titleicon 【ラノベ】作家を馬鹿にしているガキどもちょっと来い【文学史】

    2014/3/28
    categories カテゴリ いろんなネタ

    hatena はてブ | twitter comment (314)
    1 名無しさん 2014/03/27(木)17:44:48 ID:xTTkNa6gF

    スレ建て自粛しようかと思っていたが、別スレを見て感化されたので建てる。
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1395877204/l50

     このスレの目的は大きく2つだ。

    【その1】ライトノベルが純文学の系譜に属すること。
    【その2】だがそもそも純文学がオワコンであること。

     以上を物的証拠で示す。

     最近、「ライトノベルは小説ではない」という意味不明の論調が目立つが、それは大いなる誤解だ。
     なお、オワコンという言葉は死語なので使いたくないのだが、他にちょうどいい煽り文句がないので使わせてもらうとする。
     これからお前らの認識を変える。

    レスがなくても淡々と書いていくことにする。

    13 名無しさん 2014/03/27(木)17:56:39 ID:xTTkNa6gF

    独り言のつもりで書いていく

    2 名無しさん 2014/03/27(木)17:47:03 ID:xTTkNa6gF

     なぜ、文学やSFが衰退しているか。
     才ある若者がラノベ畑に吸われているからだ。
     限りある作家リソースを食いつぶしているのは、読者であり、無能な編集者だ。
     俺はこの現状を看過できない。

     例えば
     仮に21世紀に「指輪物語」や「不思議の国のアリス」を書いたとして
     その新作、どこの出版社で発表するんだよ、って話だ。結局、新人さんならラノベ行きになる。そして、ラノベ作家としてデビューしたら、永遠にその肩書きがついて回って、ラノベ形式で市場に出る。

     別の出版形式なら文学扱いだったかもしれないのに。
     そして、お前らはそれを叩く。
     つまりお前らは加害者だ。

    4 名無しさん 2014/03/27(木)17:49:02 ID:xTTkNa6gF

    今、何が起きているかを知るために大切なのは

    ずばり「歴史」だ。

    ネットで持論を述べたところで、いくらでも反論は沸く。
    だから意見を述べても仕方ない。必要なのは事実認識だ。
    ここで行いたいのは「ラノベ文学史観の共有」だ。

    11 名無しさん 2014/03/27(木)17:55:08 ID:xTTkNa6gF

    現段階で、ラノベ関係者から直木賞あるいは候補者が既に10人近く出ている。
    お前らの多くが思っている以上に、既にライトノベルは文学と融合を始めている。

    ライトノベル史が20~30年
    作家のデビュー年齢が20~30代

    つまり、世代交代が始まりつつある。
    子供の頃からライトノベルに親しんできた世代が、文学者になろうとしている。

    14 名無しさん 2014/03/27(木)17:57:39 ID:xTTkNa6gF

     あらましはこうである。

    ○時間的系譜
    【70年代】純文学からSFが分離
    【80年代】SFと児童文学からライトノベルが分離
    【90年代前半】哲学小説としてライトノベルが台頭
    【90年代後半】ライトノベルが純文学に影響
           前衛小説誌 メフィスト刊行
    【00年代前半】セカイ系SF全盛
           ライトノベルから直木賞作家続出
            ライトノベル独特の文体確立がこの時期
    【00年代後半】ミステリ作家のライトノベル参入開始
            一方でSF中心に出版業界全体の衰退が始まる
    【10年代前半現在】あらゆるジャンルが混然一体となりつつある
    【未来予想】純文学作家によるライトノベル出版例が出現
          ライトノベル出身の芥川賞受賞者が登場
          世論が大きく変化するのは時間の問題である

    15 名無しさん 2014/03/27(木)17:58:12 ID:xTTkNa6gF

     順を追って話すとしよう。
     まずは本スレにおける用語を定義したい。

    【総論1】
    ○小説のヒエラルキー
     (1)純文学
     (2)一般文芸
     (3)ライトノベル
    日本の文芸は大きく三つの階層に住み分けている。
    読書初心者の多くは、このうち(1)と(2)をまとめて「文学」と解釈している場合が多い。しかし、その区分は大いに間違っている。

    16 名無しさん 2014/03/27(木)17:58:37 ID:xTTkNa6gF

    ○エンタメ小説
    まとめられるべきジャンルは(2)と(3)である。

     すなわち
    一般文芸+ライトノベル=エンタメ小説
     である。

    小説┬純文学
      └エンタメ┬ 一般文芸
           └ ライトノベル

    17 名無しさん 2014/03/27(木)17:58:46 ID:Z2aEf5LkK

    とりあえずいっておきますね
    ラノベオタ必死だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    22 名無しさん 2014/03/27(木)18:01:41 ID:xTTkNa6gF

    >>17
    ちなみに俺自身はラノベが嫌いです。

    アンチか信者かの二元論的な馬鹿丸出しの話はしないつもり。
    いろいろな事実を、ものの見方を書いていくので、
    それをもとに各自が意見を持ってくれれば結構。
    論破とか、するつもりはないから。

    「独り言」と書いたのはそういう意味。

    19 名無しさん 2014/03/27(木)17:58:59 ID:xTTkNa6gF

    お前らは「純文学」と「一般」を一纏めに語るから
    話が非常にややこしくなる。

    分けるのは、そこじゃない。
    デビュー方法、出版戦略、執筆技術、その他諸々
    一般とライトノベルは同族。
    純文学だけシステムが違う。

    20 名無しさん 2014/03/27(木)17:59:01 ID:KodjSiEWC

    純文学と大衆小説を混同していない?
    直木賞は大衆娯楽小説を対象にした賞だからライトノベルが含まれてもおかしなことではないんだよ?

    23 名無しさん 2014/03/27(木)18:03:34 ID:xTTkNa6gF

    >>20
    混同してないつもり。

    俺個人は、ラノベ作家が直木賞を取っていることに何の疑問も持っていない。
    ただ、ネットに集まるガキどもが、その事実すら知らないことを揶揄しているまで。

    21 名無しさん 2014/03/27(木)17:59:33 ID:OZK7qAvGW

    分かりやすい
    続けて

    24 名無しさん 2014/03/27(木)18:03:57 ID:xTTkNa6gF

    ※大切なので繰り返す。
     小説  ⇔ ラノベ          ではなく
     純文学 ⇔ 一般とラノベ=エンタメ  が正しい理解だ

    ・純文学=私小説、哲学、前衛
    ・エンタメ=キャラクター小説
     と解釈すると、およそ間違っていない。

    25 名無しさん 2014/03/27(木)18:04:24 ID:xTTkNa6gF

    あくまで私見だが

     それぞれに作法がある。
    ・純文学とは、主に私小説であり、脚本ではなく演出を楽しむものである。
    ・エンタメ小説とは、キャラクター小説であり、脚本や伏線回収が評価対象となる。
    ・純文学とライトノベルの二者は最も遠いが、一回りして「実験小説」あるいは「前衛小説」として表面上は似た形式になる。

     だから、エンタメ小説であるライトノベルに関して「文章が拙い」とバッシングするのは端から的外れであるし、純文学である村上春樹に関して「シナリオが理解できない」と叩くのも無意味だ。一方で「村上春樹はライトノベル的である」という指摘は正しい、というのが俺の立場だ。

    26 名無しさん 2014/03/27(木)18:05:32 ID:xTTkNa6gF

    長い部分はスルーしてくれ

    文芸全般において「デビューした賞=作家の肩書」という習慣が横行していて、お前らは直木賞作家の桜庭一樹(『GOSICK』作者)を延々と「ラノベ作家」と呼ぶ。
    だが後述するように、今後、作家のジャンル分けシステムは崩壊する。

    作家の身分制はもうすぐ崩壊する。
    というより、崩壊すべきである。

    繰り返すが、
    作家は最初にどこに投稿したかで、出版形式が決まる。
    よく、村上春樹はラノベ!って意見があるけど
    彼は純文学の賞でデビューしたから、何を書いても純文学扱いだ。
    この辺りの事情は、村上隆はアートか? という問題と共通している。

    27 名無しさん 2014/03/27(木)18:05:54 ID:xTTkNa6gF

    ○ジャンル的系譜(作家の越境)
     まずは人事交流があることを心得て欲しい。

    1)下り路線
    【SF→ラノベ】筒井康隆、夢枕獏、山本弘、奈須きのこ、野尻抱介
    【純文学→ラノベ近傍】村上春樹、高橋源一郎、阿部和重、平野啓一郎
    【直木賞→ラノベ近傍】三浦しをん、石田衣良、辻村深月
    【古典ミステリ→ラノベ近傍】赤川次郎、綾辻行人、宮部みゆき、神永学
    【メフィスト→ラノベ近傍】京極夏彦、森博嗣、清涼院流水、西尾維新、佐藤友哉、辻村深月

    2)上り路線
    【ラノベ→ミステリ】冲方丁、米澤穂信、乙一、山白朝子、中田永一
    【ラノベ近傍→純文学】浅暮三文、円城塔、舞城王太郎
    【ラノベ近傍→直木賞】山本文緒、唯川恵、村山由佳、桐野夏生、角田光代、桜庭一樹
    【ラノベ→その他ジャンルへ】有川浩、滝本竜彦、柴村仁、橋本紡、小野不由美、冲方丁、小川一水、桜坂洋、新城カズマ、上遠野浩平

    38 名無しさん 2014/03/27(木)18:18:29 ID:lBrcBq3Gq

    >>27
    一応言っておくが、山本弘と野尻抱介はラノベ出身
    内容はともかくレーベルは角川スニーカーと富士見ファンタジアなので

    41 名無しさん 2014/03/27(木)18:22:05 ID:xTTkNa6gF

    >>38
    認識してる。後で述べる。

    別々の機会に書き溜めていたメモを纏めているので、書き方に自己矛盾があったら詫びておく。

    このスレの意図は
    「文学ファンによる討論」ではなく
    「ラノべしか読んだことがないのに純文学について語るガキたち」
    に対して啓蒙することにある。

    啓蒙とかいうイタい表現は使いたくないけれど。

    28 名無しさん 2014/03/27(木)18:06:14 ID:xTTkNa6gF

    【舞城王太郎】
    第131回 芥川龍之介賞候補作『好き好き大好き超愛してる。~♥♥♥UI♥U! (Love Love Love You I Love You!)~』
    により話題となる。その後も、芥川賞ノミネート複数回。西尾維新と同じ新人賞出身である。『新劇場版エヴァンゲリオンQ』同時上映作品「巨神兵東京に現る」の脚本を務める。作中でしばしばネット掲示板を話題にし、アスキーアートについて言及している。

    【阿部和重】
    アニメ『カードキャプターさくら』のファンを公言。ラノベの審査員を務め、ハルヒのスピンオフ小説を手掛けた。その後、2005年に『グランド・フィナーレ』で第132回 芥川賞を受賞。失職したロリコン男性が、2人の少女と出会う物語である。

    【平野啓一郎】
    1999年に『日蝕』により芥川賞を受賞。当時最年少。中世フランスを舞台に、錬金術師の旅路と、両性具有者との出会いを描く。クライマックスの射精シーンでは、見開き1ページが白紙という視覚的演出が絶賛された。なお本作は、RPG的ゲームの世界観に基づいていることが指摘されている。

    【桜庭一樹】
    1999年、ライトノベル新人賞によりデビュー。アニメ『GOSICK』原作者として有名。2008年、第138回直木賞を受賞。

    【冲方丁】
    富士見ファンタジア文庫および角川スニーカー文庫にて、ライトノベル『シュピーゲル』シリーズを執筆。同年発表した新作は、映画『おくりびと』の監督によって映画化された。直木賞候補ノミネート複数回。

    【円城塔】
    2007年、ハヤカワにてSF作家としてデビュー。ライトノベル読者であることを公言し、第23回三島由紀夫賞候補、第32回野間文芸新人賞受賞となった『烏有此譚』では、作中で電撃文庫作品を引用した。
    2012年、第146回芥川賞。受賞にあたり、ナボコフの小説『ロリータ』を参考としたことを述べた。2014年、アニメ『スペースダンディ』の脚本を手掛ける。

    【高橋源一郎】
    1988年、第1回三島由紀夫賞を受賞。文字のフォントサイズを変え、台詞と改行を多用するライトノベル的文体が絶賛されている。近作に『官能小説家』『「悪」と戦う』『性交と恋愛にまつわるいくつかの物語』など。その他、文学賞受賞多数。

    【石田衣良】
    2003年、直木賞受賞。2013年、ライトノベル執筆を公言。

    【筒井康隆】
    1997年、フランス芸術文化勲章を受賞。2002年、紫綬褒章を受賞。
    2008年、ライトノベル『ビアンカ・オーバースタディ』を掲載。第1章のタイトルは「悲しみのスペルマ(精子)」である。その他、文学賞受賞多数。

    【野尻抱介】
    1992年デビュー。星雲賞を短編で4回、長編で2回受賞している。ニコニコ動画ユーザーとしても知られ、投稿する動画はボーカロイドに関連したものが多い。
    第40回星雲賞では「ニコニコ動画」をモデルにした作品『南極点のピアピア動画』が日本短編部門を受賞した。アニメ『そらのおとしもの』を題材にした羽ばたき飛行機『空飛ぶパンツ』の監修を担当。

    【乙一】
    17歳(執筆時は16歳)という若さでデビュー。『ザ・スニーカー』などのライトノベル誌に作品を発表。2003年、本格ミステリ大賞を受賞し、一般作家として活動開始。

    【有川浩】
    2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。大人向けライトノベル作家を自称し、数々のエンタメ作品を世に送り出す。代表作に『図書館戦争』など。

    29 名無しさん 2014/03/27(木)18:06:39 ID:xTTkNa6gF

    軽く書きだしただけで以上だ。
    実際にはもっと多くの越境が行われている。
    わざわざ「近傍」などと書いたのは、上で述べた出版形式にまつわる諸事情があるからで、やや誇張している点は認める。異論はあると思うが、その点については各論的に後述する。

    31 名無しさん 2014/03/27(木)18:11:45 ID:xTTkNa6gF

    【総論2】
    ○小説のヒエラルキー
     (1)純文学
     (2)一般文芸
     (3)ライトノベル
     重ねて三つの階層を示す。

    ここで(1)と(3)に共通点がある。
    それは、現代純文学とライトノベルの両者が前衛的な表現を模索するジャンルであるということ。

    32 名無しさん 2014/03/27(木)18:12:08 ID:xTTkNa6gF

    歴史は繰り返す。
    「近年の子供は、夏目漱石などの小説ばかりを読んで漢文を読まない。
    これは子供の危機である」
    ――明治中期の新聞より

      権威:漢文経典
      蔑視:口語文学 → 権威:純文学
                蔑視:エンタメ小説
                言文一致運動によるパラダイムシフト

    33 名無しさん 2014/03/27(木)18:12:11 ID:KodjSiEWC

    純文学は人間の心情や社会の実像を主題に描写したもの主題が現実的な人間もしくは社会なの
    一方ラノベは娯楽小説である以上絶対に現実社会や現実の人間をそのまま描写することはできない。

    村上春樹は女性の心情描写が下手でラノベ的といわれることもあるけど
    そもそもの主題が異なる以上純文学作家がラノベを書こうとラノベ作家が純文学を書こうと
    両者の境界があいまいになるだけで融合なんかしないよ。

    34 名無しさん 2014/03/27(木)18:12:32 ID:xTTkNa6gF

    日本の文学界は、かつてライトノベルを除いた二層構造で成り立っていた。純文学が権威であり、エンタメ小説(推理小説や伝奇SF)が蔑視されてきた。
     ところがここ20年で、その構造が一変した。

    35 名無しさん 2014/03/27(木)18:16:16 ID:xTTkNa6gF

    うん、融合はしないだろうね。
    俺もアジテートのつもりで書いてるから。
    問題視すべきは「ジャンル棲み分け」の過剰化にあると思う。

    純文学としてSF的モチーフが扱われた時代

    SFの本流がラノベに移行

    SF=ラノベという認識が一般化

    SF的モチーフを用いるとラノベ扱い

    これは明らかに純文学の射程距離を狭めている。
    このスレは、そういった「文学の滅亡」を回避するための覚書だ。

    36 名無しさん 2014/03/27(木)18:17:27 ID:xTTkNa6gF

     以前、俺がこの手の討論をしたとき

    「つまり、ポストモダンは便所の落書きということですね」
     と意見された
     まさにその通りだと思う。

     俺は、ポストモダン文学、前衛小説が大好きだ。
     だからといって、現状、それは過大評価されすぎていると思うし、
     一方でライトノベルは過小評価されすぎていると感じる。

    面白い人が面白いことをする

    面白いから凡人が集まってくる

    住み着いた凡人が居場所を守るために主張し始める

    面白い人が見切りをつけて居なくなる

    残った凡人が面白くないことをする  ←イマココ

    面白くないので皆居なくなる

     まさに純文学はこの過程を取っている。

    37 名無しさん 2014/03/27(木)18:18:15 ID:xTTkNa6gF

    文学界は、ライトノベルを中心に歪み、自己崩壊を始めている。

    注意してほしいのは、その理由が「低俗なラノベが大衆化したから」には限らないということだ。
    むしろ、エンタメとしてハイレベルに洗練されたラノベが叩かれ、
    小難しく書いただけの純文学がマニア化していることが原因。

    これははっきり言って、純文学作家の怠慢と評価せざるを得ない。

    39 名無しさん 2014/03/27(木)18:19:04 ID:xTTkNa6gF

    読むだけの本の虫、消費者にとってはそれで良いと思う。
    なぜなら「僕はこんなに難しい本を読める」というステータスになるから。

    だけど、創作者はそうではない。むしろ逆だ。
    今どき、ラノベ的な平易な口語体を使いこなせない堅物の「偽インテリ」が、売れる本を書けるだなんて俺は決して思わない。
    連中に書けるのは「便所の落書き」だけだ。

    42 名無しさん 2014/03/27(木)18:23:04 ID:xTTkNa6gF

     真面目な日常小説≠純文学

     という事実くらいは、ラノベファンたちにも知ってほしいわけ。

    43 名無しさん 2014/03/27(木)18:24:31 ID:xTTkNa6gF

    現代作家において「文豪」や「××派」といった表現は用いられない。

    ここ20年ほどで、文学界の構造は一変した。

    エンタメ小説が純文学の模倣を始め、執筆技術をレベルアップした。
    その結果、純文学が売れなくなり、立場を失うことになる。

    同じ頃、ライトノベルと呼ばれる新ジャンルが登場し、
    一般文芸が新たな蔑視の対象を得た。

    こうして三層のヒエラルキーが、一つずれ込むことになる。

    44 名無しさん 2014/03/27(木)18:25:01 ID:6sYywKoOZ

    何で他ジャンルの作家がちょこっとラノベ書いたりアニメ褒めただけでジャンルが融合してることになるんだよ
    んなこと言ったら50年前の時点で芥川賞作家の宇能鴻一郎がポルノ作家になったりしてるんだが

    47 名無しさん 2014/03/27(木)18:27:26 ID:xTTkNa6gF

    >>44
    というか、そもそも純文学はポルノと親和性が高いよね。
    そのことを知らないアニオタが多すぎるよ。

    エロを語る=低俗

    みたいな誤認識のオタが業界を自虐してる。

    50 名無しさん 2014/03/27(木)18:30:33 ID:KodjSiEWC

    >>47
    そら人間の本能だからな
    ただほとんどの人間はそんなに本能をさらけ出さないのに
    純文学の中ではさらけただしまくり。それは間違いなく「低俗」なことで
    純文学離れの一因だと思うけど。

    45 名無しさん 2014/03/27(木)18:25:48 ID:xTTkNa6gF

    歴史は繰り返す

    明治
      権威:漢文経典
      蔑視:口語文学 → 権威:純文学
                蔑視:エンタメ小説

    平成
      権威:純文学
      蔑視:エンタメ → 権威:一般文芸
                蔑視:ライトノベル
                エンタメのみで完結している

                あぶれた純文学「一般文芸から距離を置きたい」

     文語の衰退以降、2度目の文学革命だ。
     こうして存在意義を失った「現代純文学」に残された道は、王道から大きく外れた「前衛小説」を提示することに切り替わった。
     そして、その前衛表現の一つが、紛れもないライトノベルだった。

    46 名無しさん 2014/03/27(木)18:27:06 ID:aTDzPDFLV

    お前、ラノベ信者だろ?

    49 名無しさん 2014/03/27(木)18:30:21 ID:xTTkNa6gF

    >>46
    No!

    まあなんとでも思ってください。
    好きな詩人は萩原朔太郎、中原中也、宮沢賢治、金子光春。
    その程度のセンスの持ち主です。

    51 名無しさん 2014/03/27(木)18:31:05 ID:xTTkNa6gF

     前衛というのは、その作品が登場する文脈によって決まる。
     もし2013年にハルヒを初放送したとしたら、ただの陳腐な萌えアニメだ。ハルヒが神作として受容されたのは、それが2006年に放送されたという時代背景による。

     純文学者から見て、ライトノベルは異文化であり、ある種の前衛である。
     役割としてはアイトサイダーアートに近いかもしれない。アフリカの土着芸術が現地人にとって陳腐な玩具でも、ピカソから見て前衛的なら、その模倣は芸術なのだ。

     また、一般文芸が日常生活を描く一方、初期のライトノベルは神話や哲学をモチーフにして、今でいう中二的作風に特化していた。
     これは本来、純文学の領分である。
     かくして「現代純文学」は、アカデミーから流出した「権威」を回収するため、ライトノベルの模倣を始めることになったのだ。

    52 名無しさん 2014/03/27(木)18:31:40 ID:xTTkNa6gF

     今、仮に夏目漱石の未発見の文章を、こっそり純文学の新人賞に投稿したなら、おそらく予選落ちするだろう。21世紀において、夏目漱石の文体は既に陳腐であるからだ。
     実際、村上春樹を真似た文体を投稿して、すぐさま弾かれるワナビは多い。
     村上春樹は70年代に登場したから前衛なのであって、二次模倣は既に陳腐だ。

     現代純文学は陳腐さとの闘いだ。
     ここを分からずに「真面目に書いた小説=純文学」と勘違いして予選落ちするワナビは少なくない。

    54 名無しさん 2014/03/27(木)18:33:07 ID:xTTkNa6gF

    そして、純文学者たちは、怠慢ゆえにライトノベルを知らない。
    だから、ラノベ的言い回しに感動して、それら「前衛的表現」に対し
    必要以上の高評価を行っているように思う。

    55 名無しさん 2014/03/27(木)18:34:26 ID:aTDzPDFLV

    おい、夏目漱石は大衆作家だぞ

    当時のラノベ作家みたいなもの

    59 名無しさん 2014/03/27(木)18:37:05 ID:KodjSiEWC

    >>55
    漱石の時代にまだ純文学というくくりも大衆作家というくくりもないよ。
    確かに娯楽小説的な小説も書いてるけど、今でいう純文学もちゃんと書いてるよ。

    60 名無しさん 2014/03/27(木)18:37:33 ID:xTTkNa6gF

    >>55
    その通り。

    だが、多くのラノベファン中高生は
    それが「純文学」だと思ってネットで話を進めているはず。

    56 名無しさん 2014/03/27(木)18:36:04 ID:xTTkNa6gF

    「同じ作家は二人要らない」というのは出版社の合言葉だ。だから現代において王道は求められない。ここ20年の小説の流れを見ればわかるが、タイポグラフィックで会話文が多い破格的な表現が称賛されている。

    58 名無しさん 2014/03/27(木)18:36:59 ID:NvOwAvwmY

    でもラノベが未来で夏目漱石ポジションになるのはありえなくね?

    73 名無しさん 2014/03/27(木)18:43:03 ID:NvOwAvwmY

    >>63
    いやなんというか、教科書的存在なんだよ。坊っちゃんとかこころみたいな
    ラノベがこうなるのは難しくないか

    85 名無しさん 2014/03/27(木)18:47:18 ID:0tqIm9W4f

    >>73
    教科書に載ってるから教科書的ってだけで
    坊ちゃんもこころも相当俗な内容だろ

    90 名無しさん 2014/03/27(木)18:50:45 ID:NvOwAvwmY

    >>85
    国民的文学になりえるかって話ね

    61 名無しさん 2014/03/27(木)18:38:27 ID:aTDzPDFLV

    新聞に連載する小説家なんて、大衆作家としか言いようがないだろw

    68 名無しさん 2014/03/27(木)18:41:30 ID:KodjSiEWC

    >>61むしろ純文学って大衆むけだよ?
    そこに純文学的要素があるかどうか。少なくとも漱石の文章には純文学的要素は大いに含まれてる。

    62 名無しさん 2014/03/27(木)18:38:42 ID:xTTkNa6gF

    というか
    「ラノベも純文学も書かせてもらえる」
    という立場にある天才が今いないことが問題。

    65 名無しさん 2014/03/27(木)18:40:02 ID:xTTkNa6gF

    足早だが、ここからは「各論」になる。
    つまり「文学史」のまとめだ。

    歴史を知ることが必要だ。
    最近の若いオタクは、生物進化を認めない宗教原理主義者みたいだ。
    今という一瞬を切り取って、サルとヒトは別の生き物だと必死に主張する。
    だけど本当は、二つは同じものから分岐したに過ぎない。
    ライトノベルと文学も同じで、根源を共有している。

    66 名無しさん 2014/03/27(木)18:40:45 ID:aTDzPDFLV

    今や直木賞なんて本を売るための賞だ

    権威なんてほとんどないよ

    67 名無しさん 2014/03/27(木)18:40:50 ID:xTTkNa6gF

    前説が長くなったが、ここからが本題である。
    前回述べてきた「文学の三層構造」がいかに成立したのか、
    時代を追って見ていくとしよう。

    69 名無しさん 2014/03/27(木)18:41:35 ID:xTTkNa6gF

    【50年代以前】
    ○日本の近代文学成立
    ・芥川賞と直木賞の始まりが1935年。歴史は百年に満たない。
     文学は流動的な「変化の動態」であることをまず意識してほしい。

    このスレを見ている中高生へ:

     とりあえず
     芥川賞=純文学
     直木賞=SFを除く一般文芸
     と解釈しておけば良いだろう。

    79 名無しさん 2014/03/27(木)18:45:30 ID:0tqIm9W4f

    >>69
    直木を受賞したSFがないだけで
    直木がSFを除外しているわけではない
    むしろ選考対象に含むと公言している

    71 名無しさん 2014/03/27(木)18:42:11 ID:xTTkNa6gF

    ○ありがちな誤解
    ・仮に純文学を「清純派文学」と捉えているなら、それは大きな間違いだ。純文学は「日常生活の苦悩を真面目に描いた小説」のことではない。
    ・先に明記しておくが、芥川賞とは「日本国内で最も優れた小説に与えられる賞」ではない。芥川賞とは「特定の文芸雑誌(文芸5誌)に掲載された新人作品」に箔をつけるための社会的パフォーマンスであり、前衛小説の展示場である。これを自画自賛の独占的市場と見なしてもよろしい。

    72 名無しさん 2014/03/27(木)18:42:38 ID:xTTkNa6gF

    ○純文学としてのSF
    ・国外ではフィリップ.K.ディックのように、純文学出身のSF作家がいる。
    ・本邦で黎明期のSFを執筆したのは、純文学作家、阿部公房である。あるいはここに宮沢賢治を含めても良いかもしれない。

    改行が少なくてすまない

    74 名無しさん 2014/03/27(木)18:43:12 ID:xTTkNa6gF

    【60~70年代】

    ○ジュブナイル小説の先駆け
    1960年 筒井康隆 SF作家としてデビュー
    1976年 赤川次郎デビュー
    1977年 夢枕獏デビュー 筒井康隆の手引きによる

    ○村上春樹
    1979年『風の歌を聴け』群像新人文学賞でデビュー。
    SF作家レイ=ブラッドベリを多数引用。純文学の質的変化が始まる。

    75 名無しさん 2014/03/27(木)18:44:03 ID:aTDzPDFLV

    今の純文学は大衆向けじゃないぞ?

    当時の感覚ではそうだったから、明治のラノベ作家なんだよ

    84 名無しさん 2014/03/27(木)18:46:49 ID:KodjSiEWC

    >>75
    そうだから純文学は衰退した。
    文士きどってこれこそが人間だとか抜かしながら大衆から離れていった。

    76 名無しさん 2014/03/27(木)18:44:30 ID:xTTkNa6gF

    【80年代】

    ○高橋源一郎
    ・1982年『さようなら、ギャングたち』群像新人長編小説賞
    ・日本のポストモダン文学の代表。だが実際は「ライトノベル文体を30年先取りした作家」と評することもできる。
     実際、漫画的作風を意識していると作家本人が述べている。

    77 名無しさん 2014/03/27(木)18:44:52 ID:xTTkNa6gF

    これが現代純文学だ。
    いやしくも「堅苦しい文体=純文学」と勘違いしているなら、お前らは教科書に洗脳されている。それは30年以上前の話だ。時代は大きく変わった。
    現在、純文学の役割は「ああ、こんな文体が日本語として成立するんだ」と気づかせる、すなわち前衛表現の提示にある。
    頭の堅い人間、小説初心者は「一般文芸」の整った文体だけを正統派と認める。
    だが、それは間違いだ。「純文学とライトノベルは、実は近い存在である」と俺が主張する理由がここにある。

    ・新潮社日本ファンタジーノベル大賞1989年創設に際し、高橋氏は選考委員を務める。当初は「スタジオぴえろ」と提供、作品のアニメ化を前提にした賞であった。

    80 名無しさん 2014/03/27(木)18:45:45 ID:xTTkNa6gF

    【80年代】つづき

    ○群像劇としてのスペースオペラ
    ・1982年 田中芳樹『銀河英雄伝説』
     刊行当初は空前のSFブームであり、SFの体裁さえ整えておけば事実上どんな作品でも売れた。この段階で、日本におけるSFは歴史小説の体裁に近く、哲学的演出は少ない。

    ○ライトノベル前駆レーベルとしての少女小説
    ・現在の少年向けレーベルに先駆けて、イラスト入り少女小説が成立した。児童文学からライトノベルが分岐するきっかけとなる。
    ・後述するように「コバルト文庫」は多くの文学者を輩出する窓口となる。
    ・ホラー作家として知られる岩井志麻子のように、別名義で少女小説家として活動していた例が多い。

    ○ゲーム文化の登場
    ・1986年『ドラクエ』と1987年『ファイナルファンタジー』
    ・TRPGとして戯曲的に『ロードス島戦記』1986年が執筆される。これがライトノベルの雛形と言われる最も初期の作品。
    ・富士見ファンタジア創刊。

    82 名無しさん 2014/03/27(木)18:46:34 ID:xTTkNa6gF

    【90年代前半】

    ○ライトノベル文壇が確立
    ・現在のイラスト多用演出のパイオニア
    1990年『スレイヤーズ』神坂一
    ・業界を牽引する二大レーベルの成立
    1989年「角川スニーカー文庫」創刊
    1993年「電撃文庫」創刊

    今に比べ、文学への敷居が高かった時代、若手作家の登竜門としてライトノベルは機能していた。
    1994年『魔術士オーフェン』秋田禎信 新進気鋭の17歳作家デビュー(高2)

    86 名無しさん 2014/03/27(木)18:48:37 ID:xTTkNa6gF

    ○SF作家の参入
     筒井康隆に才能を認められ、70年代からSF作家集団「ネオ・ヌル」で活動していた山本弘は、90年代に入ってライトノベルに挑戦。富士見ファンタジア文庫と角川スニーカーの発展に寄与した。

    ○哲学系作品が台頭
    ・1990年 奈須きのこ
     同人作家としてデビュー。才能を講談社に求められ『空の境界』1998年出版。ノベルズ第一版のあとがき解説によれば、伝奇小説、ミステリ、およびSFの系譜に属するとされる。

    ・阿部和重 1994年『アメリカの夜』群像新人文学賞でデビュー。
    ・エヴァンゲリオン放送が1995年。カルト的作風の全盛期。

    この時代は「学術、教養として語られていた哲学ネタを、アニメや漫画として楽しもうぜ!」という気概に満ち溢れていた。
    当然ながら、この段階では「中二病的」などというアホらしい揶揄は存在していない。

    87 名無しさん 2014/03/27(木)18:49:19 ID:aTDzPDFLV

    村上春樹はどういう位置付けなんだ?

    92 名無しさん 2014/03/27(木)18:50:59 ID:xTTkNa6gF

    >>87
    とりあえず
    純文学賞出身なので純文学作家。

    88 名無しさん 2014/03/27(木)18:49:51 ID:xTTkNa6gF

    【90年代後半】

    ○講談社『メフィスト』 1996年創刊  前衛小説の専門誌
    オタ向けとミステリと純文学が混然一体の文芸誌がメフィストだ。

    ・第0回受賞者 京極夏彦
     難読漢字と改行を多用する作風は夢枕獏とともにライトノベル文体の源流となった。
    ・第1回受賞者 森博嗣
    のちに2008年『スカイ・クロラ』がアニメ化される。
    ・第2回受賞者 清涼院流水
    当時から「ライトノベル的」と称される。

    時代はやや先取りするが、まとめると

    〈作家系譜図〉

    京極=[直木賞]=辻村深月

    森博嗣→浅暮三文→舞城=[芥川候補]

    清流院→西尾維新=[ライトノベル]

    西尾の言葉遊びの源流は森博嗣にある
    そして純文学作家が新劇エヴァに関与している。

    89 名無しさん 2014/03/27(木)18:50:13 ID:KodjSiEWC

    さすがにラノベとは違う。
    漱石は人間の心情や世相を反映してるけど
    ほぼすべてのラノベからは娯楽以外のものしか出てこない。

    91 名無しさん 2014/03/27(木)18:50:48 ID:aTDzPDFLV

    奈須は一部の熱狂的な信者に受けているだけだな

    93 名無しさん 2014/03/27(木)18:52:20 ID:xTTkNa6gF

    【90年代後半】つづき

    ○純文学がゲームの影響を受け始める。
    ・平野啓一郎
    1998年『日蝕』新潮デビュー。同作により第120回芥川賞を当時最年少で受賞。
    中世フランスを舞台にした錬金術師と両性具有者の物語。大塚英志が『ドラクエ』と『ファイナルファンタジー』の影響に書かれたと指摘。なお岡田斗司夫が社会学的観点からオタク評論を始めたのがこの時期。

     ※繰り返しになるが、大切なので要約する。
     今から20年以上前、RPG的な厨二全開の小説が芥川賞を取っている。
     演出上、見開き前ページ白紙など、漫画的な演出が取り入れられている。

     同時期、ミュージシャン出身の町田康がある種のラップ的な口語調でデビュー、のちに芥川賞作家となる。
     文壇は変容した。戦後派作家が世を去り、各世代が入り混じり、ついに「~派」と呼ばれる文学分類は消滅してしまう。商業主義と芸術性の両立がいよいよ困難になり、文学は文化の枢要的地位を失いつつあった。

    94 名無しさん 2014/03/27(木)18:52:29 ID:aTDzPDFLV

    まぁ、直木賞は文章表現とか芸術性なんて関係ないからな

    95 名無しさん 2014/03/27(木)18:52:53 ID:xTTkNa6gF

    【90年代後半】つづき

    ○ライトノベル周辺ジャンルから初の直木賞作家
    ・桐野夏生
    第2回サンリオロマンス賞佳作『愛のゆくえ』(1984年)で少女小説家としてデビュー。その後『柔らかな頬』(1999年)によって第121回直木賞受賞。

    ○初期ライトノベルの完成
    ・1993年 小野不由美
    前述した「日本ファンタジー大賞」経由で出版。のちに『十二国記』『屍鬼』がアニメ化。ちなみに後述する綾辻行人と夫婦。
    ・1996年 乙一
    『夏と花火と私の死体』でジャンプ小説・ノンフィクション大賞受賞。ライトノベル作家としてデビュー。角川スニーカーへ移籍し活動開始。
    ・1996年 冲方丁
    『シュピーゲル』シリーズ 角川スニーカーで活動。
    ・1997年 橋本紡
    電撃文庫『半分の月がのぼる空』によって、その後は一般文芸に越境。
    ・1998年 秋山瑞人
    電撃文庫『イリヤの空、UFOの夏』によって、後述するセカイ系の嚆矢として知られる。
    ・2000年 時雨沢恵一
    電撃文庫『キノの旅』
    この流れで分かるように、ライトノベルは次第に「群像劇」から「個人の内面」を扱うように変化する。キャラクターの複雑な人間関係ではなく、自我と社会の関係性がテーマとなる。

    96 名無しさん 2014/03/27(木)18:54:15 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代前半】

    ○セカイ系の勃興
    ・麻枝准
    ゲームシナリオライター。2000年『AIR』と2004年『CLANNAD』が代表作。江國香織『犬とハモニカ』よよび村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』を参考としてシナリオを書いたことを公言。
    よくネット上で「Key作品は人を選ぶ」と言われ、かつKey信者は多く存在するが、これは熱狂的なハルキストとオーバーラップしていると思われる。

    ・東浩紀
    2004年からの「セカイ系」評論において上記作品にしばし言及。大澤真幸が『不可能性の時代』において岩波新書で初めて美少女ゲームを論じた際に論文を引用している。

    最も硬派なイメージである「岩波新書」が
    意外にも美少女ゲーム評論を行っている。

    97 名無しさん 2014/03/27(木)18:54:27 ID:yvP78B1EB

    漱石とか谷崎は昔は軽視されてたとか思ってる奴ときどきいるけど、当時だって今のラノベ的立ち位置の小説はあってそれらが漱石と比べて低俗だという意識はあったからね
    「家庭小説」とか「大衆小説」というかのがそれで、半井桃水とか武田仰天子とか小杉天外が代表作
    ただエンタメ小説は文学史には残らないから知られてない(金色夜叉レベルのヒットじゃなきゃ歴史には残らない)だけで、当時だって「高尚な文学」と「低俗な文学」という区分はあったの
    だから、例えば谷崎は大純文学作家扱いされてるけど初期に書いた探偵小説は今ではちっとも読まれないし、「猫である」だってあまり批評の対象にはされないわけ
    一言でいうなら昔は純文学とエンタメの境目がなかったっていうのは嘘

    98 名無しさん 2014/03/27(木)18:54:40 ID:aTDzPDFLV

    本が売れない時代だから、内容云々よりもとにかく売れる娯楽作家が求められているだけだな

    99 名無しさん 2014/03/27(木)18:54:58 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代前半】つづき

    ○ライトノベル系直木賞作家が4名続出
    ・山本文緒
    集英社コバルト・ノベル大賞『プレミアム・プールの日々』(1987年)
    第124回 直木賞『プラナリア』(2001年)
    ・唯川恵
    集英社コバルト・ノベル大賞『海色の午後』(1984年)
    第126回 直木賞『肩ごしの恋人』(2002年)
    ・村山由佳
    ジャンプJノベル大賞『もう一度デジャ・ヴ』(1991年)
    第129回 直木賞『星々の舟』(2003年)
    ・角田光代
    集英社コバルト・ノベル大賞『お子様ランチ・ロックソース』(1988年)
    芥川賞ノミネート計3回。第132回 直木賞『対岸の彼女』(2005年)

    ○講談社に新たな動き
    ・舞城王太郎
    2001年 第19回メフィスト『煙か土か食い物』でデビュー。2003年『阿修羅ガール』では作中でアスキーアートに言及。2004年『好き好き大好き超愛してる。』など、ライトノベル的な超口語体が歓迎される。第131回より芥川賞ノミネート複数回。
    ・京極夏彦
    2004年 直木賞。メフィスト関連として初。
    ・西尾維新
    2002年 第23回メフィスト受賞『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い』でミステリ作家としてデビュー。
    ・乙一
    2002年『GOTH リストカット事件』で講談社に才能を認められ、本格ミステリ大賞を受賞。ライトノベル作品が一般文芸化された例として第一号。西尾維新がミステリからライトノベルに進んだことと対照的。

    101 名無しさん 2014/03/27(木)18:55:47 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代前半】つづき

    ○角川スニーカーを中心として「ライトノベル文体」が確立
    ・滝本竜彦
    2001年 角川『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』
    ・米澤穂信
    2001年 角川『氷菓』
    のちにアニメ化され、一般文芸への越境作家として広く知られる。

    なお、時間軸的に
    エンタの神様(2003年~)がラノベの掛け合い文体の源流になっていて
    コントバブルの衰退とともにラノベが叩かれ始めたと解釈することが可能
    なおドラマTRICKのノリが2000年放送

     加えて書いておくと、次に言及されるハルヒのノリを、エヴァのセカイ系、さらにアキラを経由して80年代以前のドラッグ文化に源流を求めることすら可能なのだが、ここで論じるのは割愛する。
     さて、そのハルヒについてである。

    102 名無しさん 2014/03/27(木)18:57:09 ID:wiZx41URq

    米澤穂信は最初からずっとミステリしか書いてないんだが一般的にはそういう認識なのか

    106 名無しさん 2014/03/27(木)18:59:18 ID:0tqIm9W4f

    >>102
    デビューが角川学園小説大賞だからな
    スニーカーの分派レーベル
    その後角川一般レーベルに移っただけ

    108 名無しさん 2014/03/27(木)19:00:49 ID:xTTkNa6gF

    >>102
    より正確には「角川スニーカー」成立黎明期の
    「角川学園大賞」の出身

    wikiでは越境作家の一例となっているな。

    実際、あの小難しい単語を使いたがる、中身薄っぺらの文体はラノベ特有だし
    それは森見文体、あるいは円城塔ともリンクし合っているというのが俺の見方。

    109 名無しさん 2014/03/27(木)19:01:13 ID:wiZx41URq

    >>106
    ああそっか、レーベルでの括りだったか
    thx

    124 名無しさん 2014/03/27(木)19:06:27 ID:0tqIm9W4f

    >>109
    むしろジャンルで
    ミステリだからラノベじゃない!
    とか括る層が増えてきたから
    大衆娯楽小説とラノベの垣根が曖昧になって来たんだよな
    ミステリだからラノベじゃないってんなら西尾維新とか神メモとか
    レーベル括りで言えば滝本竜彦なんかラノベレーベルでは出してないし

    103 名無しさん 2014/03/27(木)18:57:23 ID:xTTkNa6gF

    ・谷川流
    2003年 角川『涼宮ハルヒの憂鬱』が業界に一大旋風。
    筒井康隆が絶賛し、セカイ系SFとして東浩紀らが引用。

     1)ポップなノリツッコミの独白を完成したのが滝本。
     2)難解な漢語多用による衒学文体が米澤と森見。
     3)哲学概念を詰め込んだセカイ系脚本が村上春樹。
     この3系統を史上初めて統合した作品が「ハルヒ」だ。

     綿密に計算された文体模倣になっていることを俺は知っている。なお、本作が受賞した「角川スニーカー大賞」は十年に一度の超難関。しかも同年に電撃大賞を同時受賞している。
     ラノベ界において、これほどの才能あふれるデビュー例は他に類を見ない。
     彼の作品がブームを巻き起こしたのは決して偶然ではない。

    「ハルヒ」は
     ライトノベルのありうべき方向性を開示した、一つのマイルストーンである。
     無論、その後の二次模倣の乱立という功罪も大きいが……

    110 名無しさん 2014/03/27(木)19:01:17 ID:xTTkNa6gF

    ○純文学作家がライトノベルに関心を持ち始める
    ・阿部和重
    スーパーダッシュ文庫 (集英社2001年~)の審査員を第5回まで務める。アニメ『カードキャプターさくら』のファンを公言し『涼宮ハルヒの憂鬱』の二次創作小説を発表。2005年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞を受賞。

     とりあえずここでは、ハルヒをめぐって史上初めてライトノベル、一般文芸、純文学の作家が相互に交流しあったという事実を銘記されたい。

    111 名無しさん 2014/03/27(木)19:01:59 ID:aTDzPDFLV

    日本の純文学が嫌いなら、海外の小説を読めばいいんじゃね?

    112 名無しさん 2014/03/27(木)19:02:00 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代前半】つづき

    ○ライトノベルから一般文芸への移行が増える
    ・有川浩
    2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞。2006年『図書館戦争』にて一般文芸へ。新ジャンル「大人向けライトノベル」を確立した。
    ・冲方丁
    2003年から ハヤカワに移籍『マルドゥック・スクランブル』

    ○光と影
    ・鎌池和馬
     2004年に『とある魔術の禁書目録』で電撃文庫デビュー。旧来SFファンの一部からは高い評価を受ける。その一方、質より量、スピード重視という執筆スタイルを印象付ける形となり、しばしば悪文が槍玉に挙がった。
    若い読者からの人気を集め、読者層の棲み分けが顕著となる。この頃からライトノベルに対するネットバッシングが目立ち始める。いわく「ラノベの萌化=劣化」である。
    ・なお、電車男、ハルヒのアニメ化で盛り上がったのがだいたいこの時期。

    113 名無しさん 2014/03/27(木)19:02:30 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代後半】
    ○本格ライトノベル作家として初の直木賞
    ・桜庭一樹
    1999年、ファミ通エンタテインメント大賞『夜空に、満天の星』でデビュー。
    角川スニーカーに移籍し『砂糖菓子の弾丸は打ちぬけない』でミステリに移行。2008年に『私の男』で第138回直木賞受賞。その後は『GOSICK』シリーズによって、直木賞作家かつアニメ原作者となる初の快挙。
    ・補記:三浦しをん
     2005年直木賞。出身は異なるが、しばしば「ライトノベル的」と評される。少女漫画とBL小説に精通しており、直木賞受賞後はコバルト文庫と官能小説(R-15小説大賞)に関与した。

    ○男性ライトノベル作家として初の直木賞候補
    2009年 冲方丁『天地明察』が第143回直木賞にノミネート。同作は『おくりびと』の滝田洋二郎監督によって映画化された。

    116 名無しさん 2014/03/27(木)19:03:38 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代後半】

    ○ミステリ作家の参入
    ・宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』2006年
    ・綾辻行人『Another』2006年。日本ファンタジー大賞出身者を多く抱える「野生時代」にて掲載。
    なお上記二作品はともにアニメ化された。

    ○SF界に動乱
    ・日本SF新人賞1999年~2009年で終了。
    ・小松左京賞2000年~2009年で終了。
    業界低迷が明らかに。SF作家のデビュー枠がライトノベルしかない状況が続く。2009年、哲学系SF『紫色のクオリア』が電撃文庫から出版された背景にはこのような事情があるのではないかと思われる。
    ・野尻抱介
     90年代よりハードSF作家として活動していたが、2008年から初音ミクとニコニコ動画をテーマにした『ピアピア動画』シリーズをハヤカワ書房より刊行。古典名作で知られるハヤカワが方針転換、ライトノベルに接近したかに見受けられる。
    ・SFの衰退に伴って日常系アニメが増加。しばしば批判の対象となる。

    119 名無しさん 2014/03/27(木)19:04:20 ID:xTTkNa6gF

    【2000年代後半】つづき

    ○ライトノベル界の構造変化
    ・紅玉いづき
    2007年 電撃大賞『ミミズクと夜の王』でデビュー。イラストなしライトノベルの第一号となる。これを機に2009年「大人向けライトノベル」であるメディアワークス文庫が電撃文庫から派生。
    ・西尾維新の動向
    2006年から『化物語』シリーズで人気を博す。以後、ミステリ作家からライトノベルに移行。非ライトノベル出身でライトノベルに完全移籍する第一号となる。
    ・マイナーレーベルの乱立
    2007年 小学館ガガガ文庫
    日本の近代文学作品をライトノベル調に脚色する「跳訳シリーズ」を手掛ける。田中ロミオ『人類は衰退しました』のヒット以後、同氏が制作サイドで関与。麻枝准と同じゲーム会社Key出身である。

    この頃から「パロネタ」が目立つようになり、ネットによるバッシング対象となる。しかしはっきり言って、この傾向はジャンルの成熟を示しているに過ぎない。ミステリにおける「バカミス」や、SFにおける「メタSF」など、同様の手法は文芸全般に見られる。

    120 名無しさん 2014/03/27(木)19:05:26 ID:xTTkNa6gF

    そして、いよいよ時代は「今」へ

    【2010年代現在】

    ○直木賞関連
    ・辻村深月
    2012年、メフィスト出身作家として初の直木賞受賞。
    ライトノベル読者であることを公言。実際、2012年には『サクラ咲く』というライトノベル調の作品を出版した。

    ○芥川賞関連
    ・円城塔
    ハヤカワSF作家出身でありながら純文学へ越境。
    2007年『オブ・ザ・ベースボール』第104回文學界新人賞受賞でデビュー。
    2009年『烏有此譚』作中にて電撃文庫作品を脚注に引用。第32回野間文芸新人賞受賞。
    2012年『道化師の蝶』で第146回芥川賞受賞。SF作家として初の芥川賞快挙。

    受賞に際して、ナボコフの『ロリータ』を参考にしたとコメント。妙に古風な言葉を交ぜる文体は、谷川流や米澤穂信によく似ている。その他の近作『これはペンです』や『つぎの著者につづく』など、文章タイトルはライトノベルを意識したものでは。

    ・舞城王太郎 
    芥川賞候補に複数回ノミネート。
    2012年、エヴァンゲリオン劇場版『巨神兵 東京に現る』台詞脚本担当。

    121 名無しさん 2014/03/27(木)19:05:53 ID:aTDzPDFLV

    村上春樹の小説ってよくRPGっぽいって言われるけどさ

    そういう意味ではラノベ的なんじゃないの?

    笠原メイみたいなJCも出てくるしさ

    122 名無しさん 2014/03/27(木)19:06:05 ID:xTTkNa6gF

    【2010年代現在】つづき

    ○村上春樹とその周辺
    ・麻枝准、谷川流、入間人間など、同氏がサブカルチャーに与えた影響は大きい。
    ・2011年、幾原邦彦が村上作品のオマージュとしてアニメ『輪るピングドラム』を監督。なお、もともとセカイ系という概念を最初に提唱したのが同氏。
    ・森見登美彦のSF『ペンギン・ハイウェイ』は村上作品のオマージュである。アニメ『輪るピングドラム』の作中にペンギンが出てくるのは、本作の影響と俺は考えている。
    ・2012年『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の旅』について、そのライトノベル性が各所から指摘。評論家としては東浩紀の他、大森望、上田麻由子などがこの辺りに詳しい。
    ・村上春樹『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて』と、2013年放送アニメ『変態王子と笑わない猫。』第8話「100%の女の子」

    123 名無しさん 2014/03/27(木)19:06:21 ID:6sYywKoOZ

    田中ロミオがkey出身ってwいやkeyでゲームつくったことはあるけど出身ではないと思うぞ

    127 名無しさん 2014/03/27(木)19:09:06 ID:xTTkNa6gF

    >>123
    マジですか
    俺の不勉強ですw

    こんなこと書いているが、一般向けゲームすら一度もプレイしたことない堅物人間なので……。

    125 名無しさん 2014/03/27(木)19:07:36 ID:xTTkNa6gF

    【2010年代現在】つづき

    ○脚本家としてのライトノベル作家
    虚淵玄がその一例。祖父は探偵小説家、大坪砂男である。ライトノベル『Fate/Zero』シリーズが2011年にアニメ化。本作は伝奇小説家、奈須きのこの指導下に書かれた。

    ○由緒ある作家らのライトノベル出版が続く
    ・筒井康隆 2012年『ビアンカ・オーバースタディ』
    ・石田衣良 2013年 直木賞作家として初のライトノベル執筆を表明。

    ○小説原作アニメが増加
    ・池上永一『シャングリ・ラ』が筆頭。前述した「日本ファンタジーノベル大賞」出身である。森見登美彦もまた同賞で2003年デビューしており、2010年に『四畳半神話体系』、2013年に『有頂天家族』がアニメ化。
    ・あさのあつこ『No.6』
    ・角川ホラー大賞出身である貴志祐介『新世界より』

    126 名無しさん 2014/03/27(木)19:07:43 ID:aTDzPDFLV

    上遠野あたりはラノベの枠を越えてる

    128 名無しさん 2014/03/27(木)19:09:07 ID:VZwty79Iq

    結局このスレの趣旨はなんなんだよ
    一方的に証明するだけならラノベバカにしてるやつにこの説明すればいいんじゃないのか?

    129 名無しさん 2014/03/27(木)19:10:05 ID:aTDzPDFLV

    ラノベは擬音を多用するから、馬鹿にされるんだよ

    130 名無しさん 2014/03/27(木)19:10:22 ID:nFq4hkeJd

    学園ハーレムか異世界転生俺ツエーにあらずんばラノベにあらずに至る経緯かと思ったら、もっと深かったでござる

    131 名無しさん 2014/03/27(木)19:10:54 ID:xTTkNa6gF

    【2010年代現在】つづき

    ・綾辻行人『Another』、坂口安吾『UN-GO』、城平京『絶園のテンペスト』などミステリ関係の躍進も目立つ。なお2004年放送の『心霊探偵 八雲』の初版は自費出版である。
    ・そもそも、ミステリはエンタメ小説において最も純文学から遠い、ライトノベルに近いジャンルである。ミステリ作家を中心としてサブカル的交流が生まれるのは当然と言える。

    ・2012年からは『ソードアートオンライン』『まおゆう』『ログ・ホライズン』などネット発の小説が増える。なお『ソードアートオンライン』の世界設定は、1989年刊行のSFミステリ、岡嶋二人『クラインの壺』を参考としており、作中キャラクター「クライン」の名前はこれに由来する。
    ・本作の売れ行きと2chにおける評価の解離は、もはや2chが創作評論の場として機能していないことを示している、と断罪せざるを得ない。

    ○ライトノベルの実写化が相次ぐ
    ・テレビドラマ化された「失踪HOLIDAY」や「メイド刑事」、映画化された「ブギーポップは笑わない」、テレビドラマ化された後に映画化された「半分の月がのぼる空」などのように、近年では実写化も目立つようになった。
    ・2013年、三上延のミステリ『ビブリア古書堂の事件手帖』がドラマ化。大人向けレーベル「メディアワークス文庫」の成立に伴った動きである。
    ・同じ頃『よくわかる現代魔法』シリーズで知られる桜坂洋『All you need is kill』に実写化の話が持ち上がる。2014年にトム・クルーズ主演でハリウッド映画化公開されることが決まっている。
    ・世にも奇妙な物語 '13秋の特別編において、古橋秀之『ある日、爆弾がおちてきて』が電撃文庫から実写化。ライトノベルとしてはシリーズ初。

    ○市場効果と社会的展望
    ・現在、ライトノベル市場は書店業界の3割以上を占め、作家の登竜門としては国内最大である。なかでも規模最大の新人賞は、電撃新人賞である。
    ・2009年、岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』のミリオンヒットによって、ライトノベル装丁が社会認知された。この頃から一般文芸のイラストにアニメ画の採用が増え、ジャンル間の境界は薄れる傾向にある。

    132 名無しさん 2014/03/27(木)19:11:26 ID:xTTkNa6gF

    ○海外
    ・ライトノベルは当然ながら海外翻訳され、日本の小説モードの一つとして認知されている。2005年、電撃文庫でデビューした支倉凍砂『狼と香辛料』は、海外カバー版において実写調イラストで流通している。なおロシア語圏では「light novel」ではなく「ranobe(ранобэ)」で通じる模様。
    ・逆にアメリカ人、ステファニー=メイヤー著のティーン向け小説『トワイライト』は、国内ではアニメ調の表紙に差し替えられている。
    ・1997年にイギリスで刊行された『ハリーポッター』シリーズによって、児童文学の価値が再認識された。だが仮に日本で新人作家が同作を投稿するなら、窓口はライトノベルとなるだろう。

    134 名無しさん 2014/03/27(木)19:12:15 ID:xTTkNa6gF

    繰り返すが、出版社は作家の投稿先によって決まる。ネットにおける「ラノベ差別」は、若い才能が世に出る機会を奪う甚だしい加害行為だ。

    なお2011年には、乙一が「山白朝子」や「中田永一」の別名義でも活動していることを公表した。今後、ライトノベル出身者でこのような例は続くだろう。つまり、お前らが崇めている「一般」の書き手が、実はライトノベル作家であったという例は確実に増える。

     加えて、ここで指摘しておくが、表現規制をめぐって、今後、ライトノベルからのジュブナイルポ○ノの排除と、ジャンルの再定義が起きる可能性は高い。
     ネットには表現規制擁護が目立つが、社会がそれを選択した場合、いみじくもジャンル融合は加速することになる。その点を意識した上で言論するといい。
     なお、俺は多くの文学者と同様、規制反対派である。

    138 名無しさん 2014/03/27(木)19:13:36 ID:xTTkNa6gF

     現在、日本のSFで最も力を持っているのはライトノベルであると言って過言ではない。このような現状で、差別的発想からジャンルの全否定を行うことは、日本の文芸全体の衰退をもたらす。
     読者にできるのは、面白い作品を先入観抜きで正しく評価すること。整った文章を信奉するなら『虎よ、虎よ』や『ドグラ・マグラ』は出版されない。ライトノベル差別が蔓延する日本では、第二の『ハリーポッター』は決して生まれない。

    141 名無しさん 2014/03/27(木)19:16:03 ID:tqzYYytct

    読者層の興味に敏感なのがラノベ
    流行り廃りに関係なく自分の思想や感情を世に広めようとするのが純文学だと思ってたわ

    142 名無しさん 2014/03/27(木)19:16:19 ID:KodjSiEWC

    ラノベが大衆化して社会的影響を与えてるのは解るが
    ほとんどのラノベは時間つぶし以外の何物でもないと思うよ。

    148 名無しさん 2014/03/27(木)19:20:28 ID:xTTkNa6gF

    【まとめ】
    このスレを見ている

    中高生、あるいは中高生同然の頭の持ち主へ:
    世間を知らないガキが叩いて喜んでいるんだろうけど、
    何か見下したくて、そこにライトノベルがあっただけだろ?

    自称硬派の連中へ:
    自分が「読書家」であることを自慢するために「ライトノベルは小説ではない」などと虚言を吐くな。
    確かにラノベの多くはクソ以下の低俗だ。だが、差別は良くない。
    レッテル張りは馬鹿の所業だ。表現の可能性を潰すな。

    ワナビの方々へ:
    20代のラノベワナビは、投稿する前に一考すべき。
    同じ文章で、一般レーベルなら文学賞を狙えるかもしれない。
    30代になってから後悔しないように。

    純文学の方々へ:
    ラノベ的表現を過剰に持ち上げすぎないようにお願いします。

    言いたいことは以上。

    149 名無しさん 2014/03/27(木)19:21:08 ID:xTTkNa6gF

    おわり
    用事が出来たので、これにてさよなら。

    150 名無しさん 2014/03/27(木)19:22:26 ID:NvOwAvwmY

    ちょっと無駄な事書きすぎじゃないですかね

    155 名無しさん 2014/03/27(木)19:27:35 ID:nFq4hkeJd

    >>2
    の応募可能な出版社についても言及して欲しかったな
    現代はある程度書きたいテーマとかがあり、かつ若者向けに書こうと思っても、女の子いっぱいにしないとカテゴリーエラー扱いにされてしまう(あくまでカテゴリーエラーは都市伝説の域でしかないが)

    157 名無しさん 2014/03/27(木)19:32:26 ID:HQ8r9jT2R

    2000年代までなら概ね、この人の考え理解できるけど、それから今のとこまでがいつも無いんだよな。
    メディアワークス文庫とか、最近のWeb小説とか最近のラノベ事情まで踏み込んで欲しい。

    159 名無しさん 2014/03/27(木)19:47:10 ID:tqzYYytct

    もう少し質問とかに答えてほしいけど
    とりあえず>>1

    元スレ 【ラノベ】作家を馬鹿にしているガキどもちょっと来い【文学史】
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1395909888/

    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2014年03月28日 00:08 ▼このコメントに返信
      3行で
      ※2 2014年03月28日 00:19 ▼このコメントに返信
      読んでないが馬鹿が必死に馬鹿ちゃうわって涙目で言ってるだけでOK?

      くだらない駄文である事を自覚しろ。
      自覚しないで自分を賢く見せようとしてるラノベが一番下らん。

      悲劇に挑め!悲劇の理由はぶっちゃけ何も考えて無かったけど。とか超売れっ子ラノベ作家が言っちゃうあたりどう擁護しようと駄文だろ
      ※3 2014年03月28日 00:30 ▼このコメントに返信
      米2
      この>>1が言いたいのは
      そうやって抽出した一部への批判を全体化してレッテル張りすんのはやめろ
      ラノベでも一般文芸でも純文学でもいいものはいいし、糞なもんは糞なんだ
      ってことだと思う

      俺も斜め読みだから違ったら誰か指摘して
      ※4 2014年03月28日 00:38 ▼このコメントに返信
      長いからこいつが言いたいことはどうでもいいとして
      ラノベ馬鹿にしてんのってガキっつーかオッサンのイメージなんだよな

      ※5 2014年03月28日 00:40 ▼このコメントに返信
      作家にとっちゃ自分が納得できるものかけて発表できるならジャンルなんてどうだっていいんだよ
      出版社にとっちゃ売り上げ出せるならジャンルなんてどうだっていいんだよ
      文化の担い手なんて関わる人間は誰も思ってねぇっつうの

      何が盛り上がって何が消滅するかはあくまで市場の流れで決定するもんだ
      ※6 2014年03月28日 00:49 ▼このコメントに返信
      ラノベにもいい作品があるのは事実だけど、
      もし純文学からの系譜にたどるなら順当に劣化していってるよな
      次はもっと軽いものが好まれるのか?はては昔みたいに難解なのがくるのか?
      というか単純に昔よりバリエーションが増えただけなんだよな
      ラノベが叩かれるのは一部のラノベ信者が大衆文学を蔑んだのにも原因があるような気がする
      あとすてまっぽくて悪いけどラノベでも唯一ガガガ文庫だけはオリジナリティあっていいやつ多い
      ※7 2014年03月28日 00:52 ▼このコメントに返信
      とりあえずやたら長い名前のラノベはウザい上にくっそ寒いコラネタばかり
      ※8 2014年03月28日 00:54 ▼このコメントに返信
      >まあなんとでも思ってください。
      >好きな詩人は萩原朔太郎、中原中也、宮沢賢治、金子光春。
      >その程度のセンスの持ち主です。

      長えし臭え
      ただただ臭え
      ※9 2014年03月28日 00:55 ▼このコメントに返信
      ※2
      お前が馬鹿だろW

      >>1の言いたいことは要は権威主義はやめろってことだ。
      ※10 2014年03月28日 00:55 ▼このコメントに返信
      スレタイと>>1の内容の時点で言いたいことが曖昧じゃねーか
      ※11 2014年03月28日 00:59 ▼このコメントに返信
      これじゃ便所に数式を書いてるようなものだよ。長い文章を読むことも出来ないような人が多い2chではこのようなことは論じるべきではなかった。
      ※12 2014年03月28日 01:01 ▼このコメントに返信
      市場にあった力を身につけてたらそれでいいんだよ

      文章力なんてサッカーの足技(文章力)のうまさと一緒で、どれだけ器用にボールを操れてもプロサッカーに必要なフィジカル(演出力)、脚力(脚本力)等がないとプロで食っていけないわ

      岡崎とか足技は下手糞で足も速くないし、ハゲなのにたくさん点取ってる
      岡崎さん馬鹿にすんなよってことだよ
      ※13 2014年03月28日 01:03 ▼このコメントに返信
      ハルヒ、空の境界読んで
      アニオタの絶賛する小説は二度と買わないと誓ったわ
      ※14 2014年03月28日 01:12 ▼このコメントに返信
      ラノベは小説じゃないって言ってる層は、
      ・叩く行為自体が目的の底辺の憂さ晴らし。
      ・ラノベを蔑視して自分が読書家だと思い込みたい。
      ・主観的な印象を元にした感情論
      あたりなので、論理的・客観的な批判ができず、信者とかキモい連呼しかできない。
      要するにガキなので、こんな真面目な話しても理解できないよ。
      これくらいの文章も面倒臭がって読まないようなゆとりなんだから。

      まともに小説も読まないから、ラノベは学園ハーレムばっかりとか的外れなこというだろ。
      単に最近の流行りで、20年くらい前はファンタジーばっかりだったのにな。
      ※15 2014年03月28日 01:13 ▼このコメントに返信
      読む側の問題もあるからなあ…内容が劣化と断じるならば、それの読者達も劣化してる事になるし
      時代時代で受ける内容も変わるもんだし結局しのごの言っても娯楽だからなあ
      自分が面白いと思えればいいよ

      つまり作家や小説にレッテル貼りすんなって事だろ
      ※16 2014年03月28日 01:14 ▼このコメントに返信
      西尾とか舞城はラノベとミステリと純文学の中間って感覚で読んでるな俺は

      てか子供の頃は難解に感じた漱石とか芥川とか賢治も後になって読み返せば言葉遣いが古いから分かりにくいだけで基本は人間観察と空想の具現化だけなんだよね
      日本のだけじゃなくて小説なんて全部そう
      ※17 2014年03月28日 01:14 ▼このコメントに返信
      このスレッドの読後の感想「ダメだこりゃw」
      ※18 2014年03月28日 01:16 ▼このコメントに返信
      ゴミ以下
      まとめる価値無し
      ※19 2014年03月28日 01:25 ▼このコメントに返信
      読み飛ばしたけどけっこう近い感覚
      ちゃんと年代を追ってるのは好印象
      村上春樹とラノベを過剰にバカにしてる奴にまともに読書してる奴はいない
      ※20 2014年03月28日 01:25 ▼このコメントに返信
      >ネットには表現規制擁護が目立つが
      目立ってるか?
      ※21 2014年03月28日 01:25 ▼このコメントに返信
      うむ、そのゴミ以下の結論をどのように出したか書かないと記事中のガキと同列なんだよ
      ※22 2014年03月28日 01:25 ▼このコメントに返信
      あたまわるそう
      無駄な長文
      ※23 2014年03月28日 01:26 ▼このコメントに返信
      小説のジャンルとか面白さとか考えたこともねーや

      電車に乗ってる間、俺をどこか別の世界に連れてって別の人生を経験させてくれるなら、純文学でもミステリでもクソラノベでもでも何でもいい。

      ホントは自分の妄想でそれができれば安上がりなんだが…
      ※24 2014年03月28日 01:28 ▼このコメントに返信
      こいつ山本だろ。
      ※25 2014年03月28日 01:29 ▼このコメントに返信
      頑張って読んだよ。この人なりの整理された解釈だなぁ。
      でももし、この人が何らかの作品を書こうとしてるなら、
      きっと説教臭くてラノベ・ブンガクどっちにもなれないんだろーなーって思う。
      何回か蹴られて出版社や俺を認めない社会が悪い、的な思考になってるぽい。

      頑張んなよ、それも書くためのエネルギーだから。
      ※26 2014年03月28日 01:30 ▼このコメントに返信
      よくわからないけど
      あの有名作家がラノベに関わっていた→ラノベは凄い
      ラノベの中にも名作がある→ラノベは凄い
      あの一般小説もラノベ的要素がある→ラノベは凄い
      純文学は意外と凄くない→むしろラノベの方が凄い
      てこと?
      ※27 2014年03月28日 01:32 ▼このコメントに返信
      >>26
      違います
      ※28 2014年03月28日 01:36 ▼このコメントに返信
      何でこの人2chでこんな話してるの?
      この人普通に高学歴でしょ?
      同じレベルの人と話さないと理解してもらえないよ?
      ※29 2014年03月28日 01:38 ▼このコメントに返信
      ジャンルをひとまとめにして全否定するのは頭悪い。
      北斎が現代の漫画を見たら喜んで自分の作品に活かしそうだけどな。
      新しいジャンルが出てくるのはいいことだよ。
      気に入らなけりゃ自分の好きなの読めばいいだけなんだから。
      ニートが嫉妬で叩いてるだけだろうけどな。
      ※30 2014年03月28日 01:38 ▼このコメントに返信
      皆に良い事を教えてあげよう。完全なオリジナルなんてもう生まれない。だから結局物書きがしなきゃならんことは客の喜ぶ言葉遊びしかない。古い表現が好きな奴もいれば、最近の新しい表現が好きな奴もいる。ただそれだけなんだって。つまり我輩含め本読んでる奴は総じて同レベル。おめでとう、真の平等はここにあるよ。後は他人を貶してアピールするだけだ。糞みたいだね。
      ※31 2014年03月28日 01:40 ▼このコメントに返信
      おもしろかった
      ※32 2014年03月28日 01:41 ▼このコメントに返信
      ※28
      高学歴どうかはともかく、レベルを下げてわかりやすいように書いてるやん
      ※33 2014年03月28日 01:45 ▼このコメントに返信
      ※28
      高学歴というかちゃんと本読んでる人だな。
      ラノベってジャンルで否定するのは文学にとってマイナスという当たり前のことしか言ってない。
      それをレベルの低い奴にわからせたいから、こんな長文になってるんでしょ。
      低レベル向けの説明だから、場所は間違ってないよ。
      ※34 2014年03月28日 01:45 ▼このコメントに返信
      「俺が読んでるのは純文学なんだぁ!これを読んでる俺はかっこいいんだぁ!ラノベ読んでるヤツは全員痛いヤツらだけど俺はカッコイイんだぁあああ!!」

      って思考のアホが増えたのなんの
      残念ながらラノベで内容普通に面白い作品なんて腐る程あるんだよなぁ
      タイトルと表紙で損してる場合が大半だけど
      ※35 2014年03月28日 01:46 ▼このコメントに返信
      ラノベが軽蔑されるひとつの要因は中学性のオカズまがいのラブコメの氾濫だろ。
      ERO=低俗じゃないって書いてあるけど、ラノベで扱ってるのは殆どはただの中学性のオカズ。しかも、EROシーン担当が殆ど中高生(悪いと小学生)だもんな。変にコメディ要素も混ぜてくるからセクシーだとか芸術としての性だとか言い訳もできない。

      ジャンプの9割がToLOVEるだったらここまで人気はでないだろーよ。

      とにかく、中学性のオカズみたいなラブコメを減らせばラノベもそこそこ見れたもんになるだろ。
      ※36 2014年03月28日 01:46 ▼このコメントに返信
      ※2
      君みたいな奴に1は伝えるために熱心に語ってたんだよ

      そのお粗末なオツムにもわかるようにまとめてくれてるから、最後くらい読もうね
      ※37 2014年03月28日 01:47 ▼このコメントに返信
      最初は批判的に読み始めたけど、あながち間違ってないし、よくまとまってる。
      早稲田か慶応あたりの文系の奴なんだろうな。
      読み物としては面白かった。俺は理系だから、全く以てどーでもいいが。
      ※38 2014年03月28日 01:48 ▼このコメントに返信
      村上隆や椎名誠の記述がないあたり、ラノベの歴史しか知らないんだろうなぁって感じ。知識偏りすぎてて説得力ないっす。
      ※39 2014年03月28日 01:51 ▼このコメントに返信
      この>>1天才だな。

      歴史認識がほぼ完璧に正しい。
      ※40 2014年03月28日 01:55 ▼このコメントに返信
      レッテル貼りしてはなから否定で入る奴は馬鹿ってことね

      まあその通り、学ぶチャンスを逃してる
      ※41 2014年03月28日 01:55 ▼このコメントに返信
      そりゃ一部のラノベは良作だったりするけど
      くっそ寒いラノベとかも多いからな
      ただでさえ悪いところに目を向けてしまうのが人の性なのに、悪い部分が大きければよりそういう共通認識は深まるしなあ。
      ※42 2014年03月28日 01:57 ▼このコメントに返信
      歴史は興味深く読ませてもらったけど
      本来想定されるラノベというよりかは
      発表の場がなくて、一般・純文学(志望)からしぶしぶ来た人を
      保護したいように見える。

      だとしたら本来のラノベのフォローにはあんまりなってないような。
      こういう人たちを除外すれば
      結局、批判されてるような傾向が表れてるわけだし。
      ※43 2014年03月28日 02:02 ▼このコメントに返信
      中卒でも大卒より優秀な人はいるんだよな
      ※44 2014年03月28日 02:05 ▼このコメントに返信
      ラノベ批判派の頭の中にあるのは
      一晩で俺に妹が100人できた件について~お兄ちゃんの童貞は妹がもらいます~
      みたいなやつだからね。

      キノとか香辛料を例にしてラノベを擁護する層とは絶対に相容れない
      ※45 2014年03月28日 02:05 ▼このコメントに返信
      つまりみんな違ってみんないいってことか?(すっとぼけ
      ※46 2014年03月28日 02:08 ▼このコメントに返信
      そもそも純文学が好きな人はラノベのターゲットじゃないでしょ。
      辛いの苦手な人が「カレーが辛い」って文句言ってるみたいなもん。
      ターゲットを絞ってそれで採算とれてるんなら、何の問題もない。
      少しでも書店の利益になってるんなら、良いと思う。
      ※47 2014年03月28日 02:12 ▼このコメントに返信
      今のネットやってる馬鹿共はあらゆるものを馬鹿にしたいだけだから
      いくら正論で諭しても一切聞く耳を持たない
      ネットを現実世界からの逃避、ストレスのはけ口として使っているだけで。
      ※48 2014年03月28日 02:23 ▼このコメントに返信
      文章の様な題名のラノベはほんの一部ぐらいだろうしそれでラノベ全部が糞って言い方はおかしいと思うけどラノベの表紙が大体萌え絵であらすじとかも似た様な感じになるとやっぱりそういうイメージが付いちゃうよね
      ※49 2014年03月28日 02:28 ▼このコメントに返信
      結局軋轢を生じさせてるのがどちらとも偏見持ってる人達だから
      中立の立場で読まないと理解し難い文を中立でいられなかった人達に読ませた所で結局持ってる偏見を変えるに至らないんだよな。
      ※50 2014年03月28日 02:31 ▼このコメントに返信
      ロードス島の頃から読んでると、長いタイトルとか萌えイラストは最近ちょっと流行ってるだけって感じだけどなあ。

      有川浩とか乙一なんかは、もうラノベ以外で活躍してるね。
      ラノベである程度広い範囲で読めそうなのは、(できの良し悪しは置いといて)ビブリア古書堂みたいなメディアワークス文庫の一部だと思う。
      一般の小説のコーナーで売られてるしな。
      ※51 2014年03月28日 02:33 ▼このコメントに返信
      アンチはわざわざ読んだりしないだろ
      ※52 2014年03月28日 02:34 ▼このコメントに返信
      この考察を東大名誉教授がNHKスペシャルとかで語ればなるほど~になるし、
      2chで語れば糞スレ乙になる

      つまりそういうことだ。
      ※53 2014年03月28日 02:41 ▼このコメントに返信
      何故ラノベバカにしてる人がバカにしてるのかって部分と
      この人の言いたいことが乖離しすぎてて意味がないと思うな。
      ラノベの中にも名作はあるし、いい作品もあることもバカにしてる層は知ってるだろう
      ※54 2014年03月28日 02:45 ▼このコメントに返信
      俺、小説なホントなんでも読む人です。
      どうせなら、ここで上がった本のなかで、
      読んでみろって小説をコメントしてほしい。
      ※55 2014年03月28日 02:46 ▼このコメントに返信
      どう説明してもラノベを馬鹿にしてる奴はこれからも一生馬鹿にし続けると思う
      ※56 2014年03月28日 02:55 ▼このコメントに返信
      まぁあれだ
      情操の薄いやつが文学を論じちゃいかん
      生きるという深淵なるカオスに迷い込んだ作家の叫びや舞踏や軋みをこの>>1は理解できない
      まともに小説を読む人間なら、ここで列挙されている例が、いかに>>1の作為に満ちた解釈を帯びてるかがわかる
      ミイラ取りがミイラになるがごとく、レッテルにおいてでしか小説を論じることができなくなってるのは>>1じゃないか
      ※57 2014年03月28日 02:56 ▼このコメントに返信
      ジャンル分けなんて店でどこの棚に置くか判断するためのものとしか思ってなかったし、これ読んだ後もそれは変わらんけど面白い歴史だったよ
      レッテル張りでディスって自己防衛してる人が自滅してくパターンだね。ああいう人達は手の平クルーするチャンスを与えてあげないと認められないから大変ね。ラノベ作家から純文学賞なんて知らなかったことにしておきたいレベルだろうけど
      2ちゃんの作品スレとかも正直足の引っ張り合いとステマの場でしかないしな
      どうやって叩くかよりも、どうでもいいからとりあえず叩こうって感じになってるし
      ※58 2014年03月28日 02:57 ▼このコメントに返信
      歴史だ系譜だっていうなら、ラノベの第一号ってなんだろうね?
      純文

      ラノベっぽい何か

      (ここはなんだ?)
      ラノベ
      ※59 2014年03月28日 03:02 ▼このコメントに返信
      ラノベの中にクソみたいな作品がある=ラノベはクソって考える人が多過ぎるのよね
      ※60 2014年03月28日 03:03 ▼このコメントに返信
      読書家なのに※56みたいに読解力ない奴って何なんだろうね?
      ※61 2014年03月28日 03:04 ▼このコメントに返信
      ラノベを叩いてる奴はなんでも良いから叩きたいだけだろ?っていうのもレッテル貼りだわな

      自分の意見を述べるのは結構だが、相手を勝手に仮定すんなや
      ※62 2014年03月28日 03:08 ▼このコメントに返信
      一通りボンヤリとは理解してるけどデータこれだけ並べてくれるとありがたいわ。

      ※54
      漫画らしいって意味でスレイヤーズかな…?
      試金石的な意味で。
      ※63 2014年03月28日 03:14 ▼このコメントに返信
      松岡圭祐が入ってない
      やり直し
      ※64 2014年03月28日 03:15 ▼このコメントに返信
      しかし読者が本を累計であまり読んで無い子供も多いしなぁ
      安易なエロや安易なパロも多数だし…
      水は低きに流れると言うし正直不安だよ
      ※65 2014年03月28日 03:16 ▼このコメントに返信
      つまりラノベだからって一括りにしてバカにすんじゃねーよバーカってことだろ?

      面白かったよ
      ※66 2014年03月28日 03:17 ▼このコメントに返信
      ラノベを叩いてるヤツに、純文学とかろくに読んでないのが大半なのは確かw

      酷いとアニメしか見れないくせに叩いてるからな。
      その証拠に、叩く先も、アニメ化したラノベしか叩かない。
      未アニメ化のラノベを読んでないから知らなくて、叩きようがないのだ。
      アニメ化されてないラノベの叩かれてなさといったら驚くべきことだよ。
      ※67 2014年03月28日 03:18 ▼このコメントに返信
      60>>
      他人の意図を思い図る力は他人とコミュニケーションしてた方が鍛えられるからねえ
      ※68 2014年03月28日 03:28 ▼このコメントに返信
      >>1に同意する部分は結構あるなあ。
      ジャンルの垣根ってもう随分崩れてるよね。

      有名どころで言えば、伊坂幸太郎なんかも大分ラノベ的だもんな。
      ※69 2014年03月28日 03:51 ▼このコメントに返信
      いや、面白かった。読みごたえがあったわ。知ってる作家の知らない話も随分あった。途中で宇宙皇子が出てくるだろうな、と思ってたが出なかったのは残念w
      まあ「ラノベを馬鹿にしているガキども」はこんな長文読めないだろうし、実際読んだ上で馬鹿にしてるわけじゃないだろうから、このスレタイにはあまり意味がないかなw
      ※70 2014年03月28日 03:52 ▼このコメントに返信
      つまりラノベというジャンルが形骸化していて
      ひとくくりに出来ないということか
      ※71 2014年03月28日 03:53 ▼このコメントに返信
      なかなか面白かった
      できるならCiNiiとかでちゃんと論文形式で読みたい
      ※72 2014年03月28日 03:58 ▼このコメントに返信
      ラノベを侮辱する連中は小説の歴史をしらないんだろ
      太宰治とかなんかだって、今で言うラノベみたいなもんだったんだしな
      ※73 2014年03月28日 04:08 ▼このコメントに返信
      文学部なら卒論にできるような話だよね
      ※74 2014年03月28日 04:13 ▼このコメントに返信
      ラノベを馬鹿にしている連中が指しているラノベはすべてを指しているわけではないんだよなぁ。
      馬鹿にしている連中にもスポットを当てればよかったんじゃないかね。
      ※75 2014年03月28日 04:13 ▼このコメントに返信
      ソノラマ文庫が入っていないのでやりなおし
      ※76 2014年03月28日 04:41 ▼このコメントに返信
      中村九郎という作家が作品発表できてた環境があったというのがラノベっていうジャンルの凄みだと思ってた。
      とは言っても、九郎作品が出てた時期ってラノベバブルみたいな時期で、出せばある程度は買われる、体力のあった時代にあったというのが実状かもしれんなぁ。
      歴史追っかけると、時機って怖いね。
      ※77 2014年03月28日 04:41 ▼このコメントに返信
      モヤモヤする内容すぎる
      ※78 2014年03月28日 04:43 ▼このコメントに返信
      ただ単につまらないって言ってるだけなんだけどw
      いくら理詰めされてもそこだけですw
      面白いの書く人に文句なんて言ってる奴見たことないわ
      ※79 2014年03月28日 04:52 ▼このコメントに返信
      ラノベ擁護じゃないけどラノベのようなレベルの内容の文学って割と多いよね
      それにラノベ扱いの本が時代とともに高尚なものになっていくことが多いから結局はその時の社会の風潮次第ってことだね
      ※80 2014年03月28日 04:56 ▼このコメントに返信
      とりあえずここにコメント書き込んでる奴の大半がこのスレの意味を理解せず書き込んでるってのが一番面白い。
      こりゃいつまでもこういう意味のない貶し合いが続くのもわかるよ。
      ※81 2014年03月28日 05:25 ▼このコメントに返信
      ラノベは豚の餌。 一部が悪いって言っても書店に並んでるのは馬鹿みたいな長文のラブコメばっかりじゃん。 文章も文章じゃなく台詞の羅列、台本レベル
      ※82 2014年03月28日 05:43 ▼このコメントに返信
      何かをバカにしたい人たちときたら、何か賢そうな人を見るにつけ、
      自分がバカにされてると感じておれの怒りが有頂天なので
      こういうのは解決しない気がする
      もう祈祷とか猛獣の捕獲に近い方法じゃないと
      ※83 2014年03月28日 05:51 ▼このコメントに返信
      一般とラノベ、という意味では宮城谷昌光にも言及して欲しかった気もする。
      題材と連載媒体は一般だけど方法論は限りなくラノベに近いからなぁ…ええ、大好きです。
      ※84 2014年03月28日 06:07 ▼このコメントに返信
      一般人から見ればラノベはアニメみたいな絵が表紙で挿絵も入ってて、砕けた文で書いて誰でも読みやすい小説ってとこだろ。
      ※85 2014年03月28日 06:14 ▼このコメントに返信
      権威主義はよくないってことだろうけど、実際日本人、更に言えば日本のオタクってめっちゃ権威主義的なところあるからな、最早国民性だと思うよ
      ※86 2014年03月28日 06:21 ▼このコメントに返信
      ラノベ以外を読まない純文学だけしか読まない人は内容が薄いトレンディーなTVのドラマも絶対に観ないのだろうなー。

      内容も登場人物像も、対して変わらないんだから。
      ※87 2014年03月28日 06:23 ▼このコメントに返信
      絵で売れるのがラノベだろ
      ※88 2014年03月28日 06:36 ▼このコメントに返信
      そもそもレベル低いって言われるような人は、長文な時点でまともに読まないだろうw
      ※89 2014年03月28日 06:37 ▼このコメントに返信
      挿絵がなきゃ売れない時点で、ラノベごときが小説を名乗るなと言いたいね。

      漫画を名乗るってんならいいけどさ。
      ラノベは「絵の多い小説」ではなく、「文字の多い漫画」だよ。
      ラノベの属するのは小説業界ではなく漫画業界だ。

      ラノベ購入層も、小説ではなく漫画の方と重複してるんだから、明らかだろ。
      ※90 2014年03月28日 06:39 ▼このコメントに返信
      ※72
      太宰は挿絵で売れたわけじゃねーだろ

      絵師の力で売れてるラノベなんぞと一緒にするのは、まがりなりにも自分の文章の力だけで売れた太宰に対して失礼極まりないわ。
      ※91 2014年03月28日 06:44 ▼このコメントに返信
      1とレスしてるやつらの知識量に差がありすぎてうける。こうなるのが分かってたから
      「独り言のつもりで書いていく」ってはじめに書いたんだろうな。まとめ前提でぶっぱなしたのか。
      ※92 2014年03月28日 06:46 ▼このコメントに返信
      ラノベは良いとして、携帯小説はどういう立ち位置になんの?
      歌手と歌い手も同じ立ち位置になんの?

      ※93 2014年03月28日 06:50 ▼このコメントに返信
      結局バカにされる側から擁護しても意味ないと思うんだよなぁ
      好きなら無視して読んどきゃ良いじゃん
      ※94 2014年03月28日 06:52 ▼このコメントに返信
      自分で読んでないもの、やってないものについてこれだけ調べて「◯◯するな」って…
      質問にも答えてないし、結局はこの人は自分の知識自慢して馬鹿を見下したいだけなんじゃないの
      ※95 2014年03月28日 06:53 ▼このコメントに返信
      >>1が挿絵という観点からもラノベを紐解いてくれたらなぁ。
      ラノベで文章以上に重要と言われる絵の部分を完全スルーしたまま自論を展開されても腑に落ちないわ。
      イラストレーター目線でラノベ業界を見ると、また全然違う世界に見えると思うよ。
      ※96 2014年03月28日 06:55 ▼このコメントに返信
      ※92
      むしろ携帯小説とかの方が純文学の系譜に近いと思うわ、俺。

      ラノベは挿絵の影響が大きすぎる時点で、文学とか小説ではなく漫画の方に近過ぎる。
      ラノベは小説から派生したジャンルではなく、漫画から派生したジャンルだわ。
      絵の重要性から言って。
      ※97 2014年03月28日 06:55 ▼このコメントに返信
      ※95厳密にライトノベルを分類するならば、絵自体はあってもなくても関係ないからじゃない?氷菓だってラノベだけど挿絵一切ないし。
      ※98 2014年03月28日 06:58 ▼このコメントに返信
      ※97
      氷菓はラノベじゃねーよwww
      一般文芸だぞあれww

      氷菓といい、新世界よりといい、Anotherといい、アニメ化されたせいでラノベ原作だと勘違いされてるが、あれらは元は一般文芸の方だからなww
      ※99 2014年03月28日 06:58 ▼このコメントに返信
      ちょっと歴史調べてアメリカ汚いとか言い出す厨二患者レベル
      ※100 2014年03月28日 07:00 ▼このコメントに返信
      ※97
      ×厳密に
      ○極論すれば

      「ラノベっぽいと感じたらそれはラノベ」というむちゃくちゃな主観の極論を振りかざすなら絵自体の有無は関係無いが、客観的かつ公平に基準を儲けるなら、ラノベかどうかの基準は挿絵の有無だぞ。

      どんなに中身がクソでも、絵が無ければそれはラノベではない。
      単にクソなだけの一般小説になる。
      ※101 2014年03月28日 07:02 ▼このコメントに返信
      ※100追記
      その挿絵についても、いわゆる「漫画やアニメのような挿絵」だな。条件は。
      だからハリポタみたいなのはラノベには分類されない。

      つまり、ラノベかどうかを分類するのは文章ではなく、絵、つまりイラストレーターにある。

      この点から言っても、ラノベが小説ではなく漫画に属するジャンルなのは明らか。
      ※102 2014年03月28日 07:06 ▼このコメントに返信
      まぁコジツケだな
      ※103 2014年03月28日 07:08 ▼このコメントに返信
      ※98俺も一般だと思ってたんだけど昔、氷菓はラノベ大賞だからなんだかに応募された作品だからラノベだ!みたいなこと言われてからずっとラノベだと思ってた。
      さすがに綾辻行人の小説をラノベだと思うやつはいないだろ。
      ※104 2014年03月28日 07:10 ▼このコメントに返信
      ※59
      というか、ラノベは文章の力じゃなくて、絵師の力で売れてしまうという業界だからクソだと思われてるんだと思うが。

      面白い作品を作ってるラノベ作家が、絵師に恵まれないばかりに評価されず埋もれていて、駄作しか作ってないラノベ作家が、絵師に恵まれたお陰で売れっ子になってる現状を見れば、少なくともラノベ「業界」はクソだと思うのは当然。

      つまり、「ラノベは糞」←まちがい  「ラノベ業界は糞」←せいかい
      ※105 2014年03月28日 07:12 ▼このコメントに返信
      ※103
      それ何でもかんでもラノベ認定して叩きたいだけのアンチだろ。
      ※106 2014年03月28日 07:15 ▼このコメントに返信
      読んでないけど、ラノベは糞なことは分かった
      ※107 2014年03月28日 07:19 ▼このコメントに返信
      ※101文は巧拙でラノベだと判断しちゃダメで絵はアニメよりかどうかで判断できるってのもなんか変な話だな。極論だけど一般文芸がアニメ化されてそれに伴って挿絵付きバージョンが発売されたらそれはラノベになるってことか?
      ※108 2014年03月28日 07:24 ▼このコメントに返信
      ワナビってなに?

      さんざぱら、表現の可能性とか言う割りには、くだらん言葉をただ使ってるだけの俗物だな
      ※109 2014年03月28日 07:30 ▼このコメントに返信
      よくこんだけ調べたなあと感心するわ
      ファンタジーノベル大賞なら酒見健一は挙げるべきだと思ったけど
      ※110 2014年03月28日 07:52 ▼このコメントに返信
      とりあえず現代小説は道尾秀介がいるから安泰です
      ※111 2014年03月28日 07:57 ▼このコメントに返信
      ラノベってのはキャラクターの力で売ってるだけでしょ
      ※112 2014年03月28日 08:01 ▼このコメントに返信
      よくまとまってて良かった。
      ここのコメント欄にいる連中をはじめ、この程度の文章すらまともに読めない連中がラノベを見下しているのは滑稽だな。
      ※113 2014年03月28日 08:04 ▼このコメントに返信
      >何か見下したくて、そこにライトノベルがあっただけだろ?

      ネットでラノベ叩いてる連中の9割以上はこれだろうね
      ※114 2014年03月28日 08:09 ▼このコメントに返信
      ただ長々と自分の意見語ってるのスレ読むぐらいならコメ欄で話してるほうがマシだわ。
      ※115 2014年03月28日 08:14 ▼このコメントに返信
      なんか延々語ってる割にラノベ自体あまり知らないような印象を受けるな。
      ※116 2014年03月28日 08:21 ▼このコメントに返信
      アニメ化されてるラノベって似たような学園ハーレムばっかだよな
      テンプレにパロネタだのSFだのを突っ込んで毛色を変えてるだけ
      昔はシャナだのゼロ使だの見て喜んでたんだけどなぁ
      ※117 2014年03月28日 08:22 ▼このコメントに返信
      客観性のない蒙昧な内容が列挙されてる時点で読む価値ない
      アカデミックな奴なら途中で読むのを放棄すると思うわ
      まぁちゃんと読んでないとこ悪いけど、これを諸手を挙げて歓迎するやつらこそ滑稽だから、もうちょい文芸に興味をもって、小説読むなり評論読むなりしてほしいとおもった
      ※118 2014年03月28日 08:32 ▼このコメントに返信
      ※104
      いくら絵師が良くても、作品として駄作なら数巻で打ちきりになるよ。逆に中身は良いのに、絵師に恵まれず打ちきりになる人もそりゃ居るけどね。
      結局絵は付録でしかないから、肝心の話がつまらなければ意味がない。こんなに下らない内容で売れ続けているのは絵師が良いからだ!って思ってるなら、それは単に作風がお前の好みじゃないってだけの話。
      ※119 2014年03月28日 08:36 ▼このコメントに返信
      物的証拠で示す、に草不可避
      中学生必死だな、としか
      ※120 2014年03月28日 08:43 ▼このコメントに返信
      このスレに否定的なのは、多分スレをちゃんと読めていないヤツだな
      そんなヤツが文学小説を読めるのか?
      つまり、歴史や事実を知らないのに語るなって事だろ。

      否定してる俺かっけぇ、とか思ってるヤツは痛いだけだから、>>1は、そういうヤツを批判してるんだろ
      ※121 2014年03月28日 08:46 ▼このコメントに返信
      〉中身は良いのに、絵師に恵まれず打ちきりになる人もそりゃ居るけどね。
      この時点で純粋に小説の業界としては腐ってんだよなぁ

      てか俺もラノベたまに読むけどなんでラノベって続きものばっかなの?
      ※122 2014年03月28日 08:47 ▼このコメントに返信
      そもそも純文学も一般文芸もラノベも、小説なんてのはエンターテイメントでしかないんだから、楽しめりゃそれで良いんだよな。優劣をつけたがる時点で読書好きとして間違ってるでしょ。まあ優劣つけてラノベ叩きしてる連中は本を読まない連中なんだろうけど。
      ※123 2014年03月28日 08:50 ▼このコメントに返信
      ボカロの登場で
      優秀なポップス作曲家になれる人材がボカロばっか作ってて
      メジャーに出て来なくなったのはあると思う
      ※124 2014年03月28日 08:54 ▼このコメントに返信
      ※122
      本を読んでないのはお前だろ
      人並みに本を読んでればなぜラノベが嫌がられるか、なぜ無視されるか理由はわかるはずなんだよ
      頼むから好き嫌いせずに本を読んでくれ
      ※125 2014年03月28日 08:59 ▼このコメントに返信
      このスレ読んだだけでわかった気になってる奴のほうがヤバイ。所詮>>1の考えでしかないのに。議論の行われていないものになんの価値もない。まあ2ちゃんだとまともに議論もできないけど。
      ※126 2014年03月28日 09:06 ▼このコメントに返信
      俺は高畑京一郎のタイムリープはレーベルはライトノベルだけど
      良質のSFであり最高峰のジュブナイル小説だと思っている。
      他方、ファンの方には申し訳ないけど清涼院流水と西尾維新の作品は
      推理小説に飢えていた時期に読んで反吐が出るほど嫌いになった。
      (西尾維新はともかく、清涼飲料水をラノベといっていいか微妙だが。)
      何が言いたいかというと、小説の良し悪しは作家と作品によるし、
      >>1の主張にほぼ賛同。
      ※127 2014年03月28日 09:15 ▼このコメントに返信
      ビートルズが勲章受け取ったら、過去の受賞者から返還が相次いだエピソード思い出した。 涼宮ハルヒ読んでみたくなったよ。
      ※128 2014年03月28日 09:21 ▼このコメントに返信
      文芸同人誌の編集やってるけど、面白い話だった
      今の純文学・一般文芸・ラノベの混沌とした感じがよく伝わったよ
      一番危惧すべきは、文学の崩壊だと思う。文学が崩壊するとは、すなわちどうなるのか、具体的に聞きたかったな
      ※129 2014年03月28日 09:47 ▼このコメントに返信
      細かいな
      シンプルなことを、調べなきゃ解らないような複雑なたとえで説明する人は、好きくない
      ※130 2014年03月28日 10:08 ▼このコメントに返信
      面白いものは面白いし糞なものは糞なだけジャンルは関係ない
      本当に本読んでるならそのくらい理解できるはず
      ※131 2014年03月28日 10:09 ▼このコメントに返信
      ラノベが小説じゃないなんて全く思わんし純文学がオワコンというのも同意できない
      ※132 2014年03月28日 10:11 ▼このコメントに返信
      面白かった。
      2chの長文はハズレも多いから読むのが辛いけど、コレは余裕で最後まで読めた。
      ラノベも2chも玉石混交っぷりが酷いんだよなぁ。
      ※133 2014年03月28日 10:16 ▼このコメントに返信
       そもそもラノベ位置づけが間違ってると思うんだけどなぁ。
       ラノベって「事前知識なくても読み始める事ができる」って目的で作られたからそれぞれの純文学中のラノベ、一般文芸のラノベって扱うべきだと思ってる。
       ラノベに異世界物が多いのもその理由ですし。
      ※134 2014年03月28日 10:18 ▼このコメントに返信
      ※58
      ありがとう
      僕はなんとなく高千穂遥だと思ってた
      ※135 2014年03月28日 10:20 ▼このコメントに返信
      1の主張はよくわかるよ。
      ラノベにも名作はいくつもあるし純文学より下ではない。純文学が廃れつつあるのは悲しいけどね。格付やジャンルを越えて評価できるような審美眼を養わないとダメだよね読者は。乱読だ乱読。

      最近読書してないから良い刺激になるスレでした。
      ※136 2014年03月28日 10:23 ▼このコメントに返信
      全部読んだけどつまりどないこっちゃ
      ※137 2014年03月28日 10:25 ▼このコメントに返信
      そりゃラノベでも新しい可能性に挑戦してる奴はあるだろうね
      けどラノベコーナーのど真ん中に並んでる本の絵やら文章を見ればレッテル貼りぐらいしたくなる
      ※138 2014年03月28日 10:26 ▼このコメントに返信
      なんだろう。こいつ、きもちわりぃな。
      ※139 2014年03月28日 10:32 ▼このコメントに返信
      前半しか読んでないけど、要は教科書に載るような作家さん達もラノベみたいなのを書いてた時期があるんだよ。ラノベは作家さんにとっての登竜門みたいなものなんだから、ラノベってだけで駄作扱いしてると才能ある作家さんが育たず純文学全体が衰退しちゃいますよ。 ってことじゃないの? ラノベを持ち上げてるんじゃなくて色眼鏡無しで評価してよって言いたいんじゃないかな。
      ※140 2014年03月28日 10:38 ▼このコメントに返信
      ※124
      いや純文学も一般文芸もラノベも読んでるけど?ラノベってジャンルを一くくりにして、全て嫌う理由が全然わからん。読んでりゃ解るラノベが嫌いになる理由ってのを是非教えてくれ。
      ※141 2014年03月28日 10:43 ▼このコメントに返信
      ※121
      シリーズ前提で話が作られるからじゃね?一巻はエピローグ的な感じで終わる作品も結構あるよな。まあそこら辺が「漫画的」って言える最大の要因だと思う。
      中には一巻完結の作品もあるけど、それが人気出れば出版社としても続編作りたくなるだろうし、ラノベってジャンルだから一冊で綺麗に纏まった話の続編が受け入れられやすいってのは有るだろうね。
      ※142 2014年03月28日 10:46 ▼このコメントに返信
      ライトノベルは表紙が恥ずかしくて
      おっさんが買いにくいんだよ。
      なんとかしろ。
      ※143 2014年03月28日 10:52 ▼このコメントに返信
      とりあえず自分で書いてみればラノベだろうが作家を馬鹿にすることは出来なくなるぞ
      ※144 2014年03月28日 10:54 ▼このコメントに返信
      ラノベといってもピンからキリまであるからな。
      >>1が語っているのはまともな?ラノベ、あるいはラノベに近い小説。
      一方叩いてる方は萌えブヒハーレム系のラノベだと思う。
      双方のベクトルが違う。
      ※145 2014年03月28日 10:55 ▼このコメントに返信
      ※143なぜ消費者が生産者目線に立たなければいけないのか。そもそも誰でもかけるなら小説家という職業自体価値がなくなるだろ。
      ※146 2014年03月28日 11:02 ▼このコメントに返信
       このまとめを読んで驚いた。まさしく、このまとめには、「歴史」が欠落しているのだ。書き込みをした方の主張は、「ライトノベルは文学と融合している」というところからはじまり、「『ジャンル棲み分け』の過剰化」論を経て、最終的には、「ラノベ差別はいけない」という一点に収束する。しかし、論証過程において、「事実」や「史料」を集めたように見せかけながらも、実際には、自分の知っていることを羅列しているにすぎないため、「ライトノベルと文学の融合」は検証されず、「差別」が起こるメカニズムについての分析もなされてはいない。何故、この文章は、ただの知っていることの羅列に終わったのだろうか。
      ※147 2014年03月28日 11:04 ▼このコメントに返信
       それは、「ラノベ文学史観の共有」という大きな目標を掲げているにも関わらず、「ラノベ文学私観」しか示しえていないからである。「文学史」を語るためには、自分が知っていることを越えて、膨大な量の史料を集め尽くさなければならない。つまり、数多くの異なる歴史上の見解をつきあわせながら、「歴史」を編む作業が必要だということだ。けれども、この書き込みをした方は、その労をとっていない。
      ※148 2014年03月28日 11:05 ▼このコメントに返信
      正直この程度のことなら誰でも知ってそうな気がする
      叩く奴は分かっててやってる奴が大半のイメージ
      ※149 2014年03月28日 11:05 ▼このコメントに返信
       いくつか例をあげてみよう。
       まず、数件の事例を用いて、ライトノベルが純文学へ影響していると書いているが、ふたつの「純文学論争」において何が問われたかを知らないのだろうか。すでに、純文学をめぐる論争はあり、それと重ねてライトノベルをめぐる議論を提示しなければ、自説を思うように述べているにすぎないととられても仕方がない。また、柄谷行人の『近代文学の終わり』(2004)や、2000年代に活躍している論者では宇野重寛の主要な議論なども紹介されていないのは何故か(自分が知っていることを示すのは「私観」にすぎない)。さらには、歴史的、社会的な条件を考慮せずに、21世紀の「指輪物語」や「不思議の国のアリス」の話が提出されたり、現在において夏目漱石が新人文学賞に投稿したらなどという夢想する箇所がいつくもあるが、説得力がないばかりか、歴史の因果関係を感じとれない人なのだということだけが明らかになる。些細なことのようだが、「ラノベ文学史観の共有」というのが、この書き込みをした方の大きな手法なのだから、徹底する必要があるだろう。
       「文学史」を編むことは、現在手に入るかぎりの史料を集め尽くすことによってはじまる。そしてまた、「歴史」を解釈してきたこれまでの研究者や論者の言葉を虚心になって読むことが必要とされる。その上で、歴史は、他者の目にさらされながら、編まれる。「独り言」や「私見」という言い訳はいいから、まずは、真剣に歴史と向きあう必要があるのではないだろうか。
      ※150 2014年03月28日 11:07 ▼このコメントに返信
      ラノベだからって差別して蔑んでたら、そこを畑として生まれてくる作家の芽をつんじゃうからやめろってことだろ。
      ※151 2014年03月28日 11:08 ▼このコメントに返信
      内容がない
      ※152 2014年03月28日 11:12 ▼このコメントに返信
      ライトノベルは昔でいうジュニア小説みたいな位置づけだと思ってる
      登場人物のほとんどはティーンエイジャーだし
      ジュニア小説でもストーリーはしっかり作られてるし良作もあるけど一般の小説とは区分されてる
      ラノベ作家を馬鹿にはしないけど一般小説と同列には語れない思いはある
      ※153 2014年03月28日 11:19 ▼このコメントに返信
      ※152同意

      ラノベがバカにされるというよりラノベ読者をバカにしてる意味合いのほうが強いと思う〉ラノベ叩き
      ※154 2014年03月28日 11:20 ▼このコメントに返信
      昔のジュニア小説も何も、有名どころの編集部の上の方はその辺りの畑から流れてきた奴らだしなぁ
      初期のラノベはジュブナイルだし
      論ずるならいつから長文タイトルがもてはやされるようになったか、とかも欲しかったかな
      ※155 2014年03月28日 11:22 ▼このコメントに返信
      とりあえず米2みたいな文章も読まない馬鹿が偉そうに講釈垂れてるから文学全体が衰退していくんだよって話
      ※156 2014年03月28日 11:23 ▼このコメントに返信
      ※142
      電子書籍で購入オススメ。所詮文庫本のヤグイ装丁なんだし、E-inkタイプの端末なら紙で読むより楽だぜ。
      ※157 2014年03月28日 11:25 ▼このコメントに返信
      広がっていくなら先入観なしに評価しても衰退するよ
      レーベル自体が調整してるわけだから、凝った表現はわかりにくいと改変されるし
      書き手側もわかりやすい方向へとシフトしてく

      ターゲット中高生向き、わかり易い表現へ、内容へは狭まる一方だ
      ここら辺が>>1と考えが真逆だわ
      ※158 2014年03月28日 11:27 ▼このコメントに返信
      やっぱレベル低いわ
      ※159 2014年03月28日 11:29 ▼このコメントに返信
      ※143
      だねえ
      政治家批判と違って、文章なんて日本人なら誰でも書けるから「じゃあやってみろよ」って簡単に言えるからね
      ※160 2014年03月28日 11:38 ▼このコメントに返信
      『ラノベ』というカテゴリー名称が定着したのと、ラノベっぽい(これも定義が不明瞭だけど)小説の受容は別の話なような気がする
      源氏物語とかも考えようによっては低俗妄想ハーレムラノベ乙とか言われかねない内容だし、文化的文脈によって小説への受容のされ方は変わってくるって>>1は言いたいんじゃないの?

      >>129
      >ラノベは擬音を多用するから、馬鹿にされるんだよ
      それはだいたいあかほりさとるのせい
      ※161 2014年03月28日 11:39 ▼このコメントに返信
      米欄見たらいきなり「長いから読んでないけど要するに」とか出てきて笑っちゃったよ
      なんで読んでないのに要約できると思うのかね
      ※162 2014年03月28日 11:49 ▼このコメントに返信
      どうでもいい。
      気持ち悪いキャラクター設定、地味な男がどこにもいないような女を性奴隷にして、全てが気持ちが悪い。
      そして、近親相姦。表紙は脳みそが溶けてなくなったような顔が並ぶ。
      デュラララというライトノベル小説を進められて読んで吐き気がした。
      全てが寒くて、知性や品性とかけ離れたものがあり、本を読んで何の知識も身につかないことがあるんだな〜と知った。

      小説とは何かなんてことは知らないが、少なくともこの世にある気持ちが悪い小説が属するものはライトノベルというジャンルに多い。
      ※163 2014年03月28日 11:55 ▼このコメントに返信
      内容はどうでもいいが、あんな表紙を堂々と見せつけるのはやめて頂きたい。
      表紙だよ表紙!表紙をなんとかして下さい。ラノベを読むときはカバーをかけなければいけないってルールをつけてほしい。恥じらいをもってほしい。
      ラノベは読まないけど漫画とか読むし自分もオタクだから、ああいうのが好きなのも理解できるが、もっとひっそりとやっていってほしいと思う。
      ※164 2014年03月28日 12:05 ▼このコメントに返信
      物的証拠な割には「モノ」が一切出てこないな、写真無いの?
      気になったんだが、例えば夏目漱石が最近はやりの妹がどうたら~とかってタイトルの小説書いたら、それはライトノベルになるのかな?
      ※165 2014年03月28日 12:07 ▼このコメントに返信
      ラノベは一くくりに出来ない間口の広さが魅力じゃないかな
      SF、純文学、ミステリ、なんでもあり、面白ければ売れる
      受け口も広いから、作家志望者もラノベ畑からデビューしようとする

      現在を定義するのは、難しい事
      文学史は後の時代の研究者がやってくれる
      ※166 2014年03月28日 12:09 ▼このコメントに返信
      なんか難しい話してるがラノベは実際ゴミクズだろ
      アレは特別とかコレは認めるとか口が裂けても言うな
      乙一も舞城も谷川もラノベに関わったらどんな名作だろうとすべてゴミ
      読んでも面白いなんて思ってはいけないし感想を述べるなんてもってのほかだ
      アンチどもは何かを否定しようとするなら自分のすべてを懸けるべき
      ※167 2014年03月28日 12:17 ▼このコメントに返信
      最近のきもいハーレム物とか取ってつけたような中2設定のラノベはもう別の分類にカテゴライズしちゃったほうがいいと思う。
      ※168 2014年03月28日 12:20 ▼このコメントに返信
      どうでもいい
      知らんけど

      これであふれる2ちゃんでまともな議論にはならんから議論にはならんからひとりごと形式で正解だな
      それでも「読んでないけど~」って煽るために本当は超急斜め読みながらも読んでコメントつけてくれるのが一応2ちゃんが保ってる価値か
      ※169 2014年03月28日 12:25 ▼このコメントに返信
      ※124
      内容についてのことなら
      好みはそれぞれだからラノベを嫌がる要因があることは分かる
      だけど「わざわざ」ラノベを目の敵にして叩く必要はないとまともに読書してる人なら分かるはず

      ただ表紙がキモいって意見はごもっとも過ぎる
      ※170 2014年03月28日 12:30 ▼このコメントに返信
      ※162
      ラノベはそもそも知識を得る娯楽では無くね?
      畑違いもいいところだろ
      お前の言うそれこそ偏見だとは思わんのか
      デュラララの人は癖が強いから合わない人はいるのは分かるが性奴隷うんぬんは言ってて気持ち悪くないか?
      ※171 2014年03月28日 12:45 ▼このコメントに返信
      ※169SFなら宇宙、近未来もの,ファンタジーなら異世界ものみたいにラノベって言ったらハーレム、みたいな認識が生まれてる気がする。そんなにラノベ読まない身から言わせてもらえば。
      ※172 2014年03月28日 12:50 ▼このコメントに返信
      谷川は電撃だと落ちてたんじゃ……
      電撃と角川を同時期別作品で送って、角川がハルヒをプッシュし始めたから電撃も負けじと学校を出ようを拾って出版したって記憶がある
      ※173 2014年03月28日 12:56 ▼このコメントに返信
      そもそもライトノベルの定義って何なの
      ※174 2014年03月28日 12:57 ▼このコメントに返信
      なるほどなラノベがゴミってことがわかった

      読んでないけど
      ※175 2014年03月28日 12:58 ▼このコメントに返信
      つまり「うるせえ、これが俺の結論だ ドン」
      ってことですねわかります。

      ギャーギャーいう連中なんて無視して楽しめりゃそれでいいだろと思います。
      ※176 2014年03月28日 12:58 ▼このコメントに返信
      源氏物語ってラノベじゃんwwwwって頭痛がするよ… ラノベの元が源氏物語なんだよ。今溢れているラノベや小説の設定を誰もやらなかった頃に初めてやったからすごいんだよ。
      ラノベよむとあたまわるくなるの?
      ※177 2014年03月28日 12:59 ▼このコメントに返信
      ※173
      一般的にはライトノベルレーベルから出された書籍
      ここの認識を変に拡大する人が多いんでgdgdになりやすい
      ※178 2014年03月28日 13:14 ▼このコメントに返信
      ※177つまりはっきり定義されてないってことでok?
      ※179 2014年03月28日 13:15 ▼このコメントに返信
      書いてるヤツに貴賤があるんだよ
      文系のまともな学校も出てないようなのが書くから
      文章とはなんぞや?の教養が無く無いことも知らない
      文字数やページを捲る時間を考慮して話の流れを作る
      ということすらしない『小説』なんか語るに足らんわ
      ※180 2014年03月28日 13:18 ▼このコメントに返信
      指輪物語なんか英文の原作は難しすぎて子供はまず読めない。古典的な表現が多すぎて
      ※181 2014年03月28日 13:20 ▼このコメントに返信
      これだけ長文なのに結局何が言いたいかあまり伝わってこなかった
      あと何よりも臭い
      ※182 2014年03月28日 13:21 ▼このコメントに返信
      まあお前らが極端過ぎるってこと。

      ラノベはクソとか一般小説は面白いとかレッテルというかイメージが先行し過ぎなんだよ
      ※183 2014年03月28日 13:26 ▼このコメントに返信
      変なイメージ持たれてんのはしたらめっちゃかアニメ化する糞ラノベのせいだよね。
      ※184 2014年03月28日 13:29 ▼このコメントに返信
      読んでないとか本文で反論されてある事を延々と愚痴る馬鹿が多いな。
      こんな奴等が作品を批評していると思うと草はえる
      ※185 2014年03月28日 13:36 ▼このコメントに返信
      ※171
      ギャルゲー擬きのハーレム物がメディアミックスされやすいってだけで、別に主流ってわけでもない。ラノベと言えばこういうパターンなんて定義がそもそも間違ってて、エンターテイメント性が高くて面白ければ内容はなんでもいいってのがラノベの魅力だと思う。
      ハーレム物はキャラ商法とかしやすいし、キャラ萌えで作品読むタイプの読者を釣りやすいから商品として魅力的なんだろな。
      ラノベは好きだけど、ハーレム物は苦手って人も当然いる。
      ※186 2014年03月28日 13:38 ▼このコメントに返信
      ※145
      生産者目線に立てとは言わないけど、消費者なら消費者らしく「こういうのが好き。こういうのが欲しい」って要望を出版社や作者に対して言わないどころか2ちゃんですら言わずにとりあえずでディスってない?
      自分がほしいものが何なのか自分でもわかってないのか、「これが好き」っていうとそれを周りが全力でディスりに来るのがファンとしてきついとかならまだいいけどさ
      消費者じゃないのに消費者のフリしてるなら悪質だよ
      ※187 2014年03月28日 13:42 ▼このコメントに返信
      ※179
      だからそう言う「お決まり」の文章構成しか認めませんって認識でラノベを批判することがそもそもズレてるって話じゃん。
      全く新しい表現技法を追及出来るのがラノベの魅力のうちの一つなんだから、文法の基本から外れてるとかで叩いて新しい才能の芽を潰そうとするなって1は言ってるのでは?
      ※188 2014年03月28日 13:47 ▼このコメントに返信
      小説やラノベはほとんど読まないから
      ここ30年くらいの文学界の流れを追えたのは面白かった。
      個人の見解だし偏りもあるようだが解りやすくて参考になったよ
      ※欄も否定肯定でもちゃんと読んでる人のは面白いね



      ※189 2014年03月28日 13:49 ▼このコメントに返信
      才能があればラノベのレッテルを貼られたって全然平気だろう
      村上春樹なんてあれは文学じゃないとさんざん叩かれてんのに
      ノーベル文学賞候補なんだぞw
      才能はレッテルもジャンルも飛び越え新しいレッテルとジャンルを創出する
      消費者は生産者に要望する必要はない新しい要望を生みだすのが真の才能なんだから
      ※190 2014年03月28日 14:03 ▼このコメントに返信
      ※186ちょっと何言いたいのかよくわかんないけど、本って作者を自分に合わさせるもんじゃなくて、自分に合う本を見つけるもんじゃないの?叩かれること覚悟でいうけど、ちなみに俺が好きな作者は森見登美彦だ。
      ※191 2014年03月28日 14:16 ▼このコメントに返信
      ※190
      全くもってその通り。
      ただ、極一部の作者の極一部の作品をを上げて、ラノベというジャンル全体を貶める奴が多すぎるからそう言うの止めろって話でしょ。
      ※192 2014年03月28日 14:25 ▼このコメントに返信
      本当はラノベなんてジャンルは無いんだよ
      市場があるだけなんだけどいつのまにかジャンル扱いされてしまって
      ヒエラルキー闘争に利用されてる部分がある
      市場に対するUser層を外部から見て叩くのは感心しないな
      そのUser層が自分達の市場の敵ってわけじゃないだろ
      ※193 2014年03月28日 14:30 ▼このコメントに返信
      要するにPCゲームで言うと内容がハーレムとかばっかだろwwwwww
      ってのに沙耶の歌遊んでみろよみたいなこと?
      ※194 2014年03月28日 15:10 ▼このコメントに返信
      知らずにレッテル貼って潰すな、せめて知れ って事でしょ
      面白かった。この人広く知識あってすごい
      ※195 2014年03月28日 15:53 ▼このコメントに返信
      ※54
      じゃあ、ブギーポップで

      ※56
      中二病は未成年の内に卒業しろ
      ※196 2014年03月28日 16:08 ▼このコメントに返信
      ラノベが漫画って極論にも程があるだろ
      コメント欄、馬鹿が湧き過ぎじゃね

      純文学なんて読んでみりゃ分かると思うが、そう高尚なもんでもないぞ
      大江健三郎みたいなのが賞取ってる時点でお察しだろ
      ラノベも同じこと、玉石混交、ピンキリだよ
      残念な事に駄作は何のジャンルにおいても平等に存在してるよ
      単純にラノベは数が多いから屑率も高いってだけだわw
      ※197 2014年03月28日 16:21 ▼このコメントに返信
      >大江健三郎みたいなのが賞取ってる時点でお察しだろ
      俺はおまえがお察しだと思うわ
      ※198 2014年03月28日 16:27 ▼このコメントに返信
      俺はラノベ嫌いだけどラノベをひとまとめに否定するのは文学にとって大きな損失につながるからやめろ

      というおはなし
      ※199 2014年03月28日 16:38 ▼このコメントに返信
      ※149
      つまりどういうことか、馬鹿な俺にもわかるように説明してくれ。
      このスレの筆者は、馬鹿にもわかるように書いてたから一定の説得力をもって響いたが、※149のは自分の知識を自慢したいだけで、その知識の中身を全く開示しないからわけがわからん。
      そのジャンルに詳しいって顔は、無知な人間に平易な言葉で説明できるようになってからしてくれ。
      そしたら、反論するなり感化されるなりするので。
      ※200 2014年03月28日 16:44 ▼このコメントに返信
      なんかもうツッコミどころが多すぎるよ
      なんだよ虚淵が菌糸類の指導下って
      菌糸類は虚淵のこと一方的に師匠と呼んで崇めてただろ
      ロミオはDO出身であってKey出身じゃねえし
      ※201 2014年03月28日 16:56 ▼このコメントに返信
      ※199
      作者名や出来事はすでに書いてあるのだから、一次資料にあたったり、そのことについて調べてみればよい。「このスレの筆者」は、調べもしないで、自分の思いつきを書いてしまったため、自分の知っていることしか示すことができていない。互いに自分は無知であると自覚した上で、互いに調べる労をとってみてはどうだろうか。
      ※202 2014年03月28日 17:06 ▼このコメントに返信
      長すぎ
      これだからラノベに興味持てないんだばーか
      ※203 2014年03月28日 17:08 ▼このコメントに返信
       面白い考察だな、とは思う。まあ結局、ジャンルなんてあとからついてくるもので、最初にとった賞でレッテルが決まる、っていうのは間違ってない。
       私がラノベで問題視するのは、絵というまた違うものが入り込んで、表現の拙さを絵でカバーしよう、っていう小説がいくつも見られているところなんだよね。だから、ラノベを語るには漫画文化も含めて考えないといけないと思う(漫画の中にも文学的なものはたくさんある)。
      ※204 2014年03月28日 17:26 ▼このコメントに返信
      ※201
      あれだけ長文を書いたのだから、何がしか言いたいことがあったのではないか、それを聞いてみたいと思ったので。
      筆者が引いてきた各事例の事実関係が滅茶苦茶だったり、論証が片手落ちだったりするのはTwitter上でも色々言われていますね。
      このスレほど言語化されてませんでしたが、この論の主張の部分が普段から漠然と感じていたことと一致していたので、作家の来歴等に引っかかりを覚えても、「ここまで断定的に書くならそうなんだろう」とか「多少違うけど本筋に影響ないしいいや」で流してました(流石に純文がラノベ的になっているという説には距離を取りましたが)。
      リテラシーの低さを恥じ、反省します。

      で、一次ソースですが、調べてたら※149(=201?)はここからいなくなりますよね?
      せっかくなので、何か一家言ありそうな※149の口から意見を聞きたいな、と。
      無償でレポート書けって無茶な要求してるのは自覚してるんで、アホって言って蹴られてもしかたないですが。
      煽るような物言いをしたことを謝るとともに、よければ※149の感じたことをお聞かせください。
      ※205 2014年03月28日 17:35 ▼このコメントに返信
      きちんと全部読んでから文句つけろよw頭悪いんだろうけど。

      噛み付こうと思えば噛みつける部分もあるけど、概ねまともに感じた。※にレッテル貼り厨とか根拠ない叩きが湧いてる事自体、この>1が語る内容がある程度正しい事を証明してる。
      ※206 2014年03月28日 18:12 ▼このコメントに返信
      結局越境できるごく一部の作家だけ取り上げてる感がなあ。

      ラノベは漫画だ、と言うのは乱暴すぎるにしても、性質上アニメや
      ゲーム、コミックといった隣接メディアとの関わりは無視できない
      はずなんだが、どうもその辺すっ飛んで文学との関係しかないのが
      どうにももやもやする。
      ※207 2014年03月28日 18:33 ▼このコメントに返信
      予想通り馬鹿が一杯釣れてるな。ろくに他人の文章も読まずに批判できる屑だらけだよなほんと。だったらコメしなきゃいいのに。お前らのラノベ蔑視って全体に対するレッテル貼りに尽きるわけ。脊髄反射みたいに罵詈雑言並べてるし、もっと中身を吟味したまともな批判するならこんな論争も生まれなかったのにね。
      ※208 2014年03月28日 18:36 ▼このコメントに返信
      正直あの表紙でもう読む気が起きない
      ※209 2014年03月28日 18:37 ▼このコメントに返信
      小難しくて長ったらしいのに伝えたいことは薄っぺらい

      まさにラノベ的文章と言える
      ※210 2014年03月28日 18:41 ▼このコメントに返信
      思ったのはこの人みたいにグラフ化カテゴリ化させるオタクのせいで小説家はジャンル分けされてるんじゃないのかね。
      ただラノベの棚以外に置かれてる本もラノベみたいに読める面白いの多いから読んで見て欲しいよね。
      SFとかファンタジーは児童書と言われる奴の方が面白かったりするのでフォーチュンを読んでた年代としてはその辺が面白かったり。
      ※211 2014年03月28日 18:46 ▼このコメントに返信
      人生つまらなそうだなこいつ
      ※212 2014年03月28日 19:07 ▼このコメントに返信
      ラノベ嫌いな奴の「ラノベを差別すんな」論とか読む意味ゼロすぎワロス。

      理論的に話したいならさらっと米澤穂信馬鹿にしてんじゃねえよ。
      ※213 2014年03月28日 19:25 ▼このコメントに返信
      ラノベは絵が売り。
      絵本だ。
      ※214 2014年03月28日 19:25 ▼このコメントに返信
      ラノベ業界自体が質より量で売り出してるからその中の大多数の面白くないものを読んで
      やっぱりラノベって面白くないないなって思ってしまうこともあるだろうし
      ラノベを馬鹿にするのも一概に読者だけの責任でもないと思うけどなー
      ※215 2014年03月28日 19:49 ▼このコメントに返信
      ゼロ年代のラノベや一般文芸に関する記述に
      間違いがクソ多過ぎて論外
      ネットで調べただけで
      実際には作品を読んでないウィキオペディアくん感丸出し
      ※216 2014年03月28日 19:58 ▼このコメントに返信
      「ライトノベルは文学と融合している」という視座を示したいならば、ライトノベルについての知識だけではなく、文学をめぐる議論も充分に押さえてほしい。そもそも、ライトノベルの登場をもって、「文語の衰退以降、2度目の文学革命」であると書いてしまうのは、大きな間違いであると思う。明治時代の言文一致政策とは、「東京方言」を模して、標準語として機能する言葉を全国津々浦々まで浸透させたことである。日本近代文学の成立は、そうした新しい口語の創出の過程と重なっている。従って、明治時代における文学の変化は、「権威ある漢文」と「卑俗な口語」の対立にあるのではなく、それまでまったく異なる「方言」を話していた人々が、「標準語」を話すように強いられ、それに対応させる形で、「標準語」による新たな口語体の文学を創る必要ができたということだと思われる。以上のことをふまえると、「権威」ということを軸にして「漢文経典」と「口語文学」を対置することはできず、そもそもの議論の前提である文学ジャンルの「ヒエラルキー」説自体が間違っている。「漢文経典(というよりも「漢文漢籍」のことかと思う)」を「口語文学」と対置させてしまってはならないし、「一般文芸」と「ライトノベル」というジャンルの差異を、明治期に起こった言語制度の変容と平行して論じることはできない。
      ※217 2014年03月28日 19:59 ▼このコメントに返信
       また、純文学論争とは、戦後の文学批評家たちが折に触れて行った純文学をめぐる論争のことである。評論家の平野謙が、純文学は歴史的概念であり、1960年代に論争が行われた当時においてすでに必要がないのではないかと提起したことにはじまるとされる。平野は、松本清張ら優れた中間小説が台頭している以上、すでに純文学という括りは必要ないと主張。それに対して議論が起こった。また、1990年代後半から行われた純文学をめぐる論争は、大塚英志と笙野頼子を中心にして、市場価値という視点から見れば純文学は不要ではないかという議論を展開した大塚に対して、笙野頼子が純文学の必要性を訴える反論を行った。大塚の議論は市場価値と芸術的な価値を混同しているというのが、純文学を擁護する論者らの共通した主張であったと理解している。けれども、2004年になると、1980年代において活躍した批評家である柄谷行人が、「近代文学の終わり」という講演を行い、その中で、近代百年を射程にしながら、現在において文学の役割は終わったという指摘をして大きな注目を集めた。つまり、このまとめは、すでに述べられている議論を踏まえていないため、ライトノベルをめぐるごく少数の影響関係を示すにとどまっている。このまとめの筆者がライトノベルの軽視を問題化して訴えるのと同じように、文学の歴史が軽視されたと感じているということである。
      ※218 2014年03月28日 20:01 ▼このコメントに返信
      ※204
      216、217に返事を書きました。返信機能を使いこなせておらず、申し訳ありません。
      ※219 2014年03月28日 20:45 ▼このコメントに返信
      つうかこの人、北杜夫や星新一を挙げてないのはどうしてだろう?
      ほかにも椎名誠とかも上がってないのが気になった。
      ※220 2014年03月28日 21:44 ▼このコメントに返信
      ※215
      そう言うのは何がどう間違っているのかを書かないと、ただのいちゃもん付けにしか見えないぜ?お前の知識は間違っているってだけ言えば何となく論破しているように見えるよね。
      ※221 2014年03月28日 22:01 ▼このコメントに返信
      レッテル貼られたくなければ、ラノベの挿絵に萌え系を使わなければいいだけのこと
      ラノベも萌え系の絵を起用しても売れる時代ではなくなった
      ※222 2014年03月28日 22:40 ▼このコメントに返信
      そう言ってるこいつが一番カテゴライズ好きのばか評論家だろ。批評家きどりでうるさいんだよ。誰に文句言われるわけでもないし自分の好きな本読めば良いだろ。
      ※223 2014年03月28日 22:40 ▼このコメントに返信
      1レス使って必死に説明する必要がある時点でこの弁明に何の意味もないという事実をスレ主が必死に言い訳して覆い隠そうとしてるスレだなという感想しか持てないです。
      ※224 2014年03月28日 22:41 ▼このコメントに返信
      持論を際限なくジャブジャブ流しているやつほどみっともない人はいない
      ※225 2014年03月28日 22:46 ▼このコメントに返信
      大阪民国・トンキン連呼などの地域対立・男女対立・世代対立・メーカー対立他世論工作多数「日本分断工作スレを報告するスレ」「サルでもわかるTPP」で検索
      ※226 2014年03月28日 22:47 ▼このコメントに返信
      なっげえ
      でもこういう考察自体は大事
      ※227 2014年03月28日 22:55 ▼このコメントに返信
      最初の加害者ってワードだけ拾ったんだけど、そして残りはくだらなすぎて読んでないんだけど、
      ラノベ読まずに村上龍とか平野啓一郎あたりしか読まない俺も加害者なんすかね?わけわからんわ。
      文学の衰退は先進国共通の兆候だ、ってのが文学研究者の見解だったと思うがな。
      そして純文学の衰退なんて何十年も前から言われてたのであって、ラノベの台頭とパラレルなんかじゃない。
      そんなことも知らん阿呆の愚論に付き合う気は起きんな。
      ※228 2014年03月28日 23:23 ▼このコメントに返信
      ※226考察は議論されることに意味がある
      ※229 2014年03月29日 00:09 ▼このコメントに返信
      ※199
      うわっ、なにそのコメ、知能低すぎる
      自分がバカですって告白してるようなもんだぞ
      ※230 2014年03月29日 00:23 ▼このコメントに返信
      ただのラノベ史のまとめか。
      ※231 2014年03月29日 00:33 ▼このコメントに返信
      このまとめにおいて唯一読むに値する文章が
      >>146,>>147,>>148,>>149,>>216,>>217
      の一連の主張だけだったな
      それさえも、場が場なら既に共通認識としてある前提で、もはや語るに値しないクリシェにすぎないんだけど
      ※232 2014年03月29日 01:01 ▼このコメントに返信
      絵が必要なのはアニメや漫画が好きな連中に食いつかせるためだろ?
      あーいう連中は妄想できる絵があれば何でも食いつく。物語があるのならなおさらでしょそりゃ小説に萌え絵入れるのは商売として間違っちゃ居ないんでは?
      何々?何がおかしいの?馬鹿にされてるみたいで嫌なの?
      小説もアニメもそんなに知らないけど客観的に見てて
      批判してんのはただ叩きたいだけなんでしょ?
      凄く滑稽だし馬鹿みたい!
      ※233 2014年03月29日 01:24 ▼このコメントに返信
      「純文学は日本の言語普及・発展の歴史と共にあり、歴史に影響を与えても来た
       故に、商業的評価から迂闊に純文学の価値を貶めてはならない」って事なら
      やっぱ現代において純文学は死んでるしその役目は終わっているってなっちゃうなあ
      ラノベがそこにとって代われるとも思わないけども

      要するに、言語学的な役目が終わって商業的価値しか残らなかった文筆業の
      成れの果てがラノベだってことなんじゃないかな
      物語が社会をリードする時代は終わってしまったのだ
      ※234 2014年03月29日 01:39 ▼このコメントに返信
      >>1が自分で何がライトノベルで何がライトノベルじゃないかを勝手に定義にして、勝手に議論している感じがする。要するに、こじつけが多い。年代順に並べるのは良いけど、作品の関連性については、他人の資料を使わず自分の憶測でしかないチラシの裏レベル。要するに>>1の言説は自己満足でしかない
      ※235 2014年03月29日 01:52 ▼このコメントに返信
      このテーマでブギポが出てこないのはいくらなんでも不自然だぞ
      ※236 2014年03月29日 02:30 ▼このコメントに返信
      ライトノベルって、漫画とかと同じで中学生や高校生までが読むイメージだなぁ。いつまで二次元に浸ってるんだと思う。表紙のキャラクターとか、買うとき恥ずかしくないのか?
      ※237 2014年03月29日 02:47 ▼このコメントに返信
      ※229
      ようなもんというか実際に書いてないか
      ※238 2014年03月29日 03:52 ▼このコメントに返信
      この上っ面だけのやつが頑張って書きました感
      なんも言えねぇ・・・
      ※239 2014年03月29日 04:06 ▼このコメントに返信
      ライトノベルは言語表現に対する愚弄であるし、文学ではない。

      オタクが屁理屈こねて自分のキモイ趣味を正当化してるだけだろ
      ※240 2014年03月29日 06:30 ▼このコメントに返信
      どんな本でも、面白いと自分が思えるなら括りは関係なく読んでみたい。
      でも、ラノベ多く読むから他からの情報は入って来にくいね。
      面白い考察だった。
      ※241 2014年03月29日 06:45 ▼このコメントに返信
      最近の所謂ラノベってさ「んほおおおおおおおおおおおおお」とか
      「ぽかん あいたたた あなたはだあれ?」みたいなよくわからん文体が多いじゃん
      バカにはしてないけど、ネットでよく見かけるSSと似た匂いがするよね
      そんなんに金払ってまで見たくないってのがあるから、馬鹿にされる傾向があるんじゃないの?
      新しい表現方法が、っていう意見もあるけど文字を渦巻状にやってみたりなんぞもそれに入るんだろうか。もし違ったらごめんね
      でも渦巻状に文字を刷るのはもう小説じゃなくてアートになっちゃってると思うな
      ※242 2014年03月29日 06:48 ▼このコメントに返信
      ブギーポップ位しかラノベ読まないが他も似たようなもんじゃなかった?
      ※243 2014年03月29日 07:26 ▼このコメントに返信
      作品やジャンルや時代なんて結局後世の連中が評価してるだろ。
      面白いか糞かくらいは自分で読んで決めろや、そんくらい出来んだろ。
      ※244 2014年03月29日 07:55 ▼このコメントに返信
      電撃は賞の種類が多すぎる。地雷作家を量産すんな
      ※245 2014年03月29日 09:28 ▼このコメントに返信
      ※232むしろ絵をつけられることによって想像する余地を減らされてると思うんですが…たとえ作者の想像通りの絵だとしても読者からすれば勝手にイメージを固められてしまう。それが嫌で絵つけて欲しくないって層も一定層いると思う。
      ※246 2014年03月29日 10:05 ▼このコメントに返信
      読書は大好きだけど小説はほとんど読まないな

      >>1は東浩紀とかを読んでた人間だろう
      ラノベ批評なんてきょうび流行らない
      なぜなら、実際問題ラノベはつまらんからだ
      「俺はラノベが嫌い」とか言って、ラノベの面白さの説明を回避する>>1に語る資格があるのか
      ※247 2014年03月29日 10:21 ▼このコメントに返信
      何を面白いと思うか、面白いものを見つけるアンテナの鈍さを棚に上げて
      ジャンルでレッテル張りするセンスの無い読者が嫌いなんだろw
      どんな分野でも「~はつまらない」って自分がさもセンスがあるようにふるまおうとして、感性の鈍さを露呈してるだけだと気が付かない中身のない人間いるよ

      似合いもしないのにブランドの服を揃えて自分がおしゃれだと思い込んでる奴と一緒。
      ブランドやレッテルで選ぶのは自分にセンスがない証拠さ

      センスがあるというのは、価値を発掘する能力があることなのにね
      ※248 2014年03月29日 10:29 ▼このコメントに返信
      面白いと思うのも面白くないと思うのも個人の感性だからな、感性が合わないと思う人の意見を無理に受け入れる必要はない。
      ※249 2014年03月29日 10:30 ▼このコメントに返信
      ライトノベルから漫画ノベルを分離しよう(提案)
      ※250 2014年03月29日 12:39 ▼このコメントに返信
      >・円城塔
      >その他の近作『これはペンです』や『つぎの著者につづく』など、文章タイトルはライトノベルを意識したものでは。

      R・A・ラファティ(ボソッ
      ※251 2014年03月29日 14:02 ▼このコメントに返信
      SF者が必死に「ラノベはうち(SF)の系譜だからもっと褒めてやれ。そしてSFはもっと褒めろ」って言ってるようにしか見えない
      肝心のSFはラノベからは「こっちくんな」って昔から敬遠されてたのに
      ※252 2014年03月29日 15:34 ▼このコメントに返信
      馬鹿にできない作家に何故か良く出ない川上稔である 金賞古参で超人なのに
      ※253 2014年03月29日 18:18 ▼このコメントに返信
      多少ぼやけてる感もあるけど、これだけ纏めたことにまず価値があると思う。
      ここがおかしい、この視点が欠けているって指摘があるけれども、
      せっかくベースが提示されてるのに部分部分でも対論を立てて語る人が少ないのは残念。
      ※254 2014年03月29日 18:22 ▼このコメントに返信
      ボキゅのだいしゅきなラノベを馬鹿にしゅるな!!!!!!!!!!!!1!1111

      まで読みました
      ※255 2014年03月30日 09:18 ▼このコメントに返信
      普通のラノベ信者よりは良く知っているとは思うけど
      ツッコミ所が多すぎる…
      阿部和重と円城塔のたった二人だけがラノベに言及しただけで純文学全体がラノベの影響受けたみたいな言い方するのはさすがにどうかと思う
      瀬戸内寂聴がケータイ小説を書いたことがあったけど、世間では純文学のケータイ小説化、ケータイ小説が純文学に影響を与えた!なんて言われてなかったし

      東浩紀とか好きそうだな
      ※256 2014年03月30日 09:27 ▼このコメントに返信
      むしろ>1からラノベ蔑視の感情しか見えないんだが、これをどう読んだらラノベオタ必死だなとか、ぼくの大好きなラノベを馬鹿にするなと読めるんだ?
      ※257 2014年03月30日 09:42 ▼このコメントに返信
      明らかにラノベ嫌いと言って予防線を張っているようにしか見えないからに決まってるだろ馬鹿
      ※258 2014年03月30日 10:50 ▼このコメントに返信
      音楽もそうだけど細かいジャンル分けって研究とかでもないと意味ないと思うんだよな
      「おもしろいものもあればつまらんものもある」じゃいかんの?
      ※259 2014年03月30日 15:08 ▼このコメントに返信
      問題としてラノベ発足を正確に理解してないし、ラノベがサブカルチャーの一翼としてその性質を大きく変えている事を理解してない
      また理解出来ているものがいない

      まずはラノベという定義を全員が理解出来る様に定義づけをしっかりすべきである
      ※260 2014年03月31日 16:31 ▼このコメントに返信
      カテゴリとか本当にどうでも良くて、読んで面白いか面白くないかだけ。
      面白くないものを読んだ時の時間の無駄っぷりを痛感するのでどこで読むのやめるかがキモ。更に買って途中で辞めるというのがキツい。
      1ページ1円~2円にしていただいて読んだところまでで支払いとかマジ望むわ。
      ※261 2014年04月01日 15:40 ▼このコメントに返信
      とても視野が狭い人だということがわかったw
      ※262 2014年04月05日 11:51 ▼このコメントに返信
      SF→ラノベとか言ってるのに、高千穂遥にも新井素子にも触れてないあたりいかににわか知識かよくわかる
      ※263 2014年10月22日 00:22 ▼このコメントに返信
      いやもう酷いにわか知識だな。
      とりあえず1が自分の薄っぺらい知識を満面のドヤ顔で書き連ねて爆死したのはわかったが、その知識もWikipediaなりネイバーまとめなりに乗ってるものばかりだし。
      暇だったから読んでみたけどその辺の中坊でもこんぐらい余裕だろ。
      ※264 2014年11月13日 23:46 ▼このコメントに返信
      ここの米欄のやつらも単に>>1をにわかとか中坊とか批判するだけで終わってるのがアホなんだよな
      個人の意見に反論出るのは当たり前
      間違いを見つけて意見を全否定したり、建設的な意見出そうとせず罵ってるやつらは見下して勝った気になりたいだけだろ
      まとめスレ開いて米欄見るくらいだから、多少文学に興味あるはずなのにしょうもないやつらだ
      個人的にはラノベ見下してた部分あったから、>>1の意見読んで冷や汗出る思いだったわ
      読まず嫌いせずに読んでみようって気になった
      ※265 2014年11月18日 18:12 ▼このコメントに返信
      264
      違うよ。
      そもそもこのスレ主が建設的な意見を出せていないことに批判されてるんだよ。
      そもそも「無知なガキに純文学を知ってほしい(啓蒙したい)、それには正しい歴史を共有する必要がある」って書いてるのに、まずその歴史の知識認識が間違ってるから失笑ものだって言われてるのよ。具体的に指摘されてないのは多すぎるからで、まあ検索すりゃこのスレ主の間違いはまとめられてるよ。
      そして結論から語ったのに結論が変わってる時点で論をなしてない。その上具体的な意見が見えてこないまま、結局「頭ごなしに叩く奴が多すぎる」で終わってる。
      それにこいつが語りたいのは、文学史じゃなくて他ジャンルの権威を持って、ラノベを高尚と見せるためのまとめ。間違った知識の上で語られた上で一部分しか語れていないが。
      まあこいつの具体的な意見は、「頭ごなしに叩くな」だけだよ
      ※266 2015年02月04日 23:35 ▼このコメントに返信
      中身のない駄文を長々と語る上に歴史がなんのかんのといいながらも本人はさしてラノベが好きなわけでもなくwiki丸コピ
      こんな奴の偉そうな言い方を受け入れちゃう中高生なんていたら頭が心配だわ
      あとラノベのクッソ寒いパロネタとバカミス、メタSFを混同するのは気に食わない
      ラノベで好きな作品が沢山ある俺でもこう思うぐらいなんだしこいつに共感する馬鹿なんでいないだろうけど
      ※267 2015年04月15日 18:18 ▼このコメントに返信
      軽い仕上がりの小説と、ライトノベルは最早別物。
      ※268 2015年05月09日 01:11 ▼このコメントに返信
      何となくだけど最後まで読めた

      言いたいことは分かるよ

      最近のラノベ嫌いだけど、キノ好きだし神様のメモ帳も好きだしな
      ※269 2015年05月09日 09:34 ▼このコメントに返信
      結局、こういうスレは例外なく"ラノベの定義"は実質的に後出しで、この作品はラノベあれは純文学という峻別をそれぞれが自分の結論に合わせて操作するだけだから体系的な話になってもなければ、筋の通った話してる人もほとんどいない
      この>>1はそこに権威づけするために俺流文学史をギミックとして用いただけ

      結局ラノベ擁護が1を支持しラノベ批判が1を批判するコメントの傾向になってるのがわかりやすい
      ※270 2015年05月11日 15:00 ▼このコメントに返信
      本を読むには時間がかかる
      そして時間は有限である
      よって「どのラノベはいい、どのラノベは悪い」などという無意味な吟味をすれば膨大な時間が過ぎてしまう
      これはラノベは駄目だというのに十分な理由だ
      ※271 2015年05月12日 13:58 ▼このコメントに返信
      個人的にはラノベは適当に選ぶとほぼはずれになるのがダメなんだと思うな

      普通の小説ですらレビュー見て買っても合わないのが多いのにラノベはさらに多いイメージ。
      なんかテンプレが多すぎてどっかで見た内容ばっかなんだよなぁ
      ※272 2015年05月13日 13:29 ▼このコメントに返信
      アルスラーン戦記とか銀英伝もラノベに属するよね?
      ああいう壮大な物語ばかりであればいいんだけど、現代のラノベが余りにも低俗すぎるのがそもそも舐められる原因だと思うで。
      あまりラノベ自体読まないから良く知らんが、ここ数年で出た中ではFate/zeroや狼と香辛料のようなしっかりした話が大多数を占めるのであれば、ラノベに対する社会の評価はかなり違っていたんじゃないかねぇ。何かって言うとラッキースケベが絡むようなものが一般大衆に支持されるわけないわ。
      ※273 2015年05月14日 13:32 ▼このコメントに返信
      >>仮に21世紀に「指輪物語」や「不思議の国のアリス」を書いたとして
       その新作、どこの出版社で発表するんだよ、って話

      児童文学で良いじゃん
      ハリポタやダレンシャンも児童文学だろ
      ※274 2015年05月15日 01:38 ▼このコメントに返信
      というか、本当の本好きはラノベだとかそんなくだらない括りなしに読むんだけどね
      ※275 2015年05月15日 10:31 ▼このコメントに返信
      ※273
      ハリポタやダレンシャンも「海外文学」という海外コンプレックスフィルターを除いてみれば、翻訳者が少々固い文章を使っていること以外はクソ高価なハードカバーのラノベとしか言い様がないやん

      「特殊な出自や才能を持った主人公が活躍するファンタジー」の受け皿が現在ではラノベ出版社にしかないという話
      ※276 2015年05月15日 22:31 ▼このコメントに返信
      挿絵なしラノベはミミズクの前にも神栖麗奈とかあるけどな
      ※277 2015年05月16日 00:57 ▼このコメントに返信
      よくラノベ読んだけど糞だった、もうラノベは読まないって言ってる奴いるけど、
      そうじゃなくて、あの作者のあの本は糞だった、もう読まないって言うべきでしょ
      なんで1、2冊読んでラノベ全体をクソとするのか
      言いたかったのはそういうことじゃないの
      ※278 2015年05月17日 08:21 ▼このコメントに返信
      ……おつかれさん。
      論はどうあれここまで展開できたら大したもんだよ。
      私は面白いと自分が思えばどんな作家のトンデモな作品でもおいしくいただけちゃう口なので、ここまで考察する気など無いし。
      面白く読ませていただきました。
      ※279 2015年05月18日 07:02 ▼このコメントに返信
      つーかさー
      文学がどうのとかじゃなくてこれ
      差別とかどうとかの問題だと思うよ
      「オタクきもい!その点俺はまとも」と言いたいだけ。
      ※280 2015年05月18日 07:37 ▼このコメントに返信
      ラノベを語るのに、新井素子の影響を無視してどうする。
      ※281 2015年05月18日 19:21 ▼このコメントに返信
      軽い文体の中でも軽すぎて文法が破綻してる中高生向けのファンタジー

      ライトノベルの印象ってこんなもんだけど実際9割これだろ
      ※282 2015年05月19日 11:37 ▼このコメントに返信
      結局個人が面白ければそれでいいんじゃね?
      ※283 2015年05月19日 15:39 ▼このコメントに返信
      ラノベは美少女の容姿を表現する文章がキモくて無理だった。
      ※284 2015年05月19日 19:15 ▼このコメントに返信
      ラノベは先の展開が読めてしまうのが多かった

      まぁ、俺自身ラノベはあまり読まないからたまたまかもしれんが
      ※285 2015年05月23日 04:43 ▼このコメントに返信
      長い
      ※286 2015年05月23日 13:26 ▼このコメントに返信
      ラノベが叩かれてるのはそもそもがつまらないからだってそれ一番言われてるから
      ※287 2015年05月25日 04:54 ▼このコメントに返信
      反証可能性がない
      ※288 2015年05月25日 09:31 ▼このコメントに返信
      疲れてる時に内容のある本なんて読みたくない
      ※289 2015年05月27日 14:39 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※290 2015年05月28日 12:14 ▼このコメントに返信
      米2みたいなバカが理解もせずに批判するから腐ってるんだよなあ。
      キャラが喋る「」だけで書く台本形式は小説じゃないとかほざくキチガイもシェイクスピアすら知らずに小説のなにを語る気だよっていう。
      純文学がすごいみたいなアホじゃ理解できないだろうけど神話や竹取物語なんてまんまラノベなんだが?
      ※291 2015年05月29日 10:57 ▼このコメントに返信
      電撃文庫創刊当時の
      大久保町シリーズは普通に笑える
      作者が吉本の舞台脚本出身なんだよなー
      ※292 2015年05月29日 19:50 ▼このコメントに返信
      まあラノベでも良いものもあるにはあるよな
      キノの旅とかは面白かった
      あ、SAOとかガイルの良さはわからんけどね
      ※293 2015年05月30日 01:37 ▼このコメントに返信
      わりと面白い読み物でした
      趣旨からは外れるけど、これ書いた人が思い描く
      今後の文学史みたいなのも見たかったな
      ※294 2015年05月30日 08:25 ▼このコメントに返信
      スレの趣旨は、色んなものを混同した状態でまとめてバカにしたりアンチしたりするのを止めてくれって事みたいだね。

      色々と突っ込み所は多いけど、趣旨はよく判った。趣旨だけは賛成です。
      ※295 2015年05月31日 13:22 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※296 2015年05月31日 14:01 ▼このコメントに返信
      玉石混交なのは間違いない
      玉を見て「一緒くたにバカにするのは違う」という人と
      石を見て「あんなもん小説じゃねえ」っていう人が同じものを論じちゃうからな
      ※297 2015年06月01日 03:19 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※298 2015年06月01日 17:44 ▼このコメントに返信
      おまえら、とか言っちゃうから目の敵にされるのに
      もっと冷静に論じて欲しかった
      勿体ない
      ※299 2015年06月02日 19:51 ▼このコメントに返信
      長いが中々面白い文章だった
      というか屍鬼が漫画原作じゃなかったことに鱗だった
      あれ?ありゃ屍姫だったか?
      ※300 2015年06月03日 00:31 ▼このコメントに返信
      だからラノベ批判とかそんなんじゃなくて普通の人から見たら萌え絵に豚がかわえええええとか騒いでんのがただただ気持ち悪いだけだろ
      周りからは気持ち悪がられてるのにそれを周りは理解できない低俗だと決めつけてラノベを崇高な物だと祭り上げてる豚がクズなだけ
      それと普通の人はラノベを嫌悪してるんじゃなくてそれに群がるオタクに気持ち悪がってるだけだからな
      そもそもオタクじゃない人の会話ではラノベなんて話題にもなんねぇよ
      ※301 2015年06月03日 23:21 ▼このコメントに返信
      偏見なんて無くなる訳がない

      こんなところでこんな話してもほとんど意味ないやろ
      ※302 2015年06月06日 21:40 ▼このコメントに返信
      >1みたいな文語体と口語体が混ざってる文章って苦手だわ
      ラノベばかり読んでるとこういう文章しかかけなくなるんだろうな
      ※303 2015年06月11日 15:23 ▼このコメントに返信
      6割位の奴らはまとめを全然読んでなくて米欄が的外れば意見であふれかえっているわw
      ※304 2015年06月11日 15:24 ▼このコメントに返信
      ※302
      多分この1はラノベどころかあらゆる本を読んでるはず、じゃないとここまで書けんわ
      ※305 2015年06月12日 10:15 ▼このコメントに返信
      あの有名作家はPBMに関わっていた、PBMしゅごい!
      ※306 2015年07月13日 01:27 ▼このコメントに返信
      純文学の没落の原因を語りだしたと思ったらいつの間にかラノベで一人語りだったでござる
      ※307 2015年07月21日 10:08 ▼このコメントに返信
      >>281
      ミステリーも恋愛ものも青春ものもあるんやで
      ※308 2015年07月21日 10:09 ▼このコメントに返信
      馬鹿みたいな偏見しか持ってない活字アレルギー達
      ※309 2015年08月19日 08:59 ▼このコメントに返信
      長すぎて気持ちが悪ぅい
      ※310 2015年12月16日 17:03 ▼このコメントに返信
      1の世界の狭さが目立つ
      もうちょっと俯瞰で物事が見られるといいね
      ※311 2016年09月16日 01:40 ▼このコメントに返信
      「ラノベ」といった時にイメージするものがそれぞれに違うから、議論が成立しないことが多いのだろう。ラノベとエンタメ文芸に明確な区分ができないというのは尤もだと思う。
      業界としてのラノベレーベルの問題点は流行に敏感すぎて似たような作品ばかりになって作者の独自性が発揮されづらいことと、はじめから文庫形式で連載漫画の単行本のようにシリーズで売っていく戦略をとっているため粗製濫造の様相を呈していることが挙げられるだろう。
      ※312 2017年11月29日 16:49 ▼このコメントに返信
       実はラノベには言語革命を起こせるほどの土壌は出来上がっているのだけれどね.
      ただ商業性にベクトルが向いている限り,暫くは純文学を越えられないだろうし
       そのうちパルプフィクションと同じ運命を辿ることになりかねないね.
      だからラノベが言語革命を起こせるか否かが正統派文学としての王道を歩むか消滅するかの分岐点になるよ.
      ※313 2018年01月18日 08:52 ▼このコメントに返信
      この人がせっかく真面目に話してるのに理解できてる人がほとんどいなくて笑う。
      一番多いのは「~ってことだろ」って言ってる人達だけどたぶん>>1がなに言ってるのか分かってないぞ。勘違いして見当外れにもほどがあること言ってる。
      なにを主張しているのか、どういう立場からの主張なのか……その時点から理解できてないことに自分で気づかない人がいっぱいいる。
      ※314 2018年08月04日 22:43 ▼このコメントに返信
      4年前のラノベの話だね。

      ライトで手軽に読める娯楽小説が、結構一定数が富に浅く軽くなっている印象。
      昔のライトノベルは、ハイティーンに向けて一定の質の良いものを求めていた印象。

      文章表現が漫画的で視覚的なのはネット小説ブームで文章技量(または語彙力)が乏しくても商品的価値があれば引き立てられる傾向があるからなのかもしれない。
      ネットで気軽に始められる点で、若手苦難みたいにはなっていない印象。
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2014/3/28
      categories カテゴリ いろんなネタ

      hatena はてブ | twitter comment (314) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク