titleicon 藤原「今日はお前たちにはシュテルンビルトを守るヒーローとして働いてもらうで」【前編】

    2014/8/22
    categories カテゴリ SS

    hatena はてブ | twitter comment (2)
    1 名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)12:26:14 ID:EM5mWzdEn

    浜田「なんやねんヒーローて」

    松本「あー、ネクストね」

    山崎「? 松本さん知ってるんですか?」

    松本「まぁネクストはね、欠かせませんね。大体僕は毎朝一杯のコーヒーを飲みながらメープルシロップを多めにかけたネクストを口いっぱいにほおば」

    浜田「ええからもう、藤原、はよせえ」

    松本「ンフフフフwww」

    田中「フフッw」

    遠藤「あ、あれちゃいますか、ヒーローって。ネクストとか言う超能力者がスポンサー企業の社員としてヒーロー業をやるっていう」

    藤原「遠藤、お前はなかなか、勉強しとるな。男前なだけと違うな」

    遠藤「フフッw……はぁ、ありがとうございます」

    松本「ほんで、お前はなんやねん」

    3 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:27:17 ID:EM5mWzdEn

    藤原「お前たち新人ヒーローの教育係の藤原や。ところで浜田、ヒーローの活躍が生中継で見られる番組は何や?」

    浜田「は? え? えっと……ヒーローTVですか?」

    藤原「正解や」

    浜田「はあ」

    藤原「でも芸人としては不正解やな。もっとボケていかんと」

    浜田「えwはい……すんませんw」

    松本「フフフw」

    藤原「ヒーローはそれぞれの活躍に応じてポイントを獲得するんや。ポイントレースで上位のヒーローは1部で完全生中継や。成績が悪いと2部に落ちるから注意してや」

    4 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:28:34 ID:EM5mWzdEn

    藤原「それではヒーローとしての心得三か条を教える」

    松本「僕は嫌です! やりたくないです!」

    藤原「…………第一条、ヒーローはいついかなるときもシュテルンビルトとその市民を守るために行動しなくてはならない」

    松本「フフッw」

    遠藤「ほんまにアドリブできないんですね」

    浜田「ンフフフフッ!www」

    5 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:29:31 ID:EM5mWzdEn

    藤原「第二条、第一条に反しない限り、ヒーローはスポンサーの要望に応えなければならない」

    浜田「ヒーローもスポンサーを気にせなあかんのか」

    遠藤「芸人に通ずるところがありますね」

    松本「現代社会のひずみだね……悲しいことだよね…」

    田中「フフッw」

    藤原「第三条、決して笑ってはいけない。これらを破った場合、その場でキツい罰を受けてもらう。以上や」

    松本「第三条だけ脈絡なさすぎやろ」

    山崎「ハハハハハwww」

    藤原「今からお前たちにはまず、ヒーローとして正式に就職してもらう。それでは、今からスタートや」

    浜田「ええー!? 早ない?」

    藤原「お前たちがヒーローとして就職する会社はこっちや。ついてきてくれるか」

    7 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:30:47 ID:EM5mWzdEn

    (ゾロゾロ……)

    田中「今回藤原さん調子いいですね」

    浜田「シュテルンビルトで噛まへんのはびっくりしたわ」

    藤原「……あ、こっちや。すんません」

    浜田「ンフフフフフw間違えんなや!」

    デデーン! 『浜田 田中 アウトー!』

    田中「(バシッ!)ッア~!」

    遠藤「そこに建物見えてるでしょ!」

    松本「ほんま毎回言うけど、お前の間違いで笑うんはセーフにしろや!」

    藤原「ほんま、シュテルンビルトも広なったで。なぁ浜田」

    浜田「いや知らんやん、来たことないし」

    藤原「……ホンマ広なったで」

    浜田「……」

    遠藤「フフフッw」

    デデーン! 『遠藤 アウトー!』

    遠藤「ッwww今その絡み必要ですか?www(バシッ!)イッタ!」

    8 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:31:32 ID:EM5mWzdEn

    (ゾロゾロ……)

    藤原「お前たち、遅れずについて来てくれるか」

    松本「毎度のことながら、偉そうやな。教育係か知らんけど」

    遠藤「今回は着替えないんですか?」

    浜田「ほんまやな。藤原、どうなん?」

    藤原「あ、今回は、先に、こっちです」

    松本「ンフフwもー! キャラちゃんとせえ!」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    松本「もー! (バシッ!)イッタ…」

    藤原「ここや。みんな、ここでちょっと止まってくれるか」

    浜田「なんやねん、はよ中入ろうや」

    山崎「寒いわ~!」

    9 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:32:22 ID:EM5mWzdEn

    藤原「ここが大人気番組、ヒーローTVを放送してる放送局であり、人気ヒーローコンビ、タイガー&バーナビーを抱える大企業、アポロンメディアや」

    田中「?! ちょっとw…上…見てください…w」

    遠藤「ハハハハハwww」

    松本「?……ンフフフフフwww」

    浜田「?……ンナハハハハハ!」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    松本「菅ちゃんの像wwwデカすぎるわwwwwww」

    山崎「アハハハハハッ!www」

    浜田「もー!www 教えんなや!」

    藤原「あれがアポロンメディアの今のCEO、スーガリックさんや」

    藤原「どうや、浜田。カッコええやろ」

    浜田「……あぁ、はい」

    松本「マーベリックちゃうんか……だいたいなんであの像、ガッツポーズしてんねんw」

    遠藤「あの像、ビルとおんなじ高さですよね? 何メートルあるんですか?」

    藤原「別名『ガースータワー』や……カッコええやろ」

    田中「フフッwww」

    デデーン! 『田中 アウトー!』

    10 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:33:09 ID:EM5mWzdEn

    藤原「ほんなら入るで」

    浜田「やっとや」

    田中「いっつも入るまでが長いですね」

    藤原「あ! 見てみ! あれは噂の、ヒーロー界のマドンナやで!」

    山崎「……ハハハハハwww!」

    松本「ンフフフフフw」

    遠藤「……wwwwww」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    山崎「マツコ出たwwwイッタ!」

    11 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:50:24 ID:EM5mWzdEn

    遠藤「マツコさん、レジェンドのカッコしてますよ」

    松本「絵的に違和感ないなぁ」

    田中「…………w」

    藤原「ヒーロー界のマドンナ、マツコ・ザ・デラックスやで」

    遠藤「…………」

    浜田「…………w」

    松本「…………w」

    デデーン! 『浜田 アウトー!』

    浜田「ちょお! こいつもわろてるやん!」

    松本「そんな潰し合いしてどうすんねん、これからヒーローなんねんぞ」

    浜田「チッ……イッタ…」

    藤原「ほんなら入るで」

    浜田「もぉぉー! はよ入っといたらよかったやん!」

    12 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:52:56 ID:EM5mWzdEn

    (ゾロゾロ…)

    藤原「ここがアポロンメディア、ヒーロー事業部の部長室や。この中にいてはるんが、いち企業の部長でありながら、実質的にはシュテルンビルトのヒーロー界のドンとも言える存在や」

    山崎「もー、変なゲストいやや」

    藤原「この人なくして、今のヒーロー界、今のシュテルンビルトはないと言っても、過言ではないで」

    遠藤「絶対すごい人いますよね……」

    藤原「今からその人にヒーローとして任命してもらえるんや。どうや浜田、嬉しいやろ」

    浜田「…………」

    藤原「浜田、嬉しいやろ」

    浜田「…………」

    藤原「ほな入るで」

    松本「ンフフw」

    山崎「ハハハハハw」

    デデーン! 『松本 山崎 アウトー!』

    松本「浜田のそういうのに勝て! 藤原!」

    13 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:53:40 ID:EM5mWzdEn

    藤原「ほんなら入るで(コンコン)失礼します(ガチャ)」

    浜田「誰やろな…」

    ???「…………」

    松本「あー…おるわ…背中向けて…」

    山崎「顔見えへんの嫌やわぁ…」

    田中「ほんまですね…」

    藤原「ほんなら、みんな、並んでくれるか」

    藤原「部長、新人のヒーロー、5名、連れて、参りました」

    ???「……ありがとうございます。私が、アポロンメディア、ヒーロー事業部部長の……」(クルッ)

    石破「石破茂です」

    松本「ンフハハハハ!wwwwww」

    デデーン!『全員 アウトー!』

    14 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)12:55:10 ID:EM5mWzdEn

    田中「石破さん出たwww」

    遠藤「これはダメでしょ!」

    藤原「元防衛大臣の、茂さんやで」

    浜田「ンフフフフフwwwやめ言うねん!」

    デデーン!『浜田 田中 アウトー!』

    15 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)13:01:56 ID:EM5mWzdEn

    浜田「いったぁ…」

    山崎「めっちゃ見てるで…」

    田中「石破さんのあの目苦手やわ」

    石破「…………ヒーローたる者、ネクストとしての、能力を、持っていなければ、務まりません」

    遠藤「そらそうですね。一般人がやったら危ないですもんね」

    石破「……そこで、皆さんにも、ネクストとしての…………………………」

    浜田「…………」

    松本「…………」

    山崎「…………」

    遠藤「…………」

    田中「…………」

    石破「…………」

    浜田「ンフフフフフw」

    田中「ブフッw」

    デデーン!『浜田 田中 アウトー!』

    浜田「ちょお! そない溜めんでよろしいやん!wイッタ!」

    16 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)13:08:40 ID:EM5mWzdEn

    石破「……能力に、目覚めてもらいます」

    松本「いや、目覚めるて、無理やろ、ネクストちゃうし」

    石破「当社では、独自の繊維を、開発しました。それで作られた、ヒーロースーツを着れば、一時的に、脳波の出力が上がり、ほとんどの人の、超能力が、覚醒します」

    遠藤「あー、だから着替えを最初にしなかったんすね」

    石破「……それでは、それぞれの、ボックスに、入ってください……」

    藤原「ほんなら、ボックスに入ってくれるか」

    遠藤「聞きましたよそれ」

    松本「…………w」

    浜田「ちょお! こいつわろてるやん!」

    松本「……部長室で騒ぐな」

    浜田「チッ…なんでこいつはアウトならへんねん…」

    17 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)13:15:33 ID:EM5mWzdEn

    藤原「着替えおわったか? ほんなら、まず浜田! 出てきてくれるか」

    浜田「(シャッ)……これさぁ、ワイルドタイガーのやつちゃうん?」

    藤原「なかなか様になっとるやないか」

    浜田「……ほんで、なんで首から上はマスクないねん」

    藤原「ブサイクなクチビルは目立たんようにしてくれるか」

    浜田「…………チッ…ほんなら隠したらええやん」

    藤原「ほんなら、次は松本、出てきてくれるかー」

    浜田「なぁ、なんで首から上は丸だしやねんな」

    18 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)13:22:07 ID:EM5mWzdEn

    藤原「やっぱり遠藤はどんな格好でも男前やなぁ」

    遠藤「これ男前ちゃうでしょ。ここボロ~ン行きそうですよ!」

    藤原「次、田中! 出てきてくれるか」

    田中「(シャッ)やったぁー! スカイハイや!」

    藤原「うわっ! くさっ!」

    田中「……」

    浜田「ンフフw」

    デデーン!『浜田 アウトー!』

    20 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:10:13 ID:v6Ngu4fga

    藤原「最後に、山崎! 出てきてくれるか」

    山崎「(シャッ)……」

    浜田「うわっ、山ちゃん、めっちゃ似合ってるやん」

    遠藤「そういうのハマりますよねぇ」

    松本「ホンマ神がかり的に似合うな」

    山崎「これ子どものやつやん! めっちゃちっちゃいわ!」

    田中「めっちゃ半ズボン似合ってますよ」

    21 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:10:50 ID:v6Ngu4fga

    藤原「ほんなら、お前たち、並んでくれるか。今から石破部長がお前らにヒーロー名をつけてくれはるで」

    松本「たいそうやなぁ」

    浜田「こんなパクリみたいな格好で名前つけてもなぁ」

    藤原「お前らの能力も決めてくれはるから、よう聞けよ」

    遠藤「え? 能力って、そんな簡単に決まるんすか?」

    田中「うわぁ~! 楽しみやなぁ~」

    浜田「田中そのテンションやめて、うっとうしいわ」

    田中「…………」

    松本「…………ンフフッw」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    22 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:14:17 ID:v6Ngu4fga

    石破「それではまず、浜田さんから……ヒーロー名は、ワイルドツッコミ」

    浜田「……はぃ…」

    松本「普通やな」

    遠藤「まぁ、ワイルドタイガーっすもんね」

    石破「……野性的なツッコミは、あらゆる人間に、戦意喪失させる力が、あります」

    浜田「……え? そういう能力?!」

    石破「……はい」

    浜田「……w」

    山崎「ハハハハハwww!」

    デデーン!『浜田 山崎 アウトー!』

    24 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:22:15 ID:v6Ngu4fga

    石破「そして、松本さん、ヒーロー名は、シャークレー」

    松本「…………w」

    デデーン!『松本 田中 アウトー!』

    松本「ンフフフフフw……バーナビーみたいに言うなw…ッツ!」

    石破「シャクレた口から、落とされる爆弾発言は、あらゆる上下関係を、破壊します」

    遠藤「ハハハハハッwww」

    デデーン!『遠藤 アウトー!』

    遠藤「www今決めてるでしょwww!能力ちゃうしwww」

    浜田「ンフフw!」

    デデーン!『松本 浜田 アウトー!』

    浜田「お前いらんこと言うなってぇ!」

    25 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:22:54 ID:v6Ngu4fga

    石破「遠藤さん、ヒーロー名は、ブルー遠藤」

    松本「ンフフフフフwww」

    山崎「ハハハハハwww」

    デデーン!『松本 山崎 アウトー!』

    松本「そのまんまかいwwwwwwイッタ!」

    遠藤「……」

    石破「田中さんの、ヒーロー名は……」

    遠藤「あの……僕の能力は……?」

    浜田「ンフフフフフwww!」

    デデーン!『浜田 山崎 アウトー!』

    26 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:24:14 ID:v6Ngu4fga

    石破「田中さんの、ヒーロー名は、不快ハイ」

    浜田「ンフフフフフw」

    デデーン!『浜田 アウトー!』

    石破「冷静な表情に隠された、粘着質な陰湿さは、限りなく人を…………不快にさせる」

    遠藤「ハハハハハ!」

    デデーン!『遠藤 アウトー!』

    松本「フフッ……性格やんけ」

    27 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:25:16 ID:v6Ngu4fga

    石破「山崎さん、ヒーロー名は、スベリンキッド」

    浜田「……」

    遠藤「……」

    田中「……」

    松本「うわぁ……山ちゃんスベってるみたいになってるやん」

    山崎「ちょっとぉ! やめてくださいよ!」

    石破「いついかなるときも、スベることができる、のみならず、関わった人間さえも、スベらせる」

    山崎「…………フフッw」

    デデーン!『山崎 アウトー!』

    松本「なんか……ずっとスベってるね……」

    28 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:26:05 ID:v6Ngu4fga

    石破「私からは、以上です」

    藤原「石破部長、ありがとうございました。ほんなら行こか」

    (ゾロゾロ…)

    浜田「いや、以上てw遠藤、能力ないけどどうすんの?」

    遠藤「ホンマですよ。僕めっちゃ危ないじゃないですか」

    田中「ていうかこれでホンマに能力使えるんですかね?」

    山崎「使えてもしゃあない能力ばっかりやんけ!」

    松本「スベることができるってなぁ……ここ12年スベり続けてるけどなぁ」

    浜田「まぁホンマに覚醒するんやったら、別のちゃんとした能力やろ」

    (ゾロゾロ…ガチャ…バタン)

    125 本家から来たおじちゃん◆</b></b>TubyXwKQMU<b> 2014/08/20(水)21:05:49 ID:L5uOq76bK

    http://i.imgur.com/FTHKIE1.gif
    FTHKIE1

    ホイッ
    ヒーロー事業部部長

    29 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:26:52 ID:v6Ngu4fga

    (ガチャ)

    藤原「ここがお前ら新人ヒーローの控え室や。ミッションが始まるまでここで待機しといてくれるか」

    松本「もー! 机と椅子とか用意せんでええねん!」

    遠藤「また引き出しネタありますよね?」

    田中「ビックリすんのいややわぁ」

    藤原「あ! ちょっと待って! 見てみ、壁にCEOのスーガリックさんの作った社訓が書いてあるで!」

    浜田「チッ……なんやねんさっきから、スーガリックて。菅ちゃんやろ?」

    藤原「ほんなら、読んでみようか……『ヒーローは 出来るやつほど 色黒だ』」

    30 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:27:17 ID:v6Ngu4fga

    藤原「『殺人は 俺がいるうち 許さねえ』」

    遠藤「……」

    山崎「……」

    藤原「『ヒーローで 数字取れなきゃ 犬を出せ』」

    松本「ンフフフフフwwwwww自信ないんかいwww看板番組ちゃうんかwww」

    浜田「ンフフフw」

    山崎「ハハハハハ!www」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    浜田「ちょお! ほんまやめろや!」

    31 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:28:04 ID:v6Ngu4fga

    浜田「ッタァ……」

    藤原「ほんならミッションが始まるまではとりあえず待機しといてくれるか(ガチャ…バタン)」

    山崎「はぁ……とりあえず、お茶飲みませんか?」

    松本「そやな、ちょお、ワイルドツッコミ、コップ取って」

    浜田「ぁあ?」

    松本「ンフフフフフwww」

    デデーン!『松本 アウトー!』

    松本「ホンマそのwwwチンパンジーみたいな顔やめてwww」

    32 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:29:02 ID:v6Ngu4fga

    (ビーッ! ビーッ! ビーッ!)

    浜田「っくりしたぁ…なんやねんな」

    山崎「あ、言うてたミッション違いますか?」

    遠藤「えー? いきなりですか?」

    ???『Bonjour! 新人ヒーロー諸君!』

    松本「え? なに?」

    田中「あ、スーツにスピーカーついてますね」

    浜田「あぁ、そっから聞こえてんのか。ほんで、なんやねん」

    ???『なんやねんとはご挨拶ね……ヒーローTVプロデューサーのアニエスよ!』

    遠藤「おお! アニエスさんや!」

    浜田「遠藤知ってんの?」

    遠藤「結構有名ですよ。雑誌のインタビューとか載ってますし。敏腕美人プロデューサーや言うて」

    33 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:30:57 ID:v6Ngu4fga

    浜田「ふーん、ほんで、アニエスさん、どないしたん?」

    アニエス『はぁ……まぁいいわ……今からヒーローTVの生中継だから出動要請が出たのよ! さっさと現場に向かってちょうだい!』

    松本「えー! そんなんすんの?」

    アニエス『あら? 藤原さんから聞いてないのかしら?』

    田中「僕らもヒーローTVに出るんですか?」

    アニエス『そうよ、元々今日はそういう企画なの! ヒーローTVと『笑ってはいけない』のコラボレーション企画よ! 年末特番、お笑い、ヒーローバトルの三拍子! これで数字が取れないはずがないわ!』

    山崎「そんな企画やったんですね」

    アニエス『あなた達は両方の番組に出ることになるのよ。生中継のヒーローTVサイドと、後日放送される『笑ってはいけない』サイド。また、さらに後日、ヒーローTVサイドの完全版を放送予定よ! これでそれぞれ視聴率はウナギのぼりよ!』

    松本「数字への執着えげつないな」

    34 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:51:18 ID:v6Ngu4fga

    藤原「(ガチャ)今日はお前たちにはヒーローTVにも同時出演してもらうで」

    遠藤「今聞きましたよw」

    松本「ンフフフフフwww」

    デデーン! 『浜田 松本 遠藤 アウトー!』

    浜田「ッタ……」

    アニエス『……いちいちケツバットを挟むのは番組のテンポが落ちるから嫌なんだけど、まぁ仕方ないわね……それじゃあ、現場まで移動よ! アポロンメディアの移動車を用意してるから使ってちょうだい!』

    松本「えー! もー!」

    浜田「はぁ……ほな行こか」

    (ゾロゾロ……)

    35 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)14:52:14 ID:v6Ngu4fga

    田中「でもヒーローTV出れるってすごくないですか?!」

    山崎「めっちゃ喜んでるやん」

    田中「いや、そりゃそうでしょ! かっこいいじゃないですか!」

    浜田「チッ……ええからもう、行くで」

    遠藤「うっとうしいテンションですよね……すんません」

    山崎「…………」

    田中「…………」

    松本「あれ? これ不快ハイww能力使ったん? めっちゃ不快やけどwww」

    山崎「ハハハハハ!www」

    田中「…………w」

    デデーン! 『松本 山崎 田中 アウトー!』

    アニエス『さっさと行きなさいよ!』

    37 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:35:06 ID:v6Ngu4fga

    (ゾロゾロ…)

    遠藤「あ、移動車って、あれみたいですね」

    浜田「でかい車やな」

    藤原「ほんならみんな、乗ってくれるか」

    (ウィーン)

    松本「自動ドアかいな。お、中結構ひろ……っ?!…www」

    浜田「…………w」

    遠藤「おー、中はラウンジみたいに……www」

    山崎「ハハハハハ!www」

    デデーン! 『松本 山崎 遠藤 アウトー!』

    山崎「ちょお待って!wwwマツコさんも一緒に行くん?www」

    マツコ「…………」

    38 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:35:39 ID:v6Ngu4fga

    藤原「ほんなら、浜田、松本、山崎、遠藤、田中の順に座ってくれるか」

    遠藤「…………」

    マツコ「…………」

    (……ゥゥーン)

    浜田「お、動き出したな」

    田中「めっちゃ静かですね」

    遠藤「……マツコさんも、おんなじ現場ですか?」

    マツコ「…………そうよ」

    39 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:37:49 ID:v6Ngu4fga

    松本「(ヒソヒソ)服はレジェンドで名前がマツコ・ザ・デラックスって、どないやねんな」

    山崎「ほんまですね」

    マツコ「…………ハァ…」

    浜田「…………」

    松本「…………」

    マツコ「……最近、能力落ちて来たのよね……」

    田中「ブフッwww!」

    遠藤「ハハハハハ!wwwレジェンドwww」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    40 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:38:20 ID:v6Ngu4fga

    遠藤「ッタァ…」

    田中「あ、テレビありますよ。ヒーローTVやってるん違いますか?」

    浜田「そやな、見てみよか」

    (ピッ)

    リポーター『さぁー! 今夜も始まりました! ヒーロォォォーTV!』

    松本「おお、ホンマにやってるわ」

    リポーター『今回のターゲットはこちら! なんと以前バーナビーによって捕らえられたネクスト強盗! ポーリーだ! 現在は奪ったタクシーで仲間とともに高速道路を逃走中だー!』

    浜田「捕らえられたのに逃げてるって、脱獄したってことか」

    遠藤「ホンマですね、田中、こいつが捕まえられたん見たことある?」

    田中「いやぁ、ないわ」

    41 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:38:50 ID:v6Ngu4fga

    アニエス『ポーリーはもともと資産家だったんだけどね、自分の執事達と窃盗団の真似事をしてたのよ』

    松本「金持ちの考えることは分からんなぁ」

    アニエス『悪質なのは考え方だけじゃないわ、能力が厄介なのよ。体表面をダイヤで覆うことができるから、ほとんどの攻撃が効かないの』

    浜田「めっちゃ強いやん、そんなんどうすんの?」

    アニエス『以前捕まえた時は、ワイルドタイガーとバーナビーの2点同時シンクロ攻撃で撃破できたんだけどね、今回はどうするのかしらね』

    山崎「おんなじことしたらダメなんすか?」

    アニエス『ワイルドタイガーは今は能力が1分しかもたないのよ。たった1分の間に息を合わせるのは、難しいでしょうね。そもそもワイルドタイガーは2部に落ちてるから、できれば1部の7人で解決してほしいわ』

    42 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:39:23 ID:v6Ngu4fga

    リポーター『おぉぉぉーっとぉぉ!! 最初に現場に駆けつけたのは! 風の魔術師! スカイハイだー!』

    田中「うわっ! スカイハイや! ほんまに飛んでるわぁ!」

    松本「飛んでるて、背中のエンジンみたいなん、何やねん」

    田中「…………」

    山崎「あれなかったら、浮くぐらいしかできないらしいですよ」

    リポーター『今シーズンは良いところを全てバーナビーに持っていかれているスカイハイ。現在は機動力を活かしてファーストアライバルポイントを稼ぐことで、一位のバーナビーを追っています!』

    松本「めっちゃセコいな!」

    田中「…………」

    44 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:40:20 ID:v6Ngu4fga

    スカイハイ「(ギュゥゥゥーン)そこの脱獄犯とその仲間たち! 待ちたまえ! そして、待ちたまえ!」

    執事A「どっ、どうしますぼっちゃん! タクシーではスカイハイのスピードは振り切れませんよ!」

    ポーリー「これくらいでうろたえるな! 追いつけても捕まえられっこないんだ! あの憎たらしい2人が揃わない今、僕は最強なんだ!」

    リポーター『おおっとぉ? ポーリー一味はスカイハイの制止を無視しているようですねぇ!』

    スカイハイ「よろしい! ならばスカイハイ! ……スカァァァァーイ(シュゥゥゥゥゥン)……ハァァァァァァァァァァァーイ!!(ドンッ!)」

    リポーター『出たぁぁぁー! スカイハイの必殺! 空圧弾んんッ!』

    執事B「ヒィィィッ! 来ましたよー!」

    (ドォォォォォーンッ!)

    リポーター『強烈な風圧の爆弾が! ポーリー一味をタクシーごと吹っ飛ばしたぁぁー!』

    46 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:41:13 ID:v6Ngu4fga

    (ボォォーンッ……メラメラ)

    リポーター『おおっと! タクシーがひっくり返って爆発してしまいました!…………えー、そして、はい、オリガミサイクロンが見切れています』

    スカイハイ「(スタッ)……やったか?」

    (ガシャァァーン!)

    スカイハイ「?!」

    ポーリー「ンフフフフフ、そんな攻撃が効くわけないだろ! 僕はダイヤだぞ!」

    スカイハイ「なるほど、確かに全身ダイヤだな……」

    ファイヤー「じゃあ……これならどう?(シュゥゥゥゥゥン……)」

    ポーリー「?!」

    (ボォォォォォォォーン!)

    リポーター『おぉぉぉーっとぉぉ!! ここで到着したファイヤーエンブレムのぉぉ! 必殺、ファイヤーボールが炸裂ぅぅ!』

    (メラメラ……)

    ファイヤー「?!」

    ポーリー「だから効かないって言ってるだろぉぉ! そんな炎じゃ涼しいもんさ!」

    ファイヤー「あら、ダメねぇ」

    47 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:42:06 ID:v6Ngu4fga

    バイソン「んじゃこれでどうだぁぁぁぁーッ!!(ギュルルルルルルルルーッ……ガシィィィィーンッ!!)」

    ポーリー「ぐっ!?」

    リポーター『あぁぁぁぁーっとぉぉぉ!! さらにここで意外にも早めに到着した西海岸の猛牛戦車、ロックバイソンのッ! 果敢なドリルタックルがポーリーを直撃したぁぁぁぁッ!』

    バイソン「(ギュルルルルルル……ルル……ル…………)あ、あれ? 止まった?」

    ポーリー「ふふふふふ……そんなドリルじゃ、僕のダイヤは、削れないぞっと!(バキィッ!)」

    バイソン「ぐっ! くそったれ! ドリル折りやがった!」

    スカイハイ「なるほど、全身ダイヤだから攻撃力も高いというわけだな……」

    ファイヤー「んもぅ! 面倒ね!」

    48 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:42:34 ID:v6Ngu4fga

    リポーター『なぁんとぉ! ヒーロー四人が取り囲んでいるにも関わらず! 脱獄犯ポーリーを捕まえることができません!』

    浜田「なぁ、あいつら全然勝てそうにないやん」

    アニエス『そうね、犯罪は地味だけど、能力だけなら相当強いわよ』

    松本「いや、強いわよて、どうすんねんな」

    田中「あ! 見てくださいあれ!」

    リポーター『あぁっと! 来ましたッ! あの特設ステージ内蔵車はぁぁぁッ! ヒーロー界のスーパーアイドルッ! ブルーローズだぁぁぁッ!』

    オリガミ「!!」

    (ウィィィーン)

    49 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:43:01 ID:v6Ngu4fga

    ローズ「私の氷はちょっぴりCOLD……貴方の悪事を完全HOLD!(ビシュッ!)」

    リポーター『なぁぁんとぉ! ブルーローズ、決めポーズからそのまま攻撃ッ! 氷の棘がポーリーめがけて一直線だぁぁぁぁ!』

    ポーリー「いいかげんに、しろ!(ガンッ!)」

    リポーター『なんとポーリー! いとも簡単に打ち抜いたぁぁッ!』

    ポーリー「フフンw貧弱な攻撃だな! そろそろ僕からも、反撃させてもらうぞッ!(ガツンッ!)」

    リポーター『?! なんとポーリー、自らの拳を打ち合わせて両手のダイヤを砕いた?……ああぁぁぁッ! ポーリーが高速で投擲したダイヤの散弾がッ! ヒーロー達を襲うぅッ!』

    オリガミ「!!」

    ファイヤー「!? やだ、危ないわね!」

    バイソン「!? うおっ! スーツにささったぞっ!」

    ローズ「いやぁぁぁん!」

    リポーター『出ました! キューティー・エスケープ!』

    ポーリー「見たかぁ! これがほんとのダイヤモンドダストだぁ!」

    50 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:46:38 ID:v6Ngu4fga

    リポーター『五人のヒーロー、苦戦しております! あぁぁぁっとぉぉ! 空から舞い降りるあの人影はぁぁぁッ! お待たせしました! テレビの前の大きなお友達ッ! 『最近女の色気が増してきた』と一部で噂のッ! 稲妻カンフーマスタァァァッ! ドラゴンキッドだぁぁぁぁ!』

    キッド「な、なんで僕だけそんな紹介なのさぁぁぁッ///!(バリバリバリバリッ!)」

    ポーリー「?! ぐっ!」

    リポーター『ドラゴンキッドの電撃が容赦なくポーリーを襲うぅッ!』

    ポーリー「ふふふふふ……効かないね」

    キッド「?! そんな……」

    ……………………

    リポーター『ヒーロー達、依然として犯人を捕まえることができていません!』

    松本「えー、もー全然効いてないやん」

    浜田「なぁ、電撃って結構強いんちゃうん?」

    田中「そうですよね、なんやったら効くんかな?」

    51 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:52:19 ID:v6Ngu4fga

    ???「はぁ……まったく、何をやっているんですか、皆さん」

    ポーリー「?!」

    ローズ「遅いわよあんた!」

    ポーリー「!……この声は……僕の首根っこを掴んだ……」

    リポーター『出ましたここで真打登場ッ! キングオブヒーロー! バーナビー・ブルックス・Jr.だぁぁぁぁ!』

    バーナビー「今回のターゲットは、以前僕が捕まえた奴って聞いてますけど……あぁ、あいつはあの時の 」

    ファイヤー「そうよ、ワイルドタイガーが……」

    バーナビー「僕の誕生日プレゼントのサプライズをした日ですよね?」

    スカイハイ「ん?」

    ローズ「なによそれ?」

    52 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:52:50 ID:v6Ngu4fga

    バーナビー「なにって、あなたたちが強盗団の真似までして、オモチャの銃でハッピーバースデーって」

    ローズ「あぁ! あったわね、そんなの。ファイヤーエンブレム、覚えてたの?」

    ファイヤー「? いいえ、私はただワイルドタイガーが……『ハンサムとのコンビネーションで撃破した』って言いたかっただけよ?」

    ローズ「……あんた、よく覚えてたわね」

    ファイヤー「そんなに嬉しかったの?」

    スカイハイ「ふふっ、グッドなメモリーだ!」

    バーナビー「そ、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ! さっさと捕まえますよ///!」

    53 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:55:45 ID:v6Ngu4fga

    ポーリー「何の話か知らないけどな……ンフフフフ……僕はお前をぶっ飛ばす為に出てきたようなもんさ……」

    バーナビー「……さっさと僕のポイントになってもらいますよ!」

    ポーリー「やってみろよw! 心強いお友達がいなくてもできるもんならなぁ!」

    バーナビー「……皆さん、手出ししないでくださいよ(キィィィン)はぁぁぁぁ……(ダッ!)」

    リポーター『バーナビーがハンドレッドパワーを発動して飛び出したぁぁぁッ!』

    (ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッッッ!!!)

    リポーター『バーナビー、高速連続キックをポーリーに
    叩き込むーッ!』

    ポーリー「ふふんっ……効かないねぇw……なんなら五分間は何もしないで待っててあげようかw?」

    バーナビー「くっ!(……こいつの余裕、ハッタリじゃない……)」

    54 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:57:19 ID:v6Ngu4fga

    田中「うわ、バーナビーの攻撃も効かんのかぁ……」

    遠藤「ダイヤかぁ、どうしたらええんやろな(キィィィン……)」

    浜田「? 遠藤、なにそれ?」

    遠藤「? なにがですか?」

    浜田「いや、なにがて」

    山崎「ほんまや、なんか、ボォォォ~と」

    田中「?! 遠藤! 青く光ってるやん!」

    松本「クラミジアちゃうか」

    浜田「ンナハハハハハwww」

    松本「ンフフフフwww」

    デデーン! 『浜田 松本 山崎 田中 アウトー!』

    55 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:57:51 ID:v6Ngu4fga

    マツコ「……あんた、それ能力発動してるわよ」

    遠藤「え? ほんまですか?」

    浜田「あー、能力発動したらそんなんなんねや」

    遠藤「え、でも、なんの能力なんですかね?」

    松本「…………わからんのかいw」

    浜田「…………」

    デデーン! 『浜田 アウトー!』

    浜田「だからなんで俺やねん!」

    56 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)16:59:05 ID:v6Ngu4fga

    バーナビー「」(ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッッッ!!!)

    ファイヤー「ち、ちょっと……どうすんのよ」

    バイソン「ほんとに……効いてねぇな」

    キッド「もうすぐ5分経っちゃうよ……」

    バーナビー「」(ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッッッ!!!)

    ローズ「こんなとき、あいつがいてくれたら……」

    オリガミ「!!」

    バーナビー「はぁぁぁぁぁッ!!」

    ー『Good-Luck MODE!』

    (ガシィィィィーンッ!!)

    バーナビー「くッ!」

    ポーリー「…………んふふふふふ」

    リポーター『なんと! バーナビーの足を巨大化した渾身の一撃でさえ、ポーリーのダイヤの装甲を砕くことができません!』

    57 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:00:15 ID:v6Ngu4fga

    (ゥゥン……)

    浜田「お、着いたんかな?」

    藤原「ここが現場や、ほんなら降りてくれるか」

    松本「えー? 危ないんちゃうん?」

    山崎「ホンマですよね、バトルに巻き込まれたらヤバいですよ~」

    アニエス『安心してちょうだい、今日は見学みたいなものよ。現場とは言っても、あなた達がいる場所は、今バトルしてる場所からはかなり離れてるわ』

    松本「見学やったら車ん中でテレビ見とったらええやん」

    アニエス『それじゃ番組にならないでしょ!』

    浜田「ちょお、遠藤! 先降りろや」

    遠藤「えー! なんでですか?」

    浜田「能力発動してるやんけ! 俺らより安全やろ」

    松本「ほんまやな」

    遠藤「いやだから、なんの能力なんですか?!」

    松本「だからクラミジアやろw」

    浜田「ンフフフフフwwwやめろってお前!」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    アニエス『さっさと降りなさいよ!』

    58 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:01:10 ID:v6Ngu4fga

    (ウィーン……ゾロゾロ)

    浜田「うわっ! 寒っ!」

    松本「もぉー、帰ろうやー」

    田中「ヒーロー達はどのへんなんですかね?」

    山崎「ていうか、ここどこやねんな」

    遠藤「高速道路ですね、現場見えるかな?」

    マツコ「向こうにうっすら煙が見えるでしょ? あそこよ」

    アニエス『とりあえず、安全を確認しながら、現場に向かってちょうだい』

    (ゾロゾロ…)

    遠藤「マツコさんも……戦ってくれるんすか?」

    マツコ「必要があれば、そうするわ」

    松本「……w」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    59 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:02:01 ID:v6Ngu4fga

    バーナビー「くっ!(フゥッ……)?! 時間か!?」

    ポーリー「んふふふふふ、つくづく、お前の能力って欠陥だよなw5分しか持たない上に次に使えるのは1時間後、しかもただ身体能力を高めるだけなんてwww5分間で倒せなかったら『もう何もできません』って言ってるようなもんだよなぁwwwうぇwww」

    ファイヤー「まぁ、確かにそうよね」

    バイソン「制限ある割に大した能力じゃないもんな」

    ローズ「あ、なんだかちょっとスッキリしたわ」

    オリガミ「!!」

    キッド「み、みんな! 今はとにかくこいつを捕まえようよ!」

    60 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:03:02 ID:v6Ngu4fga

    スカイハイ「確かに! 不毛なけなし合いはやめよう! 今一度! ……スカァァァァーイ(シュゥゥゥゥゥン)……ハァァァァァァァァァァァーイ!!(ドンッ!)」

    ポーリー「?!」

    (ドォォォォォォーンッ!)

    ポーリー「わあああぁぁぁぁぁ……ぁぁ……ぁ…………」

    スカイハイ「よしっ! 吹っ飛ばしたぞ!」

    ファイヤー「吹っ飛ばしただけじゃないのよ」

    ローズ「根本解決になってないわよ」

    バーナビー「むしろ逃がしちゃったんじゃないですか?」

    キッド「ブルーローズの氷で拘束してから対策立てた方がよかったんじゃない?」

    バイソン「風が効くわけないんだから大人しくしてろよ」

    スカイハイ「ぐぬぬ」

    オリガミ「!! 皆さん! ポーリーが飛んでいった先! 誰かいますよ!」

    61 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:03:37 ID:v6Ngu4fga

    遠藤「あれ? なんか、飛んできますよ?」

    松本「なんやあれ? 」

    山崎「なんか、キラキラしてますね」

    マツコ「……あれは?!」

    田中「あいつ! 犯人ですよ!」

    (ドォォォーン!)

    ポーリー「……ふぅ、痛くも何ともないけど、さすがに鬱陶しいなぁ。早く逃げたいのに……ん?」

    浜田「あかん、目ぇおうたわ」

    ポーリー「へぇ……誰かと思えば、
    テレビでみたことあるよ、芸人じゃないか」

    松本「僕は違います!」

    浜田「汚っ!」

    遠藤「ばれてますって!」

    ポーリー「そうだ! お前ら人質にすれば逃げやすいな!」

    田中「やばいですって! 逃げましょうよ!」

    マツコ「まったく、仕方ないわね(キィィィン)」

    62 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:04:20 ID:v6Ngu4fga

    田中「?! マツコさんw能力発動してますよw」

    浜田「ちょぉwほんまに戦うん?w」

    デデーン! 『浜田 田中 アウトー!』

    浜田「いや今はええやろ!」

    遠藤「お仕置き隊出てきても危ないですもんね」

    松本「マツコ・ザ・デラックスの能力なんなんやろな」

    マツコ「私の能力、ねぇ……この威圧感を見てもまだわからないの?」

    浜田「能力と関係あんのか?」

    ポーリー「どんな能力かなんて関係ないね! この僕のダイヤの装甲を破れる奴なんかいやしないんだ!」

    マツコ「あら? 破る必要なんかないのよ」

    ポーリー「? バカ言うなwお前らヒーローは犯罪者を無力化してナンボだろwww」

    63 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:05:22 ID:v6Ngu4fga

    マツコ「ええ、だから、無力化と撃破は違うのよ。あんたをこの場に何もできない状態で拘束しさえすれば、当面は市民の安全は守られる……私ならそれができるのよ」

    ポーリー「できるもんならやってみ……?!」

    マツコ「もうやったわ(キィィィィィンッ)」

    ポーリー「な……んだ? 動け……ない……お、おも……」

    マツコ「いくら硬い外殻で覆っても、身体能力を高めてないなら、動けるはずがないわよ……」

    浜田「おい、見てみあれ。あいつの足元の地面が……へこんでんで」

    遠藤「! そうか! マツコさんの能力って……」

    マツコ「ええ、『重力操作』よ」

    64 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:06:12 ID:v6Ngu4fga

    ポーリー「ぐっ……立って……られない……(ドシャァッ)くっ……そぉ! 僕に傷ひとつ……つけられない……くせにぃぃ!」

    マツコ「だからそんな必要ないのよ(ゲシッ! グリグリ)」

    山崎「うわ、顔踏んでる」

    田中「すごい能力と度胸ですね」

    松本「ものすごい威圧感やもんや」

    遠藤「めっちゃ能力ハマってますね」

    浜田「危なかったなぁ……ほんなら今のうちに車に戻ろうや。アニエスさん、かまへんやろ?」

    アニエス『そうね、こんなところで怪我されても困るから、さっさと戻ってちょうだい』

    65 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:06:50 ID:v6Ngu4fga

    マツコ「(フゥッ……)あ、切れたわ」

    松本「えっ」

    田中「えっ」

    マツコ「えっ」

    浜田「ンフフフフwww」

    デデーン! 『浜田 アウトー!』

    浜田「いや! ちゃうて! ちょお待って! 切れたってなによ?!」

    マツコ「なにじゃないわよ、言ったでしょ? 能力落ちてきてるって」

    遠藤「え? ほんなら、時間切れですか?」

    マツコ「そうよ。それじゃあね」(タタタッ)

    田中「普通に走って逃げてますよwww」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    66 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:07:51 ID:v6Ngu4fga

    田中「あ、やっぱり今はお仕置き隊出てこないみたいですね」

    遠藤「非常事態やもんなぁ」

    ポーリー「くっそぉ……許さない……」

    松本「めっちゃ怒ってるやん」

    ポーリー「あいつには逃げられたか……だけどこうなったら、見せしめにお前らの内、2、3人殺してから残りを人質にしてやる!」

    山崎「ええぇぇぇ! 嫌やぁぁぁ!」

    浜田「うるさいなぁ! みんな嫌やわ!」

    田中「ど、どうしましょう?」

    遠藤「……アニエスさん、こういう時、どうしたらいいんですか?」

    アニエス『そうね……とりあえずヒーロー達のいる方に逃げてちょうだい。彼らにもそっちに向かってもらうわ!』

    遠藤「わかりました! ほんなら、行きましょ!」

    松本「お、おお! そやな!」

    (ダダダダッ)

    67 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:08:50 ID:v6Ngu4fga

    ポーリー「逃がすかぁぁ!」

    浜田「追っかけてきたで!」

    遠藤「そりゃそうでしょ! 急いでください!」

    山崎「いやぁぁぁぁぁ!! 怖いぃぃぃぃぃ!!(キィィィン)」

    田中「?! 邦正さん! その光! 能力ですか!?」

    ポーリー「(ツルッ!)ぶふっ!!」

    松本「え?」

    浜田「なんか、こけよったで」

    遠藤「いや、こけたと言うよりは……」

    田中「うん、滑ったみたいやったな」

    遠藤「あ! そういえば石破さん!」

    ………………

    石破「山崎さん、ヒーロー名は、スベリンキッド……いついかなるときも、スベることができる、のみならず、関わった人間さえも、スベらせる」

    ………………

    遠藤「……邦正さんの能力って、スベったりスベらせたりできるってことですよ!」

    松本「ンフフフフwwwそのまんまやんけwww」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    松本「もうええ言うねん!!」

    68 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:09:40 ID:v6Ngu4fga

    ポーリー「き、さまらぁぁぁ……」

    松本「余計怒らせてるやんけ! はよ逃げるぞ!(ツルッ)ぶ!」

    浜田「(ツルッ)おわっ!」

    遠藤「ええ?(ツルッ)」

    田中「ちょ!(ツルッ)」

    山崎「え? なんで?」

    浜田「なんでちゃうやろボケ!」

    松本「俺らまでスベらせてどないすんねん!」

    遠藤「いや、俺らもと言うよりは、これ、道路全体が滑りやすくなってるんと違いますか?」

    田中「それって、ヒーロー達もこっち来られへんやん!」

    69 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:10:27 ID:v6Ngu4fga

    遠藤「スカイハイなら、来てもらえるかもしれんけどな……」

    浜田「あんまり当てにせん方がええやろな」

    田中「え、ていうことは」

    遠藤「俺らでなんとか切り抜けなあかんってことや」

    松本「とりあえずさぁ、能力覚醒してる山ちゃんと遠藤でなんとかせえや」

    浜田「ていうか山ちゃん、とりあえず能力解除せえや」

    山崎「え、どうすんのこれ? えー、こうかな?(フゥッ……)」

    田中「あ、消えましたね」

    松本「あ、ほんまや、普通に歩けるわ」

    遠藤「え、それどうやるんすか?」

    山崎「どうって、なんとなく、力抜いただけやけど」

    遠藤「マジすか、えっと、こうかな?(フゥッ……)」

    浜田「ふたりとも解除してどないすんねん!」

    70 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:10:53 ID:v6Ngu4fga

    ポーリー「ふぅっ……観念したってことか?」

    遠藤「え? いや、ちが」

    浜田「おい! どうすんねん!」

    松本「田中! 能力使えや!」

    遠藤「(キィィィン)」

    浜田「お前ちゃうわ!」

    遠藤「あ、すんませんwちょっとコツつかみたくて」

    ポーリー「さーて、誰から殺そうかな~w」

    山崎「いやぁぁぁぁぁ!」

    遠藤「!? そや! 邦正さん! もっかい能力使ってください!」

    71 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:11:33 ID:v6Ngu4fga

    浜田「使ってどうすんねん! 結局こっちも動かれへんやんけ!」

    遠藤「いや、ちょっと試したくて、
    邦正さん! 今度はあいつを滑りやすくしてください!」

    山崎「ええ?! やり方わからんて!」

    アニエス『大丈夫! 成功したところを強くイメージすればできるわ!』

    山崎「ええ?! んんんん~!(キィィィン)しゃぁ!」

    ポーリー「させるかぁブフ!(ツルッ)」

    松本「お、うまくいったんか?」

    田中「今度は……うん、僕らは普通に歩けますね」

    山崎「えっと、つまり、どういうことなんですかね?」

    浜田「お前がやったんやろ! まぁ、山ちゃんの能力は『ひとつのものの表面を滑りやすくする』ってことやろ」

    遠藤「でしょうね、さっきは道路全体を、今度は犯人だけを滑りやすくしたんすね」

    アニエス『スベリンキッドの能力は『摩擦係数の操作』と言ったところかしら』

    72 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:12:11 ID:v6Ngu4fga

    松本「ほんなら、さっさとヒーロー達と合流しようや」

    遠藤「そうすね」

    (タタタッ…………)

    ポーリー「許さない……どいつもこいつも……ふざけた能力で……この僕が……地べたに……這いつくばるなんてぇぇぇぇぇぇぇ!!(キィィィン)」

    田中「なんか、さらに怒ってますよ!」

    浜田「ほっとけや、とりあえずは動かれへんねんから」

    ポーリー「うおおぉぉぉぉ!(ビキビキビキビキィ)」

    山崎「ええ?! なんか形変わってるで!」

    松本「おおげさやの、変わってんの手足だけやんけ。今さら両手両足をトゲみたいにして攻撃力上げても意味ないやん」

    ポーリー「どいつもこいつもぉぉぉぉぉぉぉ(ビキビキビキビキィ……ザクッ)」

    遠藤「いや! あれは……まずいですよ! 走ってください!」

    浜田「なんでやねんな」

    遠藤「いいから早く!」

    (ダダダダッ!)

    73 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:12:55 ID:v6Ngu4fga

    浜田「ハッ、ハッ、なんやねん! どないしてん!」

    遠藤「今のあいつには、邦正さんの能力じゃ足止めが効きません!」

    松本「ハッ、ハッ、なんでやねんな、実際あいつは……うわぁ……」

    山崎「え……? いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

    浜田「うるさいねん! そない怖ないやろ!」

    田中「いや、あれは怖いですって」

    ポーリー「(ザクザクザクザクッ)待てぇぇぇぇぇぇ!」

    山崎「両手両足……地面に刺しながら四つん這いで追っかけてきますよぉぉぉ!」

    松本「ちょお! スベリンキッド! お前能力ちゃんとせえや!」

    遠藤「違うんです! 邦正さんは能力解除してません!」

    浜田「どういうことやねん!」

    74 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:13:37 ID:v6Ngu4fga

    (タタタタタタタッ)

    遠藤「ハッ、ハッ、例えば、滑りやすい路面歩くとき、意識して足を垂直に下ろしませんか? 横滑りしないように」

    浜田「うん、まぁそやな」

    遠藤「滑りやすさっていうのは、力を垂直に加えると、ほとんど意味ないんですよ! しかもあいつは自分の手足を地面に刺すことで……」

    ポーリー「待ちやがれぇぇぇぇぇぇ!」

    アニエス『踏み出しと踏み込みを安定させてるのね』

    遠藤「だから、はよ合流せなあかんのですよ!」

    ポーリー「どいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもどいつもこいつもぉぉぉぉぉぉ!!!!」

    75 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:14:11 ID:v6Ngu4fga

    バーナビー「ん、地面、元に戻りましたね」

    キッド「ほんとだ、普通に歩ける」

    バイソン「おい! スカイハイ!いつまで落ち込んでんだよ!」

    ローズ「一体なんだったのよ、さっきの道全体がツルツルになったのは」

    ファイヤー「もしかしたら、共犯者がいるのかもね、ネクストの」

    バーナビー「僕たちの足止めをしてたってことですか」

    バイソン「ま、とにかくポーリーを追っかけようぜ!」

    ファイヤー「それじゃ、スカイハイと乗り物組は先行しましょ」

    オリガミ「!!」

    ローズ「そうね」

    バーナビー「足止めしておきます! 悔しいですが、あいつを倒す手立てがありませんから」

    76 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:14:53 ID:v6Ngu4fga

    (ダダダダッ!)

    山崎「あかぁぁぁぁん! 追いづがれるぅぅぅぅ!」

    (ザクザクザクザクッ!)

    ポーリー「ひとり残らずぶっ殺す!ダイヤを刺してぶっ殺す!ひとり残らずぶっ殺す!ダイヤを刺してぶっ殺す!ひとり残らずぶっ殺す!
    ダイヤを刺してぶっ殺す!ひとり残らずぶっ殺す!ダイヤを刺してぶっ殺す!」

    松本「ハッ、ハッ、人質にするんちゃうんか」

    遠藤「めっちゃ逆上してますね」

    山崎「あ! あっち! なんか来ますよ!」

    田中「あれは……バーナビーとブルーローズと、ファイヤーエンブレム!」

    遠藤「スカイハイも来てくれてるで!」

    浜田「ハッ、ハッ、あとちょっとや! 急げ!」

    田中「うわっ!(ドテッ)」

    松本「なにしてんねん!」

    浜田「田中! はよ立……」

    ポーリー「んふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ……つぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅかまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁえたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

    田中「ぐっ」

    77 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:15:25 ID:v6Ngu4fga

    山崎「田中!」

    ポーリー「おぉぉぉっとぉぉぉ、動くなよぉぉ(ギリギリィ)」

    田中「んがくくっ」

    ポーリー「さて、とりあえずその厄介な能力を解除してもらおうか」

    山崎「ど、どうします?」

    松本「どうしますて、言うとおりにするしかないやんけ」

    遠藤「そうすね、でもあっちからヒーロー達も来てくれてはるんで」

    浜田「言うとおりにしながら時間稼ぎ、やな?」

    遠藤「ええ、それがいいかと」

    山崎「はい……(フゥッ)」

    ポーリー「よーし、それじゃあ10秒以内にうつ伏せになって頭の後ろで手を組め。それをしないとこいつの足をぶった切る。いーち、にーい」

    遠藤「ちょ、ちょっと待ってくださいよ」

    ポーリー「口ごたえするんじゃねぇぇよぉぉぉぉぉ!!(ザクッ)」

    78 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:15:55 ID:v6Ngu4fga

    田中「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

    山崎「田中ぁ!」

    浜田「(ピクッ)」

    松本「あ」

    田中「うぅ……ったぁぁ……」

    ポーリー「んふふふふふwww今のは軽く足を刺しただけだけどな……次につまんないこと言ったら今度は完全に貫通……って、おい、お前!
    なに勝手に動いてんだ」

    浜田「(スタスタスタスタ)」

    松本「あーあ」

    遠藤「浜田さん!」

    ポーリー「状況わかってないのかぁ! こいつ殺しちまうぞぉ!」

    浜田「(スタスタスタスタ……キィィィン……スタスタスタスタ)」

    ポーリー「まじでこいつらむかつくぜぇぇぇ! こうなったらまずはお前からだぁぁぁ!」

    79 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:16:35 ID:v6Ngu4fga

    浜田「(スタスタスタスタ……ピタ)」

    ポーリー「くたばれぇぇぇぇぇぇ!」

    浜田「なにさらしとんじゃボケコラァァァァァァァァァァァ!!!(バシィィィィィィィーン!)」

    松本「ンフフフフフフwww普通にどつくだけかい!」

    (パリィィィィィィィィーン)

    遠藤「えっ」

    ポーリー「?! な、んだぁ……? 僕の……無敵の装甲が……」

    山崎「ダイヤ……全部バラバラに砕けましたね」

    松本「砕けたっちゅーか、剥がれて落ちたっちゅーか」

    80 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:16:59 ID:v6Ngu4fga

    浜田「なめとったらあかんどゴラァァァァァァァァァ!!(ガッゴッ)死にさらせワレボケェェェェェェェェェェ!!(ガンッ! ゴスッ! ボキッ!)」

    ポーリー「ひぃぃぃぃぃ! いだっ! 痛い! やめて! 助けて!」

    遠藤「浜田さん、それ以上やったら死にますて」

    浜田「ボケッ!(ガッ)カスッ!(ゴッ)死ねッ!(ゲシッ)」

    松本「ンフフフフフフwwwもうやめ言うねんwww」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    松本「なんか久しぶりに聞いたな……えー! やんの? イッタ!」

    (ブロロロロォ……キィッ)

    バーナビー「?……これは?」

    ファイヤー「……どういうこと?」

    スカイハイ「(スタッ)いまひとつ……状況が」

    ローズ「ていうか、この人達の格好って」

    81 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:18:18 ID:v6Ngu4fga

    浜田「死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)」

    ポーリー「………………」(ビクンビクンッ)

    松本「ンフフフフフフwwwほんまに死ぬて」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    ローズ「なんなのよこれ……ヒーロー7人がかりでどうしようもなかったポーリーが……なんで関西弁のヤクザにボコられてるの?」

    キッド「ハァ、ハァ、あれ? もうやっつけちゃったの?」

    ファイヤー「いえ、それがね、私たちが着いた時にはもうこんな感じだったのよ」

    オリガミ「!!」

    田中「あ! ヒーロー達や!」

    遠藤「おお! ほんまや、生で見ると迫力あるなぁ」

    バーナビー「? あなた方は、確かテレビで」

    バイソン「おぉ! ガキのメンバーじゃねえか!」

    浜田「死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)死ねッ!(ゴッ)」

    アニエス『あー、ちょっと待って、説明するわね。浜田さんもいい加減やめてもらえるかしら? 田中さんの手当てもあるんだし』

    82 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:18:49 ID:v6Ngu4fga

    田中「ふぅ……とりあえず血は止まりましたね」

    ポーリー「…………」

    アニエス『…………というわけで、今日一日はガキのメンバーとヒーロー達の夢の共演よ』

    バーナビー「民間人を守りながらの戦闘ですか? 賛成しかねますね」

    キッド「……」

    ローズ「……」

    アニエス『心配しないで、彼らの内すでに3人はネクストとしての能力に目覚めているわ』

    オリガミ「!!」

    スカイハイ「ほんとですか?! それはすごい!」

    アニエス『ええ、事実、ポーリーを撃破したのは、浜田さんの能力と暴力よ』

    遠藤「あ、やっぱり浜田さんも覚醒してたんですね」

    松本「なんの能力やねんな」

    浜田「いや、わからんよ、なんも意識してへんし」

    アニエス『浜田さんの能力は、おそらく『ツッコミによる能力の強制解除』よ』

    83 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:19:23 ID:v6Ngu4fga

    キッド「……」

    ローズ「……」

    松本「そんな都合ええ能力とか反則やろ」

    アニエス『あら? そんなことないわよ、石破部長の話を思い出してみて』

    ………………

    石破「浜田さん……ヒーロー名は、ワイルドツッコミ……野性的なツッコミは、あらゆる人間に、戦意喪失させる力が、あります」

    ………………

    アニエス『ネクストの能力は脳波と密接な関係があると言われているの。つまり、石破部長の話が浜田さんや山崎さんの能力を決めたと言ってもいいわ。本人が意識していなくてもね』

    松本「やるやん、ワイルドツッコミ」

    バーナビー「だからって、犯罪者確保の最前線に来るなんて危険すぎます! 戦闘訓練も受けていないんでしょう?」

    アニエス『あなた達が手におえなかったポーリーを倒したのよ。それに彼らの着ているスーツは本物と同じ素材だから、防御力も高いわ』

    84 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:19:55 ID:v6Ngu4fga

    ファイヤー「それとこれとは話が別よ。彼らの安全の確保も私たちの大事なお仕事。安全の確保と共闘は、両立できないわ」

    アニエス『さっきみたいなことはそうそう起きないわよ。遠くで見学みたいなことしてるだけなんだもの』

    バイソン「まぁ、スカイハイが余計なことしなけりゃ、ああはなってないしな」

    スカイハイ「ぐっ! す、すまなかった! そして、すま」

    オリガミ「いいんじゃないですか? 行動を共にしてくれた方が安全ということもありますし」

    キッド「……」

    ローズ「……」

    ファイヤー「ったく、楽観的ね。知らないわよ?」

    ???「ちょぉぉぉぉぉぉぉっと待ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

    アニエス『?!』

    85 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:21:23 ID:v6Ngu4fga

    山崎「あ! 上からですよ!」

    松本「誰か知らんけど、なんでみんな上から跳んでくんねん」

    ???「(スタッ)へへ、俺がいなきゃ倒せねーんだろ! そいつはよ。さぁて……ワイルドに、吠えるか」

    ファイヤー「なにやってんのよ、あんた」

    バイソン「いや、なに言ってんだ?」

    バーナビー「……はぁ……犯人はもう捕まりましたよ、虎徹さん」

    タイガー「あ! てめ! 一般人の前で名前で呼ぶんじゃねえよ! って、え? 捕まったの?」

    キッド「……」

    ローズ「……」

    バーナビー「見てのとおりですよ」

    86 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:22:31 ID:v6Ngu4fga

    タイガー「俺とバニーちゃんの2点同時シンクロ攻撃は?」

    バーナビー「必要なかったんですよ、彼らの能力、と言うより、あなたと同じ格好している人の能力で、逮捕できたようですよ」

    タイガー「? おおー! ダウンタウンの浜田さんじゃねーかよ! いやぁ、ファンなんすよ俺! あ、握手してもらっていいっすか? ありがとうございます! ワールドダウンタウン大好きでしたよ! あれ? その格好、もしかして浜田さんも、このワイルドタイガーの!(ビシッ)ファンだったりします? あれ?! ていうか、ガキのメンバー勢揃いじゃねーか!」

    ファイヤー「どっちが一般人なのよ……」

    オリガミ「タイガーさん、1分しか持たないから来るの遅れたんですね」

    タイガー「そーなんだよ! 着いてすぐ切れたら意味ねーだろ? 途中でバイクが使えなくなるしよ!」

    遠藤「あ、邦正さんの能力ですね」

    ファイヤー「なんなのそれ? あら、あなたも結構なハンサムね……」

    遠藤「うっ……え、えーと、僕ら5人の内、能力が覚醒してるのは、浜田さんと邦正さんと僕なんです。浜田さんの能力は『ツッコミによる能力の強制解除』邦正さんの能力は『摩擦係数の操作』で、僕の能力はまだわかってません」

    キッド「……」

    ローズ「……」

    87 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:25:34 ID:v6Ngu4fga

    バイソン「そうだったのか」

    スカイハイ「と言うことは、共犯者もいなく、無事に一件落着と言うわけか」

    山崎「やっぱりあの時、皆さんも足止めくらってたんですね。すんませんでした」

    ファイヤー「いいのよ、むしろあなた達に助けられたようなものだし」

    スカイハイ「我々だけでは捕まえることは、残念ながらできなかった」

    タイガー「おいおい、誰か説明してくれよ。なんでガキのメンバーが俺らの格好してるんだよ」

    キッド「……」

    ローズ「……」

    88 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:26:55 ID:v6Ngu4fga

    アニエス『……と言うわけで、今日は一緒に行動してちょうだい。はぁ、この説明、もう3回目よ』

    タイガー「ちょっと待ってくれよ!
    戦闘訓練も受けてない民間人と共闘だなんて危ねえだろ!」

    バーナビー「それはもうさっきやりましたよ」

    タイガー「あ、そうなの?」

    ファイヤー「あんた来るなら早めに来なさいよ」

    アニエス『それじゃあ、改めてよろしくね! ワイルドツッコミ、シャークレー、ブルー遠藤、不快ハイ、スベリンキッド! そしてヒーロー諸君!』

    キッド「……いやだよ……やめてほしいよ」

    ローズ「あんたはまだいいわよ……私なんか……オッサンがおんなじ格好ってだけで変態なのに、クチビルヤクザがタイガーのスーツ着てるのよ」

    アニエス『それじゃあ一旦みんなでアポロンメディアに戻ってちょうだい! 恒例の総会イベントが待ってるわよ!』

    松本「えー!」

    アニエス『ガキのメンバーは移動車を使ってね』

    89 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:32:11 ID:v6Ngu4fga

    バーナビー「ちょっと待ってください。犯人の引き渡しはどうするんです? 捕まえたのが我々でない以上、誰かひとりのポイントにはできませんよ」

    ファイヤー「じゃあいっそ、ガキのメンバーをルーキーチームとして、ポイントを計上したらどうかしら?」

    遠藤「いいんですか?」

    アニエス『そうね、その方が番組としても面白そうだから、そうしましょ。というわけでルーキーチームの5人は、警察が到着するまで待っててちょうだい』

    松本「えぇぇぇー! このポーリーとか言うの、もう死んでますってー!」

    アニエス『だとしたら捕まるのはあんたたちよ! いいから待ってなさい!』

    タイガー「おい、お前松本さんにそんな強気に……」

    ポーリー「…………」

    90 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:54:32 ID:v6Ngu4fga

    (ボヒュゥゥンッ!)

    キッド「?! みんな! 危ない!」

    (ドォォォンッッッボワァァァァァァァンッ!)

    ポーリー「?! ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

    バーナビー「?!」

    ローズ「なに?!」

    遠藤「え?! 燃えた?」

    松本「ていうか生きてた!」

    ポーリー「ぁぁぁぁぁ……ぁぁぁ……ぁ…ぁっぃ…………」

    バイソン「おいこれ!」

    ファイヤー「ええ、この炎は!」

    田中「青い……炎……」

    タイガー「まぁぁた出やがったなぁ! 顔面グローブッ!!」

    バーナビー「ルナティックですよ!!」

    91 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)17:56:15 ID:v6Ngu4fga

    オリガミ「皆さん! あのビルの上です!」

    松本「ほんま、なんでも上からやな……」

    ルナティック「……罪は罰によってのみ償うことができる……故に与えられた罰から逃げることは……最も許されざるべき罪だ」

    浜田「なんか言うとるで」

    ルナティック「罪深き者よ……タナトスの声を聞け」

    ポーリー「…………」

    山崎「人間が……ケシ炭になってもうた」

    松本「あいつもネクストやんなぁ? でも人殺ししよったで?」

    バーナビー「ええ! あいつも捕まえなくてはならない犯罪者のひとりです」

    ルナティック「違うな……私は正義の執行者だ……」

    タイガー「(キィィィン)人殺しはそう言うんだ!」

    92 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:00:01 ID:v6Ngu4fga

    ルナティック「(バッ……ボシュッ……ボシュッ…………ボシュッ…………)」

    タイガー「な?! いきなり逃げかよ!」

    バーナビー「おそらく、ガキのメンバーがいたからでしょうね」

    遠藤「どういうことですか?」

    ファイヤー「あいつはね、正義を気取ってるだけなのよ。気に入らない奴は容赦なく殺すけど、犯罪者や悪人以外には手を出さないわ」

    スカイハイ「ここでの戦闘は、ガキの皆さんを巻き込んでしまう……つまり、彼の正義に反する危険性が高い、というわけさ」

    タイガー「ったく! 根性のひねくれた野郎だぜ! 親の顔が見てみてぇよ!」

    バーナビー「親の顔なんて当てになりませんよ、虎徹さんのお嬢さんの楓さん、とっても利発そうじゃないですか」

    タイガー「あ、そう///? ってそりゃどういう意味だ!?」

    バイソン「そのまんまだよ」

    タイガー「チッ……んじゃあれだよ、ネクスト全員がレジェンドの本当の勇姿を勉強してりゃいいんだよ。ルナティックみたいな野郎は特にな……(そうさ、レジェンドだって能力減退はしたけど、記録更新の為に不正はしたけど、ヒーローとして悪を討とうとする姿は立派だったんだ)」

    アニエス『ふぅ、もういいでしょ、さぁ、予定外の事が起こりすぎたけど、後片付けは警察に任せて、とりあえずは総会イベントの会場に移動してちょうだい』

    93 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:02:10 ID:v6Ngu4fga

    (……ウゥーン)

    山崎「はぁー、しんどかったぁ」

    松本「だいたい人数多すぎんねん」

    浜田「田中、足はもう大丈夫か?」

    田中「あ、はい! ありがとうございます!」

    遠藤「ていうか、浜田さん、さっきのほんまにかっこよかったっすわ」

    山崎「ほんま、先輩の鑑でしたよ」

    浜田「……うるさいアホ!」

    田中「今からやる総会イベントって、みんなで集まる、あれですよね?」

    松本「まぁそやろな。石破さん、また出るんやろなぁ」

    藤原「今からお前らには総会に出てもらう」

    浜田「聞いたわ」

    松本「ずっと車ん中おったくせに急に仕切んな」

    95 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:21:37 ID:v6Ngu4fga

    (ブロロロロォ……)

    バーナビー「はぁ……なんで僕たちまであっちの企画に参加しなきゃいけないんですか」

    タイガー「そう愚痴んなよ、ヒーローTVのいち企画なんだから、関係なくないだろ」

    アニエス『そうよ、これはヒーロー事業部、石破部長の発案でもあるんだから、まぁおとなしくしてればすぐ済むわ。終わったら解放してもらえるから』

    バーナビー「でも僕は……ヒーロー全員を集めての集会なんて……」

    タイガー「……マーべリックを思い出す、か?」

    バーナビー「…………」

    タイガー「心配すんな、石破部長は元防衛大臣だぞ? それにガキのメンバーもいるんだ。なんか企みがあったとしても、有名人に下手な手出しはできねえよ」

    バーナビー「…………そうですね」

    96 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:22:29 ID:v6Ngu4fga

    (ウゥゥン……)

    藤原「ほんならみんな、降りてくれるか」

    松本「一旦部屋行こうや」

    山崎「休みたいっすね」

    遠藤「見学のつもりが、いろいろ起こりすぎましたもんね」

    藤原「……こっちや、ついて来てくれるか」

    浜田「ほんま、台本通りやの」

    田中「ていうか、そろそろ夜ですよ」

    山崎「早いわ~この年になったら」

    遠藤「…………w」

    デデーン! 『遠藤 田中 アウトー!』

    田中「もー! いらんこと言わんといてくださいよ! ッタ!」

    山崎「なんやねん! いらんことて!」

    (ゾロゾロ……)

    97 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:24:12 ID:v6Ngu4fga

    藤原「ここがアポロンメディアの、第4研修室や。入ってくれるか」

    松本「広っ!」

    山崎「ていうか、人めっちゃ多い!」

    藤原「この総会には、ヒーローだけでなく、アポロンメディアの全社員が出席するんや。どうや浜田、すごいやろ」

    浜田「いや、すごいけど、ほんまに研修室か?」

    遠藤「なんか、ホテルの大ホールいう感じですね」

    山崎「ていうか、いつもと感じ違いますね。料理もお酒もあるし、レセプションパーティーみたいですよ」

    浜田「ほんまやな」

    藤原「このパーティーは今回の晩飯も兼ねてるんや。どうや浜田、嬉しいやろ」

    浜田「あー! それは嬉しいわ」

    98 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:24:50 ID:v6Ngu4fga

    ???「お疲れ様! さっきは予想外の事態が起きたけど、田中さんの足の怪我だけで済んだし、何より良い画が撮れたわ。ありがとう!」

    浜田「? えと、どちらさん?」

    山崎「あ、この声、アニエスさんちゃいます?」

    アニエス「直接会うのは初めてね、改めて、今日一日宜しくね、新人ヒーロー諸君!」

    浜田「あぁ! アニエスさんかいな! どうも、宜しくお願いします」

    アニエス「じゃ、私は撮影の方に行かなきゃならないから、あとは宜しくね、藤原さん(スタスタ)」

    藤原「はい…………ほんま、見るからに簡単にヤらせてくれそうな派手なねーちゃんやで」

    山崎「ハハハハハッ!」

    デデーン! 『山崎 アウトー!』

    山崎「え?!」

    松本「『え?!』ちゃうよ」

    浜田「普通に笑すぎや」

    遠藤「家におるみたいな笑い方でしたね」

    99 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:25:33 ID:v6Ngu4fga

    (ゾロゾロ…)

    田中「あ、見てください! ヒーローの皆さんも続々と到着してますよ!」

    浜田「うっとうしいのお、急にテンション上げんなや」

    松本「不快ハイ、まだ能力使ってないよな? めっちゃ不快やわ」

    田中「……ンフッw」

    デデーン! 『田中 アウトー!』

    田中「あーもう! いった! あーもー!(キィィィン)」

    山崎「おい! 田中!その光!」

    遠藤「あ、発動してるやん」

    田中「うわっ! ほんまや!」

    100 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:26:16 ID:v6Ngu4fga

    松本「石破さんは、不快にさせる能力って言ってたけど……」

    浜田「さすがにそのまんまちゃうやろ」

    ローズ「ふぅ……ん? この部屋、なんかおかしくない?」

    ファイヤー「ほんとね、空調壊れてんのかしら」

    バイソン「おいおい、ただでさえこのスーツ暑いんだからよ、ちゃんとしてくれよな」

    ウェイターA「はい、あ、いえ、空調設備に異常はないのですが、何故かこの部屋の湿度だけが、その、異常に高く……」

    遠藤「え?」

    浜田「どないしたん?」

    遠藤「いや、田中の能力ってもしかしたら……(キィィィン)田中! もうちょっと力強めてみて」

    101 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:26:37 ID:v6Ngu4fga

    田中「え? こう? んんん!(キィィィン)」

    ローズ「もー! なんなのよこの部屋は! 蒸し暑いったらないわよ!」

    キッド「(パタパタ)ほんと、ジメっとしてて気持ち悪い……」

    遠藤「田中、今度はめっちゃ弱めてみて!」

    田中「え? 難しいな……んーと」

    オリガミ「あ、治りましたね」

    バーナビー「……うん、正常のようですね」

    タイガー「こんなことあるんだな」

    遠藤「やっぱり」

    松本「なんやねんな」

    102 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:33:06 ID:v6Ngu4fga

    遠藤「田中のヒーロー名って、不快ハイでしょ? ネクストの能力って、『~の操作』ってのが多いじゃないですか。 多分、不快ハイの能力は、『不快指数の操作』ですよw」

    松本「ンフフフフフフwwwひねりすぎて意味わからんわ」

    浜田「ンフッw不潔っぽい能力やなw」

    デデーン! 『浜田 松本 遠藤 アウトー!』

    田中「……w」

    デデーン! 『田中 アウトー!』

    遠藤「つまり、空気中の湿度を操作するってことですよ! ジメジメさせたり、カラッとさせたり」

    浜田「そう言うお前の能力はなんやねん」

    山崎「ほんまですよね、さっきからまた発動してるけど」

    遠藤「ん~……それがねぇ、わからないんすよねぇ」

    103 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:33:31 ID:v6Ngu4fga

    藤原「えー、それでは、新人ヒーロー5名の歓迎パーティーを始めます。アポロンメディア、ヒーロー事業部、石破部長より挨拶です」

    石破「えー、元防衛大臣の、石破茂です」

    浜田「……w」

    石破「ヒーローの人員増強は、すなわち、シュテルンビルトの治安と、市民からの信頼の向上に、繋がらなければ、なりません」

    バーナビー「……」

    石破「然るに、ヒーロー増加の目的も、そうでなければなりません」

    タイガー「良い~こと言うなぁ、石破部長は」

    石破「ヒーロー諸君が、それを心に留め置く限り、シュテルンビルトの平和と未来は、守られるでしょう」

    バイソン「身が引き締まるぜ」

    石破「ヒーロー自身のみならず、アポロンメディアの、いや、スポンサー企業の社員一同、ヒーローという、もはや国家的と言ってもいい、強大な力に関わる者としての、自覚を失念しないよう、切に願います。以上です」

    藤原「石破部長、ありがとうございました。それでは、乾杯に移ります」

    104 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:33:50 ID:v6Ngu4fga

    ウェイターA「どうぞ」

    タイガー「ありがとう!」

    ウェイターB「どうぞ」

    バイソン「どうも」

    ウェイターC「どうぞ……あぁ、大丈夫ですよ、勤務中の方もいらっしゃるので、ノンアルコールのドリンクの用意もございます」

    キッド「ほんと? ありがとっ!」

    ローズ「ありがとう」

    ウェイターD「どうぞ……? バーナビー様?」

    バーナビー「…………ありがとう」

    106 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:38:35 ID:v6Ngu4fga

    藤原「乾杯のご発声は、アポロンメディアCEO、スーガリックです」

    菅「(ザッ)」

    浜田「ンフフフフフフwww」

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    松本「もー! やめろや!」

    遠藤「不意打ちにもほどがありますよwww」

    浜田「なんやねんあのドヤ顔」

    菅「それでは、みなさん、グラスを高く掲げてください……」

    107 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:41:08 ID:v6Ngu4fga

    バーナビー「……(キィィィン……視力と嗅覚を強化……成分は……水、アルコール、ビタミン、タンパク質etc……薬品の類は……ない……)」

    タイガー「? どうした? バニーちゃん?」

    バーナビー「あ、いえ、なんでもありません(……僕の考えすぎか)」

    菅「乾杯!!(裏声)」

    一同『乾杯!』

    デデーン! 『全員 アウトー!』

    松本「もー!」

    ファイヤー「なんなのかしらね、この状況は……」

    108 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:42:14 ID:v6Ngu4fga

    (ガヤガヤ)

    浜田「えらい人多いなぁ……」

    オリガミ「あ、あの……」

    浜田「ん? あぁ! さっきはどうも! こんなとこでもその格好せなあかんのは大変ですねぇ!」

    オリガミ「あ! いえ! 拙者の務めでござるので!」

    浜田「あなた能力なんなんですか?」

    オリガミ「『擬態』でござる! 平たく言えば変身でござるな!」

    浜田「へぇー! すごいんやね! ほんなら僕がどついたら変身解けんのかな? ンナハハハハハ!」

    デデーン! 『浜田 アウトー!』

    浜田「チッ……こんなときまでチェックせんでええやん」

    109 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:42:37 ID:v6Ngu4fga

    オリガミ「もっ、申し訳ござらん! 拙者のせいで!」

    浜田「あ~、ちゃいますちゃいます、(バシッ!)イッタ……」

    ローズ「……(ふぅ~ん、イメージと違って礼儀正しい人って噂は本当なのね)」

    浜田「? あ、すいませんね!ブルーローズさんですよね? こっちの企画で、気分わるしたでしょ? あんなおっさんにおんなじ格好されて」

    ローズ「?! あぁ! いえいえ! 大丈夫ですよ!(それよりその服やめてよ)」

    浜田「お笑いとヒーローとじゃ、全然勝手がちゃうんちゃうのん?」

    ローズ「ア、アハハハ……お笑い芸人さんとヒーローのコラボレーションって初めてですよね(ち、ちゃうんちゃうのん? 何語よそれ)」

    浜田「そうやね、縁遠いかもしれませんね……まぁそんでも、似てるとこもあるみたいですね……スポンサー気にせなあかんから、やりたいことできんかったり……私生活との調整に苦労したり……なんもかんも嫌になるけど、周りの人の支えのおかげやと思ったら、また頑張れたり、ね」

    ローズ「えっ///」

    110 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:43:06 ID:v6Ngu4fga

    (ガヤガヤ)

    遠藤「松本さん、いろいろ取って来ましたよ!」

    松本「おぉ、ありがとう」

    ファイヤー「…………」

    バイソン「どうも! ちょっとお話させてもらってもいいですか? 『ガキの使い』めっちゃ見てるんですよ!」

    松本「あ! ありがとうございます!」

    遠藤「ありがとうございます!」

    ファイヤー「……(幼さを残しながら精悍で整った顔つきをしたハンサムと……粗野な見た目に反して時折可愛らしい仕草と笑顔を見せるナイスミドル……)どっちにしようかしら?」

    バイソン「俺が好きなのはやっぱり七変化……おい! ファイヤーエンブレム! お前も来いよ! めっちゃいい人だぞ!」

    遠藤「あ、ファイヤーエンブレムさん、飲み物、オレンジジュースとウーロン茶持って来ましたけど、どっちが好きすか?」

    ファイヤー「……どっちにしようかしら?」

    遠藤「どっちでもいいすよ? ……あ、お酒の方がよかったですか?」

    ファイヤー「……決めたわ」

    遠藤「?」

    111 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:48:54 ID:v6Ngu4fga

    (ガヤガヤ)

    スカイハイ「……失礼」

    山崎「はい?」

    スカイハイ「あの、いつも、応援しています」

    山崎「はぁ……ありがとうございます」

    スカイハイ「それで、その、是非教えていただきたいことがあるのですが……」

    山崎「はぁ……なんですか?」

    スカイハイ「どうすれば! その、心折れずに頑張れるんですか?!」

    山崎「…………さぁ」

    (ガヤガヤ)

    キッド「す、すみません! あっ、あの///僕っ、『飛び出せ科学くん』大好きだったんです///その……ファンで……///」

    田中「えっ、あっ、ほんまですか? ありがとざいます///」

    キッド「で、そのっ、あのっ///……しょ、しょこたんってどんな人なんですか?!」

    田中「…………さぁ」

    112 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)18:52:50 ID:v6Ngu4fga

    (ガヤガヤ)

    バーナビー「虎徹さん……やっぱり僕、帰ります」

    タイガー「なに言ってんだお前! 仕事熱心なバニーちゃんはどこ行ったんだよ!」

    バーナビー「……どうしても、マーべリックの顔が……」

    タイガー「ったく! いいか? よく聞け! この会場の全部の食べ物飲み物の中には、怪しいもんは入ってなかったよ! ハンドレッドパワーで確認したんだ、安心しろ」

    バーナビー「え?」

    タイガー「だから! お前がさっきやってた奴だよ! 1分間で全部はすげえ大変だったんだぞ!」

    バーナビー「……虎徹さん……」

    タイガー「ほら! せっかくの機会だ! 浜田さんにワールドダウンタウンの裏話聞かせてもらおうぜ!」

    バーナビー「……はい!」

    タイガー「いいか? 質問されたら、『私はむしろ逆で……』で返せば」

    バーナビー「な、なるほど!」

    113 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)19:00:24 ID:v6Ngu4fga

    (ガヤガヤ……)

    藤原「ほんなら、お前たち、そろそろ控室に戻るで」

    松本「えぇ~、ずっとここおろうや!」

    遠藤「確かに、短い休息でしたね……」

    浜田「あ、すまん、俺便所行きたいから、みんな先行っとって!」

    藤原「ほんなら、浜田以外のみんな、部屋に行くで」

    ……………………

    (タッタッタッタッタ)

    浜田「あー、あかん、漏れそうや」

    (ガチャ……スタスタスタ……カチャカチャ……ジョロロロロロロ……)

    浜田「ふぅ~………………すっとしたぁ……」

    (ジョロロ…………ピッピッ……カチャカチャ……スタスタスタ……ジャァー……)

    浜田「んんッ……ん~……んんッ、カァッ~! ペッ! んんッ! んッ! カァッ~~~~~! ペッ! うわ! めっちゃすごいん出た!」

    114 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)19:03:05 ID:v6Ngu4fga


    (ガチャ……ゾロゾロ)

    松本「またこの部屋で、いろんな仕掛けに耐えなあかんのかな?」

    遠藤「それか、ヒーローとしての出動ですね……」

    浜田「(ガチャ)あー、めっちゃ食うたわぁ~。なんかこの部屋が一番落ち着くのも嫌やけどな」

    遠藤「あ、浜田さん、おかえりなさい」

    松本「お前食べてたんほとんど焼きそばだけやんけ」

    遠藤「ヒーローの皆さんめっちゃ良いひとらでしたね」

    松本「お前ずっとファイヤーエンブレムに尻触られとったけどな」

    浜田「まぁでも確かに、とっつきにくいイメージはあったわな。有名人やし超能力者やし」

    遠藤「いろいろ話せたんはよかったですわ」

    浜田「ワイルドタイガーはうっとうしかったけどな。どんな話題になっても『ハマタはどうだい?』で振ってくるし」

    松本「でもほんま、ええひとらばっかりやったなぁ」

    山崎「……」

    田中「……」

    117 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)19:19:09 ID:v6Ngu4fga

    松本「まぁ、ヒーローのみんなは、自分の体張って市民を守ろうっちゅうひとらやもんなぁ(キィィィン)」

    浜田「おい! お前発動してるやん!」

    遠藤「あ! ほんまですね、何がきっかけなんですかね?」

    松本「まぁそうやね、僕の中のヒーローとしての気持ちが彼らと共鳴」

    浜田「ええから、ちょお、一服しよか」

    遠藤「あ、僕お茶淹れますね」

    松本「ンフフフフwww」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    118 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)20:13:15 ID:YLgvy1cpp

    山崎「! そや、スガ茶ないん? 飲もうや」

    遠藤「いやいいですよ、ないですし。普通のコーヒーかお茶しかないっす」

    田中「あ、俺もやるわ! ?! いたたた……やっぱり立ちっぱなしはまだ無理やったかな」

    浜田「田中休んどけや、遠藤やってくれてるから」

    田中「あ、ありがとうございます」

    遠藤「おお、もう終わるしな、はい、どうぞ(カチャ…カチャ…)」

    浜田「ありがとう」

    松本「(ズズッ)」

    浜田「(プゥッ!)」

    松本「ブフゥゥゥーッ!」

    山崎「うわっ! 汚っ! 吹かんといてくださいよ!」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    119 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)20:13:44 ID:YLgvy1cpp


    遠藤「えーと、タオルタオル、誰にもかかってません?」

    山崎「うん、松本さんが吹き出したんは、床に飛んだだけやわ」

    松本「屁えこきすぎじゃ! ほんま死ね!」

    (パパパパパパパパパァァァァァァァァンッ!)

    田中「うわっ! なに?!」

    松本「ん?」

    浜田「え? なに今の?」

    120 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)20:14:11 ID:YLgvy1cpp

    浜田「爆竹か?」

    遠藤「そんな音でしたね」

    田中「でも床にはなんにもないですよ」

    山崎「もしかして、松本さんの能力?」

    遠藤「(キィィィン)そうやとしたら……まさか?!」

    浜田「(バシッ)なんでいちいちお前も発動すんねん! 」

    遠藤「痛いですって……(フゥッ)あ、能力解けたし」

    浜田「だいたいお前の能力なんやねん!」

    遠藤「いやなんか、考え込むと自然と発動するんですけどね……こう(キィィィン)」

    松本「クラミジアやろww」

    デデーン! 『松本 アウトー!』

    田中「……」

    遠藤「……」

    松本「ンフフフwwwあれ? 俺だけ? (バシッ!)イッタ……ンフフフw」

    121 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)21:01:05 ID:YLgvy1cpp

    遠藤「もしかして……松本さん! ちょっと試しに、能力発動させたままこの飴ちゃん舐めてみてください!」

    松本「なんやねんな」

    遠藤「松本さんの能力がわかりそうなんです!」

    松本「えぇぇ~!?」

    浜田「やったらええやん、はよ食べえや」

    松本「別にわからんでもええけどな……あ! これハッカやんけ! お前俺がこの世でいっっっちばん嫌いなもんがハッカの飴ちゃんやと知」

    浜田「(バシッ)ええからはよやれや!!」

    松本「チッ……いったいのお(キィィィン……パクッ)ほんれ、ろうひはらええへん?」

    遠藤「そしたらこの紙コップにいったん出してもらっていいですか?……はい、ありがとうございます……そしたらこれを部屋の隅に置いて…………あれ?」

    田中「……なんの儀式やねんな」

    遠藤「いや、あれ? おかしいな、石破さんの話とさっきのを一緒に考えたら、これでええはずなんやけどな……」

    浜田「なんもならへんやん」

    松本「嫌いなハッカ舐めさせただけか! 死ねボケ!」

    (パァァァァァァァァンッ!)

    122 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)21:01:30 ID:YLgvy1cpp

    山崎「……っくりしたぁ……」

    浜田「なんやねんなもう……またさっきみたいな音したやん」

    田中「さっきとおんなじような音でしたね、さっきよりちょっと音でかかったけど」

    遠藤「あ、それが起爆装置なんですね」

    山崎「え? なに? どういうこと?」

    遠藤「松本さんの能力は『口に含んだものを爆弾に変える』能力なんですよ」

    田中「ああー! 石破さんも、えーと、シャクレた口から繰り出す爆弾発言って」

    遠藤「うん、口に入れたもんを爆弾に変えて、『死ね』の一言で爆発させるんや」

    浜田「どんな起爆のスイッチやねん」

    123 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)21:01:53 ID:YLgvy1cpp

    山崎「でもこれで、遠藤以外の全員の能力がわかったなぁ」

    田中「松本さんの能力が一番戦闘向きやろか」

    遠藤「浜田さんの能力もなかなかやで、ツッコミさえすれば能力解除や」

    浜田「山ちゃんもすごいやん、なんでも滑りやすくするんやろ?『摩擦係数の操作』やったっけ?」

    遠藤「確かにそうっすね、摩擦係数を操作するってことは、滑りやすくも滑りにくくもできるわけですから」

    松本「お笑い的にもスベリにくくなったらええのにな」

    田中「フフッw」

    山崎「…………」

    浜田「なんかいえや!(バシッ)」

    山崎「いったいわー!www」

    147 名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)22:25:27 ID:QwKoet43m

    遠藤の能力なんやろ…

    148 名無しさん@おーぷん 2014/08/20(水)22:32:03 ID:r1gtT4x6G

    >>147
    察するに頭の回転が…

    124 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)21:02:15 ID:YLgvy1cpp

    浜田「チッ……なんか俺以外に判定甘い気ぃすんで? 田中も山ちゃんも笑ろてたやん」

    松本「ヒーローがそんな細かいこと気にしてどうするんだね! シュテルンビルトの市民は見ているよぉ?!」

    田中「……」

    松本「ンフフフフフフフフwww」

    浜田「……」

    松本「……よっしゃ、セーフや! まぁ笑ろうてないしな」

    浜田「ちょお! ほんまにおかしいやろ! ちゃんとやれや!」

    田中「でも毎回最後は、松本さんが一番しばかれてますけどね」

    浜田「そんなもんで納得いくかボケッ(バシッ)」

    田中「イッ……すんません」

    126 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)21:55:15 ID:YLgvy1cpp

    遠藤「皆さん、楽しくやりましょう!」

    松本「ほんまやで、みんなおんなじ条件でやってんねんから」

    浜田「チッ……」

    田中「……(キィィィン)」

    浜田「……なにしてんねんお前」

    田中「あ、いや、空気悪かったんで、不快指数下げてみました」

    山崎「……」

    松本「ンフフフフフフフフwwwwww」

    遠藤「ほんまや、ちょっとwwカラッとしたなwww」

    山崎「ハハハハハハハ!wwwwww」

    浜田「…………ンフフフフwwwほんまやめろや!(バシッ)」

    田中「(フゥッ)?! あ!能力解けた!」

    山崎「アハハハハハハ!www」

    129 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)21:59:59 ID:YLgvy1cpp

    遠藤「あ、あれ?」

    松本「今のはさすがにアウトやろ」

    田中「これセーフやったら、企画成立しませんもんね」

    浜田「ほんまやで、おい! いったんカメラ止めて誰か来い!」

    ……………………

    田中「……誰も来ませんね」

    遠藤「ちょっとおかしいですよ」

    松本「音声トラブルか?」

    山崎「ちょっと僕、モニター室見て来ますね」

    遠藤「あ、俺も行きますわ」

    (ガチャ……バタン)

    130 ◆</b></b>TCFkbJoJoI<b> 2014/08/20(水)22:00:39 ID:YLgvy1cpp

    浜田「あいつらまだ戻らんのか?」

    松本「えらい長いな」

    田中「もう30分は経ちましたね……」

    浜田「どこで時間潰しとんねんほんまに」

    (ダダダダダダダッガチャ!)

    遠藤「大変です! スタッフ、どこにも誰もいませんよ!」

    浜田「は?」

    遠藤「いや、ほんまですって! モニター室にもスタッフ控え室にも」

    山崎「ていうか、ガキのスタッフだけじゃないんです! いろいろ見て回りましたけど、僕ら以外誰もいないみたいなんです!」

    元スレ 藤原「今日はお前たちにはシュテルンビルトを守るヒーローとして働いてもらうで」
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1408505174/

    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2014年08月22日 23:53 ▼このコメントに返信
      都築どうなるの!
      まじ面白かった
      ※2 2014年08月23日 02:09 ▼このコメントに返信
      おもんな…
      下手やなこの主
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2014/8/22
      categories カテゴリ SS

      hatena はてブ | twitter comment (2) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク