titleicon 村上春樹の小説って意味不明な展開が続いて、話が長いだけで面白くないよな

    2018/7/13
    categories カテゴリ 議論

    hatena はてブ | twitter comment (72)
    murakamiharuki
    1 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/07/11(水) 07:10:34.99 ID:hg482hWs0 BE:306759112-BRZ(11000)

    sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
    <奇妙な展開だらけの村上作品の世界的ヒットは特徴ある商品が上手に売られている感じ――文芸評論家でもない一読者としての私的作家論>

    話のできる猫、未来を見通すカエル、謎の羊、消滅する象。時間移動、パラレルワールドの扉、消える語り手......。

    これを読んで「もっと聞かせて!」と思った人は、きっと村上春樹の小説のファンだろう。
    逆に、わずかでも現実に起こりそうなことを書いた小説が好きな人なら、
    僕と同じく、あんなバカバカしくて不合理な話を、この分だと結末もまともではないなと思いながら何百ページも読む気にはならないはずだ。

    村上が世界的な現象であることは確かだ。彼の本は大ヒットし、数十の言語に翻訳されている。

    村上は、僕がロンドンのバスやニューヨークの地下鉄の中でその作品を読む人を目撃したことのある唯一の日本人作家だ。
    大江健三郎や谷崎潤一郎を読んでいる人など一度だって見たことはないが、村上を読む人を見掛けたことはたくさんある。
    世界の多くの読者にとって、村上こそ日本文学なのだ。

    日本が好きで、本が好きで、おまけに時々は走るし、神戸に住んだこともある僕にすれば、村上は気に入ってもおかしくない作家だ。
    実際、僕は彼を好きになろうとしたが、逆に嫌いになってしまった。

    僕にとって村上の小説はとても長くて、信じられないこと(悪い意味で)が書かれているだけでなく、偉大な文学が持つ意義や洞察に欠けている。
    村上の読者は感銘を受けているのだろうが、僕はヤギの口から出てくる「リトル・ピープル」や、
    月が2つある世界を読むと、そこにどんな意味があるのか知りたくなる。
    何の意味もないのなら、奇妙さ自体に価値があるとされているわけだ。

    しまいに僕は、村上の物語に入り込めなくなった。何が起きてもおかしくない世界では、いくら物語が展開してもあまり衝撃を受け得ないからだ。
    物語の重要な場面に差し掛かり、主人公はどうなるのかと頭を悩ませていたら、彼が10年前の世界に飛んでしまったり、
    突然2000歳のキツネが登場したり......という経験を僕はしたくない。

     

    村上春樹の小説を僕が嫌いな理由
    https://www.newsweekjapan.jp/joyce/2018/07/post-144.php

    4 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [CN] 2018/07/11(水) 07:12:23.36 ID:ewwHmOX60

    OLと意識高い系の溜まり場

    18 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/11(水) 07:17:11.98 ID:bH7s6U/j0

    エロ作家って認識しかない

    19 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2018/07/11(水) 07:17:34.41 ID:3FhPa/b60

    うん、時間の無駄 難しくないから何も考えないで読めるけど

    20 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) [US] 2018/07/11(水) 07:17:45.92 ID:xp5PgiS+O

    世界の終わりとハードボイルドワンダーランド
    ねじまき鳥クロニクル

    この2つは読むべき

    あとはまあ初期のネズミが出て来る3部作くらいかな

    121 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2018/07/11(水) 08:17:39.77 ID:mM4ALdXf0

    >>20
    その2つは面白かった記憶があるな
    久し振りに読み返してみるか

    183 名無しさん@涙目です。(新潟県) [US] 2018/07/11(水) 09:42:40.44 ID:v2hEfzgv0

    >>20
    ダンスダンスダンスとネズミ三部作と世界の終わり、は面白かったんだけど、ねじまき鳥は井戸に落とされた辺りから話が面白く無くなってやめてしまったな

    257 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2018/07/11(水) 11:13:49.81 ID:49LdvwtZ0

    >>20
    俺もそう思う
    もしかしたらこっちが年取って最近の作品を楽しむには感受性が鈍くなっただけかもしれないけど

    21 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/07/11(水) 07:18:01.02 ID:1iUzj/DP0

    ポルノ作家やん

    2 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/07/11(水) 07:11:11.68 ID:hg482hWs0

    あの長さはなぜ必要なのか

    多くの人と同じく、僕が初めて読んだ村上の小説は『ノルウェイの森』だった。
    けっこうセンチメンタルな物語だと思ったが、スタイルの面では優れた点がたくさんあった(それに、まだ物語として形を成していた)。

    『羊をめぐる冒険』は、僕が大人になって初めて、自分で選んでおきながら途中で読むのをやめた本だ。
    『アンダーグラウンド』はノンフィクションの秀作だが、村上作品の中では彼のボイスが最も聞こえないと思った。
    『神の子どもたちはみな踊る』のような短い作品には読み切ったものもあるが、
    『1Q84』のように1000ページを超える作品は手に取っていない。

    村上のファンにすれば、そんな僕には村上作品を語る資格がない。
    「読んでもいないものを批判するのはおかしい」というわけだ。
    だが、あの旺盛な執筆量からすると、村上のファンでなければ作品を全て読もうとは思わない。
    誰かが考えた策略ではないだろうが、「村上作品を批判する資格があるのは彼の作品が好きな人だけ」なのだ。

    僕としては、彼の考えを伝えるのに、あれだけの長さが本当に必要なのかと問いたくなる。
    大長編は非常に優れているか、非常に重要な作品でなくてはならず、さもないと自己満足に陥りかねない。
    『戦争と平和』や『ドン・キホーテ』は、この条件を満たしている。さて、村上はどうだろう?

    村上作品に長所がないわけではない(あの執筆のスタミナには敬服する)。
    むしろ僕が気になるのは、村上の人気が不相応に高いということだ。

    この点へのいら立ちは、日本でよりイギリスで強く感じる。
    日本のファンは他の日本人作家も読んでいるだろうが、外国のファンは日本人作家の中では圧倒的に村上を読んでいる。
    僕としては村上だけでなく、『個人的な体験』や『坊っちゃん』『細雪』『雪国』も読んでもらいたいと思う。
    できれば村上作品より先に。

    村上はジョージ・オーウェルやフランツ・カフカなど他の作家にさりげなく言及する。
    音楽家についても同じことをよくやっている(ヤナーチェクやコルトレーンなど)。
    ひいき目に見れば偉大な作家たちへのオマージュだが、
    シニカルに見れば自分が偉大な先人に近づいたことを暗に伝えようとしたり、彼らの名声を借りようとしたりする行為だ。

    3 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/07/11(水) 07:12:20.86 ID:hg482hWs0

    ファンも魅力を説明できない

    どちらにしても、村上の作品と彼が触れている作家の作品を比べたくなる。
    『1Q84』はオーウェルの『1984年』の6倍も長いが、同じほど重要な作品だと誰が言えるだろうか。
    『審判』が書かれてから100年が過ぎ、「Kafka-esque(カフカ的な)」という言葉は普通に使われている。
    100年後に「Murakami-esque(村上的な)」が広く使われているとは思えない。

    多くの人が村上作品を楽しんでいるなら、その人たちにはいいことだろう。
    ただし僕が村上ファンと話をすると、いつも彼らは村上を支持する説得力ある理由を言えない。
    「特別な魅力がある」とか「作品の空気が好きなんだ」と言うだけで、
    村上が何について書いているのか、なぜ村上が重要かを理解できるようなことは言ってくれない。

    あるファンが週刊誌に、村上を理解する「マスターキーはない」と書いていた。
    「私は隠れた意味を探すのをやめた。そうすることをおすすめする」

    だったら、村上は文学の殿堂に入るにはふさわしくないだろう。
    僕にとって村上は、どちらかといえばポップな現象のように思える。特
    徴ある商品が、上手に売られているような感じだ。ただ、それは必ずしも悪いことではない。

    以前、村上ファンの多い所に居合わせたとき、僕は自分の考えを分かってもらおうと、
    彼らのヒーローはどちらのグループに入るのが自然かと尋ねた。

    1つは、サミュエル・ベケット、ジェームズ・ジョイス、ドストエフスキー、オーウェル......。
    もう1つは、レディオヘッド、ポール・オースター、デビッド・リンチ、村上隆・・・・・・。

    24 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/07/11(水) 07:19:24.03 ID:/PD8kuWo0

    あっちの人間が持ち上げてるだけだろ

    26 名無しさん@涙目です。(茸) [EU] 2018/07/11(水) 07:20:17.53 ID:pFiUf53A0

    ハルキスト(笑)からお布施貰うためだけの小説

    29 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/07/11(水) 07:21:00.71 ID:IBJhaIhR0

    ジブンセカイ軟弱思想元凶の1人

    30 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ES] 2018/07/11(水) 07:21:24.98 ID:52WbItdn0

    高校の現国の先生がベタ褒めだったのでノルウェイの森を借りたが上巻だけでやめてしまった
    だいぶ経ってから、金持ちで妻子持ちの主人公とビッコ引いたヒロインの不倫話を読んだが
    やはり不快感ばかりが残った
    無味乾燥なのに、どこか汚らしい感じがするんだよ

    ちなみに、好きな作家は筒井康隆と司馬遼太郎です

    31 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [FR] 2018/07/11(水) 07:23:21.64 ID:9VI0lwWI0

    ミステリーのつもりで海辺のカフカを読むと
    読後の不満感が凄い

    32 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [LV] 2018/07/11(水) 07:23:49.14 ID:W0CqYgIk0

    要は団塊世代、世界的言う処のベビーブーマーの価値観なんだろ

    80年代の中流幻想というものと根は同じなんだろうな
    だから、今の時代だとああいう「ぼんやりとした豊かさ」に浸れる人は少ない

    33 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/07/11(水) 07:24:53.57 ID:H8hMiShh0

    何が言いたいのか分からんから読んでしばらくすると内容忘れる

    35 名無しさん@涙目です。(地図に無い島) [US] 2018/07/11(水) 07:25:28.97 ID:QsybPmAg0

    春樹はエッセイだけでいいよ。

    316 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/11(水) 15:07:37.52 ID:++432S/u0

    >>35
    そのエッセイも…全然良くないんだが…。苦笑

    37 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [FR] 2018/07/11(水) 07:26:51.77 ID:6Mtv3xz40

    ヘンテコ信者が多過ぎたせいで
    なぜか株を下げる羽目になった、ってイメージ

    46 名無しさん@涙目です。(禿) [KR] 2018/07/11(水) 07:30:43.46 ID:ZKn0bucG0

    >>37
    確かにブルーボトル的な忌避感は出てると思う

    41 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/07/11(水) 07:29:05.44 ID:T80Cw7nN0

    この記者コリン・ジョイスて言うのか
    ものすごく的確な書評だな

    44 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/07/11(水) 07:29:50.66 ID:lSXA3nnU0

    ノーベル文学賞の風物詩的な存在

    48 名無しさん@涙目です。(茸) [FR] 2018/07/11(水) 07:31:54.98 ID:Zdkx99Wa0

    ノーベル取れるとは思えん

    51 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/07/11(水) 07:33:56.71 ID:HRe99Tyl0

    冗長なエロラノベ

    57 名無しさん@涙目です。(庭) [RU] 2018/07/11(水) 07:35:58.76 ID:5dFARQtb0

    実際意味わからなければわからないほど良いみたいな馬鹿みたいな風潮があるからな
    いまだにポストモダンがどうたら言ってるやつもいるししょーもない

    61 名無しさん@涙目です。(東日本) [CN] 2018/07/11(水) 07:37:49.64 ID:oXBJO12f0

    そーなんだぁ  って言って静かに本を閉じた

    66 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [CN] 2018/07/11(水) 07:41:40.28 ID:0APbMHA/0

    本ではなくアクセサリーなんだろ

    68 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/11(水) 07:43:36.62 ID:seTH9yLC0

    ぶっちゃけ読んだことない

    79 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/11(水) 07:46:56.79 ID:bFTmIsel0

    俺も最近ネット小説とか読んでるけど、無駄に長々とどうでもいいことを説明してる作品を持ち上げる奴が多い気がする
    そういうのが好きなんだろ
    俺は無駄な描写嫌いだけど

    135 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [EU] 2018/07/11(水) 08:32:50.19 ID:Ztp6l0M10

    >>79
    一見どうでも良さげな日常の描写でも、実は主人公の心境の暗喩だったりとか、そこに存在する価値や理由のある文章なら長くてもいいんだけどね
    何となく雰囲気作りwでやってる人は多そう

    絵も文もそれなりに書(描)けるようになると、今度は無駄を削る作業に入るんだよなあ

    101 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [IN] 2018/07/11(水) 08:05:43.97 ID:ofzNPgRK0

    村上春樹の作品は映画化すると、中身がなさ過ぎてびっくりするもんな。

    83 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [DK] 2018/07/11(水) 07:51:31.58 ID:fyJJhqY90

    昔は面白かった
    阪神大震災以降急に人恋しくなったのか作風が急激に変わったな
    濃密なのにつまらない
    随筆、紀行は一流

    187 名無しさん@涙目です。(空) [IL] 2018/07/11(水) 09:43:34.41 ID:RslRewbY0

    >>83
    同意
    遠い太鼓すき

    86 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/07/11(水) 07:52:16.32 ID:1W5qaeTA0

    短編とエッセイは面白いよ
    長編はねじまき鳥しか読んだことないから判らん

    93 名無しさん@涙目です。(東京都) [SE] 2018/07/11(水) 07:59:04.37 ID:OvvMZP3i0

    安部公房がもう少し生きてたら、三人目のノーベル賞だった
    こいつにはムリ

    107 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/07/11(水) 08:11:38.98 ID:yQ9up/xJ0

    村上春樹の小説を読んだ後に必ず思うこと「なんかで見たことある話だな」

    108 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/07/11(水) 08:12:00.86 ID:1H1yJJ0p0

    やれやれ

    村上春樹語辞典: 村上春樹にまつわる言葉をイラストと豆知識でやれやれと読み解く
    ナカムラクニオ 道前 宏子
    誠文堂新光社
    売り上げランキング: 1,647
    hatena はてブ | twitter
    mixiチェック   Clip to Evernote
    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2018年07月13日 10:16 ▼このコメントに返信
      寓意を理解してないと分からんだろ
      つまり世界情勢に詳しくないと面白さは半減未満
      ※2 2018年07月13日 10:21 ▼このコメントに返信
      オタクの喋り方そっくりの文章だから、
      受け付けない人の方が多いと思うよ。

      ただ、本に金使って、無駄に騒ぐのはオタクの方だから、
      一定数は売れるんだと思うよ。

      傍から見てると、他の作家はファンのバラツキが凄いけど、
      この人の場合は、ばらつかない。
      ※3 2018年07月13日 10:29 ▼このコメントに返信
      短絡的な感想からして、どうせラノベしか読んでない連中だろ?
      ※4 2018年07月13日 10:30 ▼このコメントに返信
      オレも村上春樹はダメなんだよなー
      でも少数派だろうからあまり大きい声では言えない…
      ねじまき鳥とハードボイルドはまぁ良かった
      ※5 2018年07月13日 10:36 ▼このコメントに返信
      朴やしゴリ押しやし
      ※6 2018年07月13日 10:37 ▼このコメントに返信
      平易な文章だからわかりやすいと思ってる奴がいるけど普通に難解だよ
      ※7 2018年07月13日 10:42 ▼このコメントに返信
      考えるな、感じるんだ
      ※8 2018年07月13日 10:45 ▼このコメントに返信
      ビールの350×6缶パックを次々と空ける描写に驚いていた文学少年が、500×6缶パックを次々と空けるオッサンに成り果てましたよ
      ※9 2018年07月13日 10:47 ▼このコメントに返信
      翻訳はうまいと思うんだ
      こんなにきれいな日本語に変換できるのかと驚く
      ※10 2018年07月13日 10:50 ▼このコメントに返信
      ねじまき鳥クロニクルはクソだったぞ
      ノモンハンのとこだけは良かったけど、
      後半突然闇の一族なんてのが出てきてむちゃくちゃ
      ラノベレベルの超展開
      ※11 2018年07月13日 10:53 ▼このコメントに返信
      でもこの批評しているヤツの文体がビミョーにハルキっぽいのが草
      ※12 2018年07月13日 10:54 ▼このコメントに返信
      小説以外は全部好き 
      今月のファッション誌に載ってたTシャツコレクションもセンスいいなと思った
      ※13 2018年07月13日 11:00 ▼このコメントに返信
      学生の頃から好きでずっと熱心に読んでたんだけど、1984くらいでパタッと冷めた。なんか、最後は不思議な展開からの女とあれこれしておしまいっていう、ワンパターンを感じた。
      ※14 2018年07月13日 11:00 ▼このコメントに返信
      普段は本を読まない層が買うからベストセラーになる
      ※15 2018年07月13日 11:04 ▼このコメントに返信
      そもそも万人受けする作家じゃないのにメディアに踊らされて読み始めた人が拒否反応起こしてるように見える
      ※16 2018年07月13日 11:25 ▼このコメントに返信
      逆に今のラノベの作風この流れを作った結構革新的な奴なんやで
      ※17 2018年07月13日 11:29 ▼このコメントに返信
      立派なクリエータだから特に叩く理由もない
      ※18 2018年07月13日 11:33 ▼このコメントに返信
      古い作品しか読んでないけど
      寓話好きな人、物語に意味を求めてしまう人に向いてる作家
      大衆小説のようにエンタメに徹してないし、純文学のように内面と向き合う作品でもない
      自分には向いてないと思った
      ※19 2018年07月13日 11:33 ▼このコメントに返信
      どうなるのかと読み進めていたら
      最後唐突に終わる、っていう印象。
      ※20 2018年07月13日 11:35 ▼このコメントに返信
      おばさんとやりまくって何度もイッたみたいな表現のある小説を純文学の傑作として全国の中高生に読ませるのはどうなんだろねえ…
      ※21 2018年07月13日 11:38 ▼このコメントに返信
      内容じゃなくて文章のために読む感じ。
      読み心地のいい文章書く作家ってあんまりいないから。
      ※22 2018年07月13日 11:39 ▼このコメントに返信
      根っこはラノベと変わらん。毛が生えたレベル。

      本当に良いものはアホな大衆には評価されん
      ※23 2018年07月13日 11:39 ▼このコメントに返信
      途中からスティーブン・キングみたいな怪奇とか不思議な要素が混じってきた
      風の歌を聴けが一番好き
      ※24 2018年07月13日 11:45 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※25 2018年07月13日 11:46 ▼このコメントに返信
      周りのやつみんなつまらない言ってる
      ※26 2018年07月13日 12:03 ▼このコメントに返信
      自分もハルキストで小説は全部持ってる(エッセイと紀行文は全部じゃないけどほとんど)
      海外でウケるのもなんかわかる
      でもここまで持ち上げられる作家だと思ってなかったからビックリする

      京極夏彦みたいな、熱いファンがいるけど「京極夏彦の新刊出ました!」ってニュースにはならないと思う
      そんな感じ
      嫌いなら読まなきゃいいし、読まなかったからってなんてこと無いよ
      ※27 2018年07月13日 12:07 ▼このコメントに返信
      皆が買ってるから買うやつと皆が叩いてるから叩いてる奴も同じぐらいマヌケだわ
      ※28 2018年07月13日 12:11 ▼このコメントに返信
      いや分からんよ。読んだことないから
      ※29 2018年07月13日 12:11 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※30 2018年07月13日 12:13 ▼このコメントに返信
      これは同意
      作者と読者の相性もあるだろうけどカフカは全然わからんかった
      ※31 2018年07月13日 12:14 ▼このコメントに返信
      ノーベル文学賞発表のたびに集うハルキスト(笑)が笑える
      ※32 2018年07月13日 12:15 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※33 2018年07月13日 12:18 ▼このコメントに返信
      83に同意
      ある時期を境に急に変わった
      紀行やエッセイのほうが好きかも
      ※34 2018年07月13日 12:27 ▼このコメントに返信
      何も考えずに原稿用紙を埋めることだけ考えて作ってると冗長になる
      ※35 2018年07月13日 12:28 ▼このコメントに返信
      小説なんて一般常識的な作品の概要だけ知っておけばあとは好きなもの読めばいいと思う
      合わない作家を無理に読む必要はない
      ※36 2018年07月13日 12:31 ▼このコメントに返信
      たまたま似た名前(苗字は同じ)のせいで海外行くと関係者?って言われてOLにモテる

      一応一通りは読んでるけど男向け、理系向けの内容じゃないとは思う
      ※37 2018年07月13日 12:34 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※38 2018年07月13日 12:42 ▼このコメントに返信
      いくら王様は裸だと叫んでもファンの想いは翻らない
      毎年ノーベル賞の時期に茶化すぐらいで丁度いい
      ※39 2018年07月13日 12:54 ▼このコメントに返信
      目が滑る文章なのは間違いないわな
      面白いかどうか判断できるくらい読み進められたためしがないから、評価の仕様もない
      ※40 2018年07月13日 12:59 ▼このコメントに返信
      エヴァ信者の小説版がハルキスト
      ※41 2018年07月13日 13:08 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※42 2018年07月13日 13:25 ▼このコメントに返信
      1973年のピンボールが至高。
      ノルウェイの森以外は、パラレルワールドがあってナンヤカンヤ、みたいな話ばっかだから、合わない人も多いんじゃないかな。
      風景描写とか、そういう文章は上手だと思う。
      ※43 2018年07月13日 13:36 ▼このコメントに返信
      結局伊坂か宮部、森見を読む。
      趣味でテキトーに読むならこの辺りと古いの読み返す方がラクチン。
      夏目漱石と太宰治とか漫画くらいの感じで読めるのに面白い、
      よつばととかうしおととらら、今日から俺はとか読み返しつつ、古い小説読んで、新しい軽いの読む方が娯楽だと思う。
      ※44 2018年07月13日 13:37 ▼このコメントに返信
      ※43
      村上春樹よむならって話。
      ※45 2018年07月13日 13:51 ▼このコメントに返信
      ノルウェイの森で 人は18歳と19歳の間を行き来するべき って表現は感動した
      ※46 2018年07月13日 14:18 ▼このコメントに返信
      『ノルウェイの森』がつまらなかった人には『ノルウェイの大森』がオススメ(ダイマ)
      ※47 2018年07月13日 14:21 ▼このコメントに返信
      ハルキストと仲良くなれない自信があるので、本の会話をする事がなくなったわ。
      どこにいるか分からないだもん。信者が。

      悪いね。私の中では集合体恐怖症のような感覚を感じてしまう。
      ※48 2018年07月13日 14:27 ▼このコメントに返信
      記者の最初の評価で実存主義に影響受けてるのかなって思ったけどカフカ好きならそうなんだね。
      ノルウェイの森は現代文のワークで親友が死ぬ所が抜粋されててアンニュイな雰囲気に惹かれて読んだけどよくわからん恋愛モノだった。二度と読むことはないだろう
      ※49 2018年07月13日 14:50 ▼このコメントに返信
      信者ではないけど普通に面白かったよ
      ラノベ読んでるよりはマシだろ…
      ※50 2018年07月13日 14:52 ▼このコメントに返信
      有吉が村上春樹を白豚って言った後に
      「白豚は村上龍でした。お詫びします。」って言う流れ本当好き
      ※51 2018年07月13日 14:54 ▼このコメントに返信
      そらおもろないよ
      一応純文やろ?
      ※52 2018年07月13日 15:07 ▼このコメントに返信
      読みやすいけどなあこの人の小説。でも一番売れたノルウェイの森は面白くなかった。遠い太鼓とイルカホテルが出てくるのが面白かった。あとどの小説か忘れたけどアイヌの人の開拓の話が入った箇所面白く読めた
      ※53 2018年07月13日 15:12 ▼このコメントに返信
      意識高い系バカの吹き溜まりってイメージが強い
      ※54 2018年07月13日 15:23 ▼このコメントに返信
      大学生の頃スゲー読んだわ
      マジで面白かった
      35になって読み直したらマジでつまらなかった
      ※55 2018年07月13日 15:27 ▼このコメントに返信
      麻疹みたいなもんだよなぁ
      年とってもハマってる奴はちょっと変な奴多い
      ※56 2018年07月13日 15:43 ▼このコメントに返信
      OLかなにかが渋滞でイキるやつクソ嫌い
      ファンのまーんの臭さ半端ない
      ※57 2018年07月13日 15:57 ▼このコメントに返信
      最近の著作は読んで無いけれども昔のエッセイは面白いよ。
      遠い太鼓とか三回読み直した。
      小説だとダンスダンスダンスが一番好きかな。
      ※58 2018年07月13日 16:35 ▼このコメントに返信
      あとハードボイルドワンダーランドは初版箱入りを持ってる程度には好きだけど羊をめぐる冒険はよくわからんな。
      いちおう全部読んだけど何が何をどうメタってたのか不明。
      ただ唐突にブチ切れてギターぶっ壊したらそれまでイキってた羊がガクブルしだしたシーンは爆笑した。
      ※59 2018年07月13日 16:37 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※60 2018年07月13日 16:38 ▼このコメントに返信
      ねじまき鳥の見どころは井戸の底に監禁されるとこだけ。そこ読んだらあとは捨てていい。
      ノルウェイの森はラノベというか大学生向けのハーレクインだな。スノッブ気取りきれてなくて失笑するのが楽しい。
      ※61 2018年07月13日 16:41 ▼このコメントに返信
      村上春樹がこれだけどメジャーなのは不思議

      分かりやすい東野圭吾とか宮部みゆきがメジャーなのは分かるけど

      ちなみに俺は村上春樹大好き
      ※62 2018年07月13日 16:58 ▼このコメントに返信
      このコメントは削除されました。
      ※63 2018年07月13日 17:22 ▼このコメントに返信
      活字の環境ビデオやろw
       
      ※64 2018年07月13日 17:53 ▼このコメントに返信
      官能小説
      ※65 2018年07月13日 19:03 ▼このコメントに返信
      俺は大好きだけど批評はどれも間違ってないと思うわ
      雰囲気アニメに近いかな
      そこだけ抜き出すと確かに過剰評価だけど彼ほどポップで印象的な文章を書ける人なかなかいないんだよな
      ※66 2018年07月13日 19:30 ▼このコメントに返信
      新しく恋人と付き合い始めたら元カノが自殺した話を読んだくらいだけど、まあ大して盛り上がりもない話をそこそこ面白く読めるんだから大したもんだと思うよ
      ※67 2018年07月13日 19:51 ▼このコメントに返信
      ノルウェイしか知らんけど、自慰を覚えた小4の俺にはちょうどいい官能小説だった
      ハルキ先生のせいで画像や動画じゃヌケない体質になっちゃったよ
      やっぱ文字が一番興奮する
      ※68 2018年07月13日 22:41 ▼このコメントに返信
      メタファーを読み取るんだよ
      想像力が欠けてる人には面白くないかもね
      深く読もうと思えばどこまでも深く読めるのが村上作品の面白さ
      突拍子も無い展開とかはある意味日本の古典に通づるところがある
      ※69 2018年07月13日 22:49 ▼このコメントに返信
      キレイで金持ちな女主人公がハゲたおっさん好きという設定で、電車で向かい合わせになったおっさんに発情するって描写いります?

      1000ページ全部読んだけどあの設定と描写から何を読み取ればいいのか分からなかった

      これだけは今だに分からない
      ※70 2018年07月13日 23:13 ▼このコメントに返信
      終身名誉ノーベル平和賞候補者やぞ
      ※71 2018年07月14日 08:55 ▼このコメントに返信
      どっから平和賞が出て来たのか
      ※72 2018年07月14日 09:16 ▼このコメントに返信
      生卵を壁に〜のスピーチじゃないの
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2018/7/13
      categories カテゴリ 議論

      hatena はてブ | twitter comment (72) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク