titleicon アドラー心理学に詳しいやつちょっと来て

    2016/5/28
    categories カテゴリ 議論

    hatena はてブ | twitter comment (30)
    adler
    1 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:08:04 ID:0Tt

    要するにどういう教えなの?

    2 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:08:50 ID:6OP

    他人を変えることは無理
    環境でもなんでも変えたいなら自分を変えるしかない

    4 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:10:47 ID:0Tt

    >>2
    確かにそんな事を言ってる心理学なイメージはある。

    でも、例えば学校で虐められてる子はどうするのかな?
    自分の力でイジメをなくす事なんてできないよね。

    9 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:14:51 ID:6OP

    >>4
    性格を見直すとか相談するとか何かしら手はあるだろ
    要は自分から行動しろということでしょ

    12 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:17:49 ID:0Tt

    >>9
    それは分かる。

    分かるけどそれが出来ないから困る訳で、その辺の支援についてはどう考えてるのだろうか。

    16 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:27:29 ID:s9F

    >>12
    そもそも虐められてる奴を助ける事から間違ってる
    環境は変えられないんだから虐められてる奴も助ける事は出来ない
    無視する様になるとか、そもそも助けるって発想をやめるのがアドラー心理学

    18 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:31:55 ID:0Tt

    >>16
    それは、虐められてるやつを傍観してる立場の人間の話じゃん?
    虐められてる奴にこそ、心理学なり何なりの救済が必要だと思うんだけど。
    虐められてる当事者はどうすればいいの?

    33 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)13:12:24 ID:s9F

    >>18
    そういう事か。読み違えたようでスマン
    それだと自分が変わる努力が必要だと思うね。根深い問題だからそう上手い話では無いと思うが、アドラー心理学が導きになるかもとは感じる

    35 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)13:35:58 ID:0Tt

    >>33
    なるほど。

    環境を変えづらいと思える環境において、少しでも自分を変えられるようにする。
    そして状況の改善を図る。

    そのために少なからず有効な考えではあるという事だね。

    6 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:11:31 ID:k57

    ハサミは使いみちが決まっている。
    人間は、何にでもなれる。

    7 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:13:07 ID:0Tt

    >>6
    …マジでそんな暴論心理学なの?

    明らかに人によってそれぞれできる事は違うし、望んだからって望んだようにできる人は限られてるでしょ。

    8 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:13:47 ID:WET

    理不尽にできてるのが世の中というもので、
    おまえがいちいち怒ったところでどうしようもない
    あきらめろ

    一言で言えばこう
    心理学というより仏教の教えみたいなもんだな

    10 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:14:59 ID:0Tt

    >>8
    世の中に対する諦めが肝の教えという事でいいのかな?

    11 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:17:18 ID:WET

    >>10
    たぶんね
    昔から東洋にある思想だけど「前向きに生きるのが善、自殺は悪」という
    キリスト教的思想が根付いた西洋では新鮮だったんだと思う

    13 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:19:55 ID:0Tt

    >>11
    なるほど。

    色即是空といつか諸行無常的な事なのね。
    でも、今やたらアドラー心理学って流行ってる気がするんだが、周囲への諦めを持つ事で何がそんなに良くなるのだろうか。

    14 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:21:31 ID:WET

    >>13
    30年も不景気が続けばそういうのも流行るよね
    成功体験のない人も多くなるし、前向きに生きることがむずかしい時代だし

    15 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:24:39 ID:0Tt

    >>14
    社会に期待しても、それに見合うバックが無いから悩む。
    それなら、周囲に最初から期待せず生きていこう。

    こんな感じかな?


    職場で嫌われる技術を教えてやる
    友達から「お前なんの話しても批判から入るからつまんねーわ」って言われた
    書店員が迷惑な客ランキング発表する
    自分がいない場所で悪口を言われてるとめちゃ不安になるのって俺だけ?
    20 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:37:23 ID:WET

    >>15
    そうね
    能動的にあきらめるというか

    21 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:38:08 ID:k57

    アドラーとか、歎異抄とか、

    NHKの「100分で名著」で取り扱ってから他のバラエティで取り扱われたりしている。
    ぶっちゃけ、NHKの100分で名著がよくまとまっているからこれをみたほうが早い。

    26 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:47:09 ID:0Tt

    >>21
    みたい!

    …が、スマホの速度制限がかかってるという悲しみ。

    24 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:44:05 ID:BgB

    アドラー好きだよ

    28 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:49:31 ID:0Tt

    >>24
    どういうとこが好きなの?

    29 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)12:52:17 ID:BgB

    >>28
    フロイトは過去があるから現在こうなっているという考えかただけど
    アドラーは過去は関係なく現在からいつからでも人間は変わることが出来るという考え方だから
    前向きな感じがするよね?

    37 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)13:57:52 ID:OFf

    ハドラー様になら詳しいけど

    38 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)13:58:42 ID:0Tt

    >>37
    ハドラー様か…。

    40 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:00:33 ID:9Dt

    >>37
    ハドラー心理学あったら読んでみたい

    42 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:08:08 ID:wNY

    1の言うことも分かるな
    確かにアドラー心理学の話聞いてると割り切り過ぎというか
    なんでもすぐ変われると思ってる節があるわ

    45 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:12:00 ID:0Tt

    >>42
    オレも出来るなら、信じたいし、その通りに自らの考えを正せば幸せになれるなら喜んでアドラー心理学の徒になりたいんだ。

    でも、現状では穴のある空論と感じてしまうんだよな。

    48 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:18:42 ID:BgB

    >>45
    かわれる道筋って言っても
    人はなにかしら変ってるもんだよ

    50 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:23:07 ID:0Tt

    >>48
    それは分かるよ。

    でも、少し変わっても焼け石に水の事もあると思うんだ。

    例えば、1000万円の借金を背負って、今まで1円も返せてなかったのが、月々1000円返せるようになったとする。

    それは確かに良い方向に変化はしているよね。
    でも、借金を背負ったという観点から考えれば、いつまでたっても借金は残り続ける。

    その感、例えば借金取りが取り立てに来てて、それが苦痛だったら、その人の苦痛は少し変化したくらいじゃ変わりはしない。

    51 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:27:00 ID:BgB

    >>50
    それは返し終わるまで苦痛はあるだろうね

    53 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:31:58 ID:0Tt

    >>51
    まぁ、そうなるよね。

    56 りん◆2PGeJXEM7s 2016/05/27(金)14:36:22 ID:4c1

    >>55
    心理学の有用性は>>50の例の場合
    考え方を変えてみても借金そのものは残るので解決にならないといった
    借金の問題において発揮されるのではなく、
    借金の取り立てはなぜ苦痛に感じるのかという心理面においてじゃないかと

    59 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:37:39 ID:0Tt

    >>56
    確かに、そうだね。

    借金があって、取り立てがあるという現実をどう捉えるのか。
    そこに焦点を当てるべき事例だね。

    60 りん◆2PGeJXEM7s 2016/05/27(金)14:40:39 ID:4c1

    >>59
    ちなみにぼくの場合、アドラー心理学によって
    借金を返済できずに困るのは相手であってぼくの問題ではないという思考に至り
    よし金ではなく責任を相手に返そうという悟りを得た
    今ではとても幸せです

    62 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:42:47 ID:0Tt

    >>60
    よし金ではなく責任を相手に返そうという悟りを得た


    ここを詳しく知りたい!

    68 りん◆2PGeJXEM7s 2016/05/27(金)14:52:50 ID:4c1

    >>62
    初めに言っておくけど
    社会的責任や道義的責任、契約上の責任といった
    自分以外の者との関わりの上で生じる責任とは別だから勘違いしないで聞いてね。
    あくまでも心理的責任の話し。


    さて、>>50の例をもって端折りまくって言うと

    金を返せなくても本人は本来なんら困ることはない
    新幹線より早く走れないのと同じように、金が無いから返せないというだけ
    この点においてどこにも苦しむ要素はまだない

    ではなぜ苦しむかというと
    金を返してもらわなければ困るという相手の事情を背負ってしまうからだ
    しかしこれは相手の責任で処理すべき相手の問題

    相手の焦りや事情を背負う必要はない
    その事情を背負う責任は相手にある
    だからその責任を返そう

    するとどうだろう
    本人には新幹線より早くは走れないというのと同じ
    金は返せないという事実だけが残る
    これは単なる事実だからどこも苦しくない

    58 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:37:21 ID:BgB

    >>50
    過去に借金したトラウマで返す努力できないって
    言ってても大変だろうがどうにもならない

    アドラー的には
    借金が出来たなら
    返す努力をしようという感じかな
    これなら少しでも減るじゃない?

    まぁこのたとえで言えばの話だけど


    でもこういうのならアドラー的かもね

    トラウマによって返す努力ができないと言って
    誰かが助けてくれるのを狙うの

    こうすれば一応返す努力はしていることになるから
    アドラー的ではあるんかな

    44 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:10:45 ID:wNY

    まあでもそうか
    考え方としてはアドラー心理学の考え方にのっとれば新鮮な気持ちで変わろう!って思えて行動できるようになるかもしれないね

    46 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:15:19 ID:fgq

    ユングが願望を中心とした心理学
    フロイトが鬱を重点にした心理学
    アドラーが情念を元にした心理学

    という感じじゃね?

    49 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:18:55 ID:0Tt

    >>46
    情念、つまり自分の気持ちってこと?

    52 りん◆2PGeJXEM7s 2016/05/27(金)14:29:39 ID:4c1

    自他の区別をつける
    自分のことを変えるよう思考し
    他者を変えようとしない

    57 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:36:27 ID:0Tt

    つまり、自己変容で幸せになれると説いているのなら、自己変容には限界があり、実際のところ大きな悩みを抱えている人の救いにはならない。

    そもそも、心理学が救いの手を差し伸べなくても、そこそこ生活に困ってない程度の悩みの人にしか効果はないし、そもそもその程度の悩みの人には心理学の支援なんてさほと必要じゃないと思うんだ。

    64 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:43:43 ID:UW5

    借金があって返さずに追徴金がかさみ増えていく借金の恐怖。
    および、督促状や取り立ての恐怖。
    それから逃れるすべは返済しかない。

    69 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:55:37 ID:yoT

    >>64
    まず恐怖が存在してる前提になってるけどそこが根本から違う

    借金があることも、借金取りが来ることも、ただの事象であって
    それ単体では本来はプラスもマイナスもない

    それをマイナス方向の恐怖だと捉えているのは
    自分の解釈がそうさせてるだけだ

    66 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:50:13 ID:wNY

    周りを変えようとせず自分を変えようとしようってことか
    ただ自分を変えるにはどうすればいいのかがわからないんだよな
    体も動かないし

    67 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:51:03 ID:yoT

    >>66
    まず自分を知ることだろ

    71 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)14:58:17 ID:wNY

    >>67
    自分の何を知ればいいんだろう?
    動く動機かな?
    やりたいこと?
    今後の人生の目的がわからない

    72 名無しさん@おーぷん 2016/05/27(金)15:04:30 ID:BgB

    >>71
    わからないってことはわかりたくないんじゃない?
    とりあえず今は本心ではゆのんびりしたいと思ってるとか

    そのうちやりたいことでてくるさ


    職場で嫌われる技術を教えてやる
    友達から「お前なんの話しても批判から入るからつまんねーわ」って言われた
    書店員が迷惑な客ランキング発表する
    自分がいない場所で悪口を言われてるとめちゃ不安になるのって俺だけ?
    嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
    岸見 一郎 古賀 史健
    ダイヤモンド社
    売り上げランキング: 3

    元スレ アドラー心理学に詳しいやつちょっと来て
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1464318484/


    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2016年05月28日 00:12 ▼このコメントに返信
      低学歴者は京大卒岸見教授を批判する資格は無い
      ※2 2016年05月28日 00:46 ▼このコメントに返信
      解説してるやつが全くアドラーのことわかってなくてわろた
      ※3 2016年05月28日 00:50 ▼このコメントに返信
      心理学という文学を分かったところで感想文を書けるだけだけどな。
      ※4 2016年05月28日 01:10 ▼このコメントに返信
      アドラー? 良く知ってるよ魔王だったけど最後は良いライバルになるんだよね
      ※5 2016年05月28日 01:16 ▼このコメントに返信
      いじめっ子の例としては筋トレしていじめっ子達が怖くないくらいに筋肉つければいいという解決例がすでに存在してる
      ※6 2016年05月28日 01:17 ▼このコメントに返信
      対人アプローチに関しての問題は自分側にあるからね
      恋愛に例えると雑魚は気になる女の子がいるんだけど声をかけたり遊びに誘ったり口説いたりする勇気が出ない
      一方リア充はマインドがそういった雑魚男とはまるっきり違うんだよな
      ※7 2016年05月28日 01:29 ▼このコメントに返信
      ※2
      こういう事言う奴がちゃんとした説明をしてる所を見た事が無い
      ※8 2016年05月28日 01:40 ▼このコメントに返信
      NHKでやってたじゃん動画見ればいいのに
      ※9 2016年05月28日 01:42 ▼このコメントに返信
      図書館いって本読めよ
      ※10 2016年05月28日 02:05 ▼このコメントに返信
      1くんあたま悪そうだな
      ※11 2016年05月28日 04:07 ▼このコメントに返信
      のしかかる現実が強すぎてねえ。。。
      ※12 2016年05月28日 04:49 ▼このコメントに返信
      心理学はいじめられてる奴を助ける道具じゃないし
      そもそもいじめられてる奴は救われるみたいな前提がおかしい
      ※13 2016年05月28日 05:08 ▼このコメントに返信
      どっちかっつーといじめてる奴にこそ処方箋が居るんじゃないかね
      つまりいじめたところでそいつは自分好みには動かないし自分が親や社会から苦しめられてる状況も改善しないと
      ※14 2016年05月28日 07:02 ▼このコメントに返信
      アドラー心理学といえば、知り合いにもその手の意識高い本を読み漁る定年おっさんいるが、周りからは失笑買ってたな。
      アドラー心理学にのっとると発言に一貫性がなくなるから周りからは頭おかしくなったように見えるしな。

      例えば、「仕事がおそい」→「もっとはやくしたい」という場合は普通は仕事のやり方や調整とるだろ?
      でもアドラー心理学は「仕事が遅いのはかえようのない事実」であり、「自分の過失」と「相手の過失」で分けるんだなコレが。

      んで、「たしかに私は悪いけど、一部は貴方の責任だよね?私はともかくあなたも悪いから、改善しろ」とくるわけだ。
      よーは責任の分配といえば聞こえはいいが、人間関係については考慮してないんだよ。

      実際ミスした時は謝罪から始まるべきなのに、非難からはじまるのがアドラー心理学。
      たしかに面白い価値観だが、他人に使うと迷惑なだけな
      ※15 2016年05月28日 07:10 ▼このコメントに返信
      知りたかったら人に聞いたりせず、まずアドラーの本を読め
      そもそもネットで聞いたところでまともな返答が得られるとでも
      ※16 2016年05月28日 07:43 ▼このコメントに返信
      まず自分で勉強してから聞けや
      教える奴もいい加減だし開いて損した

      英語ができる俺は原文読むわ
      ※17 2016年05月28日 09:01 ▼このコメントに返信
      いや、普通に周りが自分に対して積極的なアプローチをかけてくれることなんて無いから、自分から問題に対してアプローチしろって当たり前のこと言ってるだけだろ
      人間なんて相互利益のため、もっと言えば自分の利益のためにしか動かないんだから、相手に対して自分が利益足りうる対象であるとアピールするしかねえだろ
      もしくは自分の危害を加えることは、相手に対してそうとうなデメリットになるってことをアピールするしかない
      そのひとつの手段として体を鍛えるとかは一応候補には上がるよな、そっちは根本的な解決には繋がらなそうだけど
      ※18 2016年05月28日 09:14 ▼このコメントに返信
      他者貢献について語れよお前ら
      自己受容ばっかじゃん
      ※19 2016年05月28日 10:06 ▼このコメントに返信
      まずアドラー心理学を知らない人を馬鹿にするようになる
      次にアドラー心理学を実践しない人に苛立つようになる
      最後にアドラー心理学を実践しない人を攻撃するようになる

      これが思想に執着する人の行動です
      ※20 2016年05月28日 10:38 ▼このコメントに返信
      アドラーがこういう疑問がもたれるのは、徹底したペシミズムを土壌にうちだしていないからだと思う。
      それじゃ救いが必要なペシミスト達の共感は得られんよ。
      仏教なんかは「一切皆苦」という土台があるから、諦観も生きてくる。
      アドラーは過去については完全に捨象しているけど、仏教は過去も未来も観念の中では認めてつつ、現存する現在のみに注力しろという。
      最終的な主張は同じなんだけど、アドラーはもっていき方が強引なんだよ。なので空論なイメージを持たれる。
      一時的に勇気付けて立たせるのはいいけど、その先がないんだよね。
      外に出たとたん風雨にさらされて、また引きこもるのがオチ。
      ※21 2016年05月28日 11:42 ▼このコメントに返信
      *14
      そのおっさんはアドラー心理学に対する読解力が圧倒的に足りてないだけ
      ※22 2016年05月28日 11:59 ▼このコメントに返信
      ※19
      んなもんアドラー心理学に限らねぇよ
      ちょっと他人とは違う内容を知って調子に乗ってる意識高い系馬鹿の傾向だよ
      ※23 2016年05月28日 12:37 ▼このコメントに返信
      何を重要だと思うかに寄るって事だろ。

      アドラーまだ知らんのだけど
      ※24 2016年05月28日 18:24 ▼このコメントに返信
      アドラーはとにかく、端から端まで正論が書いてあるイメージ。
      デモデモダッテちゃんには向かないし、
      深いところまでしっかり理解しないと人に説明するのは難しいよ。
      どうしても「そんな理想論で生きていけるわけないだろ」という反論がくる。
      アドラー心理学では、それに対する答えも用意されてるけどね。
      ※25 2016年05月28日 18:59 ▼このコメントに返信
      そんな理想論で生きていけるわけない
      飯と健康管理してれば生きれるから
      死ぬとか生きるの問題ではないとかかな
      まあ社会性の問題だし、お前の価値観が変わって悩むという鬱になる可能性の事だから 相手が自分の理想論につっこんでる事自体おかしい
      こういう事かな?
      ※26 2016年05月28日 20:36 ▼このコメントに返信
      ハドラー心理学
      ・守りに入るともろくなるので、常に攻めの姿勢が大切
      ・敵であっても尊敬できる相手には敬意を払う謙虚さが大切
      ・味方といえども背中から刺してくるヤツもいるので、常に用心深く観察することが必要
      ・理想に燃える若さも必要だが、現実に即した妥協も時には必要
      以外にタメになるw
      ※27 2016年05月28日 20:52 ▼このコメントに返信
      このまとめの内容のほとんどは間違っているので注意。
      アドラーは概要だけだと高確率で誤解を招く思想なので分かってるならお前が手短にここで説明しろというのは無理。
      多くの人に響くであろう内容をひとつだけ挙げるとすれば「あなたが抱えている不幸は何らかの精神的利得を得るためにあなた自身がその存在を肯定している」
      入門書としては上に貼られているけど『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』がオススメ。
      心にネガティブな面を抱えている人は騙されたと思って読んでみて。
      ※28 2016年05月28日 21:35 ▼このコメントに返信
      アドラーちゃんとよんだことないけど、このスレなんかピントがずれてるような。

      例えばいじめられっこの場合、その状況は自分の深層心理を投影してるってことじゃない?
      自分の事を惨めだ、卑屈だと思う深層心理が虐めという状況を引き起こしているわけで

      その場合、救済措置は自分は尊い存在だと感じられる心、自尊心。
      自尊心こそがもっとも高度で重要ですよ~みたいな話だったと思うけど。
      でも肝心の「自尊心を身に付けるにはどうするか」って事については書いてあるのかな?
      ※29 2016年05月29日 04:12 ▼このコメントに返信
      ※27 なるほどね
      心がめくられるような不安感がでてくる
      幸せになりたいはずなのに、幸せになりたいのか変わらない事を望んでいるなかわからなくなる
      本当の勇気が湧いたら読んでみるよ
      ありがとね
      ※30 2016年05月29日 20:47 ▼このコメントに返信
      個人的な意見だが
      アドラー心理学の中に「嫌われる勇気」ってのがある、共同体感覚だっけかな?
      周りから賛成されるなんてない、
      なにか自分がするには嫌われるしか方法がない、ってことだな
      俺だったら全て受け身で過ごす、
      やるんならやれと
      実践するのは難しいが自分が成長するには大きい糧になるな
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2016/5/28
      categories カテゴリ 議論

      hatena はてブ | twitter comment (30) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク