titleicon なろう作家「……撃てんのかよ。コーヒーの中に沈んでいた拳銃だぞ」

    2019/6/17
    categories カテゴリ ワロタ

    hatena はてブ | twitter comment (91)
    916e1e51-414463
    1 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:36:04.81 ID:uBoQ/2Wsd

    「……撃てんのかよ。コーヒーの中に沈んでいた拳銃だぞ」
    「近頃の拳銃は、泥水の中に三〇分浸け込んでも、そのまま取り出して発砲できる。
     水で濡らした程度で弾が出なくなるとは思わない事だ。この辺りが、銃に疎い日本人の考え方だな」
    言いながら、エーカーは迷わず引き金を引いた。
    上条は思わず目を瞑りそうになったが、かろうじてそれを押さえつけた。
    そして、

    ガキッという音が聞こえた。
    それ以上は何も起こらず、銃口から弾が飛び出す事はなかった。
    安全装置がかかっているのではない。弾が切れている訳でもない。
    二度、三度と引き金を引き、呆然とするエーカーの目の前で、上条は右拳を握り締める。
    彼は言った。
    「熱膨張って知ってるか?」
    「ッ!?」
    返事を待つより早く、上条の拳が飛んだ。
    ゴッ!! という鈍い感触が、エーカーの顔から全体へ拡散した。
    それでも彼は倒れない。上条はさらに左の拳を握る。
    「さっきのダクトと同じだよ。物体は加熱すると体積を変える!」
    左の拳が飛ぶ。
    殴られたエーカーの頭が、後ろへ揺らぐ。
    「銃のパーツだって似たようなモンだ! 熱湯の中に浸け込んでりゃ、細かいパーツの一つ二つは歪んじまうだろ!!」

    2 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:37:10.87 ID:iPUIM0X50

    はえー知らんかったわ

    10 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:38:39.37 ID:F5czWSFyd

    コーヒーは作者がもう白旗上げてるから許してやれよ…

    4 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:37:32.23 ID:uBoQ/2Wsd

    鋼鉄に染まった身体でこちらに向かう誠也。その彼に僕は瓶を投げつけて、瓶に入っていた液体が彼の全身に降りかかる。

     「なんだ……コレ?」

     「皆、一斉に矢を放て」

     僕の言葉に再び矢を放つゴブリン兵。だけど今度はその矢に火が付いていて、誠也の身体が炎に包まれる。

     「火だろうと俺のスキルが破られ……がぁ……ぁ?」

     炎の熱によって彼の鉄がドロドロに溶けていく、鉄が溶ければそこは元の身体に戻っていて。
     誠也は地面に身体を叩きつけながら苦しそうな呻き声を上げる。

     「あああぁぁあッ!? 熱い、熱い! がぁぁぁ!」

     ずっと同じあるいは似たような単語を呟き続け、地面に転がる誠也。その打ち上げられた魚のような姿を見ながら僕は微笑むと。

     「知っているかい? 鉄は熱に弱いんだ。これ小学生レベルの知識だよ」

    38 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:42:51.11 ID:g/n4F0zc0

    >>4
    フライパンを火にかけたことも無さそうな理論

    169 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:58:04.73 ID:JTadb01l0

    >>4
    熱容量は中学生レベルの知識やから知らんかったんやね

    275 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:09:00.36 ID:AgjViFXt0

    >>4
    これ、鉄の鎧に包まれていても中身は熱に弱い
    でいい話だよな

    393 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:16:29.08 ID:ruh/OPIq0

    >>4
    最後のセリフよりそれまでの文章の酷さの方がどうかと思うわ

    8 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:38:19.79 ID:uBoQ/2Wsd

    「なんだ・・・・?この戦争は?」
    俺は思わず口に出してしまった
    「なんだ?とはなんだ?殴り合いで勝った方が勝ち、それが戦争だ」
    「はぁ・・・低レベル過ぎる」
    俺は思わず口に出してしまった
    「何が低レベルだ! 殴らずにどうやって勝つ気だ!」
    「こうすれば良いのさ」
    俺は蹴りの動作、木の棒で殴るふり、石を投げるふりをして見せた
    「な・・・・・なんと・・・」
    「こうすれば攻撃のバリエーションが広がって勝つ確立を上げられる・・・これが戦術だ!」
    その国の隊長は驚愕で言葉すらでないようだった

    俺はさらに畳みかける
    「それだけではない、防御力もアップするべきだ」
    俺は鉄の板を適当に曲げて簡単な兜と鎧を作った
    「これを身に付ければ防御力もアップする」
    「鉄の板にこんな使い道が有ったなんて・・・」
    隊長は絶句してそうつぶやいた

    「ただ・・・これは飽くまでも仮の防具だ。金属というのは単体では能力が低い。鉄の板を作れるのなら他の金属も有るだろ?」
    「銅や鉛のことか?」
    「それらを鉄と混ぜて板を作ってみな! 合金ってテクニックだ。能力を上げることが出来る」
    「あんたいったい何者だ?戦術も冶金術も詳しすぎる・・・」
    「ただの引きこもりさ」
    俺は正直に答えた
    「ヒキコモリ・・・きっとあんたの世界ではスゴいクラスなんだろうな」


    これが、俺がA国の総合戦術担当相に着任が決まった経緯であった

    16 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:39:11.58 ID:iJ2+qjsga

    >>8
    鉄の板を適当に曲げる怪物

    19 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:39:59.66 ID:uRIZj9Zv0

    >>8
    これネタよね??

    87 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:47:56.18 ID:jTGMfipa0

    >>8
    殴りあいで済んでいたのに凶器を与えんなや

    158 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:56:26.80 ID:N/FvzVT80

    >>8
    これもう皮肉で作ってるだろ

    186 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:59:43.21 ID:j3A7VqsH0

    >>8
    俺は俺は俺は俺は俺は俺は俺は俺は俺は定期

    13 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:38:56.32 ID:uBoQ/2Wsd

    「三勤務労働制……という言葉は知っていますか」
    「三勤務労働制? 何を言っている?」
    ふむ、やはり知らんか。もっともそれは仕方のない話なのかもしれない。
    この案は私が前の世界に居たときから抱いていた新しい制度だ。知らぬのも当然だろう。
    「簡単に言いますと朝は奴隷が働きます。昼は貴族が働き夜は農民が働く、こうやって朝、昼、晩と位毎に仕事を分けるのです」
    つまり、奴隷は朝だけ働けば良くて貴族は昼、農民は夜と働く時間を決めておくのだ。
    こうする事によって皆が同じ時間分働く事ができ不公平がおきない。
    短期間で集中して仕事もできるから作業能率も上がりゆっくりと休憩時間も取ることができる。
    今までは奴隷と農民が一日中作業をやっていたから、疲労が溜まり仕事の成果が上がらなかったのだ。
    そこに貴族が加わり、タイムシフトも取ることで相互扶助の関係を構築していくのだ。
    その事に気づいた騎士達がざわめき始める。今までに無かった新しい発想だ当たり前と言えるだろう。
    「なるほど、ずっと貴族は仕事をしていなかったからな。貴族も仕事をさせれば負担が減るって訳か」
    「今までそんな発想考えたことも無かった。まさにこの政治体制の盲点を突いた政策って訳か」

    22 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:40:37.84 ID:wSn/un5ea

    >>13
    これ自分で書いてておかしいと思わんかったんやろか

    332 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:12:25.46 ID:yNZzxUyj0

    >>13
    「○○って知ってる?」←いかにもオタっぽい会話のしかたやな

    作者が透けて見える

    17 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:39:24.40 ID:uBoQ/2Wsd

    店主は金貨が入った袋を取り出して金貨を棚の上に並べ始める。一枚、一枚ゆっくりと。
     「宗室くん……彼は一体何をしているんだろう」 「金貨を用意しているのは分かるが……これは」
     私は思わず頭を抱えたくなるのをぐっと抑えて店主の行動を見る。 彼は数えているのだ、金貨を一枚、一枚丁寧に。それはありがたい事ではあるが非効率だ。
     「すまない。少し手伝わせて貰うよ」
     袋に手を突っ込んで十枚の金貨を取り出す。それを棚の上に積み上げた。 そしてその行為を十回繰り返す。これで十枚の金貨が十セット出来て百枚の金貨が揃った。
     「んあ、これで百枚になったって言うのかよ?」 「ああ、数えてくれても構わない」 「どれどれ…………本当だ百枚になってやがる!!」
     偉く驚いた様子で歓喜の声を上げる店主。私はそんな彼の事などどうでも良いので金貨を受け取って立ち去ろうと思ったのだが。
     「アンタ何者だ! こんな革命的発想を思い付くなんて只者じゃねえな?」
     後ろから店主に呼び止められる。仕方がないので私は一度、去ろうとした歩みを止めて後ろを振り返り。
     「私の名前は島井宗室。君と同じくして、一流の商人を目指すものさ」

    23 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:40:47.44 ID:I4KCOBkP0

    >>17
    さすがにネタやろ?

    198 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:00:57.36 ID:tNL8ZIGVa

    >>17

    303 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:10:44.68 ID:apR5VpNsp

    >>17
    数え直しはどれどれ……の間で終わっとるやん

    18 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:39:44.36 ID:IV7YCxlw0

    あたまおかしなるで

    21 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:40:34.05 ID:uBoQ/2Wsd

    「勇者の皆様には先ほど話したように、この世界の人より遥かに能力が高いはずです。
    ステータスカードをお渡ししますので血を一滴カードの裏にある魔方陣に付けてください。
    魔方陣に血を付けたら、表に自分の名前が出てくるはずです。そしてステータスオープンと言ってください。
    そしたら自分のステータスが確認できます。あ、他には身分証明書などにもなりますから必ず無くさないでくださいね」

    「「「「ステータスオープン」」」」

    ??????????????
    石崎優汰 15歳 レベル∞

    職業:神

    HP:∞

    MP:∞

    攻撃力:∞

    防御力:∞

    素早さ:∞

    命中率:∞

    魔法攻撃力:∞

    スキル:言語理解・神鑑定・神隠蔽・偽装
        聖魔法LvMAX・暗黒魔法LvMAX
        空間魔法LvMAX・創造魔法LvMAX
        召喚魔法LvMAX…atc

    132 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:53:20.41 ID:3TBSNWKE0

    >>21
    atc定期

    349 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:13:27.09 ID:Bfr+uPkN0

    >>21
    atcすき

    367 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:14:22.21 ID:DynpOSa6a

    >>21
    atc.

    26 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:41:21.11 ID:KNbO9q5H0

    実際コーヒーくらいの温度で変形するような素材は銃にはないんか
    そらないよな

    58 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:45:23.10 ID:hBtdHyLz0

    >>26
    そもそも弾丸を飛ばすのに火薬燃焼させるわけだし

    78 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:46:45.37 ID:MQo4EDhg0

    >>26
    発砲時の熱の方がよっぽど高温やしな

    96 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:49:00.03 ID:g/n4F0zc0

    >>26
    銃が変形するような温度のコーヒーは飲めたものではない

    32 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:42:05.23 ID:uBoQ/2Wsd

    桐生翼、どこにでもいる普通の高校生だ。
    彼はこの春、零冥高校という進学校に入学した。彼は天才児なのだ。
    入学して1か月が経ち、だいぶ新生活にも慣れてきた桐生。
    そんな時彼に転機が訪れる。
    桐生「今日も一日疲れたなあ・・・さて帰るか。ん?」
    ??「お~い、とってくれ~」
    桐生「なんだこれは?ボール?」

    ??「こっちに投げてくれ!」
    桐生「そういえば、ここは野球も強かったな。」
    そう呟いて桐生はボールを思いっきり投げた
    ズバーン!!!
    ??「・・・え?」
    桐生「なんだ今の感触は・・・」
    監督「こ、この球は・・・!!」
    ??「キミ、すごいじゃないか!よかったら野球部に入らないか?」
    桐生「野球か・・・野球をすれば今の感覚をいつでも味わえるのか?」
    ??「そうだな」
    桐生「いいぜ、野球部に入ってやる。」
    こうして桐生伝説が始まった。

    84 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:47:45.41 ID:lbxEPJhX0

    >>32
    最初の二行から矛盾していくスタイル

    35 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:42:32.37 ID:YcuKYD8o0

    ドラフトをなろう風にしたやつすき

    47 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:44:16.42 ID:OgujtKw2d

    >>35
    俺が言うとメイドは心配そうな顔を俺に向けた。
    「でもご主人様、先にクジ引いたらたくさんハズレがあるのですから不利なような気もしますけど…?」

    ふーむ。まあ頭がキレるとは言え、この世界の人間ならそう考えるのが普通か。
    「まあ見てろ。説明するよりも早い」
    そう言って俺は素早くクジの箱に手を突っ込んで封筒を取り出し直ちに開封する。
    そして開いた中の紙片には「当たり」の文字が…

    なかった。

    「ほらやっぱりハズレ…っ!?」
    言いかけたメイドを制すると、俺はクジを握りしめ、両手を天に向かって突き上げ、
    ガッツポーズをするとともに確信に満ちた笑顔を浮かべる。

    途端に湧き上がる大歓声。
    「すげぇ、本当に当てやがった!」
    「さすが勇者様だ!」

    これを聞いて他の挑戦者たちはやってられないという表情をしながら、封筒の中も確認せずに退散していった。

    メイドが俺に耳打ちする。
    「すごい!先に引いて当たりを宣言することで相手に負けたと思わせる作戦だったのですね!」
    俺は微笑みながら言ってやった。
    「まあ、初歩的なトリックさ。」

    59 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:45:25.26 ID:VRAgj7mT0

    >>47

    69 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:46:07.11 ID:ZG6UEsia0

    >>47
    サンキュー真中

    77 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:46:42.61 ID:7NQztCJK0

    >>47
    これはええやん

    41 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:43:03.33 ID:uBoQ/2Wsd

    「オレンジボールなんかおいしそう」

     エルの言葉に早乙女は聞き返した。

    「オレンジボールとはなんだ?」

    「あー、オレンジ色のしたとても甘い果物」

     恐らくオレンジの事を言っている事が分かった。オレンジは球体であるからそんな名前が付いているのであろうかと考える。

    206 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:01:39.18 ID:aL8Nh2x0x

    >>41
    頭おかしくなりそうなんだが

    44 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:43:43.65 ID:fdCmz+67a

    読んでるだけで辛え

    45 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:44:11.04 ID:IMzipgpE0

    何食ったらあんなの思いつくんや

    49 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:44:39.69 ID:17E/mC7BM

    異世界は池沼しか居ないのか

    425 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:18:44.86 ID:yNZzxUyj0

    >>49
    じゃないと主人公(作者)がマウント取れないからね

    52 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:44:55.43 ID:hP5AM7X4d

    大型肉食恐竜型ハンターは、小型獣型ハンターに振り向いて大きく口を開けて吠える。

     まるで獲物の邪魔するなと言われているようで、攻撃を止めて戸惑う小型獣型ハンター。

     小型獣型ハンターは大型肉食恐竜型のハンターに牙を向けて威嚇したり、吠えて威嚇している。

     大型肉食恐竜型ハンターはぶるぶると頭を振って小型獣型ハンターを片足で踏み潰す。

     大型肉食恐竜型ハンターに踏み潰された小型獣型ハンターは頭を上げて吠え、頭が地面に突く。

     小型獣型ハンターの紅い眼が点滅して消え、小型獣型ハンターからばちばちと火花が散っている。

     大型肉食恐竜型ハンターがオレに襲い掛かろうとしている小型獣型ハンターを銜えて放り投げ、口の中の砲口が伸びてキャノン砲で小型獣型ハンターを撃つ。

     小型獣型ハンターが空中で身体を起こすのも虚しく空中爆発する。

     大型肉食恐竜型ハンターは尻尾で小型獣型ハンターを薙ぎ払い、口の中の砲口からキャノン砲で小型獣型ハンターを撃っている。

     小型獣型ハンターが大型肉食恐竜型ハンターと戦っている。

    81 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:47:28.08 ID:MqmxTAKrp

    >>52
    最初と最後の部分だけで成立する定期

    94 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:48:54.64 ID:uPYtNNYop

    >>52
    代名詞を奪われた男

    238 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 21:05:16.98 ID:Av3yl8nj0

    >>52
    あたまおかしなるで

    79 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:46:58.50 ID:IMzipgpE0

    なろうの主人公って皆同じような黒髪短髪なのちょっと面白い

    88 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:47:57.10 ID:bhkQotXX0

    なんでこういちいち理屈っぽいのか

    97 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 20:49:08.98 ID:+Jg7BdyLa

    最初がなろうじゃないの草

    とある魔術の禁書目録III Vol.7(初回仕様版)(特典ラジオCD付) [Blu-ray]
    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2019-06-26)
    売り上げランキング: 1,441
    ★お勧め記事
      ★コメント
      ※1 2019年06月17日 00:33 ▼このコメントに返信
      異世界の知性は作者の知性レベル、作者が最近はえ~凄いと思ったことの反映だから、知性が足りないと時系列がまずおかしくなる。
      ※2 2019年06月17日 00:38 ▼このコメントに返信
      ※47
      ドラフト……真中……うっ頭が
      ※3 2019年06月17日 00:46 ▼このコメントに返信
      なんでなろう系の主人公って(本人の中で)頭良さげな発言をするときに「ふむ」っていうんだろ
      ネットの揚げ足取りマンや論破マウント民にもわざわざ書く奴多いけど
      実際に誰かと会話する時でもこいつらは「ふむ」とか口に出して言うのか
      ※4 2019年06月17日 00:46 ▼このコメントに返信
      こうみるととあるの文がすごくよく見えるな〜
      ※5 2019年06月17日 00:52 ▼このコメントに返信
      異世界に限らず、創作ってそういうものだけどな
      作者の知識以上のものが出てくるはずがない
      ※6 2019年06月17日 01:00 ▼このコメントに返信
      ここはどこにでもある剣と魔法の世界。埼玉県川越市だ。
      ※7 2019年06月17日 01:06 ▼このコメントに返信
      拳銃が浸かるコーヒーってめっちゃでかいカップに入ってたん?
      ※8 2019年06月17日 01:08 ▼このコメントに返信
      ※6
      それは頭のおかしいRPGだ
      ※9 2019年06月17日 01:10 ▼このコメントに返信
      ゴルゴが低い温度で熔解する特殊な金属を使って現地で部品鋳造・組み立てして仕事した事があったな
      撃った後でスープの鍋に放り込んで処理してた
      ※10 2019年06月17日 01:23 ▼このコメントに返信
      小学校の国語の授業に使おう
      生徒に添削させることで実践勉強になる
      ※11 2019年06月17日 01:25 ▼このコメントに返信
      鉄は熱に弱いとかいうポケモン脳
      ※12 2019年06月17日 01:27 ▼このコメントに返信
      >>332
      ほんこれ
      ヒント上げるから僕ちゃんの頭の良さに感心するような答えを自分で考えてね!
      気持ちわるー
      ※13 2019年06月17日 01:35 ▼このコメントに返信
      ここでマウント取ってる奴らも正直同レベルだけどな
      下見て安心するのは自由やけどみっともないで
      ツイッターとかでもそうやけど日々をわざわざ馬鹿見つけて叩いて満足する人生でええんかお前ら
      ぶっちゃけ傍から見てると同レベルに落ちてるぞ
      ※14 2019年06月17日 01:37 ▼このコメントに返信
      馬鹿見つけて説教してって今のお前らまんまなろう主人公やん
      登場人物馬鹿の世界にわざわざ踏み込んで満足してるんやで
      ※15 2019年06月17日 01:39 ▼このコメントに返信
      以後禁書は科学はオリジナル兵器、ストーリーは魔術方面にガン振りして参考文献読まないと理解もできない事態になっちゃってるんだけど満足か?
      ※16 2019年06月17日 01:48 ▼このコメントに返信
      ちゃんと書いている作品もあるから…(震え声
      ※17 2019年06月17日 01:50 ▼このコメントに返信
      ※15
      そんなことになってんの?
      禁書ぐらい売れてたら軍事関連の監修を入れるなり、自分で資料集めて調べて近代兵器の考証なり出来ると思うんだけど
      編集もそれを薦める事をしてないってことか
      ※18 2019年06月17日 01:53 ▼このコメントに返信
      ふふふ、おまえの電波誘導弾はこの電子レンジで無効化されるっ
      へいっケツネ2丁っだんちゃーく
      なぜだっ
      わが社の飛翔体はスペクトラム拡散にホッピングを共用して誘導される。
      誘導波の送信機は必要だが、NFを上げたところでロックは外れんのだケケケ
      ※19 2019年06月17日 01:56 ▼このコメントに返信
      ※15
      えっ・・・なるほど、そうやって簡単に矛盾を論破されることを防いでるのか。
      でも参考文献読まないと理解できないってひどいな。
      人気が下がっていった理由のひとつなんだろうか。
      ※20 2019年06月17日 02:04 ▼このコメントに返信
      この文章から察する知識能力なら異世界に行きたくなる気持ちも分かる
      ※21 2019年06月17日 02:13 ▼このコメントに返信
      新手の間違い探しかこれは。
      最近は「最後に言い張った者勝ち」ってノリが増えすぎてる気もする。
      ミステリーも叙述トリックばかりが幅をきかせてるし。
      全否定する気はないけど、主流になるのはやはり反知性主義が台頭してるからなのかね。
      それも不景気からの無気力感溢れる時代には「読者側」の成長を全否定する「楽」なコンテンツが求められるのかもしれないな。
      戦後の好景気時代には成長したフリができる「高尚っぽい」コンテンツがけっこう持て囃されてたし。
      ※22 2019年06月17日 02:41 ▼このコメントに返信
      ある意味才能だよ、普通の人だと常識が邪魔して絶対書けない。
      全編読もうとは思わないけどな(たぶん読んでてイラッとする
      ※23 2019年06月17日 02:48 ▼このコメントに返信
      今の禁書もストーリー展開は面白いんだけど、なんでそうなったか、が全然わかんないんだよね…
      これじゃ理論立てて叩くのは不可能だわっていうくらい
      まぁ一般読者もかなりふるい落とされた感じだけどね…面白いんだけどね…
      ※24 2019年06月17日 03:32 ▼このコメントに返信
      >>4
      とあるを上回るあれなラノベが雨後の筍のように生えてくるとは思わなんだ
      ※25 2019年06月17日 03:32 ▼このコメントに返信
      >>5
      だからクリエイターは勉強しなきゃいけないのよね
      ※26 2019年06月17日 03:35 ▼このコメントに返信
      >>21
      ミステリーは大御所があらゆるトリックやり尽くしたから単なるネタ切れだと思うわ
      ※27 2019年06月17日 03:38 ▼このコメントに返信
      禁書は昔から考えるんじゃなくて熱さと勢いを感じるんやぞ。他のラノベにも少年漫画並みの熱さがほしい
      ※28 2019年06月17日 04:10 ▼このコメントに返信
      真面目な話、熱いコーヒーの中に沈めてたりしたら薬室に液体が侵入するし雷管もやられるから撃てないのが正解
      撃てたとしてもライフリングに水分が含まれると圧力で瞬間的に気化して弾丸は明後日の方向に飛んでいくし
      その後もジャムるから打てたもんじゃないぞ

      ※29 2019年06月17日 04:16 ▼このコメントに返信
      なろうってバカが作者でバカが読者だからこれでいいんでしょ?
      ※30 2019年06月17日 04:39 ▼このコメントに返信
      読むと知能が下がるから反応から察するしかない
      ※31 2019年06月17日 05:35 ▼このコメントに返信
        
      「なるほど、これならゴハンとお刺身を同時に味わえる!
      この情報は是非、わが国に持ち帰らなければ!!」

      ってのも、ある。
        
       
      ※32 2019年06月17日 05:38 ▼このコメントに返信
      なろうに限らず創作作品の文章はかなり酷い。
      素人が投稿してるのだからと贔屓目にみてもきつい。整合性が取れない、対比が出来ていない、代名詞を使えない、文章を削らず文字数に対しての情報が少ない等。挙げたらきりが無い。
      なろうでアニメ化されたスライムを読んだが中学生レベルの文章力だった。よくこの文章でこれほどヒットしたなと感嘆すると共に、日本人の知能低下を悲観した。
      ※33 2019年06月17日 06:27 ▼このコメントに返信
      読んだことなかったけど、なろうってこんな文章なのかよ……
      ほんまあたまおかしなるで
      ※34 2019年06月17日 06:43 ▼このコメントに返信
      >>28
      こいつだけ火縄銃使ってんの?
      ※35 2019年06月17日 06:49 ▼このコメントに返信
      >>32
      素人が書く大衆作品だし、こんなもんでしょ
      ※36 2019年06月17日 06:51 ▼このコメントに返信
      >>17
      可愛いキャラになんか凄そうなことやらせてりゃいいだけなんだから考証なんて必要ないじゃん
      ※37 2019年06月17日 06:51 ▼このコメントに返信
      コイン数えるのはそんな精度で厚みを管理できる造幣技術があるのかと言いたい
      ※38 2019年06月17日 06:53 ▼このコメントに返信
      >>28
      じゃあ雨降ってたら銃撃てないじゃん
      ※39 2019年06月17日 06:58 ▼このコメントに返信
      >>3
      踏むと宣言してマウントを取りに行くのは常識だろ
      ※40 2019年06月17日 07:40 ▼このコメントに返信
      きんにくんがマグマコーヒーでも作ったんだろ
      ※41 2019年06月17日 09:08 ▼このコメントに返信
      科学と魔術が交差してるんやろなぁって思った。
      ※42 2019年06月17日 09:35 ▼このコメントに返信
      どれがネタでどれが本当に世に出たやつなんや
      明らかに改変っぽいやつもあるからわからん
      ※43 2019年06月17日 09:46 ▼このコメントに返信
      マジレスするとリアル鬼ごっこがヒットしたあの時に潮目が変わった
      例えばバトロワとリア鬼では作品レベルも文章レベルも雲泥なのに「似たようなもん」という評価を
      我が国の読者が与えたわけ。
      読者のレベルに作品が合ってるのが今
      ※44 2019年06月17日 09:52 ▼このコメントに返信
      でもまぁ、後の奴に比べると熱膨張が一番マシ
      言いたいこと自体はわかるから
      ※45 2019年06月17日 10:51 ▼このコメントに返信
      俺の股間が熱膨張
      ※46 2019年06月17日 11:21 ▼このコメントに返信
      なろう作者の大半が世間知らずだから作品もおもしろくないのが多いんだよな。小学生の頭で作った妄想作文読んで大人が共感できるわけねえし
      ※47 2019年06月17日 11:27 ▼このコメントに返信
      >>13
      「俺はこんな下等な奴らとは違う」と思うなら書き込まずにスルー推奨やで
      ※48 2019年06月17日 11:27 ▼このコメントに返信
      >>9
      ガリウムかな?
      ※49 2019年06月17日 11:30 ▼このコメントに返信
      >>13
      便所の落書きなら構わんが商業化して金取っといてこのクオリティかよ客舐めんなクソボケという気持ちはわからなくも無い
      ※50 2019年06月17日 11:32 ▼このコメントに返信
      「……持てんのかよ。コーヒーの中に沈んでいた拳銃だぞ」
      熱っ!熱っつ!!
      ってなるよね
      ※51 2019年06月17日 11:34 ▼このコメントに返信
      冴えない作者が優越感を得るために異世界の住人の知能レベルを低く設定するんだけど、その作品を読むのは元世界の一般的な読者だから結局マウント取られる形になってて可哀想
      ※52 2019年06月17日 11:34 ▼このコメントに返信
      ※6
      最近新作出なくなったねぇ
      あの無茶苦茶ぶり好きだったんだが
      ※53 2019年06月17日 11:36 ▼このコメントに返信
      >>13
      俺はお前らと違う君もいい加減卒業しとこうなw
      無理に傷口広げなくてもええんやでwww
      ※54 2019年06月17日 11:43 ▼このコメントに返信
      >>50
      グローブぐらいはしてるやろ。
      ※55 2019年06月17日 11:53 ▼このコメントに返信
      >>28
      何号の釣り針だよデカすぎだろ
      ※56 2019年06月17日 12:35 ▼このコメントに返信
      fate叩いてた頃が懐かしい……
      ※57 2019年06月17日 12:40 ▼このコメントに返信
      コーヒーの温度で変形なんかしたら一発うったら手の中ではじけそう
      ※58 2019年06月17日 12:41 ▼このコメントに返信
      >>49
      さすがにこれらは商業化してないやつちゃうか?
      ※59 2019年06月17日 12:47 ▼このコメントに返信
      >>13
      自己紹介かと思ったぜ
      ※60 2019年06月17日 12:48 ▼このコメントに返信
      >>31
      嘘つけww
      流石にそれはないだろw
      ※61 2019年06月17日 12:56 ▼このコメントに返信
      ※32
      最後の一文でオチをつけるスタイル
      ※62 2019年06月17日 12:56 ▼このコメントに返信
      ※7
      漬けたんじゃなくぶっかけたらしい
      だからアチアチのコーヒーにずっと漬かってたんじゃない
      その辺も突っ込みどころの一つ
      ※63 2019年06月17日 13:18 ▼このコメントに返信
      ラノベ作家になるにしても教養は大事だな
      教養ない奴の話って本当つまらんもん
      ※64 2019年06月17日 13:22 ▼このコメントに返信
      銃全体が浸かる大きさのマグカップ...?

      妄想の世界に逃げるのは個人の自由だけど、読み終わった後に悲しくなったりしないのかな
      ※65 2019年06月17日 13:35 ▼このコメントに返信
      >>28
      室町時代から来たのかな?
      ※66 2019年06月17日 13:40 ▼このコメントに返信
      小中学生の頃ってこういうラノベ擬きの創作をルーズリーフに書いて友達と回し読みしてたわ
      ※67 2019年06月17日 13:42 ▼このコメントに返信
      >>58
      (しとるで)
      ※68 2019年06月17日 13:59 ▼このコメントに返信
      >>5
      だからこそ色々な経験をした方がいいって言われてるのに「人を殺した経験がない奴はミステリーをかいたらダメなのか!」とか言い出す勘違いが現れるんだよね
      ※69 2019年06月17日 15:10 ▼このコメントに返信
      作者から搾取するシステムなのであれば「俺もなれそう」と思わせるのは有能
      ※70 2019年06月17日 16:34 ▼このコメントに返信
      当たり前だけど自分の知識以上のものって書けないんやなぁ、そりゃ異世界ものが増えますわ
      ※71 2019年06月17日 17:16 ▼このコメントに返信
      >>6
      決戦のバトルフィールド?
      ※72 2019年06月17日 17:18 ▼このコメントに返信
      大半知ってて背中に出来ものができたかのような感覚をおぼえましたまる

      ※69
      時々この真実を考えるとアホなろうをアニメ化する投資は大会社としてはトータルとしはありなんだろうなって思わんでもない。
      ※73 2019年06月17日 17:45 ▼このコメントに返信
      禁書は置いといて、他は作者まだ若いだろ?
      読みにくいけどそこらへんは編集?がなんとかすればいいんじゃないかな
      コンプレックスが垣間見えても情熱でカバーできたならそれは長所だしな
      ※74 2019年06月17日 18:12 ▼このコメントに返信
      ※13
      ※14
      知識でマウント取れる馬鹿をわざわざ創作してマウント取るのと
      そういう事して優越感を得てるガイジを馬鹿にしてる大衆を同じように見なすガイジ
      なろう擁護してる奴ってこういう創作と現実の区別がついてないこどおじなんだろうな
      ※75 2019年06月17日 18:23 ▼このコメントに返信
      中途半端なのが一番よくないよな
      ぶっ壊れた世界観を通すべき
      ※76 2019年06月17日 22:04 ▼このコメントに返信
      ※73
      旧約書いてる時のかまちーが一番若そう
      ※77 2019年06月17日 22:35 ▼このコメントに返信
      >>14
      なろう作家と同レベルの脳みそだとそういう風に見えるんだな
      ※78 2019年06月17日 22:36 ▼このコメントに返信
      純文学しか読まないし正直そこらの小説の何が違うのやら…、まぁ勝手に。
      ※79 2019年06月18日 06:35 ▼このコメントに返信
      >>28
      やっぱりAK47がナンバーワン!
      ※80 2019年06月18日 15:42 ▼このコメントに返信
      >>77
      あからさまななろう擁護だと馬鹿にされるから必死に知恵を絞ったんでしょ
      ※81 2019年06月18日 21:15 ▼このコメントに返信
      ドラゴンボールぐらい単純でいいんだよ
      ※82 2019年06月18日 21:35 ▼このコメントに返信
      メイドインチャイナのAKやトカレフを
      カンボジアで撃ちまくったけど200発/50発まで撃ちきったんだぜ、作家の無知は恥ずかしいな。
      ちなみに銃本体で目玉焼きできそうなくらいな
      ※83 2019年06月18日 21:39 ▼このコメントに返信
      ※78
      なろう作品から抜け出してきたのか?
      ※84 2019年06月18日 21:49 ▼このコメントに返信
      禁書のそれは許してやれや
      ※85 2019年06月19日 13:11 ▼このコメントに返信
      >>3
      頭悪いクソバカが自分を頭良く見せようと無駄な足掻きをする時によく言う言葉だな
      なるほど、も当てはまる
      ※86 2019年06月19日 13:13 ▼このコメントに返信
      >>31
      これのおにぎり版は
      ゲエジ「米は炊けば食べられるんだ!すごーい、そしてそれを海苔で巻けばいいんだ!」
      って感じなんだろうな
      ※87 2019年06月19日 13:14 ▼このコメントに返信
      >>86
      あとここまで来ると、「卵って割ったら食べられるんだー」とかなり
      ※88 2019年06月19日 15:52 ▼このコメントに返信
      所詮素人の娯楽作品なんだし多少のご都合主義は気にしないけど、>>8>>13>>17みたいな登場人物全員ガイジみたいなのは流石にネタだよな?
      ※89 2019年06月19日 23:26 ▼このコメントに返信
      我々素人が思い付く程度の不測の事態はとっくに想定済なんです
      たかだか100℃前後の熱湯に漬けたぐらいで動作不良は起きません
      基本的に工場出荷の弾丸は防水処理されています
      でなければ梅雨時の湿気ですら防げませんから
      ※90 2019年06月21日 16:02 ▼このコメントに返信
      えっ!?なろうじゃないのあるの!?
      ※91 2019年06月25日 10:46 ▼このコメントに返信
      実際、砂糖入りコーヒーなら機関部が焼き付いてジャムりそうなもんやが
      名前 ←空白だと投稿できません。

      ※「>>154」で本文、「※24」でコメント欄にポップアップ表示の安価ができます。
      ※スパム対策のため「http」を禁止ワードにしています。URLの書き込みは「ttp://~」でお願いします。
      2019/6/17
      categories カテゴリ ワロタ

      hatena はてブ | twitter comment (91) |

      更新を通知!

      更新を通知
      Googleリーダーに登録
      お使いのリーダーに登録
      記事検索
      月別アーカイブ
      スポンサードリンク

      アクセスランキング

      このブログにたくさんアクセスを下さっているサイトのランキングです。3日分の集計です。
      全ランキング
      全ランキング(30日集計版)
      置換依頼はメールフォームよりどうぞ
      当ブログにリンクするだけで自動的に表示されます(どのページでもOK)。 ランクインしているのにRSSに登録されていない場合はご連絡ください。
      ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング

      Rakuten オススメ

      スポンサードリンク