げている時点でおさっしですわ
      ※86 2013年06月04日 23:44 ▼このコメントに返信
      何で村上春樹の『風の歌を聞け』が無いんだよ
      ※87 2013年06月04日 23:47 ▼このコメントに返信
      殺人鬼フジコのやつ
      ※88 2013年06月04日 23:48 ▼このコメントに返信
      ドグラマグラは一見本筋から外れてるように見える胎児の夢とか外道祭文とかが普通に面白いから困る
      ただし漢文、テメーはダメだ
      ※89 2013年06月04日 23:48 ▼このコメントに返信
      子供向けばっか
      ※90 2013年06月04日 23:57 ▼このコメントに返信
      ※84
      つまんなかったのはさっと忘れて記憶に残らない。
      100冊読んで記憶に残るのが10冊位で。

      あああ、あああ。ここまで書いて思い出した。
      しょうもなさ過ぎて逆に記憶に残ったのあったわ。
      「少女漫画家殺人事件」
      手に入れた人は読んでびっくりしてみて。
      ※91 2013年06月04日 23:58 ▼このコメントに返信
      J・ユルスマン「◎エリアンダーMの犯罪」◎G・チェスブロ「ボーンマン」◎W・カッツ「恐怖の誕生パーティ」◎高橋克彦「蒼夜叉」◎中島らも「ガダラの豚」◎テリー・ホワイト「真夜中の相棒」
      ※92 2013年06月05日 00:03 ▼このコメントに返信
      本にだって雄と雌がありますがでてて嬉しい
      これ読むと素直に本っていいなぁって思える
      ※93 2013年06月05日 00:05 ▼このコメントに返信
      ※85、※89
      何が嫌いかじゃなくて何が好きかで自分を語れよ!
      ※94 2013年06月05日 00:08 ▼このコメントに返信
      立花隆の『宇宙からの帰還』
      だな。やっぱりノンフィクションが一番面白い。
      ※95 2013年06月05日 00:17 ▼このコメントに返信
      超ありきたりだが砂の女
      めっちゃくちゃ面白かったわ
      ※96 2013年06月05日 00:19 ▼このコメントに返信
      湊かなえなら贖罪かな
      あれはたまらん罪の連鎖というか、藻掻きようよない感じが好き
      ※97 2013年06月05日 00:22 ▼このコメントに返信
      ロバート・ウェストール『海辺の王国』
      アレックス・シアラー『スノードーム』
      道尾秀介『水の柩』
      こんなとこかの
      ※98 2013年06月05日 00:22 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました
      ※99 2013年06月05日 00:47 ▼このコメントに返信
      疾走最高やあああああ!
      ※100 2013年06月05日 00:53 ▼このコメントに返信
      向日葵の咲かない夏って色物扱いされてるけど捉え方で内容が変わるんだよね
      「あの状況」は現実なのか、それとも主人公だけの世界なのか
      後者と捉えて読み返すとガチでヤバい内容になるんだわ、ミステリーとして
      こんな本が存在するのかって気付いた夜はなかなか眠れなかったな
      ※101 2013年06月05日 00:58 ▼このコメントに返信
      星を継ぐ者 ジェイムズPほーがん
      ふおぉぉぉお・・・!ってなった。100ページ目くらいからが面白い。

      沈まぬ太陽 山崎豊子
      日航ジャンボ墜落に関する裏話的フィクション。
      興味あればアフリカ編だけでも読んでみるといいよ。
      ※102 2013年06月05日 01:09 ▼このコメントに返信
      七尾樹『アングリッシュ』
      芟あさひ『スパイ家計簿』
      ※103 2013年06月05日 01:15 ▼このコメントに返信
      「砂の女」はたしかにかなりおもしろい。一流文学ってのは文章表現、思いがけないストーリー、感情移入できるキャラクター全て備えてるんだなと確信した。しかし…「終りし道の標べに」「壁」は意味がわからんかったわ…「飢餓同盟」「人間そっくり」はおもしろかった。ブラックユーモアの世界だよね。「他人の顔」は長かった…この辺は好みなのかなあ
      まあ、安部公房は面白いのが多いよね
      ※104 2013年06月05日 01:27 ▼このコメントに返信
      「細雪」「百年の孤独」は読み出したらやめられなくなるから好き。あと最近は団伊玖磨の食エッセイはまってる 相当なワガママ変人ぶりでかなり笑える。
      ※105 2013年06月05日 01:44 ▼このコメントに返信
      いしいしんじが好きだ。
      プラネタリウムの双子、までの。
      最近はちょっとねじ曲がり過ぎな気が…
      ※106 2013年06月05日 01:48 ▼このコメントに返信
      乙 一 /暗黒童話
      小林泰三/透明女 これ読んだら吐いてダイエットできることまちがいなし!
      米澤穂信/儚い羊たちの祝宴。米澤さんラノベいっちゃったけど、こっち先に読んだから身も心も惚れちゃいました!(//∀/)←聞いてねぇ
      浦賀和宏/記号を喰う魔女この人はなんていうか…凄みがある!
      殊能将之/ハサミ男/秀逸!映画はガッカリ。まぁ映画は大体原作壊しだからね…
      松岡圭祐/千里眼/マジで面白い!シリーズ一気読みした!
      嶽本野ばら/鱗姫/近親相姦は是非があるとおもいますが、彼の少ない小説の中でも秀逸!
      ダレンシャン/デモナータシリーズ/残酷で気持ち悪くていっぱい人も魔物も死ぬ…ハラハラドキドキです。ちなみにほぼ、ミステリー入ってますがどちらかとゆうとホラーとゆうかキチがはいってます。めっちゃかたよってますが、普通じゃものたりない方はどうぞ♪
      ※107 2013年06月05日 03:16 ▼このコメントに返信
      藤沢周平「暗殺の年輪」
      話の内容はどこにでもあるようなテンプレ。
      でも読むたびに心を抉られる。
      ※108 2013年06月05日 03:20 ▼このコメントに返信
      「大菩薩峠」中里介山
      ※109 2013年06月05日 04:36 ▼このコメントに返信
      何で>>1以外が出張ってくるの?
      ※110 2013年06月05日 04:58 ▼このコメントに返信
      ハーモニー
      あれは近い将来起こりそうな感じだからな
      ※111 2013年06月05日 04:59 ▼このコメントに返信
      フェルマーの最終定理
      暗号解読
      ファスト&スロー
      確率論と私
      市場を創る

      オヌヌメ
      ※112 2013年06月05日 05:17 ▼このコメントに返信
      円城塔とか北野勇作みたいなヘンなSFを読もうぜ!!
      ※113 2013年06月05日 06:38 ▼このコメントに返信
      ではホラー寄りで。ど真ん中は江戸川乱歩。
      夜市 / 恒川光太郎
      ジャンルホラーだけど怖くない。ファンタジー
      黄泉がえり / 梶尾真治
      映画だとキラキラいい話だけどかなり不気味
      硝子のハンマー / 貴志祐介
      ホラーばっかの作者だけど推理小説
      ※114 2013年06月05日 08:28 ▼このコメントに返信
      >24で出てた。安心した。
      玩具修理者の酔歩する男以上の衝撃には出会ったことがない。
      ※115 2013年06月05日 09:43 ▼このコメントに返信
      読書って言ったら大抵文学しか挙がらないという

      文学もミステリーも読むが政治や経済、哲学の本とかも面白いのいっぱいあるのに勿体無い。
      ※116 2013年06月05日 09:47 ▼このコメントに返信
      90割ってなんだよ。 教養のなさを伺える。
      ※117 2013年06月05日 09:58 ▼このコメントに返信
      90割は有名なネタだよ
      告白は面白かったけど、トリックに致命的な欠点があるから傑作とは言えないと思う
      陽気なギャングが地球を回す がオススメ
      ※118 2013年06月05日 10:20 ▼このコメントに返信
      こういうスレでもコメでも 人の趣味を馬鹿にするやつは嫌いだわ
      なんでそんな傲慢になれるのか
      ※119 2013年06月05日 10:24 ▼このコメントに返信
      安部公房が出てないなんて!
      ※120 2013年06月05日 10:53 ▼このコメントに返信
      う~む・・・
      スレ主と全く趣味が合わないことが分かった。
      ※121 2013年06月05日 11:42 ▼このコメントに返信
      日本人として生まれた以上は少なくとも日本語はすらすら読めるよな。
      それなのに30歳のバースデーまでに山田風太郎を一冊も読んでないやつって何なの?
      お願いします。魔界転生くらい読んで下さい。
      ※122 2013年06月05日 11:48 ▼このコメントに返信
      宮部みゆきさんの本が好きです
      ※123 2013年06月05日 11:54 ▼このコメントに返信
      浅田彰「構造と力」「逃走論」
      中沢新一「チベットのモーツァルト」
      蓮実重彦「表層批評宣言」「映画の神話学」「映像の詩学」
      柄谷行人「日本近代文学の起源」「隠喩としての建築」
      ※124 2013年06月05日 11:57 ▼このコメントに返信
      今更すぎるけど樋口一葉のたけくらべ読んで、おっさんのくせにラストで胸がキュンっとww
      ※125 2013年06月05日 12:05 ▼このコメントに返信
      ラノベあげてる奴はっずかし
      ※126 2013年06月05日 12:20 ▼このコメントに返信
      ※121 支援。
      何歳で手に取ろうが個人の勝手だが、柳生忍法帖もおすすめしとく
      ※127 2013年06月05日 13:30 ▼このコメントに返信
      浅田次郎はなに読んでも面白いよ。
      ※128 2013年06月05日 14:48 ▼このコメントに返信
      『亜愛一郎の狼狽』泡坂妻夫
      『山猫の夏』船戸与一
      『日本沈没』小松左京
      『押絵の奇蹟』夢野久作
      『モンテクリスト伯』アレクサンドラ・デュマ
      『レベッカ』デュ・モーリア
      『ウィチャリー家の女』ロス・マクドナルド
      『まるで天使のような』マーガレット・ミラー
      ※129 2013年06月05日 15:59 ▼このコメントに返信
      司馬遼太郎ってよく叩かれてるけど、『燃えよ剣』は一度読んでみた方が良いと思う。
      歴史小説の中でも屈指の面白さだと感じます。
      ※130 2013年06月05日 17:04 ▼このコメントに返信
      ライ麦は村上春樹訳で読むとちょっと毛色が違って危ない
      自分は村上ファンだと自覚している人以外は野崎訳のがいいよ
      ※131 2013年06月05日 17:29 ▼このコメントに返信
      ※129
      司馬叩きは嘘を嘘と見抜けない困ったちゃんてイメージ
      ※132 2013年06月05日 17:53 ▼このコメントに返信
      向日葵の咲かない夏はまさに胸糞悪いをテーマに詰め込んだような話だから万人向きではないだろうが個人的にあのじっとりした雰囲気は好きだなぁ

      ライ麦ではなくオロロ畑でつかまえても好きだ
      浅田次郎はいかん
      うっかり電車の中で読むと脆くなった俺の涙腺がやばい上家で読むと睡眠時間ガリガリ削られてやばい
      ※133 2013年06月06日 01:42 ▼このコメントに返信
      自称本の虫のくそつまんねーラインナップ
      趣味趣向関係なくこれがオススメの十冊って読書量少なすぎるか頭悪すぎ
      ※134 2013年06月06日 08:30 ▼このコメントに返信
      酔歩~が評判良いのは聞いてたけど記憶に一切残ってない
      なんかわけわからんなーくらいは思ったかも
      なんか理解するために予備知識が必要とかあるのかね
      ※135 2013年06月06日 11:00 ▼このコメントに返信
      疾走感と読後の爽快感が堪らない小説教えてくれ
      読後にモヤモヤする本はあんま好きじゃない
      森見の小説は結構良かったな
      ※136 2013年06月06日 16:12 ▼このコメントに返信
      数学ガールはどう?
      あれほど数式が面白い小説はなかったなぁ

      数学が好きになる小説だよ。
      ※137 2013年06月06日 21:06 ▼このコメントに返信
      今日は山風の『明治断頭台』を読了した
      忍法帖シリーズが有名だけど明治初頭を舞台にした作品も面白いな
      ※138 2013年06月06日 21:07 ▼このコメントに返信
      人の心はどこまでわかるか

      結構興味深い本だった。

      ※133
      オススメの本を100冊紹介されて興味を持つ奴が居ると思うのか?
      ※139 2013年06月06日 21:15 ▼このコメントに返信
      ※59
      全員死なない歴史物教えて
      ※140 2013年06月06日 21:15 ▼このコメントに返信
      小説しか読まない奴って…
      ※141 2013年06月06日 21:31 ▼このコメントに返信
      ※51
      貴志祐介作品、面白いよな
      そのラインナップに「天使の囀り」も加えたい
      「青の炎」とかはもともとの貴志の路線じゃないから微妙
      ※142 2013年06月06日 21:36 ▼このコメントに返信
      まあ、あれだ
      結局自分が読んで面白かった本が一番だ

      ラーメン食べてどの店が美味かったまずかったと言うようなもんだ
      その人の主観・感性次第で評価なんて変わる
      自分の感性を信じろ
      ※143 2013年06月06日 21:41 ▼このコメントに返信
      「神狩り」山田正紀
      「竜の柩」高橋克彦
      「八つ墓村」横溝正史
      「魔獣狩り」夢枕獏
      「裂けて海峡」志水辰夫
      「百舌の叫ぶ夜」逢坂剛
      「砂のクロニクル」船戸与一
      ※144 2013年06月06日 21:42 ▼このコメントに返信
      で、出た~wwww物語しか読まない奴wwwwwwwww
      ※145 2013年06月06日 21:50 ▼このコメントに返信
      90割にマジレスの嵐
      ※146 2013年06月06日 21:54 ▼このコメントに返信
      読書家はちゃんとラノベも読んでる。
      ラノベキモいとか言ってる奴は本読まないから馬鹿なんだろうな。
      ※147 2013年06月06日 21:58 ▼このコメントに返信
      権利のための闘争
      ユートピア
      は読んでおいたほうがいい
      ※148 2013年06月06日 22:08 ▼このコメントに返信
      年に最低100冊は読まないと本を読んでるとは言えないってどっかの無能卿が言ってた
      ※149 2013年06月06日 22:13 ▼このコメントに返信
      多少文章粗くてもいいやろ
      最後までちゃんと読めるような本だって少ないんだぞ
      少なくともラノベで名前が挙がるのはよくできてると思うぞ
      ※150 2013年06月06日 22:17 ▼このコメントに返信
      挙がっていないもので十選、既にあがってるものあったらスマソ
      「後宮小説」酒見賢一
      「100年の難問はなぜ解けたのか―天才数学者の光と影 」春日真人
      「砂糖の世界史」川北稔
      「とてつもない日本」麻生太郎
      「失敗の本質―日本軍の組織論的研究」
      「学問のすすめ」福沢諭吉
      「君主論」マキアヴェリ
      「山月記」中島敦
      「英雄の器」芥川龍之介
      「文明が衰亡するとき」高坂正尭
      ※151 2013年06月06日 23:15 ▼このコメントに返信
      「剣客商売」池波正太郎
      たまには時代劇モノ読もうぜ
      この本は読みやすいしおすすめ
      ※152 2013年06月07日 00:10 ▼このコメントに返信
      コメ欄も含めて大変参考になりました!
      今月から3ヶ月間南の島に行くので、30冊くらい持っていく予定。
      ありがとう~
      ※153 2013年06月07日 00:13 ▼このコメントに返信
      ※135
      猛き箱舟、フォーチュンクエスト

      梶井基次郎さんの檸檬がすきです。
      ※154 2013年06月07日 01:07 ▼このコメントに返信
      ※152
      米原万里「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」
      未毒なら持ってけ。読書好きのお前さんなら損しない作品。
      ※155 2013年06月07日 15:30 ▼このコメントに返信
      暑くなってきた今、お勧めするのは朱雀門出の「首ざぶとん 」
      作者は大学講師。ジワジワと静かに精神にくる怪談です
      薄気味悪いがとても面白いのでまだ未読の奴は読んでみ

      上に出ているミヒャエルエンデの「はてしないはてしない物語」
      子供の頃に友達に借りて読んだら余りにも面白かったんで自分も買って
      飯を食いながら読んでたら本にマヨネーズがついて死にたくなった思い出がある
      今でもずっと持っていたい本リストの中の一冊だ

      いつも思うが好きな本がある人生って幸せだよな
      ※156 2013年06月07日 21:38 ▼このコメントに返信
      老人と海は読んどけ
      ※157 2013年06月07日 23:19 ▼このコメントに返信
      ずっとミステリマニアだった俺だがサイモン・シンから科学にどっぷりはまったわ

      外国人の伝記とか経済本とかも日本人のそれとは違うものがあっていいよね
      ※158 2013年06月08日 00:19 ▼このコメントに返信
      辻村とか恩田とか伊坂とか湊かなえとか漫画かラノベの延長みたいなエンタメ作家は読書家として挙げるもんじゃねぇだろ
      ライ麦とかアルジャーノンとかメジャー系も
      舞城、阿部和重みたいなミーハー高校生向けもアウト
      少なくとも本屋で平積みされるような作家は誰でも読んでんだから勧めるっていう行動がズレてる
      百鬼夜行シリーズとか博士の愛したみたいな腐れエンタメに走ってない小川洋子辺りが平積み勢ではギリギリのライン
      普通に勧めるなら町田康とか
      ※159 2013年06月08日 03:51 ▼このコメントに返信
      ◎『黒死館殺人事件』小栗虫太郎
       難解なので時間つぶしには最適…
      ※160 2013年06月08日 11:22 ▼このコメントに返信
      他にもいろいろ紹介してるサイトってないのかな?
      ※161 2013年06月10日 23:25 ▼このコメントに返信
      ※123
      蓮實の「實」は正字体を使わないと、機嫌が悪くなったような気がする。
      このラインナップからすると、中村光夫や金井美恵子もお好きですか?
      梅原猛の本は国文学者からは認められていないのと同じで、中沢の『チベット』もチベット仏教の研究者からは批判されています。
      評論家には人気があって、マスコミでよく名を見かけるけれど、専門家からは批判されている学者と言えば白川静もそうです。
      ※162 2013年06月11日 11:31 ▼このコメントに返信
      最近、本を読む人が少なくなった理由って
      自称読書家の異常なまでの選民意識と
      好みじゃない本に対しての蔑視だと思う
      このスレとコメ欄見てるとそれがよく分かる
      ※163 2013年06月11日 12:07 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました
      ※164 2013年06月11日 18:23 ▼このコメントに返信
      純文学ばっか読んでる人=読書家になるの?
      読書家ってジャンルに拘らず沢山本を読む人のことかと思ってた
      ※165 2013年06月11日 18:36 ▼このコメントに返信
      本を読む人が少なくなったのは昔よりネットやゲームやテレビという読書以外の娯楽が多くなったからじゃね?
      あと子供の頃から周囲がしきりに読め読め言うので娯楽性が少なくなるんだろうな、強制されると楽しいものも楽しくなくなるもんだ

      ※156
      老人と 海は読んどけ と 君が言ったから
      6月7日は 老人と 犬 記念日

      やったねケッチャム素で間違えて借りちまった!!
      ※166 2013年06月22日 23:58 ▼このコメントに返信
      ※158
      高校生に人気なのは
      東野とか有川とか伊坂とかのイメージ
      ※167 2013年09月07日 19:06 ▼このコメントに返信
      時間がないから無理だが、話だけ聞くと全部面白そうだし読んでみたいわ〜

      自分のオススメは、「暗号解読」
      中学生の時に頑張って読んだが、面白かった…暗号ってこんなに面白いんだなと思った覚えがある。
      ※168 2014年01月01日 09:58 ▼このコメントに返信
      奇書
      ❶聊斎志異
      ❷我が闘争・ヒットラー
      超難解。当時の時代背景が解らないと読破は無理。
      ❸西遊記
      ❹ロシア革命史
      ❺トリストラムシャンデイ
      ※169 2014年01月02日 00:48 ▼このコメントに返信
      薬指の標本おすすめされてて嬉しかった。あれ大好き。もっと読まれるべき!
      ※170 2015年06月06日 18:35 ▼このコメントに返信
      いつも参考にさせてもらってるが
      一度しか名前が上がらない本はただの個人の好みの可能性が高いから読まない
      ※171 2015年06月09日 02:01 ▼このコメントに返信
      突然のデュラララはなんやったんや
      ※172 2015年06月11日 23:45 ▼このコメントに返信
      ドストエフスキーは、地下室の手記、罪と罰、白痴、悪霊を読んでからカラマーゾフだな。
      あとカフカは全部読むべきw
      ※173 2015年06月14日 23:15 ▼このコメントに返信
      ラノベて文章クソで読めたもんじゃないものだと思ってたけどそうでもないのか?

      まぁ買わないけど
      ※174 2015年06月15日 20:51 ▼このコメントに返信
      すべてはさすがに読んでないけど、
      ラノベは気持ち悪いと思いました。
      ※175 2015年06月17日 02:54 ▼このコメントに返信
      ボトルネックも高校生にはいいかも
      ※176 2015年06月17日 05:38 ▼このコメントに返信
      ※146
      どこソースだよ、それ。
      自分に都合の良い事言うもんじゃないぜ。
      渋いおじさんも萌絵表紙おおっぴらにして読んでいると思うのか?

      中傷したいわけじゃないよ、でも、それは可笑しい
      ※177 2015年06月24日 21:44 ▼このコメントに返信
      酔歩する男はやばかったね。読み終わったあとは頭がクラクラしたよ。
      ※178 2015年06月26日 16:13 ▼このコメントに返信
      藤原雅彦の数学者シリーズ、サイモン・シンの暗号とフェルマー、作者忘れの応用数学夜話
      歌野晶午全般、貴志祐も天使と雀蜂以外、道尾秀介も直木取る前の全般
      本の趣味が合うやつはなかなかリアルにはいない
      ※179 2015年06月26日 18:19 ▼このコメントに返信
      もっぱら図書館
      売上に貢献しないでごめんなさい
      置く場所がないし売るのも捨てるのも億劫で

      最近読んでおもしろかったのは皆川博子の『開かせていただき光栄です』
      ラストの盛り上がりの熱量が圧巻
      あれをお年を召した女性が書いてるってすごい
      ※180 2015年06月27日 01:03 ▼このコメントに返信
      皆川博子さんいいよなー
      村田喜代子さんもお勧めだぞ
      ※181 2015年07月01日 00:12 ▼このコメントに返信
      亡くなった児玉清さんの「負けるときは美しく」はエッセイで初めて面白いと思った。
      ※182 2015年07月03日 12:13 ▼このコメントに返信
      普段本を読まない人が読書家の勧める本を読んで面白いと思えるとは到底思えないと思います。
      ※183 2015年07月05日 15:59 ▼このコメントに返信
      なら蝉丸Pのつれづれ仏教講座読めよ
      色々と捗るぞ
      ※184 2015年07月10日 20:21 ▼このコメントに返信
      「メロスが激怒した」とか、「隴西の李徴は博学才穎」とかは学生時代に教科書にあって、それで実際買った本なんだけどそういうテンプレはダメなのかな?

      中島敦の文章すごい好きなんだ。思想の病気に冒されたカッパとか。

      ポオの短編もいいと思う。長編もクソ面白いんだけど、短編が光る。黒猫とか黄金虫とか。ユリイカと合わせてみると鴉の出来がハンパないことがわかる。

      あ、ラノベではザンヤルマが好きです。
      ※185 2015年07月18日 00:32 ▼このコメントに返信
      ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』は長かったけど読んで良かったと思う
      ※186 2015年07月21日 00:08 ▼このコメントに返信
      綾辻行人の「時計館の殺人」かなり良かった。
      ※187 2015年08月01日 14:22 ▼このコメントに返信
      結局は好みもあるからタイトルが気になったらAmazonのレビューでも読んで読むかどうか決めればいいんだよ。

      気になるタイトルが多くてまた読書が捗りそうだ。

      最近のオススメは富士学校まめたん研究分室です。マージナル・オペレーションもあわせてどうぞ。
      ※188 2015年08月02日 15:41 ▼このコメントに返信
      小難しいタイトル羅列したいだけの読書家様のご意見よりも、主観丸出しのミーハーの意見の方がよっぽど参考になりますわ
      「○○みたいなのは小説じゃない」「小説なんか読書じゃない」とか言ってる時点でお前は本の中身が好きなんじゃなくて本棚を高尚にしたいだけやぞおっさん
      ※189 2015年08月02日 17:32 ▼このコメントに返信
      ライ麦好きなやつ悪童日記も好きそう
      どっちもクソつまらんけどな
      なんだかんだで佐藤友哉の青酸クリームソーダとか灰色のダイエットコーラ
      好きな俺は馬鹿にされそう
      ※190 2015年08月05日 16:26 ▼このコメントに返信
      漁港の肉子ちゃん。又吉が紹介しててノリで買ったんだけど、ちょっと泣いた。読みやすいから若い子にはいいかも。でもかっちりした小説が好きな人には向かないのかなー…
      ※191 2015年08月17日 17:27 ▼このコメントに返信
      確かに文学限定ならそういって欲しいな
      ※192 2015年08月20日 12:27 ▼このコメントに返信
      ※62
      君はとくに本を読むべきだね
      ※193 2015年08月22日 23:59 ▼このコメントに返信
      読者家は古典とか挙げるもんだと思ってた。
      最近では0ベース思考面白かったです。
      ※194 2015年08月23日 08:13 ▼このコメントに返信
      ここ1年くらいで読んで面白かったのは

      未来からの遺言――ある被爆者体験の伝記/伊藤明彦
      数学ガール/結城浩
      死の貝/小林照幸 ※絶版
      倫理学という構え―応用倫理学原論/奥田太郎
      失敗の本質―日本軍の組織論的研究/戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾孝生, 村井 友秀,野中郁次郎

      このくらいかな。
      ※195 2015年08月30日 20:13 ▼このコメントに返信
      自分が愛する本を告白するのってなんだか恥ずかしい。
      大事な人であっても、古くからの友人であっても、教えたくない。秘密にしていたい。
      なんだか自分の性癖を知られるようで、怖い。
      ※196 2015年09月01日 01:38 ▼このコメントに返信
      この手のスレで久生十蘭が挙がらないのは哀しい。
      ※197 2015年09月01日 22:58 ▼このコメントに返信
      「コスモス」カール・セーガン
      「春にして君を離れ」アガサ・クリスティ
      「文明崩壊」ジャレド・ダイアモンド
      「心の仕組み」スティーブン・ピンカー
      ※198 2015年09月03日 09:44 ▼このコメントに返信
      椎名誠
      『ナマコのからえばり』
      『殺したい蕎麦屋』
      ※199 2015年09月06日 23:52 ▼このコメントに返信
      最近読んだ本だとジョージ・フリードマンの100年予測が面白かった
      真面目な国際政治解説だと思って読み始めたら、スーパーSF展開して度肝を抜かれる
      ※200 2015年09月24日 19:11 ▼このコメントに返信
      ひげよ、さらば…
      ※201 2015年10月05日 18:09 ▼このコメントに返信
      告白って映画は滅茶苦茶つまんなかったけど、原作はそれ以上につまらんの?
      ※202 2015年10月06日 18:50 ▼このコメントに返信
      読書家とは読書を楽しむ人のこと。

      高尚ぶりたいだけの馬鹿が本から学ぶ事なんてない。その浅い感性からでは、薄汚いプライドの仮面しか得られない。
      ※203 2015年10月11日 20:11 ▼このコメントに返信
      どあDと王様ゲームはないわ
      ※204 2015年11月08日 10:08 ▼このコメントに返信
      私は、人よりは本を読んでいるほうだと思っていたけど、まだまだだと気付いた。私なんて人に紹介したりましてや薦められるような本なんて一冊もない。いつか胸を張って、これが私のおすすめする一冊です、というのができればいいなと、、
      ※205 2015年11月15日 18:32 ▼このコメントに返信
      恩田陸のでは、自分は夜のピクニックは恐ろしくつまらなく感じたけど三月は好き
      コメ欄でも割れてるし好みが分かれるところだと思う
      ※206 2015年11月24日 00:45 ▼このコメントに返信
      ご冗談でしょうファインマンさん
      ※207 2015年12月10日 12:36 ▼このコメントに返信
      北村薫とか読んでる方いませんかねえ
      直木賞取ったベッキーさんシリーズ始めヒロインが凛として好きなんだ
      似たようなラインで加納朋子も
      ななつのこからコッペリアまでキャラ造形と職業描写が上手い
      あときっと誰も知らん気がするけどハヤカワFTで
      フィリス・アイゼンシュタイン「妖魔の騎士」「氷の城の乙女」
      いつか妖魔たちを誰か映像化してくれないかなと思っている作品のひとつ
      ※208 2015年12月12日 23:55 ▼このコメントに返信
      二重螺旋の悪魔」、深海の悪魔(だったかな?)」

      悪魔シリーズとかだった様な?新書版で共に上下巻。何度もクライマックス(?)があり、そこで残りのページの多さに驚く(?)

      実話モノだと

      「メンフィスベル」
      ※209 2015年12月21日 19:12 ▼このコメントに返信
      「銃・病原菌・鉄」
      ※210 2015年12月21日 21:43 ▼このコメントに返信
      どんな本がいいか分からないからとりあえず恩田陸を全部読もうと思ってる
      ※211 2015年12月23日 22:09 ▼このコメントに返信
      ケンフォレットの『大聖堂』オススメ
      ※212 2016年01月03日 12:18 ▼このコメントに返信
      日蓮大聖人御書全集
      妙法蓮華経
      摩訶止観
      中論
      仏教哲学大辞典
      ※213 2016年01月10日 11:41 ▼このコメントに返信
      京極は京極堂シリーズより巷説シリーズかな、ミステリなら嗤う伊右衛門の方が。
      日本人におけるオカルトやアニミズムとは何かに迫ってるかな。
      京極堂シリーズもミステリそのものよりも宗教ウンチクの方がぐっと読ませる力があると思う。
      ※214 2016年01月12日 21:17 ▼このコメントに返信
      文学しか挙がらないとか文学は読書じゃないとか言うのが必ず湧くな
      歴史書や哲学書や政治や経済や科学の面白い本が有ると言うならそれを挙げればいいだろうに
      自分が面白いと思うのが挙がらない不平を連ねるよりは余程有意義だろう

      あと上記のような人達を高尚ぶってるとか意識高いとか揶揄するのもやめろ
      なんでお互い馬鹿にすることしか頭に無いんだよ
      相手の好きな本を貶してなんになる
      無益なことこの上ない
      ※215 2016年01月26日 10:12 ▼このコメントに返信
      ゴールデンスランバーのラストを震えながら読んだのは未だにおぼえてる
      ※216 2016年02月02日 23:58 ▼このコメントに返信
      リンゴォキッドの休日 矢作俊彦
      夜のオデッセイア 船戸与一
      神狩り 山田正紀
      あなたの魂に安らぎあれ 神林長平
      百億の昼と千億の夜 光瀬龍
      新しい太陽の書 ジーン・ウルフ
      ソラリス スタニスワフ・レム
      赤い収穫 ダシール・ハメット
      ハイペリオン ダン・シモンズ
      征服王コナン ロバート・E・ハワード
      ※217 2016年02月07日 12:06 ▼このコメントに返信
      自分の命が有限であることを知っている人間は
      自分の時間が煮詰まりつつある焦燥の音を聞く。
      だから、一時も無駄には出来ないと考えて、
      本も唯一流のものだけを読みたいと願う。
      ※218 2016年02月08日 17:20 ▼このコメントに返信
      ※214に完全同意するわ。
      おれは『裏閻魔』中村ふみ
      をお勧めする。不老不死なんて糞だと改めて思ったし寿命があるのって良いなって思った
      ※219 2016年02月16日 15:53 ▼このコメントに返信
      ガン病棟
      スローターハウス5
      純粋理性批判
      永劫、久遠
      人間のはかりまちがい
      八百万の死にざま
      告白(ルソー
      シッダールタ(ヘッセ
      ※220 2016年03月07日 22:29 ▼このコメントに返信
      星の王子さまが大好きなんだがそれを語ると自称読書家の方々に子供向けだとかつまらない、ほぼ絵本だと言われる、けれども個人的には格式高い自称読書家の方々が推薦するどの本よりも心動かされた。
      ※221 2016年04月24日 15:32 ▼このコメントに返信
      2chで本をおすすめする奴ってオタクが多いのか、だいたいSFばっかりでうんざりする
      あと最近のエンタメ本
      そのほかは、ネタなのか素なのか知らないけど、読む価値があるのか疑問な古臭いだけの哲学の本

      ※222 2016年06月06日 00:46 ▼このコメントに返信
      今まで見た本紹介スレでダントツで良かった
      ※223 2016年06月15日 23:16 ▼このコメントに返信
      ※4 君のがきもい 間違いなく
      物事を非難するなら最低限理由をつけろ基地外ブス
      だいいちキノの旅はラノベの分類に入んねえよ 原稿料でてっから

      物事の定義もしらんのか ブスのくせに低能かきもいからしね くそブス
      まじ気持ち悪い きえろ くそブスwww
      ※224 2016年07月19日 19:28 ▼このコメントに返信
      自分の過去のその時々で読み漁った読書ジャンルの変遷辿ってみると、
      自分そのものの人生をまさに的確に表現していて、
      それに気づいてからこういうスレを見るたび他人の赤裸々な自己紹介を聞いてるようで他人事とはいえ恥ずかしくなってしまう
      ※225 2016年10月27日 20:14 ▼このコメントに返信
      吉村昭が挙がっていないのはいかがなものかと。
      熊嵐・破船・漂流だけで無双状態。
      ……ちなみに僕は今年200冊読破のペースですよ^^
      ※226 2019年02月09日 08:11 ▼このコメントに返信
      海辺のカフカ 面白かった
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2013/6/4
      categories カテゴリ 挙げていくスレ

      hatena はてブ | twitter comment (226) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク