人気のおすすめ記事

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:32:40.73 ID:pq7LqaGM0

    伊達「いやあ、今日ね、漫才をやるつもりだったんですけどね」

    伊達「こんなに沢山お客さんも来てくれてね、
    さあ今日も頑張るぞって気合い入れたんですけど」

    伊達「あの、相方の、うん、富澤がね」

    伊達「来ない、っていう」

    伊達「あいつマジ何考えてんの?」

    伊達「いやまあ、連絡がないからさ。もし事故に巻き込まれてる~
    とかなら大変なんだけど」

    伊達「だからって今日いきなり中止にするのもアレだしね」

    伊達「どうしよっかなーって、一人でやるかなーって」

    伊達「で、今」

    2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:34:46.38 ID:pq7LqaGM0

    伊達「いやあ、寂しいね。エヘヘ、一人ってね、寂しいわ」

    ??「アンタは一人ちゃうでおっさん!!」

    伊達「うわ、何? 何?」

    ??「俺が一緒に漫才したる!!」

    伊達「え、誰? なんか色黒の高校生みたいなのが来た」

    ??「俺が誰やって? 耳の穴かっぽじってよお聞けよ?」

    伊達「嫌だ」

    ??「俺の名はなあ!! 服部や!!」

    伊達「……」

    服部「……あの服部や」

    伊達「……コナン?」

    服部「そうや」

    伊達「……」

    服部「……なんや、どないした」

    3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:35:47.31 ID:vhnyNqIc0

    狙いがわからんから続けて

    4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:36:40.19 ID:pq7LqaGM0

    伊達「いや……うん、まあ、あの……うん?」

    服部「言いたいことはハッキリ言えやオッサン。アリバイないんか? 話は聞くで」

    伊達「アリバイってなんだよ。俺なにしたんだよ」

    服部「正直に言うた方がええで」

    伊達「なにをだよ。ああ、もういいか。もういいな、うん、なんでもいいな。漫才やるか」

    服部「そうや!!」

    伊達「よし、やろう。うん、ボケとツッコミどっちがいい?」

    服部「オッサンどっちが得意やねん」

    伊達「俺はまあ一応どちらも出来るかな? 
    まあ一応ね。どっちやっても面白いと思うけど。ウフフ」

    服部「ちょっと何言うてるかわからへん」

    伊達「お前がそれ言うのかよ。まあいいや、俺ツッコミやるわ」

    7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:39:01.99 ID:pq7LqaGM0

    服部「ほな俺もツッコミやる!!」

    伊達「いやなんでだよ」

    服部「そうや!! そうやでオッサン!! それがお笑いっちゅうもんや!!」

    伊達「知ってるわ。いきなりテンション高いな」

    服部「せやかて」

    伊達「ん?」

    服部「なんもないわボケエ!!」

    伊達「こえーよいきなり怒んなよ。尻尾踏まれたミニラかよ」

    服部「ハッハッハッハッハ」

    伊達「ん? 面白かった? ん? ウフフ」

    服部「いやあオッサン、デブやなあ」

    伊達「そこは今ひとまずどうでもいいだろ。それで笑ったのかよ。え、今? やっと?」

    服部「よお喋るなオッサン」

    伊達「いや仕事だからね」

    8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:40:52.18 ID:vhnyNqIc0

    伊達ちゃんと富澤さっきまで勘違いしてた

    10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:42:11.85 ID:8zuIR8Cg0

    ああ伊達がデブのほうなのか

    9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:41:54.41 ID:UJhfvJFai

    面白いな

    11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:42:25.28 ID:7kXX3jYQ0

    サンドウィッチマンのライブに毎回来て
    最前列に座ってるおっさんとコンビ組めばいいじゃん

    26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:03:59.46 ID:d7ab3Za+0

    >>11
    こじまさんな
    つべとかに漫才うpされてないから意外と知られてない

    28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:06:25.46 ID:7kXX3jYQ0

    >>26
    DVD借りたら2,3回いじられててワロタ

    12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:43:41.76 ID:pq7LqaGM0

    服部「なんか面白いこと言うてくれや」

    伊達「一番困るんだよなその振り。
    えーと、この前さ、ラーメン作ったのよ。インスタントの、袋のやつ」

    服部「なんやつまらんなあオッサン」

    伊達「はえぇよとりあえず聞けよ。袋あけてラーメン出してさ、袋捨てようと思ったのね。
    そしたら俺さ、ウフフ、ラーメンの方を捨てちゃったの!!
    ウフフ、そっちじゃねぇよっつってね、フフ」

    服部「ご機嫌やなオッサン」

    伊達「マジかよお前。ちょっと楽しかったらまあいいや俺」

    \アハハハー/

    伊達「お、ウケた。フフ」

    服部「黙らんかいボケェ!! 何がオモロイねん!!」

    伊達「いやいいだろ俺も嬉しいしいいだろ俺をそんなに責めるなよ」

    13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:46:31.15 ID:pq7LqaGM0

    服部「わろてる場合か!! 人の命がかかってるんやぞ!!」

    伊達「ここどこだよ。人でも死んでんのかよ」

    服部「な、なんやて!?」

    伊達「え、もう何? 何よ?」

    服部「どこで人が死んでるんや!?」

    伊達「バカかよ」

    \ヘイジィィィィ/

    伊達「ん? なんか聞こえる」

    \ヘイジィィィィ/

    服部「ピシュルスバッ この声は!?」

    伊達「あ、アレね。推理して閃いた時に流れる電流みたいなやつね」

    服部「あれ毎回言うてんの俺やで」

    伊達「マジで? へえ、知らなかったわ」

    服部「嘘やで」

    伊達「知ってるわ」

    14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:48:00.37 ID:vhnyNqIc0

    いいよ

    15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:48:59.26 ID:pq7LqaGM0

    ??「ヘイジィ!! アンタどこ行ってたん!? ウチずうっと捜してたんやで!!」

    伊達「あ、この子知ってる」

    服部「おお、和葉ァッやないか!!」

    伊達「そうそうそんな名前だった」

    和葉「やっと会えたわあ。それでココどこなん!?」

    伊達「漫才の舞台だよ。普通に入ってきたのに知らないのかよ」

    服部「いやあなんや迷ってしもてなあ、このオッサンに道聞いとったんや」

    伊達「聞かれた記憶がねえわ」

    和葉「へえ、そうやったんかあ。つまり、このオッサンが全部悪いっちゅうことやな!?」

    伊達「なんでだよ」

    17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:51:50.31 ID:pq7LqaGM0

    服部「ハッハーさっすがやな和葉ァッ!! 俺より名推理かましとるで!!」

    伊達「お前ら仲言いな。さすがだわ。微笑ましいわ」

    和葉「いややわあ、そんなん言われたら、ウチ照れるわあ」

    伊達「かわいい」

    服部「で、和葉ァッ、何の用や」

    伊達「名前普通に呼べないの?」

    和葉「そや、大変やねん!! 毛利の蘭ちあんがな!!
     蘭ちあんが捕まってしもてん!!」

    伊達「……」

    服部「なんやて!? 何があったんや!!」

    伊達「……」

    和葉「なんやようわからんけどドリルが電信柱に刺さってしもて、
    えらいことなった言うて……もうええわ、とにかく行こ!!」

    伊達「やっぱそうだわ俺が喋ってるの誰も聞いてなかったわ。勘違いじゃないわコレ」

    18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:54:14.80 ID:vhnyNqIc0

    じわじわくる

    19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:54:43.82 ID:pq7LqaGM0

    服部「そういうことか!! あの姉ちゃんいつかやるやる思っとったわ!! 
    ほな行くで和葉ァッ!!」

    伊達「サンドウィッチマンの漫才だったはずなんだけどな」

    和葉「うん!!」

    伊達「自信なくしちゃうよ俺」

    服部「ほなオッサン、またな!!」

    和葉「楽しかったで!!」

    伊達「ああうん、またね。楽しんでくれてたのね、じゃあいいや、ありがとね」

    ドタドタドタドタ

    20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:56:34.57 ID:pq7LqaGM0

    伊達「あー、ドッと疲れた。なんだったのアレ。いいの? アレ。ビックリした」

    伊達「さあ、また一人ってことで、何喋ろうかな」

    ??「あ、あの」

    伊達「……もう今年もこんな時期でさ、本当一年ってあっという間」

    ??「そうですね」

    伊達「……こうやってどんどん老いていくのかなあ。もうオッサンだからね俺も」

    ??「そ、そんなことないですよっ」

    伊達「うんありがとね。それでさ、誰? 小さいね」

    ??「あ、ゆのですっ!!」

    伊達「……」

    ゆの「あの、あの」

    伊達「……ごめん知らない」

    21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:57:54.57 ID:UJhfvJFai

    無規則すぎワロタ

    22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 00:58:19.96 ID:pq7LqaGM0

    ゆの「ゆのですっ!!」

    伊達「聞いた」

    ゆの「ゆのっちですっ!!」

    伊達「ねづっちみたいになったよ」

    ゆの「あの、あの」

    伊達「ん?」

    ゆの「面白いこと、言ってください」

    伊達「またかよ」

    ゆの「あ、ゴメンナサイ。おじさんは面白いことが言えないのに、
    面白いこと言ってって言っちゃってゴメンナサイ」

    伊達「痛烈だなオイ」

    23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:01:21.74 ID:pq7LqaGM0

    ゆの「えへへ」

    伊達「……小学生?」

    ゆの「こ、高校生ですよぅ!!」

    伊達「へえ、全然見えないね」

    ゆの「……えぅ」

    伊達「やべぇ泣いた」

    ゆの「ただでさえ、くすん、怖い、くすんくすん、顔したオジサン、くすん、が、
    わたしに、くすん、ひどいこと、くすんくすん、言う、くすんくすん」

    伊達「くすんくすんうるせぇな。いやあゴメン、ゴメンね。おじさんビックリしちゃってね、
    こういうのあんまり慣れてないからね。いやゴメンナサイ」

    ゆの「ちょっと何言ってるのかわからないです」

    伊達「そこはわかってほしかったよ」

    24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:02:40.56 ID:nTCyO9340

    サンドウィッチマン好きな俺得

    27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:05:11.77 ID:pq7LqaGM0

    ゆの「わたし、絵を描くのが好きです」

    伊達「へえ、そうなんだ。突然どうしたの」

    ゆの「お風呂も好きです」

    伊達「そうなんだ」

    ゆの「ひだまり荘はとっても楽しいですよ?」

    伊達「そっかあ」

    ゆの「それで、それで、」

    伊達「あ、ゴメンね、ゴメンね、1つ聞いていい?」

    ゆの「はいっっっ!!」

    伊達「返事良いな。どうしてここに来たの?」

    ゆの「……」

    29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:07:34.67 ID:pq7LqaGM0

    伊達「あ、言いにくいことならいいよ。聞かない。
    この状況で言いにくいなんて何一つ想像できないけど、いいよ」

    ゆの「……」

    伊達「……」

    ゆの「……ふわあ」

    伊達「そっかあ眠いのかあ」

    ゆの「おじさんのお話は、眠くなります」

    伊達「ちょくちょく痛いんだよな、刺さるんだよな、言葉がな」

    ゆの「天気が良いですね」

    伊達「室内だけどね」

    ゆの「明日も楽しい一日になると良いなあ」

    伊達「あ、今日も楽しいんだ」

    ゆの「はいっっっ!!」

    伊達「そっかあ、良かった良かった」

    31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:10:15.56 ID:pq7LqaGM0

    ゆの「銭湯っていいですよね」

    伊達「そうだねえ、身体あっまるし。
    でも遠い所だと、帰り道で湯冷めしちゃうんだよな。フフ」

    ゆの「帰ります」

    伊達「え? え? 俺やっとこの空気に慣れてきたのに?」

    ゆの「明日は楽しい一日になると良いなあ」

    伊達「ああもうわかんない何もわかんない」

    ゆの「……ふわあ」

    テクテクテクテク

    32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:12:41.49 ID:pq7LqaGM0

    伊達「行っちゃったよ」

    伊達「なんなんだろうねアレは。すげえマイペース」

    伊達「すっごい疲れる。今日すっごい疲れる」

    伊達「まだ時間はあるから、ここから取り返さないと」

    伊達「富澤がいないと何も出来ないとか言われたくないし」

    伊達「哀川町でえす、つってね、フフ」

    ???「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

    伊達「は? え? 誰? こわい」

    33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:15:33.06 ID:nTCyO9340

    すげえメンツ

    34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:16:30.98 ID:pq7LqaGM0

    ???「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
    このつまらないギャグから逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

    伊達「ああ、聞こえちゃったわ。もうほっとけないわ。俺お前のこと知ってるぞ。
    碇シンジだろ? エヴァの」

    シンジ「ひょいっ!!」

    伊達「返事どうした」

    シンジ「喋れよ!! 芸人だろ!! 面白いこと言えよ!! 
    だから大人は嫌なんだ!!」

    伊達「なんなの、なんなの」

    シンジ「ボクは潰れたサクランボだよ」

    伊達「たとえがわかんねえ」

    シンジ「叩いて」

    伊達「え?」

    シンジ「叩いて、叩いてくれよ。ボクの頭を!! 
    ボクが痛いと言うまで!! 叩いて!! 叩けよ!!」

    伊達「いや本当にこわい」

    シンジ「ふう」

    伊達「ふう」

    35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:17:58.50 ID:UJhfvJFai

    キチガイじゃねえかwww

    36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:19:56.87 ID:pq7LqaGM0

    シンジ「叩けよ!! 叩け!! 叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け叩け!!」

    伊達「続けるのかよ。こんな時どんな顔すればいいんだよ」

    シンジ「ちょっと何言ってるのかわからないよ!!」

    伊達「そこはわかれよ。必死に歩み寄ろうとしてんじゃねえか」

    シンジ「今日さ」

    伊達「うん」

    シンジ「喋るなよ!!」

    伊達「ごめん!! ごめん!!」

    シンジ「どうしてボクばっかりこんな目に。エヴァなんかにもう乗りたくないよ」

    伊達「……」

    シンジ「なんとか言えよ!! だから大人は嫌なんだ!!」

    伊達「理不尽にも程があるだろ」

    シンジ「くそっ……くそっ……そんな……や……脳髄……裂いて……な……抉る」

    伊達「こわい単語がどんどん出てくる」

    37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:22:18.66 ID:dgs96PJZ0

    センスあるな

    38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:22:49.49 ID:pq7LqaGM0

    ???「ちょっとバカシンジ!! こんなところでなにしてるのよ!!」

    伊達「ん?」

    シンジ「アスカ!!」

    アスカ「一緒に買い物行く約束してたじゃない!!」

    伊達「またなんか来たよ」

    シンジ「ごめんアスカ!! でも違うんだ、違うんだ。ボクの話を聞いておくれよ」

    アスカ「なによ」

    シンジ「このオジサンに」

    伊達「ん? 俺?」

    シンジ「拉致されてたんだ!!」

    伊達「してないわ。精神的には俺がされてる方だわ」

    アスカ「へえ」

    シンジ「ここにいないと、ボクの大好きなアスカに酷いことするって」

    伊達「言ってねえよ」

    39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:26:17.91 ID:pq7LqaGM0

    シンジ「アスカの意識が無いのをいいことに、
    アスカのいやらしい身体で自分を慰めてやるぞグェヘヘへって!! 
    このオジサンが!!」

    伊達「そろそろ怒るぞ俺」

    アスカ「へえ、で、シンジはこのオヤジに何されたのよ?」

    シンジ「うんっとね!! えっとね!! 目玉くりぬかれた」

    伊達「狂気の沙汰」

    アスカ「ひどい!! バカシンジになんてことするのよ!!」

    伊達「お前もおかしいだろ」

    40 </b>忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15)<b> 2013/10/04(金) 01:28:59.49 ID:yR7YIr5x0

    ワロタ

    41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:29:04.29 ID:pq7LqaGM0

    シンジ「それから、それから、腹にナイフを刺されて、抉られて、
    腸をぐちゃぐちゃにされて、それから、パンツを脱がされた」

    伊達「ここは地獄かよ」

    アスカ「ねえバカシンジ」

    シンジ「なに?」

    アスカ「その話、嘘でしょ?」

    シンジ「な、なにを言ってるんだよアスカ!! 
    ボクが嘘をつくはずがないじゃないか!!」

    アスカ「だってアンタ今、パンツ履いてるじゃない!!」

    シンジ「——!! ど、どうしてそれを」

    アスカ「ハッ、やっぱり履いてるのね」

    シンジ「なッ、ボクを……ハメたのか?」

    アスカ「くだらない嘘を付くからよ」

    シンジ「ちくしょう覚えてやがれえ!! 退散だーい!!」

    伊達「待て。一回待て」

    43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:30:56.48 ID:UJhfvJFai

    普通に声出して笑えるわ

    44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:31:50.27 ID:pq7LqaGM0

    シンジ「……退散だーい」

    伊達「待てって。待てよ」

    シンジ「……はい」

    伊達「座れ」

    シンジ「はい」

    伊達「お前も」

    アスカ「はい」

    46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:36:47.19 ID:pq7LqaGM0

    伊達「……お前らな、ここがどこだかわかってる?」

    伊達「今な、漫才やってんの。事情があって一人でだけどね。お客さんも来てんの」

    伊達「それでさ、お前らなんなんだよ。
    いきなり入ってきて茶番を始めて、何がしたいの?」

    アスカ「ゴメンナサイ」

    シンジ「ゴメンナサイ」

    伊達「うん」

    シンジ「なんて言うつもりはサラサラない。
    澄み切った空が如く、ボクの心に謝罪の精神はない。ボクは悪くない。
    オジサンが悪い。それかアスカが悪い。全部悪い」

    伊達「おい」

    アスカ「おい」

    シンジ「だってオジサンがつまらないギャグを言うから!! ボクだってこんな所にいたくない!! だから大人は嫌なんだ!! ばあか!! ばあか!! ひゃあああい!!」

    タッタッタッタ

    伊達「逃げた。うん、まあいいや。もういい」

    アスカ「ゴメンナサイ」

    伊達「うん、もういいから、帰って」

    47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:37:28.89 ID:O9lHjeaW0

    アスカ素直だな

    48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:39:17.44 ID:pq7LqaGM0

    アスカ「お詫びにあたしも漫才するわ!!」

    伊達「はい?」

    アスカ「漫才やるんでしょ? どうせ一人なんでしょ? 友達いないんでしょ?」

    伊達「友達がいないとかじゃないわ。うん、まあいいわ。
    もうこの際なんでもいいわ。やるか、漫才」

    アスカ「うん!!」

    伊達「ボケとツッコミどっちがいい?」

    アスカ「ツッコミ!!」

    伊達「わかった。じゃあ俺ボケな」

    アスカ「ボケてるの? まだ若いのにかわいそうね!!」

    伊達「そうじゃない全然そうじゃない。
    俺が面白いことを言ってボケるから、そこにツッコミ入れる。わかる?」

    アスカ「面白いこと言えないじゃない」

    伊達「やめて」

    49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:42:07.39 ID:pq7LqaGM0

    アスカ「はいどうもー!! 惣流・アスカ・ラングレーでぇす!!」

    伊達「いきなりか、どうも、伊達みきおです」

    アスカ「二人あわせて、惣流・アスカ・ラングレーでぇす!!」

    伊達「俺がいねぇ」

    アスカ「いやぁしかし、なんですなあ」

    伊達「どうしたの?」

    アスカ「いや、べつに」

    伊達「なんか言えよ」

    50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:45:01.24 ID:pq7LqaGM0

    アスカ「アンタ、馬鹿ぁ?」

    伊達「あ、あ、有名なやつだ。フフ」

    アスカ「ご機嫌ね!!」

    伊達「二回目だわそれ言われんの。俺そんなにひょうきんなオジサンなの? 
    わひゃひゃーってハシャいでる感じ? わひゃひゃーつって面白いことして。ウフフ」

    アスカ「ちょっと何言ってるのかわからないわ!!」

    伊達「うん今のは俺もわからなかったからいいわ」

    アスカ「でーんでーんでーんでーんどんどん♪」

    伊達「ん?」

    アスカ「でーんでーんでーんでーんどんどん♪」

    伊達「どしたの?」

    アスカ「テーマ曲」

    伊達「このコンビの?」

    アスカ「そうよ!!」

    51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:47:56.23 ID:pe4IuNZeO

    伊達「でーんでーんでーんでーんどんどん♪」

    アスカ「もういい大人なんだからしっかりしなさいよ」

    伊達「もう信じられないわ何もかも」

    アスカ「もうええわ!! どうも、ありがとうございましたー!!」

    伊達「いや待っ」

    タッタッタッタ

    伊達「……」

    伊達「……」

    伊達「……疲れた」

    伊達「……もっとこう、まともな人が来てくれたらまだいいんだけど」

    53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:49:45.81 ID:pq7LqaGM0

    ??「うおーい」

    伊達「ああ、またなんか来ちゃったよ」

    ??「遅れてすみません!! 富澤です!!」

    伊達「え?」

    富澤「いやあ参っちゃったよ。遅れてごめんね。一人で大変だったでしょ?」

    伊達「富澤?」

    富澤「うん、え? もう忘れたの? 三歩あるいたら忘れるって噂は本当だったんだあ」

    伊達「ニワトリかよ。まあいいわ、まあいいわ。
    いや、来てくれてよかった、本当によかった。死ぬかと思った」

    富澤「ハッハッハ。死ぬかのかよ」

    55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:53:33.14 ID:pq7LqaGM0

    伊達「いや本当すげぇ色々あったんだって!! アニメのキャラが出てくんの!!」

    富澤「ハッハッハ」

    伊達「ああ、信じてないな? いやーでもよかったよかった。安心したわ。フフフ」

    富澤「ハッハッハ。あー鎖骨が痛い」

    伊達「何の話だよ」

    富澤「鎖骨痛い時は笑えばいいって言うじゃん?」

    伊達「言わねえよ。それで笑ってたのかよ」

    富澤「いやでも近所の谷崎レンクソンさんが言ってたし」

    伊達「誰だよ谷崎レンクソンって」

    富澤「呼び捨てはダメだろ。谷崎レンクソンさんを誰だと思ってるんだよ」

    伊達「それを知らねえっつってんの」

    富澤「人間には爪があるじゃん」

    伊達「うん、あるね」

    富澤「それを作った人」

    伊達「やべぇなそれ。爪? この爪? すげぇなレンクソンさん」

    56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 01:58:21.96 ID:pq7LqaGM0

    富澤「だからそのレンクソンさんが鎖骨痛い時は笑えばいいって言ってたから」

    伊達「説得力が増したわさっきより」

    富澤「ナメクジ、ショウガ、アブゥラ」

    伊達「なに、なに?」

    富澤「この世が平和になる魔法の言葉」

    伊達「どんな時に言うんだよ」

    富澤「ちょっと俺に喧嘩売ってみてよ」

    伊達「わかった。テメェどこ見て歩いてんだよ!!」

    富澤「アッハーごめんネー!! キミのカオはナメクジみたいだネー!!」

    伊達「争い生まれるだろ。しかもなんでちょっとカタコトなんだよ」

    富澤「ショウガねぇなあ許してやるかってなるだろ」

    伊達「ならねぇよ」

    57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:00:38.83 ID:pq7LqaGM0

    伊達「アブゥラはなんだよ」

    富澤「ショウガねぇなあ許してやるかってならなかった時に相手を殴るじゃん」

    伊達「うん、まあ、わからないけど、うん」

    富澤「その時の相手の悲鳴」

    伊達「バカかよ。それのどこが平和だよ」

    富澤「そういえば今日俺遅れたじゃん」

    伊達「うん、どうしたの? 何かあった?」

    富澤「トラックに轢かれた」

    伊達「は?」

    58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:02:58.92 ID:pq7LqaGM0

    富澤「ドーンッて。100キロくらい出てたと思う、あれ。頭がタイヤの下敷きになった」

    伊達「いやなに平気な顔してんだよ。え、いやおかしい。お前無傷じゃん」

    富澤「だから鎖骨が痛いって」

    伊達「それで!? それで!? 頭踏まれたんでしょ」

    富澤「それを鎖骨が庇ってくれた」

    伊達「お前の鎖骨凄いな。まあ無事ならいいや」

    富澤「あ、もう終わる時間」

    伊達「今日は色々駄目だったな。何もしてないや」

    富澤「ゴメンナサイ」

    伊達「ゴメンナサイ」

    伊達&富澤「それではまた」

    \パチパチパチパチ/

    59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:02:59.75 ID:YVg/jJnkO

    かなり脳内再生できるな

    61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:06:02.57 ID:pq7LqaGM0

    伊達「あー疲れた疲れた今日は疲れた。もうなんにもしたくないわ」

    富澤「え?」

    伊達「え?」

    富澤「何が?」

    伊達「いや、今日は疲れたって。ライブにお前は遅れてくるし、
    変なアニメキャラが乱入してくるし。まあ最後に来てくれてよかったわ」

    富澤「ちょっと何言ってるのかわからないです」

    伊達「お前本当それ好きだな」

    63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:07:08.28 ID:pq7LqaGM0

    富澤「いや、だってさ」

    伊達「ん?」

    富澤「今日、ライブなんてなかったよ」

    伊達「え?」

    富澤「お前ずっと、壁に向かって一人で喋ってた」

    伊達「……は?」

    富澤「嘘だけど」

    伊達「嘘かよ。一瞬めっちゃ焦ったわ」

    富澤「たぶん」

    伊達「言い切れよ、そこは!!」

    おしまい

    64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:09:01.70 ID:pq7LqaGM0

    サンドウィッチマン大好きだよおおおおおおうわわわわわゃゅゃゃゃゃゃあひいいいいいいいいいいん

    66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:50:24.89 ID:2IY7Acjn0

    丁度つべで見まくってたから再現余裕だったわ。乙

    67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/04(金) 02:53:16.77 ID:5gFtJqDI0

    乙♪
    おもろかった

    サンドウィッチマンライブツアー2013 [DVD]
    エイベックス・マーケティング (2014-02-05)
    売り上げランキング: 3,481

    元スレ 伊達「こんにちは、サンドウィッチマン伊達みきおです」
    https://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380814360/

    ★おすすめ記事
      ★コメント

       コメント一覧 (22)

        • 1. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 07:45
        • しりとりするぞ
          りんご
        • 2. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 07:51
        • ゴリ
        • 3. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 08:01
        • 料理のコント大好きだわ
          ジャガイモ握って終わるやつ
        • 4. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 08:11
        • アイマスの伊織ssかと思って開いてしまった。
          ても、面白かった!
        • 5. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 08:31
        • 挨拶ギャグ持ってる芸人がマジメに挨拶してくスレかと思ったら違った
        • 6. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 09:20
        • 脳内再生が捗るわ
          キャラのチョイスが謎だかど
        • 7. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 09:22
        • サンドウィッチより、サンドイッチってかんじだけどなw
        • 8. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 09:39
        • 平次のとこはすげー面白かった
          あとはよく知らんけど知ってる人は楽しめたんだと思う
        • 9. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 09:47
        • 全キャラ脳内再生余裕だった
          凄いな
          面白いし才能あるわ
        • 10. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 10:06
        • こじまさんは、メガネ屋さんに置いてある
          メガネ洗浄機にメガネ入れてる間に
          メガネ盗まれて、しょうがないのでそのメガネ屋で
          メガネ買った人
        • 11. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 11:01
        • エヴァもゆのもよく知らなかったけど伊達さんのツッコミでフフッってなった
        • 12. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 11:26
        • 凄い世界観だなwなんなのこれ?ww
          つうかゆのっちまではまだいいとして、シンジ君がトチ狂い過ぎだわwww

          いやでも、笑わせてもらった
          最初はどうなることかと思ったけどもw
        • 13. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 11:50
        • その道の方ですか。どんな反応があるか試したかったのか。謎だ。
        • 14. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 11:58
        • シンジ以外は脳内再生余裕
        • 15. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 13:21
        • 小島さんとの絡みの動画つべに上がってるよ
        • 16. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 13:56
        • シンジおかしいwwwしかし富澤出てきた辺りからはまんまサンドウィッチマンの漫才。好きなのが伝わる
        • 17. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 15:17
        • 面白かった!!
        • 18. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/05 16:34
        • こじまさんは漫才の成長を見守ってるんだよな
        • 19. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/06 11:06
        • 伊達ちゃんはすごい"ぽい"な。トミーのボケはそんなでもない気がするなは私がコアなファンじゃないからか?ライブのネタとかはこんなノリ?彼らのネタはもう少し『規則性のある不条理さ』ないめぇじ。
        • 20. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/07 14:07
        • コント以外じゃこんな感じじゃね
        • 21. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2013/10/11 11:11
        • こじまさんが出てくれば完璧だったが面白かったわ
          富澤出てきてからの脳内再生やばかった
          漫才のまったりとした感じがよく再現できてる
        • 22. 以下、VIPにかわりましてBIPがお送りします
        • 2015/09/01 17:23
        • ここまで脳内再生余裕なSSも珍しい!
          面白かった。
      コメントフォーム
      記事の評価
      • リセット
      • リセット

      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2013/10/5
      categories カテゴリ SS

      hatena はてブ | twitter comment (22) |
      ★新着記事
      【寝落ちASMR17時間】今すぐ眠りたい君をとことん寝かしつける癒し娘。脳がとろけるとことん安眠詰め合わせ[周防パトラ]
      【ブルーアーカイブ】ユウカASMR~頑張るあなたのすぐそばに~

      information

      bluebird_baka (1)
      X(旧Twitter)始めました!

      ★ブックマークありがとうございます。はてブ

      ★サイトについて

      ★お問い合わせ、ネタ投稿、ご意見ご要望

      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク
      スポンサードリンク