titleicon 過去10年の箱根駅伝を淡々と振り返る

    2017/12/31
    categories カテゴリ お役立ち・豆知識

    hatena はてブ | twitter comment (2)
    93-hakonestart-2
    1 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 02:56:34.67 ID:J1QWgxe9E

    ■84回大会(2008年) 

    優勝候補は駒沢。宇賀地・高林・深津の黄金世代をはじめ
    バランスの取れた布陣で全日本大学駅伝を快勝

    往路は大きなミスなく上位につけると、5区安西が好走
    しかしそれを上回ったのは早稲田大学の駒野
    「初代山の神」今井正人にも迫る78分12秒の好タイムで往路優勝を果たす。

    復路スタートの山下り6区も早稲田加藤が区間賞
    山で躍進した早稲田を駒沢が追いかけるマッチレースに

    7~9区、駒沢は豊後・深津・堺の強烈なトリプルアタックで
    最大3分以上の差を大逆転
    3年ぶりの優勝を果たした。

    中央学院の木原・篠藤が2区&9区の日本人トップをひっそりと達成し、
    篠藤はひっそりとMVPを獲得。
    2区では、山梨学院の最強留学生モグスが区間新記録を更新。
    前年、最後の坂で大ブレーキとなってしまったリベンジを見事果たした。

    学連選抜が歴代最高の4位に躍進。
    なお、当時の監督は青学原監督であった

    3 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 02:58:13.94 ID:J1QWgxe9E

    ■85回大会(2009年)
    優勝候補は、ディフェンディングチャンピオンの駒沢。 
    この年も全日本大学駅伝を勝利。

    しかし、深津をけがで欠くなか一発逆転のオーダーを組むも裏目に。
    1区区間19位⇒3区区間21位(23校出場)で早々と終戦してしまう。

    往路で躍動したのは早稲田
    1区の1年生矢澤が区間賞でデビューを飾ると、
    3区竹澤はラストランで区間新、1年生三田も4区で区間賞。

    5区、化け物が現れる。
    4区まで先頭とは5分差、9位で空気だった東洋大学は、
    大物ルーキー、柏原竜二がスタート
    次々とごぼう抜きをすると、なんと先頭の早稲田三輪をも抜き去り、
    奇跡の大逆転で往路優勝を果たす。
    山の神今井正人の記録を上回る77分18秒の区間新記録を樹立

    13 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:00:20.35 ID:67ka6wMRa

    >>3
    この時の駒澤の失速は笑えた

    6 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 02:59:02.43 ID:J1QWgxe9E

    復路は、早稲田・東洋のマッチレースに
    6区、前年区間賞の早稲田加藤が東洋を逆転するものの、本来の伸びを欠く。
    東洋は、8区千葉・9区大津・10区高見と3連続区間賞で逆転優勝。
    力の差以上に、東洋の「柏原革命」の勢いが
    早稲田を飲みこんだような復路であった。

    モグスは2区で前年の自身の区間新記録をさらに更新し、有終の美を飾る。
    ひっそりと学連選抜6区を川内優輝が3位と好走していた。
    シート争いは4位から12位までが2分以内にひしめく
    まれにみる大激戦に。駒沢はまさかの13着でシード落ち。

    「2代目山の神」誕生、そして東洋黄金時代到来の年である。

    56 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:14:58.97 ID:Ch0uenVw0

    >>6
    3連続区間賞とか何を言うとるんやしっかり確認せえ

    15 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:00:44.08 ID:J1QWgxe9E

    ■86回大会(2010年)
    前哨戦の出雲・全日本は日大が留学生パワーで2冠達成。

    1区、ハイペースの叩きあいの中、
    前年区間賞の矢澤を振り落とし区間賞を獲得したのは明治の北條。
    勢いそのままに2区石川、3区鎧坂、4区安田と立て続けに好走し、
    4区までで2位を2分半ぶっちぎる快進撃を見せる。
    日体大の野口が、3区では珍しい8人ごぼう抜きを達成。

    例によって、4区終了時点で7位、空気だった東洋大学は
    山の神、柏原が前年の自身の区間新記録をさらに上回る走りで、
    明治との4分半差を軽々と逆転。
    往路2位の山梨学院には3分半のリード、
    明治にはこの1区間だけで10分の差をつける
    ドン引きの走りであった。

    そのまま安全運転で東洋大学の大楽勝。連覇を達成

    前年のシード落ちでリズムの狂った駒沢は、この年も1区で大きく出遅れ。
    しかし、5区深津が好走すると、6区デビューの1年生千葉が区間賞を獲得。
    勢いそのままに、ぶっちぎりの復路優勝。意地の2位入賞を果たした。

    留学生パワーで出雲・全日本の2冠を達成し、
    3冠のかかっていた日本大学は、まさかの15着に沈む

    24 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:03:10.60 ID:67ka6wMRa

    >>15
    やっぱ5区ゲーやな

    21 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:02:27.40 ID:J1QWgxe9E

    ■87回大会(2011年)
    「21世紀最高の神大会」ともいわれる大会。

    前哨戦の出雲駅伝・全日本大学駅伝は
    充実のメンバーをそろえた早稲田が快勝。3冠へ王手をかけていた。
    しかし、その中心メンバー佐々木・志方をけがで欠き、
    山の神柏原のいる東洋が箱根では優勝候補大本命と目された。

    1区、早稲田の大物ルーキー大迫が早々と集団から飛び出し、
    独走で区間賞を獲得。平賀・矢澤・前田と盤石の襷リレーで
    5区にトップでつなぐ。
    注目の黄金ルーキーの設楽ツインズを2区・3区に配した東洋大も
    上位でレースを進め、3位で柏原に襷をつなぐ
    東海大村澤が、日本人歴代3人目となる2区66分台を達成

    5区、故障明けの柏原は区間新とはいかなかったが、
    77分台の好走で、早稲田との3分弱の差を大逆転。
    往路3連覇を達成する。
    早稲田は逆転を許すも4年生猪俣がまずまずの好走を見せ、
    27秒の2位で続く。

    26 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:03:37.74 ID:J1QWgxe9E

    6区山下り。早稲田の4年生高野が東洋市川に追いつく。
    高野は転倒のアクシデントで市川にいったん置いて行かれるも、
    再度並びかける気迫の走り。
    58分台の好タイムをたたき出し、早稲田が再びトップを奪い返す
    7区三田も区間2位の快走で、東洋との差は最大1分20秒に

    駒沢6区千葉が58分11秒という驚異的な区間新記録を樹立。
    7区ルーキー窪田も区間賞デビューを果たし、
    2強にも他の大学にも大差をつけて3位のポジションを終始独走する。


    8区以降、東洋が追い上げを見せる
    8区東洋千葉が区間賞。しかし、早稲田北詰も区間3位の好走
    9区東洋田中も区間賞。しかし、早稲田八木も区間2位の好走。
    なかなか大きくは差が詰まらない。

    10区、東洋山本がさらに追い上げる。しかし、早稲田中島も粘りの走り。
    1号車、同じ画面に映る両者の差は100メートルほど。
    最後の最後まで、どちらが勝つか分からない攻防の中、
    かろうじて振り切ったのは早稲田大学。
    2001年の順天堂大学以来となる「学生駅伝3冠」を達成した。

    東洋は3区間連続区間賞で追い上げるも一歩及ばず。
    200キロ以上の道のりを走ってきて、その差わずか21秒の決着。

    山の5・6区、復路終盤8・10区を任されたのは最上級生の4年生。
    ケガでメンバーを欠く苦しい状況を補ったのは、
    4人の4年生の意地の走りであった。
    苦難を乗り越えての、一進一退の攻防の末の勝利は、
    全国の駅伝ファンの感動を誘った。

    28 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:04:00.50 ID:J3xiEQ0Va

    11年はギリギリやったな

    29 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:04:49.05 ID:J1QWgxe9E

    シード争いも白熱。
    8位~11位までが団子状態で走る、史上まれにみる大混戦になっていた。
    ゴール前、集団から抜け出したのは国学院の寺田
    まずは8位でシード獲得・・

    と思われたが、なんとゴール手前で
    コースを間違える痛恨のミス
    3人に抜かれ、11位に沈む。
    しかし、寺田は猛烈な追い込みを見せると
    なんと選手一人を再度抜き返し、
    「あぶねー、あぶねー」という名言とともにシード圏内10位に滑り込む
    抜き返された城西大が「定位置」11位に落ち着くところまで完璧
    「テラダッシュ伝説」の誕生である。


    1区区間賞の大迫は佐久長聖
    大迫をただ一人追いかけて区間2位になった日大堂本も佐久長聖。
    2区区間賞の村澤も佐久長聖、早稲田の2区平賀も佐久長聖。
    6区逆転の立役者高野も佐久長聖。6区区間新の千葉も佐久長聖
    全国高校駅伝を歴史的な強さで勝利した「佐久レジェンド世代」躍動の年であった。

    30 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:04:55.91 ID:R5Q00pLs0

    柏原ってもう五輪とか無理ってなっても引退させてもらえなさそうだよな

    34 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:06:17.82 ID:h1AE4Dr40

    >>30
    もうやめたぞ

    31 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:05:45.70 ID:J1QWgxe9E

    ■88回大会(2012年)
    優勝候補は東洋大学
    前年惜敗した悔しさをばねに、「1秒を絞り出せ」を合言葉に力をつけてきた。

    1区、早稲田大迫が前年同様に好走し、区間賞を獲得。
    しかし、東洋1区宇野も62分台の好タイムで続く。

    2区、設楽啓太が68分4秒の好走でトップに躍り出ると、
    3区山本も62分台の好タイム
    4区デビューの1年生田口は区間賞。

    柏原に襷が渡った時点で、すでに2位に2分近い大差をつけている斬新な展開

    ラストランの柏原は、4年間で最高のパフォーマンス
    76分39秒という前人未到のタイムをたたき出し、
    圧倒的な強さで往路優勝を果たす。
    2位早稲田にはすでに5分以上のタイム差

    ここまできたら、もはや興味は「どこまでぶっちぎるのか」という1点だけ
    6区の市川も区間賞
    設楽ツインズの弟、悠太は7区で区間新記録
    8区・10区も区間賞

    勝ちタイムはなんと10時間51分36秒
    ハイレベルと言われた前年の早稲田の優勝タイムを
    8分以上も更新したのである。

    「1秒を絞り出せ」 ⇒ 2位に9分差の歴史的圧勝劇

    2位には例によってイマイチな往路を復路で巻き返した駒沢、
    3位には明治が入った。
    華の2区区間賞は青山学院の出岐が獲得。

    38 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:07:39.52 ID:J1QWgxe9E

    ■89回大会(2013年)

    往路、前年王者の東洋大は1区田口が早速区間賞を獲得すると
    2区・3区の設楽ツインズの好走でリードを奪う。

    虎視眈々と堅実な走りを見せたのは日体大
    4区終了時点でトップとは1分50秒差の2位でタスキをつなぐ

    5区、タスキを受けたのは服部翔太が快走
    なんと先頭の東洋大を抜き去り、
    2位早稲田3位東洋に約2分半の差をつけて往路優勝
    服部は、強風のコンディションでタイムこそ80分台だが、
    区間2位に2分差をつける「準・山の神」クラスの圧巻の走りであった。

    42 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:09:00.81 ID:J1QWgxe9E

    復路、地力に勝る東洋大が逆転すると目される中スタート
    しかし、強風で思うように伸びない東洋の選手たちを尻目に、
    日体大は終わってみれば7区~10位まで全て区間2位という堅実な走り
    2位東洋に5分弱の差をつけ、悲願の優勝を果たした。

    前年は19位、そして繰り上げスタートという
    屈辱を味わった名門、日体大
    まだ3年生の服部翔太をキャプテンに据え、立て直しを測った一年
    その服部のMVPの活躍により、歴史に残る大下克上劇を演じた

    駒沢は、お約束の往路不発からの復路優勝で3位に入り込む

    なぜか白熱したのは4位争い
    10区終盤、早稲田田口と帝京熊崎が並走する展開に
    帝京はこれでもかとチラ見
    田口は全く動じることなくガン無視。そして、悠然とスパート・・
    した瞬間に熊崎が猛スパートで抜き去る
    赤いユニフォームの激しい叩きあいは帝京が4位に滑り込んだ
    「チラ見ダッシュ」として語り継がれる名シーンである。

    46 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:10:45.67 ID:FvkyB1in0

    今年も駒沢応援するぞ

    48 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:11:13.11 ID:J1QWgxe9E

    ■90回大会(2014年)
    優勝候補筆頭に推されたのは駒沢大
    全日本大学駅伝では中村・村山・窪田・油布らを擁し
    圧倒的な破壊力で4連覇を達成。
    それを追う設楽ツインズラストランの東洋大、
    服部・矢野・山中の強力3トップを擁する前年王者日体大という
    3強の構図であった。

    1区は、史上最高と言われるメンバーがそろう
    早稲田大迫が飛ばすも、駒沢中村、日体大山中、東洋田口らが追いかけ、
    空前絶後のハイペースのまま集団で進んでいく。
    一人、また一人と脱落し、大迫自身も脱落する展開、
    制したのは日体大の山中であった。
    2位駒沢中村、3位東洋田口までが61分台で続く

    2区は駒沢村山がトップを奪い、3区油布も好走を見せる
    しかし、それを上回ったのは東洋大
    2区服部勇馬が上位でつなぐと、
    3区設楽悠太が62分13秒の激走で駒沢を逆転

    5区、東洋は、ここにエース設楽啓太を投入
    設楽は、79分16秒と好走。
    山の神クラスではないものの平地での実力通りに区間賞を獲得した。
    前年、5区でMVPとなった日体大服部は故障上がりながら
    設楽と1秒差の区間2位で出遅れたチームを4位まで押し上げる。
    一方、駒沢の5区は秘密兵器の馬場を投入
    当時の平地の実績では大きく差のある服部や設楽を相手に
    40秒弱遅れるだけの好走で区間3位

    91 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:24:40.72 ID:xzhotrm30

    >>48
    この年の大迫ほんと草

    51 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:12:21.81 ID:J1QWgxe9E

    しかし、東洋は7区デビューの1年生服部弾馬が区間賞で
    同期のライバル西山に勝利すると、8区高久も区間賞で続き、
    差は2分40秒まで広がる

    「2分ならひっくり返す」と豪語していた9区窪田が
    68分台の好走を見せるも、30秒詰めるのが精いっぱい

    勢いに乗る東洋は10区で大津が区間賞を獲得し、なぜかMVPに選ばれる
    勝ちタイムは歴代2位の10時間52分51秒。
    山の神といえる存在がいない中、柏原4年時の伝説のタイムから
    1分遅れるだけの素晴らしいパフォーマンスであった。

    駒沢は10時間57分25秒で2位。前評判通りの強さは見せ、
    歴代3位の好タイムをマークしたが、相手が悪すぎたようだ。

    日体大は矢野が68分29秒の好タイムで区間賞を獲得し、3位に浮上
    前年王者の意地を見せた

    大迫・設楽兄弟・窪田・服部ら、高校時代から「黄金世代」と
    呼ばれてきた選手たちのラストイヤー
    それにふさわしい、ハイレベルな戦いが見られた年であった

    52 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:13:38.27 ID:J1QWgxe9E

    ■91回大会(2015年)
    優勝候補筆頭は駒沢大
    中村村山の2トップに加え、中谷ら下級生も力をつけ、
    圧倒的な強さで全日本大学駅伝5連覇を達成した。

    年々地力をつけるとともにスカウト強化世代が上級生になった
    明治と青山学院が、東洋とともにライバル候補に上がってきていた。

    1区は、駒沢中村・青学久保田・明治横手・東洋田口の4人が抜け出し、
    超ハイペースの叩きあいを演じる。
    一度遅れた駒沢中村が4年生の意地で抜き返し、区間賞を獲得

    2区は駒沢村山・明治大六野・東洋服部勇馬・青学一色が一進一退の攻防を見せる。
    服部が一度村山に突き放されるも、再度抜き返し、区間賞を獲得
    後方では城西大の村山紘太がごぼう抜きを見せ、区間2位の好走
    チームを久々のシード獲得に導く
    ここで名前を挙げた5人は皆67分台をマーク
    例年一人か二人しか出ない日本人68分切りが
    同時に5人も誕生したのは史上初のことであった。

    3区は区間賞の駒沢中谷と区間2位の明治有村が62分台の好タイムをマーク
    青学・東洋も63分30秒程度で続く
    4区は、のちにそれぞれの大学のエースとなる1年生の二人、
    青学田村が駒沢工藤がデビュー。
    先頭の工藤が区間新記録をマークするも、後からタスキを受けた田村が
    さらに上回って更新するという華々しいデビューであった。

    とにかくこの年の4区までのメンツはおかしい
    上位4チームまで、どのチームも例年なら
    独走していておかしくないパフォーマンス
    息の詰まるノーミスのハイレベルな戦いが続く

    53 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:13:43.06 ID:17T9QOV50

    油布とか窪田とか聞くと駒沢弱かった頃思い出す

    54 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:13:49.75 ID:6L/AyYPl0

    2010年の明治圧倒的1位やったのに東洋どころか他のやつにも抜かれとるからな
    山登ったやつマジで戦犯

    55 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:14:49.53 ID:J1QWgxe9E

    5区、あっさりと決着の時を迎える。
    先頭から46秒差の2位でタスキを受け取ったのは、
    青山学院の神野大地
    体重わずか43キロの体は、力強い腕振りとともに
    軽々と山を駆け上がっていく
    あっという間に先頭の駒沢馬場を抜き去り、差は開く一方

    なんと、永久不滅と言われた柏原4年時のタイムを上回る、
    76分15秒の区間新記録を樹立した。

    前年好走した馬場は、低体温症のアクシデント
    フラフラになりながらなんとかタスキはつなぐも、まさかの区間17位
    2位明治・3位東洋が続くも、トップ青山とは5分の大差がついていた。

    62 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:16:42.68 ID:FvkyB1in0

    >>55
    神野大地くんすき

    58 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:15:45.14 ID:J1QWgxe9E

    もはや優勝争いという興味がなくなった復路、
    青山学院の勢いは加速する一方

    6区村井は区間2位
    7区小椋・8区高橋・9区藤川は区間賞
    特に小椋・藤川はその区間歴代でも上位に入り込む好タイムであった。
    10区安藤も区間2位

    勝ちタイムはなんと10時間49分27秒

    総合タイムでも2度と破られないと言われた
    柏原4年時の東洋大の記録を上回り、
    「10時間50分切り」「2位とのタイム差10分オーバー」という
    破格の内容で初優勝を飾った。

    駒沢は、5区のアクシデントがありながらも2位まで浮上し、
    優勝候補の意地を見せる。2年続けて相手が悪すぎたようだ。
    3位東洋、4位明治。明治のタイムですら11時間1分台で、
    例年なら優勝争いしてもおかしくないレベルであった。

    60 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:15:49.15 ID:/KHxPBva0

    個人的な予想だけど
    2018年、青学か東海
    2019-20年、東海
    だろうね
    2021年以降は現状読めない

    64 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:16:47.57 ID:J3xiEQ0Va

    駒澤はなんで復路だけ強いんや

    65 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:17:07.20 ID:F7SU4mKM0

    青学は何でこんなに強くなったんや

    あとちょっと前は強かった順天堂や駒沢は何やってん?

    71 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:18:25.12 ID:/KHxPBva0

    >>65
    青学はスカウトが凄かった
    青トレも当時としては画期的だったけどやはりスカウト
    今は東海のスカウトが凄い

    66 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:17:12.95 ID:mkZ9NLO/0

    学連選抜で4位てやばすぎるよ

    67 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:17:14.70 ID:96JXipGF0

    距離が短くなったから柏原記録は参考やぞ

    68 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:17:22.27 ID:J1QWgxe9E

    ■92回大会(2016年)
    前年圧倒的な強さで勝利したメンバーのほとんどが残った青山学院が、
    大本命に推される。チーム力はますます輝きを増し、
    一流の証と言われる1万m28分台ランナーを
    なんと11人もそろえる巨大戦力となっていた。

    唯一の対抗馬は東洋大
    前哨戦の全日本大学駅伝では服部兄弟を序盤に並べてロケットスタート、
    そして口町ロケットも続いて、青学を押さえて優勝する波乱を演じた

    1区、引っ張ったのは関東インカレ2部2冠を達成した中央学院大の潰滝
    並びかけるハチマキ姿の中央大町澤
    真の中央をかけたつばぜり合いで、この年もハイペースに

    それを尻目に足をためていたのは、青山学院久保田と明治横手
    中盤久保田が悠然とスパートすると、
    出場選手中持ちタイム最速の明治横手がただ一人ついて行くも、振り切られる。
    61分22秒、歴代3位の好タイムをマークし、区間賞を獲得。
    早々と青学がトップに立ち、すでに優勝ムードが漂い始める。

    2区一色は堅実な走りで2年連続の67分台をマーク
    山梨学院のニャイロが追い上げを見せると、
    実況は「1色か、2色か」というレスで溢れる
    そのニャイロを押さえ、区間賞は2年連続で東洋服部勇馬が獲得。

    3区、青山学院は秋山がスタート。逸材と言われながら故障に苦しんできた選手である。
    しかし、終わってみれば秋山のタイムはなんと62分24秒
    竹澤・佐藤悠基・コスマス・設楽悠太といった歴代トップクラスのランナーと
    一気に肩を並べる走りを見せる。
    キーマン服部弾馬を投入し、ここでトップに立つことが至上命題だった東洋
    しかし、この区間だけで逆に1分以上突き放されてしまい、勝負あり。

    69 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:17:46.77 ID:Rkq9qYARp

    結局現代箱根駅伝って実質5区で全部決まる山登りレースだよな

    73 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:18:40.16 ID:J1QWgxe9E

    4区田村も2年連続区間賞で続く。
    5区、神野は故障上がりで神クラスのパフォーマンスとはいかなかったが
    79分台、日本人トップの走り。
    日大キトニーが史上初の留学生5区区間賞を達成

    復路、大量リードを奪った青山学院は
    6区、1年生小野田を起用すると、58分台の好走
    東洋の「口町ロケット」も不発に終わり、さらに差は広がる
    7区小椋は区間歴代5位、8区下田は区間歴代3位の好タイムで区間賞を獲得
    10区渡辺も区間賞で続き、連覇のゴールテープを切る

    勝ちタイム10時間53分25秒は歴代3位
    山の神の故障、復路は気温が高くタイムを伸ばしにくいコンディションの中
    驚異的なタイムをマークし、2位東洋には7分以上の大差をつけた。
    駒沢は往路3位・復路3位・総合3位のトリプルスリーを達成

    77 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:20:22.01 ID:J1QWgxe9E

    ■93回大会(2017年)
    この年も優勝候補筆頭は青山学院。
    山の神世代が卒業するも、一色・田村・下田の3枚看板と分厚い選手層は健在。
    出雲駅伝に続いて、前年は勝てなかった全日本大学駅伝も勝利し
    2010年早稲田以来の3冠をかけて臨む。
    対抗はハーフマラソン62分台ランナーを史上最多の8人そろえた早稲田と、
    怒涛のスカウトで前年の高校駅伝のスター選手をずらりと並べた東海大。

    1区、東洋は服部弾馬を投入して区間賞を獲得するも、
    スローペースで流れ、差をつかない。
    各校がエース級を投入する中、青学は3枚看板を温存して4秒差でしのぐ
    東海・早稲田も上位で続く

    2区、青学の大エース一色の独走と思われたが、
    くらいついて行ったのは神奈川大学の鈴木健吾
    中盤、逆に一色を突き放してトップに立つと、
    ラストの登り坂も登りと感じさせない軽やかな足取りで駆け抜け、
    67分17秒の好タイムをマーク。ニューヒーローが誕生した。
    一色も史上初の2区3年連続68分切りを達成し、ラストランを飾る。

    3区、秋山は故障上がりながら区間賞を獲得してトップを奪うと、
    4区森田も区間2位で続き、トップを快走

    4区、故障上がりの影響か失速し、もがき苦しむ駒沢のエース中谷
    その中谷の背中を創価大セルナルドがポーンと叩きながら追い抜いて行ったシーンは
    ちょっとした名場面に

    80 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:20:55.83 ID:O6lUb6ujM

    原がウザいから青山誰かブレーキで遅れてほしい

    81 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:21:22.17 ID:J1QWgxe9E

    5区、青学は区間8位と苦戦し、2位の早稲田安井に33秒差まで詰め寄られるも、
    往路優勝を果たす
    5区のウエイトが高すぎるという苦情で距離が短縮され、
    23.4キロから従来の20.8キロに戻ったこの年、
    皮肉にも山の神の抜けた青学に味方してしまう。

    1年生スター軍団の東海大は2区關、5区舘澤が区間13位に沈み、
    まさかの往路15位。タフな箱根コースの洗礼を浴びる

    6区は小野田が2年連続の58分台をマークし差を広げる
    日体大の秋山がそれを上回り、58分1秒の驚異的な区間新記録を樹立

    ウイニングランムードの漂う青学をアクシデントが襲う
    7区田村が、脱水症状で失速。フラフラになりながらもタスキをつなぐ
    しかし、そんな状態でありながら区間11位で、差は1分も詰まらず。

    8区、下田が一人で区間2位に2分差をつける圧巻の走りで勝負あり。
    9区10区は4年生の池田・安藤が堅実につなぎ、トップでゴール

    2位に7分以上の大差をつけ、
    「3連覇」&「3冠」の大偉業を達成。

    東洋は9区野村の区間賞などで早稲田を抜き、2位まで浮上。
    柏原初登場の2009年大会以来、なんと9年連続の3位以内となった。

    83 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:21:43.61 ID:8ogjANbDM

    明日か

    87 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:22:59.92 ID:KPq7/Rzd0

    柏原からの設楽服部の流れはほんま主人公やったな

    89 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:23:48.95 ID:+5SKkucc0

    何で関東ローカルの大会がこんなに注目されるんやろな
    みんなメディアに踊らされすぎちゃうか?

    93 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:25:00.93 ID:XH4fzs/S0

    >>89
    視聴率って基本関東だけのものだから

    94 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 03:25:15.66 ID:KPq7/Rzd0

    >>89
    高校野球かて地方大会が1番盛り上がるやん

    あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド! 2018 (ぴあMOOK)
    EKIDEN NEWS
    ぴあ (2017-12-05)
    売り上げランキング: 175
    hatena はてブ | twitter
    mixiチェック   Clip to Evernote
    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2017年12月31日 21:09 ▼このコメントに返信
      どうでもいいわ!今年出れんし
      ※2 2017年12月31日 22:28 ▼このコメントに返信
      しっかり寺田まとめられててわろた
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2017/12/31
      categories カテゴリ お役立ち・豆知識

      hatena はてブ | twitter comment (2) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク