titleicon 芸術家「解釈は人それぞれです!意味なんてない!」←芸術ってクソじゃね?

    2016/7/29
    categories カテゴリ 議論

    hatena はてブ | twitter comment (147)
    fountaine_400x400
    1 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:29:35 ID:WOr

    解釈が人それぞれならなんで芸術作品なんかになるわけ?
    俺がこねた粘土も芸術になるの?

    2 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:30:22 ID:I4E

    パトロンが付けば

    3 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:31:27 ID:WOr

    マジで芸術作品の意義が分からん
    多様な解釈が成り立つのは空を見ても花を見てもそうじゃん
    それをわざわざ作品にするからには意味があるんじゃないの?

    4 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:32:32 ID:QdY

    有名人が作れば芸術だぞ

    5 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:33:00 ID:WOr

    >>4
    実際なにを持って芸術作品になるかと言えば藝大出てるかどうかだよね

    6 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:33:03 ID:xM1

    自己満足出来たらそれはその人にとって芸術的価値がある。でも食っていける芸術っていうのは多くの人が良いと思えるものでなきゃいけない

    7 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:33:53 ID:WOr

    真面目な話、ピカソの絵とかの凄さを教えてほしい
    そういうの教えないで「これが名作なんです!」って言われても困る

    8 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:34:49 ID:xM1

    >>7
    ゲルニカとか?俺はゲルニカ好きだけどな、金で買おうとは思わない。ところが買う人がいるんだな

    9 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:35:24 ID:WOr

    >>8
    「好き」じゃなくて意味とかないの?
    好きは個人の感情じゃん

    10 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:35:56 ID:xM1

    >>9
    意味ってなんなんだ..

    12 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:36:54 ID:WOr

    >>10
    何かを作るからには意味や目的があるやろ?
    人間が生まれたのは自然だから生きる意味は無いけど
    道具は目的に沿って作られるわけで

    16 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:37:49 ID:xM1

    >>12
    人によるんじゃないか?単に風景写したら売れた、みたいなこともあるだろうし。

    18 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:39:09 ID:WOr

    >>16
    芸術作品の偉大さが単なる経済効果だけとは思えない
    ピカソとかセザンヌとかクソ高い絵画って値段抜きに教科書に載り続けるし名作として語り継がれるやろ
    それはどんな理由で名作と評価されてるのか気になる

    14 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:37:23 ID:uf1

    マルセルデュシャンで調べてどうぞ

    15 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:37:26 ID:hrc

    しょうじきレベル高すぎてついていけない

    19 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:39:35 ID:tzs

    作った奴が凄けりゃどんなゴミでも価値がある

    20 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:40:38 ID:xM1

    >>19
    冷めてるな。まぁビジネスとしてはそうなるわな

    21 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:40:38 ID:WOr

    俺みたいに芸術に対して懐疑的な人間って他にもいるだろ?
    別に存在を消したいというわけじゃないが
    名作はなぜ名作なのかを納得できるように知りたいだけなんだよ

    22 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:41:42 ID:xM1

    >>21
    感じる感じないの問題もあるだろ。そもそも絵画があんまり好きじゃないんじゃないの?
    音楽で好きなのとかあるなら、結局それと一緒なんだよ。

    26 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:43:12 ID:WOr

    >>22
    感性のそれぞれなら普遍性は無いやん

    24 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:42:45 ID:QdY

    >>21
    ドラゴンボールが名作なのと同じ

    25 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:43:04 ID:hVa

    >>21
    当時の文化や時代背景を知らないと理解できない作品
    意図を解説されないと理解できない作品
    理屈抜きに自分が感動する作品

    この3つに分けて考えるといいと思う

    28 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:44:40 ID:WOr

    >>25
    例えばピカソのゲルニカは戦争に触発されて書いたんでしょ
    だけどあの絵から戦争の悲惨さは伝わってこないし
    沖縄の美術館で見た防空壕の内部の絵の方がマシ
    時代背景知ってても意味不
    意図は特に語られていない、よって意味不
    感動、しない

    32 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:46:20 ID:SLw

    >>28
    めっちゃ早口でいってそう
    好きなんだな

    29 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:44:57 ID:SLw

    >>21
    でも逆の人間もいるんだよな
    つまり、人それぞれ解釈が違う

    23 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:42:18 ID:P0w

    そんなこと言ってる芸術家いるか?
    作品には普通テーマを込めると思うけど

    31 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:45:56 ID:tzs

    芸術なんていう形式もクソもない物に意味を求めた所で無駄
    価値の基準が見いだされたらみんなそうする
    同じ物が溢れるだけ

    33 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:46:27 ID:MT8

    絵画なんて貴族の遊びでよかったんだよなあ
    誰だよ美術館つくったやつ

    36 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:47:30 ID:WOr

    でもさ、芸術って高尚に扱われてる部分はあるだろ?
    人類の遺産とか言ってさ
    なんでゲームや漫画は高尚に扱われないで芸術だけが高尚に扱われるわけ?

    52 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:53:20 ID:xM1

    >>36
    未来では高尚になってるかも

    41 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:49:48 ID:SLw

    何が嫌いかより
    何が好きかで自分を語れよ!!

    ドン!

    48 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:52:23 ID:WOr

    例えば何にも予備知識が無い時にゴッホの絵が飾ってあったとして何か見出しますかね

    54 TimeFires◆BFU2tXFOi7w3 2016/07/28(木)22:54:29 ID:tw@TimeFires_BFU2t

    >>48
    うーん
    むしろ予備知識が無くても「良い」って思えるものを
    みんなはそう認めてんじゃない?

    56 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:55:08 ID:WOr

    >>54
    いやいや
    思いっきり絵画を評価する時はその時の歴史的背景や社会や思想とセットですやん
    予備知識無かったら大抵がゴミだと思う

    63 TimeFires◆BFU2tXFOi7w3 2016/07/28(木)22:57:41 ID:tw@TimeFires_BFU2t

    >>56
    そこまで真面目なんかね
    正直、絵を見る人がそこまで考えてるとは思えん

    批評家とか芸術家の内輪ではそういう背景考えるかもしれんけど、
    美術館とかで見た人が考えるかなって

    59 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:56:16 ID:hVa

    >>48
    偶然そういう作品に出会うとしたら、
    時代に合ったものや自分のその時の感覚に合ったものでないと難しいと思う
    岡本太郎なんかはそうだったんだろう

    49 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:52:56 ID:rMI

    要は長い間支持を受けてきたエンターテイメントだろ?
    ゲーム漫画と本質はそう変わらんのじゃないか?

    55 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:54:53 ID:vwJ

    芸術はすばらしいよ
    値段吊り上げのマネーゲームが糞なだけで

    58 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:55:49 ID:WOr

    >>55
    素晴らしい理由を教えてほしい

    61 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:56:33 ID:SLw

    >>58
    それを言い出すと漫画やゲームが素晴らしい理由も知りたい

    64 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:57:57 ID:WOr

    >>61
    あなたは「素晴らしい」と思ったんでしょ?
    それについて言語を用いて説明することは不可能なの?

    60 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:56:20 ID:WOr

    ピカソは天才!
    天才である理由を説明してください
    ……

    こればっかで嫌になる

    71 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)22:59:33 ID:vYN

    サイエンスとアートの違い

    78 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:02:01 ID:vwJ

    自分の心に響く物だけ楽しめばいいんだよ
    世間で人気の漫画だってクソつまんねえと思う作品もあるでしょ

    81 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:03:00 ID:WOr

    >>78
    漫画は娯楽、エンターテイメントとして捉えられているじゃん
    芸術は高尚なものとして捉えられている
    これは絶対的でないのは承知だけど社会通念ではあるでしょ

    85 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:04:51 ID:vwJ

    >>81
    高尚だと思われない無名の芸術作品だって腐るほどあるよ
    一部が超高額になるのは
    漫画やゲームの一部だけが記録的大ヒットになるのと同じだよ

    86 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:05:25 ID:WOr

    名作だと評価されている、故に名作である
    というのは論理的に破綻している

    名作である要因を相対的な価値基準に持っていくのであれば
    それこそ何物も芸術になりうる

    87 原尻の母 2016/07/28(木)23:05:26 ID:Qbv

    http://i.imgur.com/IJCDlK5.jpg

    うーん、これは芸術!

    95 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:09:11 ID:WOr

    簡単な話、ピカソの天才と評価される所以を教えてくださいってだけ

    97 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:10:42 ID:WOr

    具体例を示せないということは、この世に芸術家も芸術作品も存在しないことになるわけだがw

    98 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:10:58 ID:PCp

    普通は作品の情報量を増やして解釈が増えるように作るんだよ
    1つの見方しかできないとすぐに飽きるから

    101 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:13:10 ID:PCp

    あとピカソの絵に感動しなければ無理に理解する必要は無いよ
    それは他人に流されてるのと同じだし

    103 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:14:16 ID:WOr

    >>101
    ピカソの絵の良さがわからないのに分かったフリしてる人間と
    芸術の根本的な価値基準を問う人間が同じとは思えない

    106 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:15:57 ID:PCp

    >>103
    芸術に根本的な価値基準があると思ってる時点で…
    商売としてはある程度基準はあるけどそれは別

    114 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:21:14 ID:WOr

    >>106
    芸術には何らかの基準とその基準に基づいた価値があるわけだろ?
    作品を「素晴らしい」と思うからには
    「素晴らしくないもの」ではないんだから、「素晴らしくないもの」との差異が存在するから「素晴らしい」と思うわけで
    その差異は何なのか?基準は何なのか?と
    問うことはおかしいか?

    117 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:22:11 ID:PCp

    >>114
    商売を抜きにしたら相対的基準しか無いよ

    102 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:14:03 ID:vwJ

    人類の文化が維持され続ける限り
    「ピカソってどこが凄いんだよ!?」という子が
    現れ続けることだろうw

    104 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:14:39 ID:WOr

    >>102
    上から目線で言っちゃってるけど、
    で、ピカソの凄さは?
    わかってるフリしてるだけ?

    105 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:15:13 ID:WOr

    まあこう言うと「別に分かってるなんて言ってないですけど」とか言って逃げるんだろうけどw

    107 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:17:00 ID:WOr

    「正確に言えば芸術家が自分のテーマをより明確に表現できてるってこと」

    これが芸術の理念なら、具体例を示さない限り芸術は理念だけの世界でこの世に芸術家も芸術作品もかつて存在しなかったことになる
    あれ?これだけ偉大な芸術家と呼ばれている人がいるのになあ

    111 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:19:41 ID:78g

    ピカソに関して言えば誰もやった事のない表現手法を開発したってとこに尽きるかな
    ゲームに例えたらインベーダーゲームが最先端だった時代にドラクエを開発したような感じかも

    112 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:20:17 ID:vwJ

    ピカソは自分の追及した芸術を見事に表現してるんだよ
    そしてその価値を多くの人が認めたからあんなに高くなってる訳で

    113 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:21:07 ID:PCp

    ピカソはめちゃくちゃ絵は上手いけど個人的には普通かな?
    そんなの好みだし
    音楽アーティストも同じ

    116 TimeFires◆BFU2tXFOi7w3 2016/07/28(木)23:21:43 ID:tw@TimeFires_BFU2t

    結局、芸術の価値は認めた人の数で決まる?

    119 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:22:27 ID:vwJ

    >>116
    そうだよ

    122 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:24:14 ID:WOr

    俺の不満は芸術には芸術なりの基準が美徳があるなら
    それに基づいた論理が展開されていても不思議ではないと思うわけ
    陸上なら速さが頂点、だから速いことが素晴らしい
    数学なら定義された数字の論理展開

    その基準、論理、美徳が曖昧なのが気に入らない

    124 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:25:01 ID:78g

    >>122
    芸術論の本なんて山ほど出版されてるんだから読み漁れよ…

    123 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:25:00 ID:WOr

    つまり、ピカソにはピカソなりの美徳があるわけだ
    だったらそれを教えてほしいというだけの話
    それを吸引力がどうとかって言われると萎えてしまうわけ
    吸引力ならダイソンの勝ちだろうどう考えても

    デュシャン NBS-J (タッシェン・ニューベーシック・アート・シリーズ)
    ジャニス・ミンク
    タッシェン・ジャパン
    売り上げランキング: 316,168

    元スレ 芸術家「解釈は人それぞれです!意味なんてない!」←芸術ってクソじゃね?
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1469712575/


    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2016年07月29日 01:16 ▼このコメントに返信
      芸術に論理を見出そうとしてる時点でね…
      ※2 2016年07月29日 01:22 ▼このコメントに返信
      ピカソ14歳の時の絵は分かりやすく天才だと思う。
      ※3 2016年07月29日 01:23 ▼このコメントに返信
      お前らだってBLとか全く理解出来ないじゃん
      ヘッタクソな二次元絵でシコってたりするじゃん?
      ※4 2016年07月29日 01:25 ▼このコメントに返信
      中学生が一度は悩む問題だな
      20過ぎて言ってる様ならただの馬鹿だから話にならん
      ※5 2016年07月29日 01:30 ▼このコメントに返信
      現代アートみたいなわけわからん絵がクソ高い落札額がつくのは、何か裏あるんじゃねとは思っても仕方ないけどな
      その落札額で資産価値になるし、それが泊となって他の作品も値上がるしでーってな
      先物取引より胡散臭い金の流れを感じる
      ※6 2016年07月29日 01:33 ▼このコメントに返信
      まあ芸術の分野ほどブランド力で価値が大きく左右されるものもないわなw
      音楽とかも結構酷いけどね ヴァイオリンとか巨匠の過去作品ってだけですごい高値が付くしね 実際そのヴァイオリンは巨匠の技が完済されてない時に作られたイマイチな出来のモノだとしてもね
      ※7 2016年07月29日 01:36 ▼このコメントに返信
      本物のゲルニカを美術館で見たら分かるよ。大きさとかも知らないんだろうな
      ※8 2016年07月29日 01:46 ▼このコメントに返信
      別にピカソの良さが分からないならそれでいいし
      良し悪しすらもどうでもいい
      代わりにお前が良いと思うものに金を出せよ
      それがひいては世間の評価となっていく
      現代には(特に日本には)パトロンが居ないんだよ>>1含めて
      ※9 2016年07月29日 01:52 ▼このコメントに返信
      作者の気持ちでも考えてろ
      ※10 2016年07月29日 01:53 ▼このコメントに返信
      村上隆が、生配信でまんま1みたな疑問ぶつけられてたけどすげー理論的に解説してた
      あの人イメージだけだと芸術食い物にしてるオッサンって感じだったけど、喋ってること聞くとものすごい造詣深いよ
      ※11 2016年07月29日 01:57 ▼このコメントに返信
      芸術に限らずあらゆるものに意味なんてないし、あらゆる人間に通用する意味や価値があると思ってる方がヤバいだろ。どんなものも見る側の解釈次第でゴミにでも芸術にでもなる。どれだけ権威のあるものでも自分がゴミと思えばゴミでいいんだよ。
      金を出してもいいってくらい価値を見出す人間が一定数いれば商品として成り立つ。それだけ。

      現代アートを「芸術っぽくないからゴミ」みたいに言う奴がいるけど、それは赤の他人が作ったいわゆる名画だの彫像だのクラシック音楽だのの「芸術っぽさ」の権威にべったり依存してるからだぞ。そうじゃなくて「自分にはわからんからゴミ」でいい。

      ※12 2016年07月29日 01:58 ▼このコメントに返信
      気に入らない事が多すぎて主張がまとまってねえんだよな
      ※13 2016年07月29日 02:05 ▼このコメントに返信
      一人以上の人が美的価値を見出した時点でそれは芸術だと思う。
      これには創作した本人も含まれる。
      また、逆に本人が自覚していなくても誰かが感動すればその時点でその作品は芸術たる資格を得る。
      ただし趣味嗜好では無いのに注意な、大体一致はするのだが、美しいと思えるものは嫌いなものであっても美しいと思えるし、美しいと思えないものはたとえ好きなものでも思えない。

      故に漫画やゲームも芸術作品になることはできると思う。
      ただし作品としての美しさが重要になるので、例えば漫画のある一枚絵が美しいと思っても
      芸術と言えるのはその絵であって漫画自体は芸術には及ばない。
      逆に絵だけで感動できるものではなくても構図やコマ割り、セリフなど様々なものを駆使して最初から最後まで無駄なく表現することが出来てる漫画があれば、それは芸術作品と言ってよいと思う。
      部分的に芸術性を感じる作品は結構あるからそのうち生まれてもおかしくないかもね。
      ※14 2016年07月29日 02:06 ▼このコメントに返信
      全く説明できないけど絵を高レベルで描いてる人にだけ理解できるんじゃない?
      囲碁とかの神の一手も分かる人にしか分からんだろ
      一般人から見ればゴミみたいなもんだ
      人格否定と論点ずらしばっかで誰も説明できてないし
      ※15 2016年07月29日 02:18 ▼このコメントに返信
      アホらしい。俺も価値を感じないけどね。
      学べば価値をわかると思うけど。
      〉122 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)23:24:14 ID:WOr
      俺の不満は芸術には芸術なりの基準が美徳があるならそれに基づいた論理が展開されていても不思議ではないと思うわけ陸上なら速さが頂点、だから速いことが素晴らしい
      数学なら定義された数字の論理展開
      その基準、論理、美徳が曖昧なのが気に入らない
      曖昧なものなんて腐るほどあるだろ(笑)
      実物の大自然を目の当たりにする事、それを写実的に書いた絵、抽象化した絵、写真や古い物の味、何でもいいけど、突き詰めたら普遍的なものなんて無いだろ。
      〉数学なら定義された数字の論理展開
      何だよそれ、分けわからん
      ※16 2016年07月29日 02:22 ▼このコメントに返信
      夏休みに入ったID:SLwがとりあえずキモいスレでした
      でも12時には寝るいい子みたいです
      ※17 2016年07月29日 02:24 ▼このコメントに返信
      芸術がわからん人には一生わからん。
      芸術ってのは、価値の無いものに(その人だけの)価値を見出す行為だからだ。
      一般人が美術館で芸術を見る行為というのは、「昔の人が大金を出してまで欲しがったものがどんなものなのか見てみたいという好奇心を満たす為」であって、芸術的価値を見出す訳でも芸術が理解出来ている訳でもない。
      ※18 2016年07月29日 02:25 ▼このコメントに返信
      究極のキョロ充分野だからな
      金持ってる奴や権威のある奴か評価するだけで価値が変わる
      画廊や派閥に振り回され本人の手元には金が入らない
      ※19 2016年07月29日 02:26 ▼このコメントに返信
      何が言いたいのかわからんかったね。

      理屈抜きで感性に訴えかけるのが芸術だろうよ。
      それを倫理で~だの理由が~だの言うのは野暮だと思わない?
      ※20 2016年07月29日 02:28 ▼このコメントに返信
      芸術はうんこみたいなもんだから。人間がいたら自然にできるもの。価値をつけるのはうんこで食べていきたい人がいるからだしうんこのクオリティをあげたいから。
      ※21 2016年07月29日 02:28 ▼このコメントに返信
      ゲルニカは知らんけどキュビズムは平面に多角的な視点を込めてるから写実的の終着点と教養の時に教授が言ってたな
      逆に写実的といえば写真を思い浮かべる人もいるけどあれは一方向の一瞬しか切り取ってないから写実的とはかけ離れてるとか
      ※22 2016年07月29日 02:30 ▼このコメントに返信
      一般人のワイ思うに、
      芸術の値段は、芸術からえられる感動の量とイクォールでは無いというのがわかってない人が多い感あるね。
      そういうとこ、なんか面倒くさいんじゃないの?
      ピカソのゲルニカを見て何を感じるかはそれぞれじゃん、教養の差、感性の差、人によっては名作傑作で、人によっては便所紙にもならないゴミ。
      人それぞれで乱高下あるにもかかわらず、「金銭的な価値」という万人共通の指標がブレなく高いという点で混乱するんやなぁ。
      みんなが認める高価なもので、自分の心が動かないのはオカシイやないか、とか言うんやなぁ。
      技術的な上手下手が芸術の価値の本質だと思ってる人もおるよね。
      ※23 2016年07月29日 02:41 ▼このコメントに返信
      キュビズム自体がそれまでなかった手法で、
      見たらそう簡単に忘れられない絵、ってすごい事だと思うけどね
      んで全部を説明してしまうのはもったいない
      芸術はきっかけ程度でいいよ、見た人が勝手に完結させる方がいい
      何も感じなきゃそれでいい、また気になったら年取ってから見りゃいい
      値段は全く関係ない
      ※24 2016年07月29日 02:50 ▼このコメントに返信
      こういう疑問持つ奴ってそのジャンルの歴史やルールみたいなものに関して無知なだけなんだよな。
      将棋知らない人がプロの棋譜見ても凄さがわからないのと一緒
      ※25 2016年07月29日 02:52 ▼このコメントに返信
      他人がどうこう言おうがピカソの絵に何億もの大金を払ってでも欲しい人は沢山いるんだよ。
      ※26 2016年07月29日 02:53 ▼このコメントに返信
      反解釈でも読んどけ
      ※27 2016年07月29日 02:55 ▼このコメントに返信
      今評価が落ちてるらしいけど、ダリが好きだ。
      「価格下がってるか? 300万くらいでダリが手に入るのか?」
      と期待してるけど、そこまで下がらん。
      芸術だろうと芸能だろうと、自分の好き・嫌いで判断していいよ。
      「世間の評価は凄いみたいだけど、自分は今一」
      というのも立派な意見だ。
      ※28 2016年07月29日 02:55 ▼このコメントに返信
      俺は子供の頃にピカソの絵を初めて観て面白いと思ったな。
      キュビズムなんて言葉も知らない小僧だった。
      ※29 2016年07月29日 03:15 ▼このコメントに返信
      米1
      西洋美術に関して言えば理屈の時代のほうが長かった。
      古代ギリシャのプラトンの説明する「美」を実現するためなのが古典主義。
      バロックはカトリック教会が会議を開いて作風や色を決めた。

      19世紀のフランスは古典主義のほうが主で、ミロのヴィーナスやモナリザがお手本とされたので今でもルーブル美術館で有名。それに反抗したのがピカソなどの近代美術。

      写実的な絵が理想とされた時代はほとんどない。
      ※30 2016年07月29日 03:17 ▼このコメントに返信
      物の価値ってのは常に誰かが値をつけるもんで
      絶対普遍の価値水準があるわけじゃないしね

      まぁ一定の傾向を指して神の見えざる手なんて言葉はあるが
      需要そのものはまさに個人の自由
      ※31 2016年07月29日 03:31 ▼このコメントに返信
      この>>1は浅い人間だなぁ
      どんなに理屈並べても結局は各々の感性で好みの芸術品が決まる訳で
      理屈や理由を聞かなきゃ納得できないとわめくのは無意味ってだけなのに
      ※32 2016年07月29日 03:46 ▼このコメントに返信
      生で見ない奴にはわからんよ 写真で見たらそれは写真であって絵では無いし
      ひまわりは絵の具が肉厚についてるから角度で微妙に雰囲気かわるし
      ピカソは写真に写らない匂いや雰囲気や感情を描こうとしたんだし
      それに単純に300年前に描かれた絵が自分の目の前にあるっていうのは不思議な感覚がするんだよ
      ※33 2016年07月29日 03:56 ▼このコメントに返信
      文化の無い人ってこういう事言うよね
      動物的発想
      ※34 2016年07月29日 04:01 ▼このコメントに返信
      芸術が何かなんてわからんけど、これに目をつけてビジネスにまで昇華したやつはマジモンの天才だと思う
      ※35 2016年07月29日 04:16 ▼このコメントに返信
      今の技術があれば成分からなにからまったく同じものが作れそうな気がするけど、それはさすがにタブーなのかな
      成分分析して本物お墨付きされて価値出るんだから、「芸術」以外の付加価値を感じちゃう
      ※36 2016年07月29日 04:22 ▼このコメントに返信
      何を表現したのかってのはあらかじめ知っておきたいね
      ※37 2016年07月29日 04:31 ▼このコメントに返信
      まあ実際ピカソのどこが素晴らしいのか言えてないよね。無理に理解することはないとか


      単純にピカソの凄いところ教えてくれってだけなのに。芸術に技術は必要ないのかね。そこ付け加えてくれるだけでも違うのに

      まあ絵なんかよりフィギュアスケートの方がよっぽど胡散臭いが
      ※38 2016年07月29日 04:53 ▼このコメントに返信
      『この世に芸術家も芸術作品も存在しないことになる』ではなく『この世の全てが芸術家や芸術作品』なのかと
      ※39 2016年07月29日 05:04 ▼このコメントに返信
      絵や音楽や写真の素晴らしさを文字で表現できるなら立派な評論家として飯食えるからな。
      >>1がもし見ていたとしたらよくある戯言とバカにするかもしれないけれど実際にその絵をみるとすごさがわかる可能性もあるから見てみてほしいな。
      私には理由が言葉で説明できないただ単純に好きな絵があるから。
      ※40 2016年07月29日 05:06 ▼このコメントに返信
      フランスでは漫画どこらかテレビも新しい芸術として認める動きがあるっぽいな
      日本人は芸術にたいする視野がせまいと思うわ
      ※41 2016年07月29日 05:11 ▼このコメントに返信
      米10
      へー、それすげー見てみたい
      ※42 2016年07月29日 05:36 ▼このコメントに返信
      すべてが糞だとは思わないが、まあテクノロジーに比べりゃ糞だな。
      文学もまともな論文に比べりゃ糞だわ。何か構造的、思想的に言いたいことがあるなら、その部分だけ論理的に語ったほうがマシ。
      ※43 2016年07月29日 05:42 ▼このコメントに返信
      人の心を潤すものだよ。自然や動物、人と同じでもある。それらには人の心をゆさぶる作用があるだろ?その作用を直接的に人が生み出すことそれが芸術。求めたいやつが求めたくなったときに求めるものだから、理解しなくてもいい
      ※44 2016年07月29日 06:06 ▼このコメントに返信
      米37
      何がすごいかはわからんけど本物は圧倒されると思うよ
      音楽聞いてあぁこの曲好きだと思うのと同じじゃね?その曲の何が好きなのか説明できないならその曲はクソだって言ってるようなもん
      何がすごいか理解するのは専門とかいって技法とか勉強するしかないんじゃない?
      ※45 2016年07月29日 06:06 ▼このコメントに返信
      個人的には、わっけの分からんもの作って、「分かる人だけ見てくれたまえ」みたいな顔してる芸術家は、三流だと思ってる。
      ちなピカソやダリなんかは、分からん分からんいう人多いが、あの辺は説明ちゃんと聞けば分かるぞ。
      ※46 2016年07月29日 06:17 ▼このコメントに返信
      ダダイズムで検索検索ゥ!
      ※47 2016年07月29日 06:23 ▼このコメントに返信
      ゲルニカの意味で言えば、戦争の恐怖って事になってるね
      ゲルニカという街に爆弾を落とされて悲惨な状況、という場面を絵にした
      あの絵を見た子供が、この絵こわい!って言い出して、なるほど戦争の悲惨で醜い状況を印象付けて描いた作品なのかと大人たちも納得したという逸話がある

      だから印象派というのは、まず一目見た時の印象が全ての感想であって、短絡的でいい
      深い意味を探ったり考える必要はない
      まず見て、その状況や場面を想像して出てきた感想、それが絵を鑑賞する時には大事な感性

      ピカソのゲルニカの絵画的価値というのは、その逸話だったり、歴史的な事件を体験したり近くで見てきた人の生の意見としての作品だから価値がある
      ※48 2016年07月29日 06:24 ▼このコメントに返信
      現代芸術にはそういう逸話的なものがない場合が多いから、確かに「クソじゃね?」とか思ってしまっても仕方がない
      単にビジネスになってしまっていて、意味もなくどうでもいい絵に価値を付けて売れればなんでもいいみたいな状況になっている事もまた事実

      写真もそうだけど、要は作者が何を表現したかったのか想像する事が楽しいと思える感性がなきゃ楽しめない
      それが実際に作者の意図したものと間違っててもいい
      歴史的な事件や出来事に絡むからこそ芸術作品は面白い事が多いから、どうしても死後や時間が経ってから評価されがちという事
      ※49 2016年07月29日 06:32 ▼このコメントに返信
      よくわからん三色しか色塗ってない物が数億の価値を出してるからな
      正直わかんねえわ
      ※50 2016年07月29日 06:39 ▼このコメントに返信
      分かろうとする時点で 勝手に分かる?もんだよ
      ※51 2016年07月29日 06:43 ▼このコメントに返信
      気になるのなら、ゲルニカのウィキペディアのページを読んでみればわかる
      逸話や当時の状況が事細かに書いてある

      芸術家の言う「解釈は人それぞれ」というのは、自分としては意味や主張を込めて作った作品だけれども、当然の事ながら批判意見もあるし、実際に自分の意見には反論もあるだろうからどう解釈してもらっても構わない、でも自分の目にはこのように映っている、というニュアンスも含まれているんだよ

      ピカソは無差別爆撃されたゲルニカの街を見て、この絵のような悲惨な状況を作り出したスペイン軍を軽蔑する、という意味で描いたらしい
      ※52 2016年07月29日 06:43 ▼このコメントに返信
      ※49
      たしかに値段考えるとアホらしいし自分は権利関係の値段だと思ってる映画の上映権みたいな
      素人は美術館で見てこの絵すげぇなとか思ってるだけでいいと思う
      現代アートはわけわからんのも多いけど
      ※53 2016年07月29日 06:52 ▼このコメントに返信
      要するに、よくわからん絵画が高い値段で取引されてるけど、俺は金もなくてどうしょうもない。ふざけんなあああ。
      ってことだろ。
      ※54 2016年07月29日 06:52 ▼このコメントに返信
      米51
      まぁそれもゲルニカを見て怖いと思わない人には伝わらないんだけどね
      逸話とかって「芸術って何がいいのか全くわからん」って人に説明してもしょうがない気がする
      何を描いた絵なのか説明はいるけどね
      ※55 2016年07月29日 06:55 ▼このコメントに返信
      何にでも意味を求めちゃうお年頃か。僕は芸術センスも人生経験も皆無なんで理解が出来ませんって言えば終わりやんけ。ただ現代アートはマジで分からん。床にスリッパやったっけ? 置いたら現代アートと勘違いして写真パシャパシャ撮られたって何か聞いたことあるぞ。
      ※56 2016年07月29日 06:55 ▼このコメントに返信
      村上隆曰く
      現代アートとは芸術という本の一番新しいページを書いていることに等しい
      初めから読みストーリーや登場人物、文脈を理解していなければ理解できるはずもない。と。

      俺としては、解釈は人それぞれなんてのはコンセプトの希薄さからくる逃げであり、つまり結果として作品の魅力がないことを露呈する発言だと思ってる
      ※57 2016年07月29日 06:59 ▼このコメントに返信
      今までになかった観点から書かれたとか斬新な技法で描かれた
      とかで評価されてる作品もあるし
      美術は時代背景は作者の事や技法なんかにも詳しくないと
      本当に評価されてる基準がわからない
      ※58 2016年07月29日 07:02 ▼このコメントに返信
      馬鹿「馬鹿にも分かるようにしろ!」
      実際パッと見てわかるようなものはその程度の価値しかない
      ※59 2016年07月29日 07:05 ▼このコメントに返信
      昔の芸術作品なんて作者が存命中は見向きもされないような代物だったんだがなあ。
      今のラノベやゲームでも、時代が下ればそのうち芸術になるんじゃね?
      ※60 2016年07月29日 07:06 ▼このコメントに返信
      お前らにわかるよう言うなら
      ハンターハンターの具現化能力と一緒
      ものすごく精巧な風景を描くなら、写真にとったほうがいい
      物でも人でも精巧さでは実物に敵わない
      じゃあどうるすってんでピカソ爆誕
      ※61 2016年07月29日 07:07 ▼このコメントに返信
      ※55
      たしかメガネだった気がする
      まぁそれもおやすみプンプンみたいなよくわからん系の漫画にミスで突然空白のページが出てくるようなもんだと思う
      多分ファンなら何か解釈してくれると思う
      真っ白なページ単体だと意味わかんないけど文脈でみると何か意味がありそうみたいな
      ※62 2016年07月29日 07:14 ▼このコメントに返信
      ※60
      馬鹿は未だに精巧なモンありがたがってるから
      「うんじゃあ実物見とけば?」
      って便器置いたのが現代アート
      ※63 2016年07月29日 07:17 ▼このコメントに返信
      ※58
      実際パッと見てわかるようなものは「その人には」その程度の価値しかない
      ※64 2016年07月29日 07:18 ▼このコメントに返信
      ※63
      深いこと言おうとして失敗してることだけはわかったw
      ※65 2016年07月29日 07:27 ▼このコメントに返信
      現代アートは基本、いかに人と違うことをするかだからね
      芸術と聞いてルネサンス的な作品しかイメージできないような段階の人にはその違いも分からないからね

      ちなみに勉強してもワシにはわからん
      ※66 2016年07月29日 07:44 ▼このコメントに返信
      ※64
      いやそれが事実だから
      別に深い事なんて言おうとしていない
      パッと見て「綺麗な風景だね」としか思わない人が多いから、写実的で精巧なリアル思考の絵画は廃れていった
      それでもなお写実的な絵に興味を示す人というのはいなくならないでしょ?
      色鉛筆でこんなリアルな絵描いてる!とかでよくまとめサイトでも取り上げられたりしてる
      作者が自信作として作って、こだわりも意味合いも込めて作ったのに、評価されない作品だって当然あるよというだけの話だよ
      別に深い事を言おうとしたんじゃなくて、普遍性はないよと言いたかっただけ
      ※67 2016年07月29日 07:44 ▼このコメントに返信
      デュシャンがわからない人がいるのはともかくピカソがわからないのは勉強不足だろ
      ※68 2016年07月29日 07:46 ▼このコメントに返信
      この1は、価値や評価ってものについて考え直してみた方がいい。
      単一の価値基準のもとこれはいい芸術作品であれはダメっていう評価の仕方だけを想定しても、それだと芸術についてほんと何も語れん。そう考えてる限り、どんな解釈や説明を聞いても納得できんだろう。
      だって芸術作品って、それまでの物の見方とか価値基準とか覆して、新たな何かを提示するものだから。
      その新たな何かが反響して、次へと続いて、新たな作品へと繋がる。肯定的否定的問わず、そういった影響というものがあって、その関係性の鎖が伸びていく。その作品に力があれば、一評価や一基準ものみこんで、運動体として現代にまで続く。
      断続的な歴史の背後にある歴史性それ自体の価値は、単一の基準に基づく評価ではかれるもんじゃないでしょ。
      ましてや客観と主観、普遍性と恣意で割り切れるもんでもない。
      ※69 2016年07月29日 07:48 ▼このコメントに返信
      絵画とかはすごいのはわかるけど何億円の価値があるとは思わないって人が多いんじゃない?
      ※70 2016年07月29日 07:52 ▼このコメントに返信
      ※44
      音楽の場合はイントロで懐かしい感じがしてサビの部分が切なくていいとかそういう風に説明できる
      でも芸術の場合は大抵の人は落書きにしか見えないじゃん
      作品数15万近くあるけどそれとそれっぽく描いた無名の学生と初見で見分けろって言ったらほとんどの人が無理だよ
      ピカソのデッサン絵とかならパッと見で凄いって分かるけど
      抽象画は一般人に何がどう凄いのか理解させるのは難しい
      自分も分からん
      ※71 2016年07月29日 07:53 ▼このコメントに返信
      ゲルニカは戦争の絵だって言われてもよくわからない。わからないのに嫌悪や恐怖といったい感情や場景が読み取れるのが凄いと思ってる。
      ※72 2016年07月29日 07:54 ▼このコメントに返信
      一枚の絵が何百万とかで売れる画家さんにきいた話し。自分絵下手だし同じくらいの画力の人いっぱいいるけど、まず賞とかたくさんとるのが大事。賞とるためには審査員に媚をうるのが大事。接待いっぱいして、賞に入れてもらうの。
      賞とったら、この絵はすごいんだと思って僕の絵を買いたいと思う人がいっぱい出てきて、僕の絵に価値がついたんだよー。って言ってて、芸大生にそれ言うかって思った。
      ※73 2016年07月29日 08:03 ▼このコメントに返信
      ※70
      おれはそれでいいと思うけど
      それってゲルニカ見てなんか怖い感じがするとかなんかの絵は神秘的な感じがして好きとかと同じじゃん?
      1みたいな「芸術は何がいいのかわからん」って人はこれじゃ納得しなくね?
      ※74 2016年07月29日 08:06 ▼このコメントに返信
      現代アートで言うと名前忘れたけど、本当にただ単にキャンバスを地面に置いて絵具をビシャビシャとキャンバスに叩きつけただけの作品(作画風景がyoutubeに映像で上げられてた)が評価されてものすごい値がついてるよね
      確か億超えてた気がする

      あれは正直言って本当に理解不可能
      何故ならそんな画法は昔からあるし、特に何かを描いているわけじゃなく、本当に単に絵具が無造作にキャンバスに叩きつけられているように見えているだけの絵でしかないから
      なにやらランダム性がどうのこうのと作者は語っていたけど、そんな意図的にも思えない絵だった

      それに、例えそれがこういう意見のアンチテーゼだったとしても、デュシャンがもう既にやっている事であって二番煎じだというのもある
      特に綺麗でもないし、あれは流石に商業的ビジネス絵画としか言いようがない

      まあ絵画の理解ってどこまでもアンチテーゼと言い続ければ良い的なところがあるから、それも商業的ビジネス絵画を皮肉っている絵なんだと無理矢理意味を付けられるけどね
      ※75 2016年07月29日 08:07 ▼このコメントに返信
      ※70
      落書きにしか見えないのは自分にはあってないと思えばいいんじゃない?
      雑音にしか聞こえんって人にその曲の良さを文字で伝えるのは素人には不可能だと思う
      だからってその作品がクソってことにはならんやろ
      ※76 2016年07月29日 08:08 ▼このコメントに返信
      芸術に理論を求めてるんじゃなくて
      好きな絵があったら、それをどういう理由で好きなのか説明してほしいだけなんだよ
      ほんと文系って話の筋を理解しねえよな
      ※77 2016年07月29日 08:13 ▼このコメントに返信
      ※71
      東北の大震災があったときに、「福島」というタイトルで同じように人々や生き物が阿鼻叫喚している絵を見たら、おそらく一発でわかると思う
      ※78 2016年07月29日 08:14 ▼このコメントに返信
      他の小ブルジョアを潰すためにかく乱している外国のカルトかマフィアの派閥でしょう。真に受けて真似したら、モノづくり放棄する路線になるだけ。これで白人様の天下確定的な路線だろう。ネオナチに壊されてもいいくらい価値ないじゃん。まったくのデコイみたいなアーティストかも知れないよ。
      ※79 2016年07月29日 08:15 ▼このコメントに返信
      米76
      なんとなく全体の雰囲気が好きとかじゃダメなんか?
      好きじゃないけどゲルニカだったら悲惨な感じが伝わってきてすごいとか
      ※80 2016年07月29日 08:16 ▼このコメントに返信
      実在するのかしないのかさえ適当なアイドルとか作って荒らしてみたいよね。
      ※81 2016年07月29日 08:19 ▼このコメントに返信
      美術は、特定の派閥が独占していて、大多数は普通のお絵かきしてるだけの人だったりするんだから、絶対、何か裏があるよ。奇妙なエリート主義がある。教育コンテンツがまず平等じゃないよ。
      ※82 2016年07月29日 08:22 ▼このコメントに返信
      ※79
      一般人が小難しい芸術の理論なんて知ってるわけないんだから、それでいいんだよ
      「現物を見たら心が揺さぶられた、だから俺はこの絵が好き」
      音楽だってそんなもんだし
      ITにおいても、ハイレベルのプログラミング言語なんかは「なんとなく文法が自分にあってるから」って基準で採択するし

      その好きな理由を説明せずに、ひねくれたこた答えしか返さないんだからムカつくわ
      ※83 2016年07月29日 08:24 ▼このコメントに返信
      自分に近い境遇で少しレベルが上の芸人とか、カルトがメディアに出してきて、きりきりさせたりするの経験ないかなぁ?たぶんそう言うことだよ。まったくの個人では能力に限界があるから、そうやって刺激したり圧迫して淘汰しているね。個人なんて、そうやってサンプリングされて消されるんだよ笑。これは米系の独占的な商売と思っていた方がいいよ。
      ※84 2016年07月29日 08:27 ▼このコメントに返信
      この人音楽聴くときも何か基準を作ってこの曲はいいって判断してるのかな…芸術なんて音楽であれ絵画であれ大衆文化であれ貴族文化であれ、現代の芸術に対して受身の人はまず第一にここの感性で芸術を捉えてその次に特定の知識のある人が体系化しているだけだと思うんだよな。基準があって芸術が良いというわけではなく、芸術が良いものであるから基準ができるのだと思う。
      ※85 2016年07月29日 08:29 ▼このコメントに返信
      教育コンテンツも個人の資産背景も能力も違う、となったら、個性解決トラの穴に放り込まれたようなもの。教えてもらった以上の内容に飛びつくと、リスク高いだけだね。ちょっとずつ追いかける程度にしないと。まじでデコイかもしれないよ。
      ※86 2016年07月29日 08:31 ▼このコメントに返信
      現代の科学技術レベルで言ったら、芸術なんて大したことじゃないの分かるでしょ?まじでカルトのデコイの可能性が高いんだよ。
      ※87 2016年07月29日 08:37 ▼このコメントに返信
      ※84
      比較しないの?基準点がない人?はぁ。モノ考えられないって自分で言ってる笑。すべて自分の体が基準だと思うんだけど。
      ※88 2016年07月29日 08:44 ▼このコメントに返信
      作品の芸術的価値を言葉で説明したり、理解するためには
      ある程度の知識と経験が要るでしょ

      大衆がそれを持ってるとは思えんし、人それぞれと言うしかないよね
      ※89 2016年07月29日 08:59 ▼このコメントに返信
      自由に解釈してね!なんて芸術家見た事ないんだが
      誰に対して文句言ってんの?
      ※90 2016年07月29日 09:07 ▼このコメントに返信
      こいつは求めるばかりで自分から調べようとしないのな。THE・ネット世代だな笑
      きっと今までの人生も、人に優しく教えてもらってきたんだろう笑
      ネットの人たちはわかってても教えないことの方が多いぞ。社会は甘くないんだ。
      だから、ぼくも教えない笑
      馬鹿がばか正直に、わからないから教えろ~と無様に叫んでる姿を見るのは楽しいな爆笑
      ※91 2016年07月29日 09:13 ▼このコメントに返信
      ≫87 いや、まず最初に何か芸術に触れた時に考えることはしないで身体全体で何かを感受してそれから何らかのことを頭の中で構築していくっていうことなんだけど。感じるのが先か考えるのが先かってこと。
      ※92 2016年07月29日 09:18 ▼このコメントに返信
      91に付け加え。

      ただ、考えたとしてもここでいう考え(解釈)というものは美術館に行ってお金を払うような人の大半が理解するには基礎知識が多すぎるから普遍的に考えられているとは思ってない。
      ※93 2016年07月29日 09:22 ▼このコメントに返信
      芸術作品の楽しみとして、先入観無しで見たあとに調べて、ああこういう事だったのかでも全然良い気がするけどね
      自分の解釈と違ったなーでいい気がする
      問題は自分の解釈が当たってた時に、てことはそれだけのつまらない作品か、と思ってしまう事もあるのが怖い
      印象作品はそういうものだと理解していないと、それだけで芸術なんて大したことないと何故か結論付けて失望していく人もいるから悲しい
      ※94 2016年07月29日 10:12 ▼このコメントに返信
      この>>1はいい事言ってると思う。
      現代美術では価格が価値になるという逆転現象が起きてるけど、もう一度芸術の本質を問い直す事が必要なのかもしれない。
      あと、日本における芸術は、学校の美術教育のせいでクソになった。
      好きなものを好きなように描く。
      そんな私的な心象世界を見せられても、共感はすれど感動はしない。必要なのは、芸術の文脈に沿って思考された作品であって、歴史も文脈もないものはただの落書きと大差ない。逆に言えば、ただの落書きであっても、偶然にも芸術の文脈に沿っていればそれは価値のある芸術作品となるだろう。

      長々と書いたけど、みんな芸術に興味持って勉強しようぜって事。
      知らないから、よく分からない高尚なもののように感じるけど、
      ちょっとずつでも学んでいけば本当にどんどん面白くなっていくよ。
      ※95 2016年07月29日 10:26 ▼このコメントに返信
      意味ないもん作るなや!
      ※96 2016年07月29日 10:34 ▼このコメントに返信
      ものまねアーティストの森村泰昌によると、
      現代芸術は優れたコンセプトが重要だそうだ。
      優れたコンセプトを見極めるためには、芸術史のほか
      思想哲学歴史の知識も必要になるね。
      ※97 2016年07月29日 11:03 ▼このコメントに返信
      アート界はむしろ「意味があれば何でもアリ」の世界じゃね?
      ※98 2016年07月29日 11:10 ▼このコメントに返信
      これはタイトルで芸術家が言ってることが正しいパターンじゃん。
      なのに評論家(笑)が勝手に色々決めつけてそれをありがたがってるのが現状

      見た本人が良いと思えば良い物。芸術はそういうもの
      ※99 2016年07月29日 11:18 ▼このコメントに返信
      美術に限った話ではないけど現代芸術は古典芸術からの延長上に立ってる。
      だから古典芸術を理解してないとなかなか理解が追いつかないよ。
      というのも新しい芸術が生まれるときっていうのは既存の手法を捨てて新しい手法を取り入れていることが多いから。
      このとき何を捨てて何を追加したのかを理解できないとすごさを理解するのは難しい。

      あとは作品の力を感じたいのであれば生で見る以外はありえない。
      音楽だって生で聴くのとCDで聴くのでは全然違うでしょ?
      ※100 2016年07月29日 11:26 ▼このコメントに返信
      どんな御高説も佐野がぶち壊した。
      コネ社会で偉い人の作品がちやほやされて
      「どこが良いの?」と聞かれれば「解釈は人それぞれです!意味なんてない!」ってキレてるだけなのが露呈した。
      ※101 2016年07月29日 11:26 ▼このコメントに返信
      なんか良い、が理解できない哀れなキッズ
      人に説明してもらっても理解する気なんか無いくせにw
      アフィカスの釣りスレですわあ
      ※102 2016年07月29日 11:29 ▼このコメントに返信
      ※66みたいな馬鹿ばっかりになれば
      騙しやすくていいのになあ
      ※103 2016年07月29日 11:31 ▼このコメントに返信
      ※102
      馬鹿はお前なんやで
      ※104 2016年07月29日 11:52 ▼このコメントに返信
      芸術ってのは直感で良いと思ったり、素人でも何かしら物凄い印象を受ける物が本物。
      みたいな間違った芸術感を植えつけられてるから苦労するんだよ。
      芸術はビジネスであり、歴史であり、金であり、文化。学校で教わる美術は芸術とは違うんだよ。

      現代アートがわからないのもわかるけど、例えば草間弥生が受けてるのは、
      アメリカンポップアート(文化)の流れを現地で学んだ日本人(歴史)が日本風にアレンジ(現代文化)した物が「今」受けてる(ビジネス)。
      ポケモンGOが流行ったのも「今」だからだろ。ポケモンが認知されてない20年前なら今ほど受けなかったし、技術も追いついてなかった。それと同じなんだよ。
      ※105 2016年07月29日 12:07 ▼このコメントに返信
      楽しみ方は自由だけど価値を理解したいと思うなら
      ちゃんと歴史とか基礎知識を学ばないと難しいよね
      それは美術品に限らずファッションでも音楽でも料理でも日本人の心とかでも何でもそうだと思うんだけど
      そういったモノゴトの成り立ちを知る人のことを『あの人は教養のある人だ』と言うのよね
      ※106 2016年07月29日 12:14 ▼このコメントに返信
      まずは考えるな感じろ
      それから理論的に考察しろ
      ※107 2016年07月29日 12:23 ▼このコメントに返信
      えっとさ、懐疑的であることと否定的であることは違うんだけどさ
      疑問に思ったら『分からない!』って主張する前に考えてみたり調べてみないのかな?
      キュビスムって表現技法がなんで発生したのか?写真って機械が芸術に与えた影響とかってすぐでてくるよね

      まぁ学問としての芸術ではなく、自分の好みと経済的な価値の差が不満なんだろうけど、こんな声高に自分は馬鹿ですって主張しなくても良いのにねぇ
      ※108 2016年07月29日 12:41 ▼このコメントに返信
      こういう疑問を持った時に芸術論とか哲学を少しでいいから勉強してみて欲しいんだよなぁ
      なんで、意味ってなんなのか、ということに関しては猛烈な議論と思索が過去から続いてるわけで...

      そこをすっとばして2ちゃんで手頃な回答が出ないから、やっぱり俺の懐疑、考えは正しいいんや芸術はクソや、って結論に至るのは勿体無い
      ※109 2016年07月29日 12:44 ▼このコメントに返信
      美術館行って本物を見てきたら何か感じられるのでは?
      音楽もゲームも何でも、うん蓄垂れる前にまず心奪われるし、言葉で説明するなんて陳腐
      ※110 2016年07月29日 12:55 ▼このコメントに返信
      最近の太い棒線2、3本引いただけの現代美術(笑)とかは意味わかんない
      ※111 2016年07月29日 12:59 ▼このコメントに返信
      正直※106の一言で済む話なんよね。
      「本物」は誰にでもわかる輝きがあるわけもない。そんな高尚なものではない。資質や育ち、知識次第で、その人をとらえるものは変わってくる。理解不能なものもある。
      じゃあ単純に好き嫌いに還元されるかというとそういうわけでもない。ビジネスにちょうどいい単なる媒体に還元されるわけでもない。
      どこか不思議と惹きつけられるものを追っていけば、そこには同じように影響を受けた人がいて、その作品に肯定的・批判的問わずその感覚を同じくしてる人達がいる。作品からの広がりがある種の客観性をもって存在してる。それはかなり感性的なものであったとしても存在してる。
      1が疑問の出発点は、こうした両端に割り切れないところでしょ。人それぞれ相対的でもなく普遍的でもないから疑問が生じる。
      だから教科書的な影響関係を単純に教えろと言ってるわけじゃないでしょ。その価値基準が問題なわけで。
      まぁ、1の論理は未熟だとしても、一言で浅いとか、バカとか言ってるやつより、疑問もってるだけだいぶマシよ。
      ※112 2016年07月29日 13:12 ▼このコメントに返信
      芸術って糞だろ
      金を持っているやつが価値を見出すかどうか

      でも、必要としている人がいてそれが心のよりどころなんか感動なんかとか色々あり
      そういう付加か価値が大事
      ※113 2016年07月29日 13:14 ▼このコメントに返信
      まともな芸術家で、「解釈は人それぞれ」とかまぬけな事言ってる奴は一人もおらんやろ…
      ※114 2016年07月29日 13:34 ▼このコメントに返信
      ピカソの凄さはキュビズムの開発じゃん
      今まで一つの視点からみた絵しかなかったのに対象をサイコロの展開図みたいに分けて描くことによって多面的な表現ができるようになったってことだろ?
      ※115 2016年07月29日 13:34 ▼このコメントに返信
      この疑問を否定するのはキョロ
      ※116 2016年07月29日 13:51 ▼このコメントに返信
      芸術ってクソじゃね?って
      わかるってことが芸術を真に理解していることの証し

      厳密に言うとこんな曖昧あやふやなものに憧れてしまう人間こそがクソなんだけどな
      ※117 2016年07月29日 14:12 ▼このコメントに返信
      いかにも2chらしいスレ
      ※118 2016年07月29日 14:15 ▼このコメントに返信
      ピカソはさて置き、ダビンチやコローのような写実を、写真のない時代に
      ロクな道具もないまま描いたこと。これに感動を覚えるのが芸術なのでは?
      よって、ピカソやゴッホの凄さは俺にはわからないが、凄さがわかる画家はたくさんいる。

      絵でなく彫刻でも、よくこんなの作れたなぁというものには感動する。
      エジプトの遺跡やモアイなんかも。
      ※119 2016年07月29日 14:35 ▼このコメントに返信
      ※118
      それも一面的だから芸術は難しいよね
      手間のかかるものが凄いなら爪楊枝で作る大阪城だって凄いわけだし
      そういう作品を作るまでの技術的困難さを評価する趣は日本では強いけど
      複製芸術が芸術じゃないかと言えば違うし
      ※120 2016年07月29日 14:38 ▼このコメントに返信
      >>1の言い分は最もでしょ
      結局分かってるフリしてる奴が悦に浸るだけ
      まさしく裸の王様なんだよなあ
      ※121 2016年07月29日 14:39 ▼このコメントに返信
      ピカソのキュビズムは、ご存知三次元の物体を二次元で表現する試みでありそこが面白い、そしてパイオニアでもある。ゲルニカとか、完全には理解出来無いけど、絵の持つパワーがすげぇじゃん。ひまわり然り。
      まあ、あんなにありえないくらいの高値で売り買いされるってのは、やはり投資目的だろうけどさ。
      ※122 2016年07月29日 14:43 ▼このコメントに返信
      「絵の持つパワーが凄い」
      あまりにも幼稚すぎる感想
      こりゃ呆れられるわけだわw
      分かったフリしてる君
      ※123 2016年07月29日 14:57 ▼このコメントに返信
      ※121
      三次元じゃ無くて、全角度だった筈だわ間違い。
      ※124 2016年07月29日 14:58 ▼このコメントに返信
      ※122
      どうも、わかったフリしてる君です。
      じゃあ貴方は何が何だか説明出来るんですかわかったフリしてるさん。
      ※125 2016年07月29日 15:22 ▼このコメントに返信
      ふーむ、わかったフリしてるさんから反論が来ないなぁ・・・
      もしかして・・・また・・・勝ってしまったのか?
      ふふっ・・・自分で自分が恐ろしい・・・
      まとめの米欄ロンパーとは俺の事よぉ・・・っ!

      さっ、仕事しよっ
      ※126 2016年07月29日 15:52 ▼このコメントに返信
      天才という表現出なく逸脱というイメージ
      キティちゃんは人気あるけどキティの絵はキティちゃんを知らん人でも書けそう
      キティちゃん→普通
      ピカソ(?)の作品はピカソ知らん人が書けなさそう
      ピカソ→逸脱

      希少やから価値があり評価されるんやと思う
      既にピカソの絵を見た後なら『こんなん誰でも描けるわ』となるやろうけど、少なくともワイにはピカソの絵をみる前に同じような絵がかけそうにない
      ※127 2016年07月29日 16:23 ▼このコメントに返信
      マジレスすると実際美大の作品講評で「解釈は人それぞれで〜す」なんて言ったら教授連中からフルボッコやぞ
      ※128 2016年07月29日 16:28 ▼このコメントに返信
      天才なら作品が発表された時点で評価されてるはずなんだが実際は作者の死後急に価値が上がった物ばかりだしな
      誰かが煽動して価値つり上げてるだけなんじゃないかと疑ってる
      自称絵画通に素人の落書き見せたら絶賛したりするのはよくある話
      ※129 2016年07月29日 16:36 ▼このコメントに返信
      自分が感じた自然の美しさにとか戦争に対する憎しみとかを
      他人にも分かって貰おうと思って絵に描くとしよう。
      でも絵には色んな欠点や制限がある。
      平面だし動かないし音も出ないし匂いも出さない。
      それでも何とか頑張って表現しようとしたものの一つが
      現実の画像をグシャグシャにしたピカソの絵と考えればどうか。
      例えば漫画のくれしんでミサエが怒った時顔が有りえないほどグシャグシャに
      なるけど怒りの表現であることは良く分かる。 そんなのと同じ。
      ※130 2016年07月29日 16:52 ▼このコメントに返信
      なんか、真の芸術は死後になってやっと評価されるもの、という風潮だけれど
      実際は、歴史に残るようなクラスだと生前の内に評価されてるのがほとんどだよ
      ピカソはもちろん、それこそゴッホですら
      ※131 2016年07月29日 16:59 ▼このコメントに返信
      ※129
      動画を表現したいなら、動画で表現すればいいじゃん。
      音を表現したいなら、音で表現すればいいじゃん。
      匂いを表現したいなら、匂いで表現すればいいじゃん。
      ※132 2016年07月29日 17:21 ▼このコメントに返信
      ※131
      確かにそうだが 
      限られた手法から生み出す多様な表現方法に感動する層も
      未だにいる。
      写真のお蔭で絵画が(比較的)廃れたのと同様に
      動画のお蔭で静止画が廃れる日が来るかもしれない。
      ※133 2016年07月29日 17:44 ▼このコメントに返信
      ※132
      いや、表現したいのは動画や音や匂いなんでしょ?
      「限られた手法から多様な表現を生み出すだせる」という自分の持つ技術を見てもらいたいわけではないでしょ。

      ※134 2016年07月29日 18:09 ▼このコメントに返信
      人間は他人が欲するものを欲し、他人が楽しむものを楽しもうとする社会的動物としての本能がある

      芸術による感性は、この群集心理が生み出す虚構に過ぎない
      ※135 2016年07月29日 18:34 ▼このコメントに返信
      ゴッホや広重はすごいなぁと思えるけど
      バスキアの良さはわからん
      ※136 2016年07月29日 18:55 ▼このコメントに返信
      芸術というと「考えるより感じるんだ!」「絵から伝わってくるものが…」みたいな
      抽象的なものばかりを捉えようとするのが日本人だよね。

      ピカソのあの子供みたいな絵の何が評価されたかというと、まず18世紀に印象派が出現することによって絵画は「立体表現・写実的表現」から「平面的表現・色彩による可能性の追究」にシフトされる。もちろん当時は評価なんかされず、日本人が大好きなルノワールもモネもセザンヌでさえも酷い評価を受けていた。
      なぜ色彩が注目されるようになったかというと産業革命によって、それまで絵を描くときに絵の具を作らなければならなかったのがチューブの絵の具が作られたからなんだけど

      立体表現というのは明暗をつけて絵を描くことだから、立体表現で色彩をより色彩として美しく輝かすことは難しくて
      平面的な表現にすることによって、色彩を色彩として美しいと感じられる絵になるのね。
      手近に印象派の画集があったら見てみなよ。本来「影」として「暗く」扱われるところ、それまでの前時代の絵画ではモノトーンに扱われていたところに、赤や緑、青、さまざまな色彩がある。
      ※137 2016年07月29日 18:58 ▼このコメントに返信
      ここから美術史というのは「前時代のアンチテーゼ」で進んでいく。
      そしてピカソが14歳当時、あんなに凄まじいデッサンを描いていたのになぜ子供のような絵を描き始めたか。
      それは「キュビズム」という考え方で画面を描き始めたからだ。「形」へのアンチテーゼをした。立体を一度単純な図形に分解して再構成する。簡単に言えば、マグカップなら円。長方形、取っ手部分の長方形、のように。
      子どものようなわけわからないような絵に見えて、非常に大人っぽく考えて「構成」されている絵なんだよ。
      子どものような絵に見えて、非常にデッサンのとれてる絵なんだよ。形を単純化しているけど、きちんと人体らしらのある形や線をしている。これはピカソに限らず、子供みたいな絵と評されてしまう巨匠の絵たちに言えることなんだけど。

      印象派以降、芸術家たちはある意味「上手に描くこと」をやめたんだよ。なぜか、それは絵画の可能性として、「表現」により重きをおくため。
      上手に描くと、どうしても上手ということが際立つ。上でも描いたけど色彩表現でも、上手=明暗表現をしてしまうと色彩が死ぬ。
      ※138 2016年07月29日 20:17 ▼このコメントに返信
      ホントの芸術は機能美の事を言う、それ以外はただの自己満足だよ。
      ※139 2016年07月29日 20:30 ▼このコメントに返信
      米136
      >芸術というと「考えるより感じるんだ!」「絵から伝わってくるものが…」みたいな
      >抽象的なものばかりを捉えようとするのが日本人だよね。
      最初はそんなもんでいいと思うよ。何も感じない絵の表現技法知ったってしょうがないし
      音楽だって知識で聴いて好きになってるわけじゃないしね
      ※140 2016年07月29日 20:39 ▼このコメントに返信
      書道と同じ。
      読めない方が達筆となる。
      ※141 2016年07月29日 21:50 ▼このコメントに返信
      ピカソの価値という話なら歴史的な理解無しには言えないだろ。

      「スーパーマリオブラザーズ」は今もそこそこは楽しめるかもだけど
      現代のその辺のフラッシュゲームより面白いとは断言できんじゃん?
      面白さ、というゲームの本質的な価値で考えたときに。

      でも「現代のその辺のフラッシュゲーム」より絶対価値があるじゃん?
      それは歴史的な意味という目線があって成り立つこと。
      絵画も同じ。
      ※142 2016年07月29日 23:06 ▼このコメントに返信
      ※133
      自分の表現技術の高さを見せるのも芸術家の仕事の一つだと思うけどなぁ。
      というより表現技術を身に付けないと芸術家になれない。
      キャラの一枚絵を見て「強そう」「意地悪そう」「柔らかそう」
      「いい匂いしそう」とか感想を持つだろ? 
      もちろんそう思われる様に画家が自分の技術を駆使して描いている。 
      「柔らかさを表現したいのなら絵ではなく樹脂粘土を使え」とか
      「匂いを表現したいのなら絵ではなく香水を使え」の主張も分からないでは無いし、
      そういう芸術家も居るだろう。
      ※143 2016年07月29日 23:59 ▼このコメントに返信
      なんで1がそんなに叩かれてるのか分からん
      俺からしたら根拠なしに1に突っかかる奴らの方が素っ頓狂に見える
      例えば多くの人に評価された物こそ芸術だって言うなら技術としてのその絵に凄みがある訳じゃないんだろ そこを認めずに論点ズラしてくるから歯痒いんだよ
      聞きたいのは芸術の凄さじゃなくてその絵の凄さ
      ※144 2016年07月30日 01:37 ▼このコメントに返信
      1が何を見て聞いたのかわからんから想像でしか言えないが
      仮に1が見たものを描いた人が本当に芸術家なら
      「解釈は人それぞれです」というのは「見る視点によって解釈を変えることができます」
      と言い換えられる可能性があるな
      あるいはだまし絵をもっと高次元にしたものかもしれん

      いずれにしても短絡的に「クソじゃん」とか言ったり、盲目的に「スゲー」とか言っちゃうのはもったいないな
      もっと想像力を働かせようぜ
      ※145 2016年07月31日 08:12 ▼このコメントに返信
      元来価値あるものを収蔵するのが美術館であったのに、今は美術館に収蔵されてるから価値がある、という構図になっている。
      ※146 2016年08月01日 22:45 ▼このコメントに返信
      そもそも答えがないのが美術
      宗教画みたいにわかりやすいモチーフでも画家によって描き方は異なるし
      曖昧なものが多くて当たり前

      ※126
      キティちゃんて案外難しいぞ。見て描かないとパチもんみたいな猫になる
      ※147 2016年08月17日 03:54 ▼このコメントに返信
      内に在るソレを感じ取れるかどうか。
      人はソレを感じ生命を維持している。
      普遍的なソレから稀なソレまであるが
      人は各々感じ取れるソレが大抵違う。感じ取れる深さも広さも永さも違ってその為に好みと言う差異がうまれる。
      優れた芸術作品はソレを含んでいる。音楽でも彫刻でも料理でも優れた芸術作品はソレが明らかに深く広く永い。あとは内に在るソレを感じ取れるか。

      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2016/7/29
      categories カテゴリ 議論

      hatena はてブ | twitter comment (147) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク